FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

福島県から~2018・9月~

水戸から帰った翌朝、福島へ向かいました。
敬老の日の一日、そして、昨日の放課後に、あわせて4校の中学校にお伺いさせていただきました。


福島県のこの地区には、6月にもお伺いさせていただきました。
その時は、吹奏楽コンクールに向けての取り組みでした。

福島県では、吹奏楽コンクールが夏休み前に終わります。(もちろん、支部大会、全国大会に出場する団体は別です。)

小学校・中学校では、その後、夏休みの練習を経て、さらに上手になり、多くの学校が、「日本学校合奏コンクール」の予選である「合奏祭」という平日開催の音楽会に出場します。
また、「TBCこども音楽コンクール」(関東ではTBS)にも多くの学校が出場します。
それらのステージが、今年度最後の大きなステージとなります。

今回のレッスンは、その「合奏祭」に向けての仕上げの練習のお手伝いでした。
吹奏楽コンクールとは違い、自由曲のみ一曲での出場です。

夏休み前よりも演奏技術が上がった今、しかも、最後のステージ。
今までと同じ演奏ではなく、今までは出来なかった演奏も出来るはずです。

ラストステージに向けて、細部にわたる確認をもう一度してほしい。
同時に、やや煮詰まった状態になって、飽きがきてしまっている曲に、新鮮でワクワクする気持ちを持ち直してほしい。

「仕上げ」にふさわしい演奏に向けて、最後のハードルを乗り越える楽しみと意欲を差し上げました。


DSC_1456_convert_20180917233948.jpg
002_convert_20180918074307.jpg  001_convert_20180918074229.jpg
004_convert_20180918074433.jpg  003_convert_20180918074337.jpg
wk1z36LQYbh9l2g1537196062_1537196069.jpg
こちらの中学校には毎年お伺いしていますが、今年度は顧問の先生が代わり、6月のレッスンはありませんでした。
今回が、最初で最後のレッスンです。
中学生には少し難しいアレンジ曲を取り上げていますが、夏の努力が実って、技術的にはかなりこなせていました。
やや安全運転的で、単調な演奏になっていましたので、この曲の「本当の姿」に近づくことをめあてに切り込んでいきました。
テンポ設定やアゴーギク、場面による音色や色彩の変化...曲全体の活性化を図りました。
どんな難しい要求をしても、絶対にこなそうとする意欲の高さ、それでいて和やかで明るい雰囲気は、顧問の先生が育てているこのバンドの宝です。
「私がやりたかったけど、なかなか上手くいかなくて悩んでいた所を、しっかり教えていただき、本当にありがたいです」と、先生は涙を浮かべて喜んでくださいました。
最後まで、高みを目指してがんばってください!


DSC_1463_convert_20180918000357.jpg
006_convert_20180918074839.jpg  007_convert_20180918080403.jpg
008_convert_20180918080457.jpg  009_convert_20180918080545.jpg
DSC_1465_convert_20180918000502.jpg
今年、顧問の先生が代わり、初めてお招きいただいた中学校です。
6月にもお招きいただき、今回は2回目です。
先生と生徒さんたちの絆は深まり、私も安心して関わることが出来ました。
演奏技術が上がり、すっかり演奏し慣れている様子でしたので、もう一度、新鮮な気持ちで曲に向き合ってもらうために、楽譜に書かれた拍子の意味やハーモニーの味、エネルギーの増減をしっかりとかもし出した演奏にしていく練習をしました。
「和声の力」に応じて、自然な強弱やアゴーギクを付けたり、音色を変えたりと、「隠し味」の工夫もしました。
生徒さんたちは、まだまだ素敵になる曲の良さを感じた様子で、音と音楽が生き生きとしてきました。
ラストスパート! ハートの演奏を!


DSC_1466_convert_20180918000611.jpg
010_convert_20180918081629.jpg  011_convert_20180918081711.jpg
012_convert_20180918081818.jpg  013_convert_20180918081901.jpg
DSC_1468_convert_20180918000737.jpg
こちらも、今年度、初めて出会った中学校です。6月に引き続き、2回目のお招きをいただきました。
今回は、素敵な「合唱」でお迎えしてくださいました。
このバンドは、「吹奏楽部」ではなく「音楽部」という名前で、吹奏楽だけでなく合唱にも取り組み、このメンバーを母体にした合唱団で合唱コンクールにも出場しているのです。
先生は、曲に対する愛情がとても深く、その愛情ゆえ、やりたいことも盛り沢山で、そのせいか、ややこってり味の演奏になっていました。
曲の素材がとても良いので、むしろすっきり演奏した方が聴く人の心にすっと入っていくのでは...という観点から、曲の原点に立ち返ってみました。
先生の味付けが自然に生きた演奏になっていきました。
最後の仕上げも、ぜひすっきり味で!


q0upbeDFLRZ5Ffc1537307292_1537307298.jpg
IMG_0003_convert_20180919161837.jpg  IMG_0002_convert_20180919161807.jpg
IMG_0001_convert_20180919161742.jpg  IMG_0004_convert_20180919161907.jpg
3Z5dLOgco_rsVsW1537307317_1537307344.jpg
この中学校に上がって来る小学校が「器楽部」から「吹奏楽部」に変わったおかげで、経験者の1年生が入部して来るようになり、人数もレベルもぐんと上がりました。
先生が赴任された時には、3年生は夏で引退してしまう流れが出来ていて、合奏祭には1、2年生だけで苦しい演奏をしていました。
2年目にやっと半数位の3年生が残ってくれるようになり、その残った3年生たちが、「合奏祭まで続けた方が、生活のメリハリがついて、かえって勉強にも集中出来るし、受験にもプラス!」という言葉や結果を残してくれたおかげで、翌年からは3年生全員が残って合奏祭まで頑張るのが、この部の「常識」になりました。
6月に比べて、音量も上がり、自信が感じられる演奏になっていました。
最後のステージに向けて、音色やタンギングの種類を増やしたり、ゆっくりの部分のフレージングをすっきりさせたり、速い部分のノリやスピード感を上げる工夫をしたりと、「表現のパレット」を豊かにする勉強をしました。
合奏祭でも、色彩と表情の豊かな演奏にチャレンジしましょう!



レッスン希望がありながら、スケジュールの関係で入れてあげられなかった中学校と高校のために、来週もう一回、福島にお伺いすることになっています。

来週、「その2」でご紹介させていただきます。



005_convert_20180918081001.jpg
合奏祭で、今年のまとめとなるような演奏が出来ますように!
そして、また来年の6月にお会いしましょう。  お元気で!




昨日は火曜日で、当然、練習は放課後でした。
ホテルをゆっくりチェックアウトし、私は、栃木に続いて、またまた「温泉」へ。
電車に乗って、駅から温泉旅館までのんびり歩いて、「日帰り入浴」をしました。

HKHRqc_rLI2iOa_1537307378_1537307389.jpg
こんな爽やかな風景を楽しみながら、お散歩でした。

xfnwIKKaFMkkkJQ1537307467_1537307473.jpg
qC1WmgDsnLamb4s1537307491_1537307497.jpg
落ち着いた庭園に、足湯がありました。

aBUaNfJ3AoqatwP1537307727_1537307731.jpg
この写真は、宿のHPからいただきました。
平日の昼間だけあって、ほぼ貸し切り状態でした。
ふわぁ~と癒されました。


スポンサーサイト

PageTop

東関東吹奏楽コンクール・水戸会場

この土日は、東関東吹奏楽コンクール・高校B部門、小学校部門を聴きに、また多くのレッスン校を応援に行って来ました。

IMG_0009_convert_20180916210744.jpg

会場は、茨城県民文化センター。
鳴らないと言われるホールです。

確かに朝の鳴りの悪さは、本当に寂しいほどでした。

でも、良い音、良い演奏は、いわゆる「鳴り」とは別に伝わってくるものです。

そして、審査員の先生方も、「鳴り」がどうこうではなく、きちんと良い音、良い音楽を評価してくださる審査をしてくださいました。

高校B部門で出場し、見事、「東日本学校吹奏楽大会」へ駒を進めた千葉県代表・聖徳大学附属女子中学校・高等学校は、朝の2番の演奏、しかも、18人という少数です。
確かにホールの「鳴り」は悪く、千葉県文化会館で聴いた音とは違っていましたが、それでも高い点数を得て代表になることが出来ました。

東関東支部では、中学校、高校のB部門に出場出来る部員の制限が決まっており、大勢いる中からセレクトしてB部門に出場することは出来ません。
上記の聖徳大学附属女子中学校・高等学校吹奏楽部や、同じく代表になった千葉県代表・銚子市立銚子高等学校(3年連続東日本大会出場達成です)の15名(プログラムには16名とありましたが)は、部員の総数です。
そのメンバーをどう生かし切るかという先生のアイデアや工夫、選曲、編曲、音楽づくりにかかっています。

どの団体も、それぞれの事情を抱えながらの取り組みだったと思います。


小学校部門は、またレベルが上がり、常連校だけでなく、初めての学校も出場し、驚くべき演奏の連続でした。

今、「部活はブラック」という言葉で、部活に制限をかけようとする動きが強まっていますが、小学生たちの可能性の素晴らしさ、それを引き出そうとする先生方の熱意、力強くサポートする保護者や関係者の方々の思いがひしひしと伝わって来ました。
ここに展開されている「教育の理想の姿」や「思いの尊さ」を、お偉いさん方がどうにかして理解してほしいものだと改めて思いました。

小学生では、やはり基礎の大切さ、管楽器ではまず「呼吸ありき」だなと思いました。
ブレスが安定した良い音は、最も大切にしたいものです。
身に付けるには、時間もかかるし、根気も必要です。
でも、小学生だからこそ、管打楽器との出会いを、大切に、丁寧にアプローチしてあげてほしいと思いました。


感動の2日間でした。

主管してくださった茨城県吹奏楽連盟の皆様のご尽力に心から感謝いたします。

連盟の方々の再三の注意にも関わらず、演奏中に携帯の着信音が鳴ったり、フラッシュ撮影の光が走ったりと、マナーを守らないお客がいたことが本当に残念です。

ステージの子どもたちの一度限りの演奏を大切にしてあげられない人が、なぜわざわざ聴きに来るのでしょうか。
謎です。

東関東支部は、今度の土日、宇都宮市文化会館での中学校B部門、大学、一般職場部門を残すのみとなりました。


東関東大会の結果の詳細は、下記、「東関東吹奏楽連盟」のHPをご覧ください。
東関東吹奏楽連盟

DSC_1454_convert_20180916210839.jpg
夕暮れの千波湖の美しかったこと。


PageTop

小学校の音楽授業

小学校、中学校B、高校Bの東関東大会に向けて、毎日追い込みのレッスンが続く中、昨日の午前中は、県内の私立小学校の授業サポートにお伺いして来ました。

2時間目から4時間目までの3時間、2年生、5年生、6年生の授業をサポートさせていただきました。

GXHBBVCIZEcGhmA1536815954_1536815960.jpg
IMG_0002_convert_20180913142136.jpg  IMG_0003_convert_20180913142156.jpg

2年生の授業では・・・
・教材をどうとらえ、何を身に付けさせるために、その教材をどう使うのかという根本の問題。教科書どおりが良いとは限らない。
・低学年向きのショートプログラムの効率的な進め方。
・「リズム打ち」と「音価」の隔たりについて。
・学習形態は、その目的に合ったタイミングと形で変化させること。
などを中心に検証しました。



JOO0HbN5TyEHxR91536816014_1536816018.jpg
IMG_0008_convert_20180913142318.jpg  IMG_0007_convert_20180913142258.jpg

5年生の授業は、学芸発表会に向けてリコーダー合奏の練習でした。
ト長調の曲で、ファ♯も出てくる曲なのに、とても良く演奏出来ていました。
音色もとてもきれいでした。
私がほぼ進め、曲の内容や曲趣にあったテンポ設定やノリ方を工夫し、根底に流れるリズムの感じ方を勉強しました。



xjCqPfBF4bEEmrc1536815975_1536815980.jpg
IMG_0005_convert_20180913142216.jpg  IMG_0006_convert_20180913142236.jpg

6年生の授業も、学芸発表会に向けての器楽合奏の指導を、私からのアドバイス中心に進めさせていただきました。
ざっと通せている演奏でしたが、バランスや全体の強弱に変化が無く、常に同じ楽器が目立ち、同じ音色が続く合奏になっていました。
それは、これからやるとのことでしたが、一気に調整。 
まずは、主役と脇役のバランス、鳴りやすい楽器と鳴りにくい楽器のバランス、そして、曲の構成を考えた強弱の工夫に。
全てのパート、全ての児童がスポットライトを浴びる瞬間があることが、合奏ではとても大切です。



コンクールに向けた日々の緊張感ある吹奏楽指導の合間の3時間の授業は、何かほっとするひとときでした。

やっぱり、私はやっぱり授業が好きなんだなぁと、つくづく思います。

吹奏楽部に集まって努力する子どもたちも大好きだけど、学級の子どもたちが音楽でキラッと輝く瞬間も大好き。

そんな「キラッとタイム」を味わわせていただけることに感謝!


午後は、また、東関東吹奏楽コンクールに向けて、小学生たちと輝く時間を過ごしました。
あと2日の練習でやるべきことが明確になりました。

3時間の授業と2時間の吹奏楽部...心が「キラッ!」でいっぱいの良い1日でした。

PageTop

心癒された日曜日

昨日の日曜日に初めてお伺いした学校。

遠かったです...

でも、降り立った駅のほのぼのとした駅舎。

いいなぁ。

3HHi7nLfrrfueAX1536494118_1536494139.jpg

お昼休みには、副顧問の先生が、すぐ近くの海にドライブに連れて行ってくださいました。

良い気分転換になりました。

_M_FqIPqJ7JuDyv1536494158_1536494170.jpg

その副顧問の先生は、私の知り合いの教え子さんでした。

また、楽器講師でいらしていたある先生は、高校時代に私のレッスンを受けたことがあるという方でした。

音楽がつなぐご縁に感動しました。


部員の皆さんは、とても真面目で、熱心でした。

初めて会った私のレッスンに、とても素直に付き合ってくれました。

あまりお役には立てなかったと反省しながら帰って来たのですが、今日、顧問の先生からお電話があり、部員の皆さんがとても喜んでいたと、うれしいご報告をいただきました。


これからも、熱心な顧問の先生と一緒に良い音楽を...

素敵な風景と、素敵な生徒さん方と、素敵なご縁に、心癒された日曜日でした。

ありがとうございました。


PageTop

北海道のみなさま

今朝から、北海道の地震の被害を心配しています。

携帯の充電を無駄に使っていただきたくないので、ごく数名の先生方としか連絡しておりません。

停電が続き、大変お困りのご様子です。

学校は休校で、小さなお子さんがいらっしゃる先生はご自身も年休を取られ、万が一に備えて我が子を守ることに専念されているそうです。

余震も続くおそれがあるようです。

どうか安全第一で、そして、お身体を大事になさってください。

お祈りしています。

PageTop