田川伸一郎のブログ

見えないゴールに向かって

昨日は、船橋市立葛飾小学校吹奏楽部の今年度最後のレッスンでした。

DRfnhuVUEMkfQDs1519049473_1519049495.jpg

このバンドとは、これで1年半のお付き合いとなります。

顧問の木内紀子先生は、葛飾小学校の前は船橋市立高根東小学校で、「こども音楽コンクール文部科学大臣奨励賞・3年連続受賞」や「東日本学校吹奏楽大会・金賞」というすごい成績を残されていました。
昨年度転勤した葛飾小学校の吹奏楽部は、コンクールに出たこともないバンドでしたが、2年目の今年度は「東関東大会・金賞」「日本管楽合奏コンテスト全国大会・最優秀賞」という驚くべき躍進を遂げました。

IMG_0010_convert_20180219231953.jpg
情熱の塊、木内紀子先生です。
先生ご自身が、小学校時代に東京都で吹奏楽部員として活動され、「こども音楽コンクール」で全国一位になった経験をお持ちです。
私は若い頃、その演奏をレコード盤で聴いて驚愕し、「小学生でもここまで演奏出来るのだ」と励みにしていました。
あの演奏の中に、木内先生がいらしたのだと、感慨深いものがあります。
子どもの可能性をどこまでも信じてご指導される情熱の裏には、ご自身の小学校時代の努力の日々があるのです。
小学校時代に偉大な先生から受け継がれたDNAは、今、葛飾小学校の子どもたちに、大きな愛と共に注がれています。


木内先生と相談して決めた今年度のコンクール曲は、チャイコフスキー作曲、バレエ音楽『くるみ割り人形』でした。
木内先生は、私に葛飾小学校ヴァージョンのアレンジをお任せくださり、その楽譜で子どもたちはコンクールに向かいました。

小学生には決して易しい曲ではありませんでしたが、「田川先生に演奏で恩返ししよう」と、たくさんの苦労を乗り越えて取り組み、この曲と共に成長して来ました。

IMG_0001_convert_20180219231701.jpg
                 IMG_0002_convert_20180219231725.jpg
1枚目のパート譜は、みんなこんな感じです...。 1年間にパート譜を2~3回新しくしていました。
書き込みでいっぱいになると、新しいパート譜をもらって、もう一度、リセットスタートするのです。


昨日は、定期演奏会や船橋市の「優秀校演奏会~夢を育むコンサート」に向けて、最後の『くるみ割り人形』のレッスンを中心に、他3曲の練習をしました。

良い曲は、長期間練習していても、飽きることが全くありません。
そして、ますます進化・深化させていくことが出来ます。

コンクールで演奏した夏~秋よりも、ひとりひとりの演奏技術は、当然のことながらレベルアップしています。
『くるみ割り人形』だけでなく、他の様々な曲を練習することによって付いた力もあります。

だから、コンクールの時期よりも良い音、良い表現が出来ます。
逆に、長期間練習していたことで、つい安易に演奏されてしまう部分も生まれます。
昨日は、「今だから出来る演奏」を求め、無配慮になってしまっていた面も確認して、それを元に戻すのではなく、元以上に良くする練習をしました。

IMG_0003_convert_20180219231747.jpg  IMG_0005_convert_20180219231807.jpg
IMG_0006_convert_20180219231827.jpg  IMG_0007_convert_20180219231849.jpg
IMG_0008_convert_20180219231909.jpg  IMG_0009_convert_20180219231933.jpg
これまで、どれだけたくさん練習して来たか分からない『くるみ割り人形』に、最後の最後まで食いつき、コンクールの時よりも更に良い演奏をしたい、もっともっと...と集中する賢い子どもたちです。
「コンクールで良い成績を収める」という『見えるゴール』ではなく、「自分たちに出来る最高に良い演奏をしたい」という『見えないゴール』に向かっているからこそ生まれる学びの姿勢です。
これが、音楽の本当の楽しさ、学び方なのです。
木内先生の「正しい教育」があってこそです。


葛飾小学校の子どもたちが奏でる『くるみ割り人形』の演奏は、「田川先生に演奏で恩返ししよう」の思い以上に、私に大きな大きな宝物を残してくれました。

IjCjbFUqplUvhUg1519083923_1519083936.jpg
                 Dy2kswoTTF2EPbA1519083964_1519083978.jpg
黒板に貼ってある「ありがとうございました」の横断幕には、子どもたちひとりひとりの気持ちが書かれていました。


Gu3J9ut8zUuF6lw1519049517_1519049576.jpg

葛飾小学校吹奏楽部のキラキラした子どもたち。
こんなにすばらしい演奏で返してくれて、ありがとう。
君たちのために、一生懸命アレンジしてあげて、本当に良かった。
「定期演奏会」、「夢を育むコンサート」では、1年間の学びを精一杯発揮して、『見えないゴール』に少しでも近づける演奏をしてくださいね。



VWLfVwg2K6jES901519049596_1519049696.jpg
6年生のみんな、最後の2年間、木内先生と共に過ごせて良かったね。
僕も君たちと出会えて、本当にうれしかったです。
こんなにたくさん卒業してしまい、残るメンバーは20数名...来年度は大変です(泣)
中学生になっても、木内先生と後輩たちをたくさん支えてあげてくださいね。
そして、出来れば中学校でも音楽を続けてほしいです。
どこまでも果てしない、音楽の『見えないゴール』に向かって...


スポンサーサイト

PageTop

第42回東京都小学校管楽器演奏会・第一週

この土日の2日間は、『第42回東京都小学校管楽器演奏会』に、講師としてお伺いさせていただきました。

会場は、リニューアルした武蔵野市民文化会館でした。

IMG_0002_convert_20180217234440.jpg

この演奏会には、8年間続けてお招きいただき、しかも、2週にわたって4日間開催される演奏会のすべてを聴かせていただいています。
それに加えて、3月に開かれる「月例会」にもお招きいただき、4日間の演奏会の総括の講話をさせていただいています。
先生方の勉強、子どもたちの熱演に毎年関わらせていただき、感謝でいっぱいです。

この演奏会に出演するには、年間8回ある「月例研修会」のうち、5回以上参加することが条件となっており、先生のご事情によってその回数に満たない場合には、出演することができません。

長い教員生活の中には、先生ご自身やご家庭のご事情、校内のご事情を優先しなければならないこともあります。
また、「小管研」に入って勉強していても、学校にはバンドがないという先生もいらっしゃいます。

しかし、この演奏会の運営には、そういった条件のため出演できない学校の先生もかかわっておられます。
それもすばらしいことです。

ご自分は出演出来ないタイミングであっても、また出演できる「いつの日か」のために、仲間として運営に協力されていらっしゃるのです。

まさに、「おたがいさま」「おかげさま」の心で活動されている「東京都小管研」です。

東京都でも、新採の先生が多く採用されるようになり、ベテランの先生方の中で若い先生方が勉強される姿、出演して指揮される姿に、とてもフレッシュなエネルギーを感じました。
すばらしい先輩方の元で謙虚に学んで指導力を上げていっていただきたいと思います。

講師の先生方です。

2月17日
IMG_0005_convert_20180217234611.jpg
雲井 雅人 先生 (雲井雅人サックス四重奏団・国立音楽大学客員教授)
益子 和子 先生 (トランペット奏者・バンド指導者)
玉寄 勝治 先生 (明星大学客員准教授・羽村第一中学校吹奏楽部顧問)
田川伸一郎

2月18日
IMG_0006_convert_20180218213855.jpg
関口 仁 先生 (昭和音楽大学教授・クラリネット奏者)
藤井むつ子 先生 (洗足学園音楽大学客員教授・打楽器)
上原 宏 先生 (東京佼成ウィンドオーケストラホルン奏者)
田川伸一郎

この他、打楽器奏者の大山博先生が、共通打楽器のチューニングなどフォローをしてくださいました。(全日程)

講師の先生方には、終演後に、講師室で総評をいただきましたが、プロのプレイヤーとしての奥深いお話を聞かせていただき、本当に勉強になりました。

それを丁寧にまとめて、3月例会で先生方にお伝えするのが、私の役目です。

すばらしい演奏を聴かせてくださった出演校の皆さんです。

2月17日
♪ 新宿区立鶴巻小学校 (金管バンド)
♪ 立川市立第二小学校 (吹奏楽)
♪ 北区立滝野川もみじ小学校 (金管バンド)
♪ 大田区立志茂田小学校 (金管バンド)
♪ 羽村市立小作台小学校 (金管バンド)
♪ 鷹南学園三鷹市立東台小学校 (金管バンド)
♪ 千代田区立九段小学校 (金管バンド)
♪ 武蔵野市立大野田小学校 (吹奏楽)
♪ 練馬区立小竹小学校 (吹奏楽)
♪ 江東区立明治小学校 (金管バンド)
♪ 新宿区立落合第三小学校 (吹奏楽)
♪ 練馬区立大泉第三小学校 (金管バンド)
♪ 立川市立柏小学校 (吹奏楽)
♪ 小平市立学園東小学校 (吹奏楽)
♪ 練馬区立大泉小学校 (金管バンド)
♪ 大田区立小池小学校 (吹奏楽)
♪ 台東区立金竜小学校 (金管バンド)

IMG_0003_convert_20180217234504.jpg  IMG_0004_convert_20180217234524.jpg
IMG_0007_convert_20180217234634.jpg  IMG_0008_convert_20180217234656.jpg

2月18日
♪ 大田区立蒲田小学校 (吹奏楽)
♪ 武蔵村山市立第二小学校 (吹奏楽)
♪ 目黒区立八雲小学校 (金管バンド)
♪ 多摩市立諏訪小学校 (吹奏楽)
♪ 武蔵野市立第三小学校 (吹奏楽)
♪ 北区立滝野川第五小学校 (金管バンド)
♪ 文京区立林町小学校 (吹奏楽)
♪ 渋谷区立神南小学校 (吹奏楽)
♪ 武蔵野市立桜野小学校 (吹奏楽)
♪ 江東区立第二砂町小学校 (金管バンド)
♪ 墨田区立二葉小学校 (金管バンド)
♪ 板橋区立桜川小学校 (金管バンド)
♪ 台東区立台東育英小学校 (金管バンド)
♪ 江東区立浅間堅川小学校 (金管バンド)
♪ 八王子市立清水小学校 (吹奏楽)
♪ 武蔵野市立第四小学校 (吹奏楽)
♪ 台東区立東泉小学校 (管弦楽)

IMG_0002_convert_20180218213758.jpg  IMG_0003_convert_20180218213817.jpg
IMG_0005_convert_20180218213836.jpg  IMG_0007_convert_20180218213913.jpg

次の土曜日・日曜日にも、第二週が開催されます。

今からとても楽しみです。

この2日間に出演された34校のみなさんに心から拍手を贈ります。


PageTop

小学校の音楽科授業

昨日の午前中は、県内の私立小学校の授業サポートの日でした。
おふたりの音楽専科の先生が、それぞれ3年生、4年生の授業を展開され、参観と私が交代しての授業をさせていただきました。



0pEBpkxBk_MGrE31518621442_1518621467.jpg

3年生は、歌唱『いつだって!』(作詞・作曲/若松歓)とリコーダー『エーデルワイス』でした。
40名以上もいる元気な学級です。


歌は伸び伸び、いい声で歌います。
途中まで先生がご指導され、その後、私が引き継いで指導。

IMG_0006_convert_20180215002115.jpg

「この曲の一番おいしいところはどこ?」
「『ぼくらはいつだって』からのところ!」
「そこを一番聴く人の心に残すために、作曲者が何か記号を書いているんだけど。」
「エフエフ(ff)だ!」
「そう、とても大きく元気に歌いたいね。そこが一番伝わるように。お料理で言うとステーキかな。そこまでの部分は、サラダのように歌えるかな?」

これだけで、歌い方が変わりました。
前半は、f(フォルテ)ではありますが、少し控えめに、さらっと。
後半は、ffで生き生きと。

IMG_0007_convert_20180215002134.jpg
身体が動き出し、アクションまでつけて歌う子もいました。いいねぇ!

みんなも真似して、ちょっぴり語るような歌い方と、訴えるような歌い方との差をつけて見事にメリハリある歌い方に出来ました。

IMG_0003_convert_20180215002057.jpg  IMG_0008_convert_20180215002153.jpg
始終にこやかな若い音楽専科の先生です。   担任の先生もさりげなくサポートされます。

リコーダーでは、『エーデルワイス』を4小節一息で吹くことで、フレーズ感を整えていきました。
息の配分を考える分、音色も柔らかく...

元気があり余っている元気な3年生。こんなパワーが私は大好き。
これからぐんぐん伸びていきそうです。


96yexBEeFRlxuT61518621489_1518621508.jpg

4年生は、学年音楽でリコーダー『ジュピター』(作曲/ホルスト)と二部合唱『Tommorow』でした。
一学年違うだけでこんなにも落ち着きやリコーダーの技術や音色、歌声が違うのだとびっくりするほど、この一年の大きな成長が分かりました。


リコーダーを中心にしました。
曲の難しい部分をクリアしていくためのトレーニングの工夫、アウフタクトと一拍目の重心の意識。

とても上手に演奏出来ていたので、細部の精度を上げるための指導をお手伝いしました。

IMG_0015_convert_20180215002303.jpg  IMG_0014_convert_20180215002249.jpg
IMG_0013_convert_20180215002229.jpg  IMG_0012_convert_20180215002211.jpg

合唱の『Tommorow』では、楽譜にある八分休符の扱いを明確にしていくことで、曲全体が引き締まっていくことを勉強しました。
だらだらつなげて歌わないことも必要です。なおかつ、フレーズのまとまりを感じて。

アルトも気分よく伸ばし続ける拍の長さどおりに切らないと、次の和音に食い込んでしまう箇所があり、「何となく歌い」を「正確歌い」に変えて行きました。

みんなともかく反応がいい。 良くしていこうという意欲が高い子どもたちなので、変容は見事でした。
すばらしかったです。


今年度の授業サポートは、昨日で終了しました。

授業後、音楽専科の先生方はもちろん、校長先生、教頭先生も加わってくださり、来年度のサポートの予定、研修の方向について打ち合わせしました。

来年度も、このすばらしい学校で、授業のお手伝いをさせていただけることを大変うれしく思っています。

私も、共に勉強していきたいと思います。

1年間、ありがとうございました。


PageTop

2017年度吹奏楽クリニック

昨日は、日本管打・吹奏楽学会主催「2017年度吹奏楽クリニック」に行って来ました。

会場は、尚美ミュージックカレッジ専門学校でした。

1日のプログラムです。

1322PAPxuw5GPWg1518348506_1518348547.jpg

先生方、指導者の他に、たくさんの中学生・高校生が楽器を持って受講しに来ていました。

私のお目当ては、もちろん「楽曲アナリーゼ」です。

来年度の課題曲を作曲家の天野正道先生が、作曲家の立場からの視点で解説してくださいます。

ズバリ、作曲上の欠点も指摘...でも、全日本吹奏楽連盟は、こういう欠点を持った曲じゃないと採用しないのだそうです。

マーチの後打ちの和音の配置のまずさ、吹きにくさ、旋律と和音との残念なぶつかりへの無配慮、コンピューターで作曲しているから起きる倍音を考えない音の重ね方。
楽譜どおりにただ演奏すると、良い響きがしない。バランスが悪い...そういう楽譜上の欠点を、楽譜をいじらずに、演奏の工夫によってどれだけ乗り越えるかもコンクールの課題曲の意味なのだそうです。

課題曲Ⅲの『ワルツ』は、「どこにも文句が付けようがないほど素晴らしい曲。倍音も意識して書かれているし、高ちゃん(天野先生からの愛称のようです)の天才ぶりが分かる」と大絶賛でした。

今回は、その曲の解説の前に一度音源を聴き、解説後にまた聴くという機会をくださいました。
解説を聞いてから聴くと、初めとは聴こえ方が違うから不思議です。

課題曲Ⅴでは、皮物打楽器の音程のつくり方も詳しく教えてくださいました。(渡辺由美子先生からの伝授だそうです。)

それぞれの課題曲の「ハードル」と乗り越え方についてもアドバイスをいただきました。

この時期に、「作曲家目線」のアナリーゼを教えていただけることは、大変ありがたいことです。

今後の勉強、レッスンに生かしていきたいと思います。

ありがとうございました。

H8HVrIJulE5Xvnj1518484563_1518484578.jpg
                                   写真提供 : フォトライフ様


PageTop

新しい気持ちで前進

自宅待機の5日間、とても長かったです。
レッスンが無くなってがっかりしている先生方や部員たちの顔を思い浮かべ、私も悲しくなりました。
お見舞いのメールやコメントもたくさん届きました。 皆様の優しいお心に感謝いたします。

キャンセルになった学校の数校から、「別の日になんとか...」という強いご希望もあり、今度の土曜日にみなとみらい大ホールで開催される『全国小学校管楽器合奏フェスティバル・東日本大会』を聴きに行くのをあきらめました。
昨年度も、一昨年度も、小学生たちの素晴らしい演奏に感動したのですが、今年は仕方ありません。

インフルエンザの影響は重いとつくづく思いました。

学校でもまだまだ猛威を奮っています。
先生方も生徒さんたちも、どうにか逃げ切れますように...

昨日は、「自宅待機」の期限も終わり、久しぶりにレッスンに出かけました。
いきなり県外の水戸市立第二中学校でした。


L4QBvSTmZDIS46p1518047154_1518047166.jpg

今年度で、「東日本学校吹奏楽大会3年連続出場」という快挙を果たした水戸二中吹奏楽部。
東日本大会の規定で、来年度はB部門には出場することが出来ません。

現在の部員は、1、2年生でわずか23名。
4月に入部して来る初心者を含む1年生を加えた全員でA部門に出場しなければなりません。
茨城県の中学校A部門もとてもレベルが高く、ううむ...大変そうです。

また、全国の「部活規制」の流れに乗って、水戸市でも「朝練禁止」をはじめ部活規制が始まっているそうで、悩みの多いところです。


「やり過ぎ」は問題ですが、「やりたいのにやらせてもらえないこと」が先生や生徒の悩みを生んでしまうことを日本のお偉いさんは分かっているのでしょうか。
「働き方改革」なら、まずは不必要な調査や提出文書を減らしてあげてください! 教員の数をもっと増やしてあげてください! 
部活は、生徒も先生も、自己実現の夢と勇気を育て、自己肯定感を育てるとても大切な時間なんですよ! それを取り上げて「改革した」ですか? 先にやるべきことあるでしょう?
と、ここで私がどんなにわめいても、ひとりごとで終わってしまうのですが...



水戸二中では、直近では、さらに大雪やインフルエンザでの部活中止も加わり、本当に練習が出来ない日々が続いていたようです。

それでも、わずかな時間を使って、地道に進んで来ていました。
新チームになってからのレッスンは昨日が初めてでした。
3年生が抜けて、たった2人になってしまったサックスパートには、フルートとトランペットからコンバートして穴埋め。
とっても上手に吹けていてビックリしました。

10日後に控えた学区の小学校とのコンサート、3月におこなわれる定期演奏会に向けて、私が提供した曲は、バレエ音楽『青銅の騎士』の小編成版。
この編成でも十分に鳴るように書いてあります。
原曲の著作権が切れている曲なので、あえて出版せず、希望するレッスン校には無償でプレゼントしています。

「全然練習出来ていないんです。ゴメンなさい!」と、顧問の山田文子先生から連絡が来ていましたが、そんなことはありませんでした。

IMG_0004_convert_20180208085311.jpg  IMG_0002_convert_20180208085023.jpg

東日本大会前のレッスンでは、1年生のほとんどは見学でしたので、1年生全員の音を聴くのは初めてですが、初心者も含め、とても良い音が育っていて、バンドの伝統というか先輩の良い音を聴いて育っているのだなと思いました。

そして、和やかで笑顔いっぱいの雰囲気は、代替わりしても何も変わっていませんでした。

IMG_0037_convert_20180208085410.jpg  IMG_0034_convert_20180208085350.jpg

求める心が強く、私からのアドバイスに対する音の反応がとても良いことも、このバンドの底力のようです。

「全然練習出来ていないんです!」で、この演奏なら、「たっぷり練習しました!」の演奏はどうなるのかな。きっと超すごい演奏!

短い時間の中の集中力が素晴らしいのだと思います。昨日のレッスンに何が何でも間に合わせようと頑張ってくれた皆の心意気を感じました。

IMG_0003_convert_20180208085247.jpg  IMG_0010_convert_20180208085330.jpg

来年度もB部門に出られるなら、このメンバーに1年生の経験者を加えるだけでもかなりの力を発揮できると思うのですが、A部門となると...

でも、部員のみんなは、人数のことなどあまり気にしていないようで、「来年度は、課題曲と自由曲、やるんですよね!思い出の曲が2曲になります!」と、とっても明るく前向き。
「この子たちの良さを生かして精一杯夏に向かえれば、それでいいんです。かわいいこの子たちと音楽が出来るだけで幸せなんですから!」とおっしゃる山田先生は、真の教育者。
だから、こんな心豊かな生徒たちが育つんだな。 
またまた勉強しました。

私も、この生徒さんたちの「良さ」を感じながら、「良さ」を生かせるように、私に出来る形でお手伝いしていこうと改めて思いました。

とても良い復帰1日目でした。

fC8anYWyTm5cplb1518047201_1518047297.jpg

たくさんの偉大な先輩たちが引退して人数が急減し、パートを替わってくれた人もいて...どんな状態か正直心配な気持ちで向かいましたが、君たちの明るさと前向きな気持ち、そして、本気で頑張っていることがわかる音に触れて、とても安心しました。
人数は少なくても、ひとりひとりが輝いているバンドは、それだけでも素敵です。
ふたつの大きな本番、そして、卒業式演奏に向けて、皆で心を合わせて歩み、4月にひとりでも多くの1年生が入部してくれるような良い雰囲気を育てていきましょう。
来年度にまたお会いしましょう!
がんばれ! 山田文子先生&水戸市立第二中学校吹奏楽部



PageTop