FC2ブログ
 
■プロフィール

schoolbandsupporter

Author:schoolbandsupporter
田川伸一郎のブログへ
        ようこそ!
小学校教師として、30年間、音楽専科や学級担任、そしてバンド指導にかかわってきました。現在は、フリーの「スクールバンドサポーター」として、小中高等学校のバンド活動を、顧問の先生や部員たちの願いや悩みに寄り添いながら、これまでの経験を生かしたアドバイスで支援させていただいています。

東京都品川区立日野中学校、都立小山台高等学校で吹奏楽部員(パーカッション)として活動。
千葉大学教育学部音楽科卒。
千葉市立犢橋小学校、千葉市立幸町第三小学校、市川市立大柏小学校、市川市立新浜小学校、市川市立真間小学校に勤務。
在職したすべての学校で、吹奏楽部を設立、または継続指導し、5校すべてを「TBSこども音楽コンクール」「全国学校合奏コンクール」「日本管楽合奏コンテスト」等で計14回の全国一位に導いた。
「日本管打・吹奏楽学会」会員

■最新記事
■カテゴリ
■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

素材の味
まだ落ち着かない状況ではあるが、今年度は吹奏楽コンクールは開催の予定で進んでいる。

昨年度は、ちょうど今頃の時期に「中止」の連絡が駆け巡り、全国の吹奏楽部の生徒たちを泣かせ、顧問の先生方を落胆させた。

今年も、正直、どうなるかは分からない。

でも、みんな希望を持って進んでいる。


一年間、寝かせておいた課題曲。

一年前とは、なぜか違った表情や味を見せてくれる。

いや、楽譜は何も変わっていない。

楽譜を読む自分が変わっただけだ。

一年前には、まだよく見えていなかったそれぞれの楽曲の「素材の味」がとてもよく分かるようになった。

どの曲も、それぞれにとても良い素材だ。

その「素材の味」を生かし、いかに美味しい「お料理」に仕上げていくかが楽しいところだ。

もちろん、技術的な格闘が必要な場面もあるだろう。

でも、その先にある楽しさをいつも見つめていれば、その格闘も楽しく乗り越えていけるに違いない。


色々なところで講習会や課題曲の演奏会が開かれている。
もちろん、それを参考に勉強するのはとても良い方法だが、ぜひ頭を真っ白にして、スコアとじっくり向き合ってほしい。
安易に、「講習会でこうやるといいと言われたから」とか「あそこの団体がこのようにやっていたから」と表面的に真似をするのではなく、スコアを隅々まで見つめてみよう。

「なるほど、そうなのか!」と、小さな記号ひとつの持つ意味に改めて気づいたり、楽曲を楽理的に理解できたり、「素材」を生かすオリジナルレシピのアイデアを見つけられたりする。

それは時間と共にどんどん深まっていく。


もちろん、自由曲に選んだ曲も同じ。

どこかの団体の音源を参考にしつつも、楽譜から読み込んだことを表現につなげるのが、本来の音楽づくりだ。


もちろん、専門的な知識も必要だが、音楽家レベルの知識までは無くても大丈夫。

「読書百遍義自ずから通ず」は、楽譜にも通用する言葉かもしれない。


ただし、目の付け所だけはとても肝心だ。
意外なところに、宝のようなヒントが書かれているから...

「素材の味」を生かしながら、同時にそのバンドの良さを生かしていく道程は、本当に楽しい。


皆さんの団体は、どの課題曲、そして、どんな自由曲に取り組むのかなぁ。


千葉県吹奏楽連盟では、無観客開催が決定しています。
そして、県代表選出部門以外の部門は、音源審査になりました。
例年のように、色々な団体の演奏を聴いて、学び、楽しむ機会はありません。

残念ですが、開催していただけるだけでも、先生方も生徒たちも大喜びです。

相川理事長様はじめ、千葉県吹奏楽連盟の役員様方、本当にありがとうございます。



スポンサーサイト



日記 | 23:01:26 | トラックバック(0) | コメント(1)
小学生でも分かること
ある小学校でのレッスンの合間の会話...


通勤ラッシュの時間に、電車の本数が少なくなってしまいました。電車の中はどうなると思いますか?
・・・ますます混雑します!

たとえば、明日からこの学校の教室の数が半分になったとしたら?
・・・えーっ! ヤバい! パンクしちゃう! 入りきれない! 超密!

教室の数を半分にしたからって、子どもが半分になるはずないよね。ひとつの教室に今の2倍の人数が入ることになる。これって、さっきの電車の話と同じだよね。電車の数を減らしたら、仕事に行く人の人数は減るの?
・・・減りません!
ってことは?
・・・やっぱり、超混雑する! 超密!


小学生の君たちでも分かることだよね。それを分からないでやらせちゃうのが小池都知事さん。だから、通勤ラッシュがさらにひどくなっているんだって。
小池さんは、電車の本数を減らせば仕事に行く人の数が減ると言ったんだ。小池さんがそんな変なことを言い始めた時に、なぜ周りにいる人たちが「小池さん、そんなことしたらますます混雑して感染拡大しますよ!」と注意してやめさせないんだろう。みんな、間違いだって分かっているはずなのに。怖くて言えないのかな? はいはい、分かりましたと言っておいた方が面倒じゃないからかな? 
それが日本をリードする人たちの行動なんだよ。

今、みんながこの部活で学んでいることというのは、ただ楽器が上手くなるとか音楽がますます好きになるとかだけではないんだ。
みんなで助け合ったり、考えたり、話し合ったり、顧問の先生から心の持ち方をたくさん教わったりして、何が正しくて何が間違っているか判断する力、そして、困った時や間違っていると思った時には話し合って解決していく力、そういう「人間としての大切な力」の基礎を身に付けているんだよ。

勉強するってそういうことなんだ。

子どもたちは、楽しそうに、驚きながら、そして、どこか神妙に、私の話の流れに乗っている。


学校の教員は、色々と思うところはあったとしても、それを直球で子どもたちに話すことはしにくいかもしれない。
私は、教員ではない。
だから、学校という公共性の高い場所であるということは理解した上で、子どもたちに「今、起きていること」を正しく理解するための話をレッスンに織り交ぜることがある。


子どもたちは、無抵抗な存在だ。 そして、従順だ。

もう1年間、給食時間の楽しさのひとつである「おしゃべり」を我慢して「黙食」している。
当然、子ども同士はもちろん、先生と子どもとの給食時のコミュニケーションは取れない。

私が学級担任をしている時、グループを回って子どもと一緒に給食を食べ、普段あまり話さない子が「先生、あのね。」とそっと話してくれたり、「〇〇君、苦手だったピーマン。けっこう食べてるね。偉いぞ!」と褒めてあげられたりと、授業時間とは全く違うコミュニケーションを取れる大切な時間だった。
先生にとっても子どもにとっても大切なこの時間を1年間も奪われている。

先生方は、前を向いて黙って食べさせる指導を余儀なくされ、もうその光景が当たり前になってきてしまったと言う。


大人は、高齢者は、緊急事態宣言が出ていようと何だろうと、かなり自由に生活し、楽しく会食している。
まして、会食の自粛を叫んでいる側の政治家たちが、平気で宴会をしている狂った有り様。
それでも、先生方と子どもたちは、ずっと「黙食」を続けている。

給食だけではない。修学旅行をはじめ楽しい行事もどんどん中止にされ、子どもたちが最も生き生きするであろう部活動も「部活動は中止してください」というわずか3~4秒の一言で取り上げられ、青春の大切な一瞬、大切な自己実現の場を奪われる。

弱い立場にある学校や子どもたちは、いとも簡単に言う事を聞かせられる「都合の良い相手」になっている。
「やってますアピール」にはもってこいの材料なのだろう。

「弱い者いじめ」の標的と言ってもいい。

学校現場が、どんなに苦労して感染対策をし続けているか、調査や分析をすることなく、いとも簡単に「弱い者いじめ」の標的にしてしまう現実には、怒りが込み上げる。


そんな中でも、先生方と子どもたちは、必死になって前に向かっている。

前進している。


敬服...



qX9nssVWytyyHJO1619577455_1619577469.jpg
大好きな近所の風景



日記 | 11:12:31 | トラックバック(0) | コメント(1)
すべてはオリンピックのため?
4月27日 TBSニュースより

東京オリンピック・パラリンピックの新型コロナ対応などを踏まえ、大会組織委員会がアスリートなどを受け入れる大会の指定病院を30か所程度確保する方向で調整を進めていることが分かりました。

関係者によりますと、アスリートなどの入院先となる大会の指定病院は大学病院や都立病院などで、大会組織委員会は都内に10か所程度、都外に20か所程度、確保する方向で調整を進めています。
また、選手村には新型コロナに対応する発熱外来や検査ラボを設置し、大会期間中は24時間態勢で運営にあたることも新たに分かりました。
この他、競技会場などに医務室を設置するため相当数の医療スタッフが必要で、組織委員会は、日本看護協会に500人の看護師の確保を依頼しています。
組織委員会は「地域の医療体制に支障が生じないよう努める」としていますが、全国で感染が拡大する中、医療スタッフの確保は最大の課題となっています。



4月28日 報知新聞社ネットニュースより

東京五輪・パラリンピック組織委員会が日本看護協会に大会の医療スタッフとして看護師500人の確保を依頼したことを受け、複数の現役看護師が27日までにスポーツ報知の取材に応じ、医療現場の過酷な現実を明かし、「五輪は中止にしてほしい」と口をそろえた。

組織委の突然の要請に、医療現場からは悲痛な声が上がっている。東京23区内の病院に勤務する看護師たちは、この報道を耳にし、現状を赤裸々に語った。

 「もともと、大前提として医師、看護師不足が大きな問題としてある中、さらにコロナで病床はひっ迫、経営は赤字の状態。非常に苦しい。これ以上、どこから500人も看護師を出す考えなのか分からない。病院ではコロナ対応に人員を割かれ、一般病棟も人手不足の中、懸命に働いている」

 医療スタッフは競技会場や選手村の感染症対策センターなどでの仕事が中心になると言われている。西日本にある病院勤務の看護師は苦しい胸中を語った。

 「感染者が少ない県から人員をかき集めれば500人は集まるでしょう。ただ、わざわざ感染しに行くような場所に行きたくないのが正直なところ。日頃、勤務先から『他県には行くな』と指示されているし…」

当然、五輪開催について医療現場では「中止にしてほしい」という意見が大半を占めている。

仮に開催されたとしても五輪後の感染拡大に懸念の声が高まっているといい、現場では政府への不信感を募らせている。

「選手が五輪に向けて頑張っている、この五輪が最後だという選手がいるのも分かっている。それよりも日本が、世界が大変なことになっている。ただでさえ、今は変異株で感染が急拡大している。五輪で別の、複数種類の変異株が広がり、五輪後は国内で(感染者が)さらに増えると思う」



ブログでは、コロナ問題をあまり書きたくないが、これはどうなのだろうか?

感染拡大、蔓延防止措置、またまた緊急事態宣言...

小池は、打つ手も打たず、自粛ばかり要請、「東京に来ないでください。」「都県境をまたがないでくださいと私は言っています。守ってください。」と、何か女帝のような語りぶり。

「命が大事」という一言で、学校に、子どもたちにまたしわ寄せが。
部活動もまた中止や制限をされ、整ってもいないのにオンライン授業せよと。


すべては危険を承知でオリンピックをやるため。

病床不足で医療が逼迫しているというのに、都民・国民のためには病床確保をせず、オリンピック選手のためなら指定病院30か所も用意する。
限界で働いてくださっている看護師さんたちを500人も派遣させる。


「オリンピックをやると感染拡大する」という前提で開催しようとしている。

「人類が新型コロナウィルスに勝った証」「平和の祭典」ではない。


もはやアスリートのためではない、政治家たちのプライドのため、そして、お金のために、私たち国民を、子どもたちを、医療関係者をどんなに苦しめてでもオリンピックを開催しようとしている。

そして、きっとオリンピックと共に大感染が広がり、夏から秋の大切な時期に、自粛・緊急事態宣言・行事中止・部活中止・休校・コンクール中止...そして、倒産、自殺者の増加と、コロナ以上の悲劇が待っている。


誰が考えてもおかしいと分かることを、平然と進める役人たちは、一体何だろう?


ファシズム、戦争...そんな言葉が頭の中をぐるぐる回る。


こんな狂った有り様が「普通」になっていくのが怖い。




日記 | 12:05:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
グッドアイデア
考えてみれば、何のことはないかもしれませんが...

gDQcZUIwswVvfx41618914038_1618914051.jpg

マレット類をひとつの大きな入れ物(大きな缶など)に入れてある学校は多いと思いますが、2本一組のまとまりが分からなくなりがちです。

色々な物を使って、様々に工夫して管理している学校も多いですが、これは簡単に出来て安い!

本数が増えたら、さらに作っていけばいいですね。

なるほど!でした。


新緑がきれいな今、「歩く」も気持ち良いです。

お気に入りの場所です。

LjsjC9HcV282DCg1618914077_1618914092.jpg



日記 | 19:30:21 | トラックバック(0) | コメント(1)
語先後礼
始業式や入学式が終わり、新年度がスタートしました。

まだ落ち着かない中ではありますが、部活動の勧誘も始まり、「今年はコンクールがある!」と先生も生徒たちも張り切っている様子が目に浮かびます。
ちなみに、千葉県の吹奏楽コンクールは、今のところ、「無観客ホール開催」で準備が進んでいます。

去年の今頃は休校中で、全く意気消沈していました。
この先、どうなるのだろうと...


新入部員が入って来る晴れやかな今の時期、ちょっと吹奏楽部の行動様式を見直してみませんか?

「語先後礼」...社会でのあいさつのマナーです。

言葉が先で、礼が後。
眼が合っていない人に先に礼をしても意味が無く、先に声を出してあいさつし、こちらに眼が向いたところで礼をするということです。

吹奏楽部での合奏の前や終わりのあいさつは、けっこう社会でのマナーと逆になっています。

特に、部長さんが「お願いします!」ではなく、「礼!」と号令をかける場合、皆、すぐ礼をして、その後不思議な間があってから「おねがいします!」「ありがとうございました!」と言葉が出ます。

中学校では、授業のはじめと終わりのあいさつも、そうなってしまっている例が多いようです。


学校で学ぶ「礼儀作法」は、将来、世の中に出た時にそのまま役立つ方法が良いと思います。


「お願いします!」や「ありがとうございました!」は、先に言葉を発してから礼をする。
これが正しいあいさつの仕方です。
身に付けておけば、社会に出てからも通用します。

慣れ親しんだ先生の学校では、逆のあいさつをしていると、「語先後礼」を教えてあげる場合もありますが、なかなか言い出せないことが多いです。

「これ違うんだけどなぁ」と思いながら、つい、そのままにしておきます。
ありがたいではなく、余計なお節介と思われたり、何か部活運営に口を挟んでいるように思われたりしそうで...。
若い先生には遠慮なく教えてあげます。 初任者指導のつもりで。


部活動での色々な行動様式を変えるのは、新年度がスタートした今がチャンスだと思います。


ある中学校の先生は、この「語先後礼」を吹奏楽部だけでなく、全職員に広めて共通理解し、授業や部活でのあいさつを全校一致で「語先後礼」に変えられました。
すばらしいです。


皆さんの部活では、「語先後礼」が出来ていますか?



日記 | 12:14:31 | トラックバック(0) | コメント(1)
次のページ