田川伸一郎のブログ

うれしかった再会

今日は、県内の小学校バンドのレッスンでした。

まだコンクール曲は始めたばかりで、譜読みのお手伝いのようなレッスンになりましたが、皆のやる気がすごくて、驚きました。

今年は部員の「男子率」も高く、元気な男の子たちが中心になって、「ハイっ!!!」と超気合いの入った返事をしてくれます。

4年生は、まだ音出しの練習をしている最中ですから、もちろん演奏は楽器を持って見学。
でも、音楽に合わせて首を動かしてみたり、一緒に歌ってみたり、参加している気分を満喫しているようでした。
そして、休憩時間になると、私のそばに来て、「プ~パ~」と音を出して聴かせてくれます。
正直、あまり聴きたくない種類の音だけど...笑顔で、「うんうん。いい音だね。いっぱい練習するともっといい音になるよ。」と言ってあげると、うれしそうに、「うん」とうなずいて、また「プ~パ~」

そんな4年生たちの間を抜けて私に寄ってくるイケメンの部長君は、「田川先生は、どこ生まれなんですか?」と、色々私のことを聞きたいらしいです。
というか、何か話題を提供して、私に関わりたいのかな。
こうやって、普通に会話が成り立つ6年生たちは楽しいな。
「プ~パ~」と音で関わってくる4年生も楽しいけれど...

私は、練習時間ももちろん楽しいけれど、休憩時間も大好き。
特に、こうやって私に寄って来てくれる子どもたちと過ごす休憩時間は大好き。
こんなオジサンでも、遊んでもらえてうれしいな。

そして、休憩時間が終わり、また練習が始まります...

今日は、家庭訪問期間だったので、3時間近く練習が出来て、私も子どもたちも、ちょっと疲れたけれど達成感いっぱいのレッスンでした。

練習の終わりごろ、そ~っと入って来られた女の先生がいらっしゃいました。
お手伝いしてくださっている副顧問の先生のようです。
特に、気にもせず、練習を続けました。

終わりのあいさつの後、顧問の先生が、「今年からお手伝いしてくださっているM先生です。5年生の担任で...」と、その女の先生を紹介してくださいました。

「あの、私、〇〇高校で田川先生にレッスンしていただいた...」
話の途中で、「え~っ!、覚えているよ!何でここに?!え~っ!」と、興奮。

子どもたちも顧問の先生も、そんな私にびっくり。

「田川先生という講師の先生がいらっしゃると伺って、もしかしたら私が知っている田川先生なのかなと思っていたんです。やっぱりそうで、レッスンの様子も懐かしくて...」

高校を卒業してから、大学の教育学部に進み、今年の4月に新規採用教諭としてこの小学校に赴任したそうです。

校長室では、校長先生、顧問の先生と一緒に彼女も話に加わり、高校時代の部活のことなどを楽しくお話し出来ました。

「私たちも、レッスンの後などに、田川先生の周りに群がってたくさんおしゃべりさせていただきましたよね。とっても楽しかったです。」
「そうだったね。ここの子どもたちと同じ!」

まだ教師人生は始まったばかり。
これからたくさんの試練もあると思いますが、このかわいい子どもたちと一緒に毎日を生き生きと過ごしてほしいです。
そして、ご自身が吹奏楽部で学んだチームワークや気づかいの心、音楽の力...子どもたちに伝えていってくださいね。

時間の許す限り、吹奏楽部のお手伝いもお願いしますね!

今日、こうしてまさかの再会が出来たことを本当にうれしく思います。

がんばれ、Mさん!

IMG_0001_convert_20170428204729.jpg

スポンサーサイト

PageTop

レッツゴー! 鎌ヶ谷高校吹奏楽部

昨日は、千葉県立鎌ヶ谷高等学校吹奏楽部の今年度初レッスンでした。
今年も、川口智子先生のご指導の元、元気に活動をスタートしています。


IMG_0002_convert_20170426224639.jpg

昨年度、一昨年度と、2年連続で「東日本学校吹奏楽大会・金賞」を受賞した鎌ヶ谷高校吹奏楽部。

川口先生が赴任される前の年は、指導する顧問の先生がおらず、生徒が自分たちだけで練習を進め、コンクールは外部の方に指揮してもらって出場したり、連合音楽会には生徒の指揮で出場したりと、とても苦労をしていた部活でした。

そこへ船橋東高校から転勤して「救世主」のごとく現れた川口智子先生。
部員たちは、水を得た魚のように、喜びに溢れながら先生の熱いご指導について行きました。
私も、精一杯の応援を続けました。

その結果、1年目からいきなり東日本大会へ、そして、金賞まで受賞...皆、夢を見ているようでした。
札幌コンサートホールKitaraで開催された東日本大会には、前年度、苦しい思いをして卒業して行った卒業生たちが、自費で手伝いに駆けつけてくれるほど、卒業生も現役と一緒になって喜べた年となりました。

そして、昨年度も、東日本大会へ。
同時に、地域からの演奏依頼もどんどん増え、常に目の前に本番があるような日々でした。

昨年の11月におこなわれた「千葉県高等学校連合音楽会」(高文連)では、たった1校しか選ばれない千葉県代表に選んでいただき、今年の8月に宮城県で開催される「全国高等学校総合文化祭」に出場することになっています。
ちなみに、鎌ヶ谷高校の「かるた部」も、この「総文祭」に千葉県代表として出場されるとのことです。

コンクールはB部門ですが、「総文祭」は部員全員で出場します。
とてもうれしいことに、今年度は3年生がひとりも引退せず、全員が部活に残ってくれました。
コンクールメンバーにはならず、「総文祭」のために残るメンバーもいますが、8月までは一緒に練習しますし、「総文祭」以外の様々なイベントにももちろん全員で参加です。
そして、コンクール以上に大切な3月の「定期演奏会」に3年生全員が出演出来るということが、とてもすばらしいことで、川口先生も本当に喜んでおられます。

昨日は、入部して間もない1年生たちも一緒に楽しいポップスを中心に練習しました。
まだ緊張した顔つきの1年生たちですが、昨年度よりも12名多い58名の部員たちで奏でる音楽は、迫力満点、生き生き溌剌としていました。

IMG_0003_convert_20170426224706.jpg  IMG_0005_convert_20170426224753.jpg

IMG_0010_convert_20170426224854.jpg  IMG_0007_convert_20170426224832.jpg


1年生部員の中には、中学校時代に「全国大会・金賞」を経験した人もいれば、「コンクールでは銅賞しか取ったことありません」という人もいます。
小学校4年生からずっと続けているという7年目の経験者もいれば、高校で初めて吹奏楽部に入るという初心者もいます。

これまでの経験にはそんな違いがあっても、「音楽が大好き」という気持ちはみんな同じです。

だから、きっと大きなひとつの「束」になれると信じています!


IMG_0011_convert_20170426225135.jpg
やる気いっぱい、フレッシュな1年生たち! 
鎌ヶ谷高校吹奏楽部の「期待の星」です。


DSC_0006_convert_20170426224527.jpg
今年度も、仲良く楽しく、情熱を持って...高校生らしい吹奏楽活動を進めていきましょう。
私も、心を込めて、精一杯お手伝いさせていただきます。
がんばれ! 川口智子先生&鎌ヶ谷高等学校吹奏楽部!



PageTop

若葉の頃

桜の花が終わると同時に、たくさんの若葉が生き生きと萌え始めています。

我が家の近くには、けやきの木がたくさんあり、朝と夕方でも違って見えるほど、葉っぱがどんどん育っています。

桜も好きですが、私は、このけやきの緑が大好きです。


4月も終わりに近づき、バンドの活動も本格化してきたこの頃、様々な「相談事」が毎日のように届きます。

レッスンの後でたくさんお話を伺ったり、電話やメールでお悩み相談にお答えしたり...
ただ愚痴を聞くだけしか力になれないこともありますが、それでも、「気持ちが軽くなりました。ありがとうございました」と言っていただけると、「こんなこと位でよければいつでも」と思います。

「バンドディレクター」として活動される方々のような確固たる指導力を持っていない私ですが、教員人生での様々な経験が生きる時、「こんな形でスクールバンドの活動をサポート出来る人間がいてもいいのかな」と改めて思います。

レッスンの時、新年度にあたり、練習の前に、生徒さんたちに「語る」ことがよくあります。
でも、帰ってから、「あんな余計な話をしないで、どんどん練習を進めた方が良かったのかな。大切な練習時間を無駄にしてしまったかな」と反省することもあります。

先日も、ある高校で、ふと考え、長々とお話ししてしまいました。
翌日、顧問の先生から、「昨日はありがとうございました。今の3年生は1年の時から担任している学年で、一緒に上がって来ているので、お互いに見え過ぎている部分があり、先生のお話は本当にありがたかったです。うちの部の実情がわかっているのかと思うようなお話でした。生徒たちに今一番響くお話で、たくさんのものを吸収してくれていればと思います。これからもよろしくお願いいたします」というメールが届き、ほっと胸をなでおろしました。


スクールバンドには、「音楽」だけでは片付けられない様々な「側面」があります。
当然、音楽以外のことで、腑に落ちない出来事やトラブルも生じます。
それを乗り越えていく、折り合いをつけていくことで、皆が、少しずつ成長し、大人になっていけるのだと思います。


昨日は、中学校で、レッスン時間の半分位、「ミーティング」のお付き合いをしました。
前日、先生から「お悩み相談」を受けており、それをクリアしないで、レッスンに入っていくことは避けたいと思ったのです。
本来、外部講師である私の仕事ではありませんが、目をつぶって通り過ぎていいことではないと考えました。
仮入部の1年生も参加しての練習でしたが、全く事情をしらない1年生たちは黙って事の成り行きを見つめていました。
時々私も加わっての2.3年生のやりとり...「いつになく、皆が本音を語っている」と顧問の先生はおっしゃっていました。
やっとミーティングが終わり、いよいよ練習に入る前、私はトイレに行かせてもらいました。
そこに、3人の1年生が入って来ました。彼らは、小学校でも吹奏楽をやってきたそうです。
「ねぇ、中学校の部活って謎でしょ。練習しないで、ああやって皆が色々言い合って。そこに講師の先生まで加わってさ。なんで練習しないのかなとか思わなかった?」
「いえ、全然。いいと思います。先輩たち、大人って感じです」と言っていました。
まだ仮入部の1年生が、練習時間に練習をせず話し合っている先輩たちの姿を、「いいと思います」と言える賢さに感心しました。
これなら、きっとこの1年生たちも、吹奏楽部で、ただ楽器や音楽を学ぶだけでなく、「より良い生き方」を学んでいけるんだろうなと思いました。


こんなうれしいお話も届きました。

転勤された高校の先生...出会ったばかりの生徒さんたちと合奏をしながら、皆の表情を見て、「あっ、この指導、ダメかも...前の先生とやり方が違うのかな...。どうしよう...。ちょっとこれはやめて、次に進もうかな...私の指導、退屈なのかな...んんん、でも...」と、心の中で自問自答する毎日。
生徒さんたちに、そんな迷いやとまどいが伝わっていたようです。
3年生の生徒たち数名が先生のところに、「お話があります」とやって来て...「ついに来た...文句か」と思いきや...
「先生、私たち生徒は、先生に合奏していただいている立場です。前の先生のやり方とか私たちの考えとか、そういうことはあまり気になさらず、先生のやりたいように指導してくださって大丈夫ですから。私たちは、顧問である先生のやり方についていくべきだと思っていますので」と話してくれたそうです。

「私たち生徒は、先生に合奏していただいている立場です」...こんなことを言える高校生がいるんだ。
顧問が代わって、「前の先生の時は・・・」と、文句を言ってくる生徒は山ほどいますが。
その話を聞いて、生徒さんたちの「大人ぶり」にうれしくなってしまいました。
大人より大人かも!と思いました。


今日も、豊かな太陽の光を浴びて、若葉がキラキラ輝いています。

先生方、子どもたち、みんなみんな、がんばれ!

25380016802_convert_20170425105829.jpg

PageTop

楽しく、奥深い演奏会のご案内

金曜日の九十九里高等学校に引き続き、昨日の土曜日は、県内の高校2校のレッスンにお伺いして来ました。
2日間で3校の高校生たちと過ごすことが出来、何だか「青春まっただなか!」という感じです。

午後は、5月5日の定期演奏会に向けて、猛練習に励む、千葉英和高等学校吹奏楽部でした。

私のレッスンは、第一部で演奏する曲だけですが、早めに着いたので、注目の第二部の「音楽劇」の通し練習を見せていただきました。

前にご紹介した船橋市立船橋高等学校と同様、全て部員たちで作り上げる演目です。
先生は、コメント(ダメ出し係?)をするだけです。

千葉英和高等学校では、毎年、この音楽劇に取り組んでいます。
市船と同様、高校生たちの発想、アイデア、そして、メッセージには、本当に感心、感動します。

真剣に見る場面があったり、お腹をかかえて笑い転げてしまう場面があったり...
でも、くだらない、下品な笑いを取る場面は皆無です。

今回のテーマは...「もし音楽がこの国から無くなってしまったら」
人間の心を自由に操ることが出来る魔法を持った「悪者たち」が、人間から「音楽」を取り上げてしまうのです。
昨日まで音楽を楽しんでいた人々は、いったいどうなるのでしょうか。
そして、どのように、その悪の魔法から解き放たれて、音楽を取り戻すことが出来るのでしょうか。
という内容です。

劇中の「演奏」をしっかり作り上げているので、「音楽劇」としてのクウォリティが高く、とても聴きやすく、見やすいのがうれしいです。

IMG_0010_convert_20170422221055.jpg  IMG_0015_convert_20170422221136.jpg

IMG_0013_convert_20170422221117.jpg  IMG_0023_convert_20170422221158.jpg

この学校には、「チャペル」(講堂)があり、照明や音響、ピンマイク、緞帳も自由に使えるので、本番さながらに照明も加えて練習が出来ます。
何とうらやましい環境!

この演奏演技に、衣装が加わったら、とても見ごたえあるだろうなと思いました。

IMG_0030_convert_20170422221215.jpg
通しの後、顧問の武井大輔先生からのコメントを受ける部員の皆さんです。
お褒め言葉がたくさんあり、みんなとてもうれしそうでした。
私からも、感想をお伝えしました。 もちろん、ほとんど褒め言葉でした。



そして、レッスンは、第一部で演奏する『夢のような庭』(清水大輔)、ワルツ『女学生』(ワルトトイフェル)でした。

IMG_0031_convert_20170422221236.jpg

こちらは、武井先生の指揮で、しっかりと演奏を作り上げます。

私は、基本的に、客席で聴いて、気になるところでストップをかけて、マイクでコメントです。
武井先生とは長いお付き合いなので、私が伝えたいことを、すぐにしっかりキャッチしてくださり、指揮にも表現して生徒さんたちを先導してくださいます。

「イメージ」を皆で強く共有するだけで、こんなにもサウンドや表現が変わるのかと、びっくりする瞬間もありました。

『夢のような庭』を2つの団体の演奏会で指揮させていただいた経験がある私は、この曲の魅力にさらにハマってしまいました。

ワルツ『女学生』は、私のアレンジによるものです。
カスタネットやタンバリンも活躍する、とても躍動的でおしゃれな曲です。
このバンドでは、こういうタイプの曲を取り上げることがあまりないので、とても良い勉強になると先生はおっしゃっていました。
前回のレッスンでアドバイスしたことがずいぶん身に付き、「らしい演奏」になっていました。

IMG_0032_convert_20170422221258.jpg  IMG_0033_convert_20170422221316.jpg

IMG_0034_convert_20170422221335.jpg  IMG_0036_convert_20170422221353.jpg

この他にも、今年度の課題曲から『スケルツァンド』、プッチーニのオペラ『トゥーランドット』など、聴きごたえのある内容となっています。


お近くの方はぜひお出かけください!

dVdbG1eGlwz_Dt01492861227_1492861243.jpg

入場整理券などはありません。
どなたでも自由にご入場できます。

会場の八千代市市民会館は、東葉高速鉄道『八千代中央駅』から徒歩10分です。


PageTop

少ない人数でも...

昨日は、千葉県立九十九里高等学校吹奏楽部の今年度初レッスンでした。
家から約2時間近く車を走らせてたどり着く外房にある高校です。


IMG_0010_convert_20170421232149.jpg

このバンドとは、7年以上の付き合いになります。

初めてお招きいただいた時の部員数は、5名でした。
たった5名の仲間たちのために、私は数曲のアレンジを手がけました。
そして、その曲で、県の連合音楽会に出場し、卒業式も入学式も全て生演奏でおこないました。
たった5名で...です。

そんな熱意が受け継がれ、部員は着実に増え、一時は、30名以上になったこともありました。

今年度の部員は、1年生も入れて15名と、かなり少ないです。

でも、「5名」でも出来たという自信が、顧問の行方先生にも私にもあります。
だから、「15名しかいない」ではなく、「3倍の15名もいる」と思えるのです。

そして、大会や音楽会だけでなく、地域に根付いた活動を何より大切にし、お年寄りの施設や幼稚園への出向き演奏も積極的に行い、新聞にも取り上げられているほどです。
また、他校との合同演奏でのイベント出演で大編成演奏の喜びを味わったり、少ないメンバーであっても「定期演奏会」をおこなって地域の方々に演奏を聴いていただいたりと、様々な発表の機会を持つことで、モチベーションを保ち続けています。
どれもこれも、顧問の行方綾美先生の愛情と熱意あってのことです。

このバンドは、ともかく明るい!
高校から始めた初心者、途中から入部して来た他部からの転部者、お手伝いで本番に乗ったのがきっかけでそのまま部員になってしまった帰宅部生...色々な部員がいて、なかなか楽しいです。
特に、元運動部の元気な男の子たちが、だんだん音楽にハマっていく様子はうれしいものです。

人数が少ないからと言って、暗~く、しらけた空気にはなりません。

昨日は、「田川先生、今年度もよろしくお願いします!」のあいさつに続き、何と「ミニマーチング」で大歓迎でした!

IMG_0001_convert_20170421231926.jpg  IMG_0003_convert_20170421231946.jpg

音楽室の中に、歩幅を狭くしたポイントを打ち、ちゃんとフォーメーションを組み、楽しいディズニーワールドを表現してくれました。
数年前から、定期演奏会でステージドリルを始め、昨年度は、他校と合同で、「千葉県マーチングコンテスト」にも出場した経験があります。
その経験を生かして、日常活動でも、ちょっとした「ミニマーチング」を取り入れています。
人数が少ないからこそ出来ることです。

とってもカッコいい演奏演技に、思わず拍手!

人数の少なさなど、先生も生徒も、別に気にせず、「このメンバーで出来る最高の活動をしよう」と、とても前向きなのです。

当然のことながら、ひとりが数種類の楽器を担当することも、普通におこなわれています。

IMG_0011_convert_20170421232104.jpg
今はチューバのT君は、本職はクラリネット。でも、ここのところチューバに打ち込み、
「クラリネットより上手いよ!」と、皆にほめられ、微妙な喜び(笑)


「大歓迎」のイベントの後は、早速、2日後に控えたコンサートに向けての曲練習。
今回は、私のお勧めの「フレキシブル楽譜」を使ったプログラムにしました。

演奏を聴きながら、「ハイ、君は、ここからここまでは、こちらのパートを吹いて」と、どんどん変更していきます。
「フレキシブル楽譜」は、そこが楽しみでもあります。

皆、本番2日前の変更も、「大丈夫です!」と、とても頼もしい!
当然のことながら、演奏はどんどん良くなっていきます。

IMG_0015_convert_20170421232213.jpg  IMG_0012_convert_20170421232127.jpg

4時過ぎから7時までの休憩無しの練習で、曲は、ずいぶん良くなりました。
今日は、昨日の復習に励むそうです。

吹奏楽コンクールでは、一度も「ゴールド金賞」にはご縁がありません。
でも、私はそんなことよりも、この生徒さんたちのひたむきさや純粋さが大好き。
私のことも、とても大事にしてくれる優しい生徒さんたちなのです。
「先生、遠くから来てくださっているので...帰りに食べてください」と、買っておいたパンやお菓子の「差し入れ」をいただいてしまうこともあります。

だから、片道2時間近くの道のりも近いものです。

コンクールの曲も決まりつつあります。
このメンバーで最善を尽くして本番に向かいます。
「結果」は気にしません。 それよりも、皆で本当に楽しく演奏活動をすることが一番なのですから。
でも、皆は、密かに、「今年こそは、ゴールド金賞を取ろう!」と思っているようでもあります。
いいぞ! その意気込み!

IMG_0016_convert_20170421232233.jpg
これが今年度のフルメンバー15名です。
大歓迎演奏の「ミニマーチング」には、本当に感動しました。
人数が少なくても、やる気満々の君たちは、とても清々しいです。
これこそ、高校生バンドの一番の魅力!
今年度も精一杯応援して行きますね!
がんばれ!、九十九里高等学校(指揮:行方綾美先生)


PageTop