FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

音楽家になった教え子と

先日、あるオフ日に、新浜小学校時代の教え子に会いました。

加納尚樹君...トランペットを担当し、5年生で『輝きの海へ』、6年生で『はてしなき大空への讃歌』を演奏した代の子どもです。

天性とも思える楽器との相性だったのか、私が教える以上に自分自身でトランペットの技術を習得していきました。
6年生になると、ハイトーンをいくら吹いてもバテない良い奏法で、ポップスでもバロックでも楽しげに吹いていました。

中学校でも高校でもトランペットを続け、高校では普門館での全国大会で1stトランペットを朗々と奏で、私を泣かせてくれました。

東京藝大を目指して一浪だけしましたが、夢叶わず、東京音楽大学へ。
師のアンドレ・アンリ先生からフランス留学を勧められ、一大決心をして東京音大を中退し、パリにあるリュイエ・マルメゾン音楽院に入学、あこがれであったエリック・オビエ先生に師事しました。

マメルゾン音楽院を卒業後、最大の夢であったパリ国立高等音楽院に合格しました。
ドビュッシーやラベル、トランペットのモーリス・アンドレも卒業した世界有数の音楽学校です。
世界からの受験者130人の中でたった1人の合格者が加納尚樹君でした。


パリ国立高等音楽院一年次在籍中の演奏です。
リヨンの教会でのオルガンとの共演です。
お聴きください。
   ↓
加納尚樹 リヨンでの演奏

本人曰く、「ナーバスになっていた時期で、音色も音楽性も納得がいかない演奏が悔しかった。それなりに評価していただいてはいたが、自分として楽しめていない演奏なのです。」と。

パリ音では、精神的にもきつい時期もあったようですが、無事に卒業し、今、様々な進路を模索しています。

今年は、主なる仕事をフィンランドのトゥルク・フィルハーモニー管弦楽団の主席トランペット奏者の年間契約奏者としての演奏に置き、正団員の席を目指しています。
月2回ほどの本番と、それに向けての2~3回のリハーサルで、生活には十分な給与をいただいているそうです。
7、8月は、オケ自体が完全休暇に入り、演奏は無くなるのですが、給与は支給されると...。
日本ではあり得ない待遇なのだそうです。
フィンランドの自然や人、生活も気にいっているようです。

日本に帰って来た時には、2つの音楽大学で、休講の教授のピンチヒッターとしてレッスンをしたり、スクールバンドでトランペットのレッスンをしたりと、後進の指導にもあたっています。

トランペットの練習だけでなく、ヨーロッパの他国を訪れ、様々な文化や音楽に触れ、音楽観を深めることに喜びを感じているようです。

まさに、若々しく自由奔放な音楽家人生を歩んでいます。

小学校の時、最初にトランペットではなくコルネットで入門時期を過ごしたこと(これは私のポリシーです)、ロングトーンよりもスケールやリップスラーで基礎を身につけたこと(これも私の金管初心者メソッドです)が、とても良かったと話してくれました。

また、技術以上に音楽性やイメージを先取りして、そのために技術が必要なのだという指導を受けたことも、自分の今につながっていると、話してくれました。

今、まだ27歳の若い彼です。
これから、厳しい試練や挫折も待ち受けていると思います。

ひとつひとつの壁が意味のあるものであることを理解して、乗り越えていってほしいと思います。

「小学校時代に田川先生と出会っていなかったら、絶対に今の僕はありません。本当に感謝しています」と、話してくれた笑顔は、子どもの頃のあのままでした。

感謝するのは、私の方です。
これからもずっと応援していきたいと思います。

iQ0NyfzcZCOzTRS1547557650_1547557698.jpg


スポンサーサイト

PageTop

東京都の中学校・高校バンド

この連休は、東京都の中学校と高校にお伺いさせていただきました。

2日間とも、とても良いお天気で、成人式に参加する新成人の清々しい姿に、心の中でエールを送りながらの電車移動でした。

この2校には、全く初めてのお伺いでした。
それぞれの先生とは面識はあっても、指導を拝見するのは初めてという初めてづくし。

でも、ワクワクする気持ちいっぱいに学校へ向かいました。

事前の打ち合わせで感じたのは、この2校の先生同士は全くつながりの無い先生でありながら、驚くほど共通した素養があることでした。

それは、「謙虚さ」と「向上心」です。

おふたりとも若手の指導者ではありますが、生徒たちへの思い、そして、音楽への思いにはとても深いものがあり、「自分自身が指導者として成長することが、生徒をより成長させる一番の力になるのでは...」とお考えなのでした。

そして、「生徒への指導もお願いしたいけれど、指導者である自分自身への指導もお願いしたい。今指導している音楽が客観的に聴いて正しいものなのか、聴く人に受け入れられるものなのかという視点で...」というご自身の音楽づくりの振り返りをしていきたいという、実に謙虚で真摯な姿勢でご依頼くださいました。

もちろん、音楽づくり以前に、教育としてのバンド指導のあり方についても、昨今の「部活動のあり方論」の中で、今後の指針や部活動のより良い進め方などについてもお話しする約束をしました。

今の若い指導者(顧問)の中には、何故か「根拠のない強烈な自信」を持っておられる方もいらっしゃり、他人のアドバイスには聞く耳持たず。
コンクールで結果を出そうものなら、それだけで「自分は最高の指導者」と思い込み、根拠のない自信はますます沸騰し...という方もいらっしゃいます。
コンクールで結果を出すということは、もちろん素晴らしい指導力のひとつではありますが...。
そういう先生の生徒は、「育てたように子は育つ」(相田みつを)の言葉どおり、やはりすごい自信を持っていて、自分たちの演奏は絶対に正しいと「聞く耳持たず」の場合も...。

今回お伺いした学校は、共にコンクールでも良い成績を収めている学校ですが、先生のお人柄は謙虚そのもの。
自分の指導を振り返り、改善しながら、生徒たちと共に確かな歩みをして行きたいというお考えでした。

私は、そんな先生方の真っ直ぐなお気持ちを伺って、「一緒に勉強しましょう」というスタンスでお手伝いさせていただくことにしました。


JJQ4NTnrHEQEf3i1547460856.jpg
IMG_0001_convert_20190114192110.jpg  IMG_0020_convert_20190114192216.jpg
IMG_0005_convert_20190114192152.jpg  IMG_0002_convert_20190114192133.jpg  
IMG_0044_convert_20190114192237.jpg  IMG_0045_convert_20190114200711.jpg
z96YI48Ngqf7YPz1547460881_1547460920.jpg
まだ新卒数年という若い男性の先生が率いる中学校です。
先生の穏やかなお人柄が、そのまま部の雰囲気になっているようなバンドで、始終、ゆったりとした温かい空気が音楽室に流れていました。
先生の生徒たちへの愛、生徒たちの先生への愛...お互いを大切に思い合う気持ちが、そのまま練習姿勢や音楽に表れていました。
日頃は、合奏時間がとても短く、集中力を大切にして時間の密度を上げているそうです。
また、合奏指導に外部講師が入ることはなく、先生と生徒たちだけで考えながら進めていらっしゃるとのこと。
中学校の部活動として、それが理想的な姿であり、なおかつコンクールでも良い結果を出せるほどの演奏を作り上げられるのは、先生の日々の研鑽と、そんな先生を信じて進む生徒さんたちの努力以外の何ものでもありません。
今回は、「そんな手作りの音楽づくりが客観的にはどう聴こえているのか」ということで、私からのコメントやさらに向上するためのアドバイスをさせていただきました。
曲が持つ様式感とそれに伴う一般的な奏法、曲の中でのサウンドバランスの変化のさせ方、発想記号の解釈の仕方や奏法、要求する音に合った指揮のアインザッツの出し方、リズムの躍動感のとらえ方、シンバルの基礎練習の仕方など、曲の合奏を通して、多様な面からの勉強を深めることが出来ました。
始終、笑顔と真剣さに溢れ、いつもより長時間の合奏でありながらバテや集中力の欠如もなく、最後まで向上し続けた部員のみんなに拍手でした。
レッスンを通して、先生は、ご自分の指導の大きなプラス面を喜びながら、今後の改善点や課題をご自身でつかまれたようでした。
そして、この素晴らしい生徒さんたちへの愛情や願いや夢をますます深められたようでした。
これからも、優しい笑顔の奥にある熱い情熱を大切にして、このがんばり屋の生徒さんたちと共に良い音楽を作り続けていただきたいです。



qRTfqUBpo52BTuR1547460939_1547460958.jpg
IMG_0061_convert_20190114192709.jpg  IMG_0060_convert_20190114192652.jpg
IMG_0055_convert_20190114192635.jpg  IMG_0052_convert_20190114192601.jpg
IMG_0048_convert_20190114192530.jpg  IMG_0062_convert_20190114204236.jpg  
bBZuCUJ75KqZdHH1547460997_1547461039.jpg
学校に着いた瞬間から、お迎えの生徒さんたちの優しく親しげな笑顔に心和みました。
ひとつひとつの言動がとても丁寧で、私のことなど知らないはずの生徒さんたちなのに、すぐに仲間のように話し、笑い、打ち解けてくれました。
わずかな時間だけで、この学校のバンドがいかに良い雰囲気を持っているかということが手に取るように分かりました。
先生からのご希望で、レッスン前に「お話しタイム」を取りましたが、その中で、私の出身校である都立小山台高校の話をしました。
今や、コンクールでも上位に入賞する実力を持って活動している小山台高校は、私が3年生の時に、学校創立以来初めて吹奏楽コンクールに出場しました。それまでの活動の流れを変えることに大変な苦労をしたこと、猛練習の末、初出場ながら都大会に駒を進めたことなど、「小山台のルーツ」について語りました。生徒さんたちは、小山台の名前を知ってくれていて、「へぇ~」と反応しながら、とても興味深そうに昔話を聞いてくれました。
そして、合奏練習へ。 第一発目からとても素晴らしい演奏を聴かせてくださいました。
先生も生徒さんたちもセンスがとても良く、強い心の絆から生まれる音楽は、一体感と意思のしっかりした高校生らしい頼もしさに溢れていました。
今回、レッスンをご依頼いただいた大きな目的のひとつである、「客観的に聴いた時、今の演奏をさらに深めるにはどのように工夫したらよいか」という視点に立って、「今の演奏は、これはこれで十分成立している素晴らしいものです。では、田川ならどう作るかを体験しましょう」という進め方をしました。
生徒さんたちは、柔軟性豊かで、受容力抜群。 私の味付けを、私の未熟な指揮からをも感じ取って、能動的に音で返そうとしてくれました。
表現のイメージを言葉や身体で表すと、その先にある音楽表現を、それぞれの感性をフル稼働させて巧みに表出してくれました。
いつもと違うテンポや強弱、ニュアンスに抵抗を感じるのではなく、むしろそれを楽しんで演奏してくれました。
その結果、同じ曲の二種類の演奏の仕方を身につけ、曲への理解を深めることが出来ました。
このような鋭い感受力や柔軟性を育てていらっしゃる先生、素直さ溢れる生徒さんたちに敬服でした。
レッスン後の感想タイムでは、このひとときの学びに感銘を受けて、涙を流しながら話す生徒さんもいました。
そして、先生がこのような勉強の機会を作ってくださったことへの感謝、自分たちのことを思って自らを向上しようと努力してくださっている先生への信頼を深めた発言や表情に心打たれました。
人間として尊敬できる先生と生徒さんたちでした。 これからも、謙虚さを大切にしつつ、強い絆から作り上げられた自分たちの音楽を胸を張って奏でてほしいです。



青空の元、都内の2つの中学校・高校にお伺いさせていただき、私の方が清らかで豊かな心をいただきました。

またいつか一緒に勉強出来る日があれば、その時にはさらに成長した姿と音楽に触れたいです。

生徒の皆さん、素直で優しい対応をありがとうございました。

これからも、素晴らしい先生と共に、楽しく伸びやかな音楽活動を続けてください。

2校の先生方、お招きいただき、本当にありがとうございました。


PageTop

どうでもいいことが

どうでもいいことが
  どうでもよくなると
    生きることが もっと楽になる



近所の郵便局前に貼ってあった言葉です。


人には、しっかりと向き合い、考えなければならないことと、適当にスルーしていい「どうでもいいこと」がある。

どうでもいいことで、思い悩む必要などない。


今、あなたが傷つき、悩んでいることは、もしかしたら、適当にスルーしていい「どうでもいいこと」じゃないかな?


私も、時々、ごっちゃになるんだよね。

頭では分かっているんだけどさ。

だから、あなたの気持ちがよく分かる。


PageTop

旭川から~2019・1月・その1~

6日の日曜日から昨日までの4日間、北海道の旭川へお伺いして来ました。
今年初の地方出張でした。


前日、札幌の千歳空港が大雪で足止め等のニュースを見て、大丈夫だろうかと心配していましたが、時間の遅れも、揺れも全く無し。
雪はたくさん降っている中の到着でしたが、快適なフライトでした。
そして、お客さんは、えっ!と思うほど少なく、飛行機はガラガラでした。

0ciNWKQJwHGtYWN1546779684_1546779701.jpg
こんな感じでした。 今までこんなに空いている飛行機に乗ったことはありません。

IMG_0010_convert_20190110084618.jpg
雪には強い旭川空港です。

北海道は、まだ冬休み真っ最中。
今回は、10校からのお招きをいただきました。

新チームで基礎づくりやレパートリーづくりに励む中学校・高校。
6年生が中心となって、1年間のまとめをしている小学校。
アンサンブルやソロの大会に向けての練習にも熱が入っていました。

そして、新しい先生、新しい学校とのうれしい出会いもありました。

外は、-10℃ほどの寒い時間が多かったですが、校舎の中は暖房と部員たちの熱気でポカポカでした。
関東の学校より室内はあったかいのがありがたいです。
体育館も、暖房でポカポカなんです。

お伺いした10校をご紹介します。

小学校です。

IMG_0001_convert_20190107080036.jpg  IMG_0003_convert_20190107080058.jpg
IMG_0004_convert_20190107080118.jpg  IMG_0007_convert_20190107080134.jpg
アンサンブル、ソロのコンクールに向けての練習をお手伝いさせていただきました。
打楽器も金管も、とてもよく練習してあり、表現の仕方についての勉強が出来ました。
保護者の方のおしゃれなピアノに乗って、トロンボーンソロも素敵でした。
短時間にそれぞれ大きく上達しました。本番までまだまだ伸びます!


DSC_1668_convert_20190108215235.jpg
IMG_0001_convert_20190108220349.jpg  IMG_0002_convert_20190108220414.jpg
DSC_1671_convert_20190108215322.jpg
顧問の先生が代わって1年目、素直に先生のご指導について行った子どもたちは驚くほどの成長をしました。
今は、大きなステージに向けて、コンクール曲以上の大曲に取り組んでいます。
発音をはっきりさせるためのタンギングと息の関係「ブレス→舌セット→タンギング」を何度も練習しました。
明るく、ほがらかな子どもらしいバンドの雰囲気が、練習を楽しくしています。



中学校です。

DSC_1657_convert_20190107221550.jpg
IMG_0002_convert_20190107223822.jpg  IMG_0001_convert_20190107223759.jpg
DSC_1659_convert_20190107221658.jpg
今の部員数は、1・2年生でちょうど12名。 1ダースバンドです。
全員が全くの初心者から始めたメンバーばかりですが、地道な基礎練習のおかげで、そうとは思えない響きです。
広瀬勇人先生の『うつくしの島』を、和声的に作りあげる勉強をしました。みんな耳がとても良く、音楽がぐっと深まりました。


DSC_1661_convert_20190107221752.jpg
IMG_0007_convert_20190107224034.jpg  IMG_0008_convert_20190107224813.jpg
DSC_1664_convert_20190107221835.jpg
去年10月に、仙台での東日本大会出場を果たした東川中学校です。
3年生が少なく、1・2年生だけのパートもいくつかあったので、ガクンと落ちた感じは全くありません。
大曲をどんどん練習してさらに力を上げており、今回も2曲を練習してありました。音楽的な反応力は、1・2年生とは思えないレベルでした。


DSC_1665_convert_20190107221915.jpg
IMG_0010_convert_20190107224108.jpg  IMG_0011_convert_20190107224129.jpg
rsS3umBtQ7TnKVP1546867831_1546867887.jpg
3年生が引退しても、バランス良い編成で、オーボエ、ファゴットも2人ずついるという贅沢なチームです。
クラシックの名曲を勉強し、独特の拍子感を生かすこと、「らしく演奏」すること、「ザ・吹奏楽」ではないフォルテの響かせ方など、音楽を深めることが出来ました。
来年度のコンクール候補曲の一部も練習してあり、「難しいけど、チャレンジしてみよう!」という前向きなスイッチを入れて終わりました。


DSC_1674_convert_20190108215617.jpg
IMG_0004_convert_20190108220500.jpg  IMG_0006_convert_20190108220520.jpg
DSC_1676_convert_20190108215350.jpg
部員がわずか10名の小さなバンドですが、ひとりひとりが発する「すごい明るさオーラ」で、活気いっぱいです。
顧問の先生手作りのアレンジ楽譜は、部員たちへの愛情に溢れたもので、皆喜びをもって演奏していました。
10人の音をどのようにたぐり寄せたら良いサウンドになるかということを、セッティングも工夫しながら勉強しました。


Huh4964ybkJ4RDa1547076997.jpg
IMG_0001_convert_20190110084339.jpg  IMG_0002_convert_20190110084403.jpg
XE8EO8CwYt8E76B1547077036.jpg
部員は15人ですが、ひとりひとりの音が良く出ていて、輝いたサウンドを持った中学校です。
易しい曲をしっかりと勉強し、この人数でも様々な色彩や味を出せることを体験していただきました。
ブレスやタンギング、奏法の改善、今から練習すると良い曲について、明確な課題をつかめた貴重な時間になりました。



*その2に続きます。

PageTop

旭川から~2019・1月・その2~

高校です。

DSC_1677_convert_20190108215424.jpg
IMG_0007_convert_20190108220549.jpg  IMG_0010_convert_20190108220615.jpg
IMG_0011_convert_20190108220636.jpg
今回が初めてのお伺いとなった若い先生が率いる高校バンドです。小学校・中学校で私と出会っていた部員も多く、再会を喜び合いました。
お持ちしたコラールの楽譜で初見勉強をしましたが、初発からとても美しく演奏し、そこからの勉強はスムーズで音楽的でした。
レッスンに向けて練習して来た『北の鳥たち』(広瀬勇人)では、ハーモニーにも目を向けながら、場面の思いを音楽としてどのように表現するのかを深く勉強出来ました。
初レッスンでしたが、部員の皆さんが素直に私に向き合ってくれたおかげで、私も安心して指導することが出来ました。
これからもよろしくお願いします!


hEV6XDSMan3PlKT1547077075.jpg
IMG_0005_convert_20190110084505.jpg  IMG_0004_convert_20190110084443.jpg
2GyB_UMrTrNG9ni1547077108_1547077169.jpg
出会ってちょうど1年になる高校バンドです。ほがらかで、理解力の高い部員たちとのレッスンはとても楽しいです。
今回は、定期演奏会で演奏することになっている『エルザの大聖堂への行列』、超名曲のレッスンでした。
ゆったりとした全曲をいかに構成し、演奏する側も聴く側も飽きずに感動出来るかを、和声機能や調性、オーケストレーションの中から根拠を見つけていく勉強をしました。


OAEeeKBPxTOV4Vl1547077202.jpg
IMG_0011_convert_20190110084557.jpg  IMG_0008_convert_20190110084529.jpg
yUfT8hPvmQqdAJk1547077232_1547077243.jpg
旭川永嶺高校は、定期演奏会で演奏する『アルメニアンダンス・パートⅠ』、こちらも超名曲のレッスンでした。
顧問の吉川和孝先生が全力でご指導され、先生なりの解釈を織り込んだ素晴らしい演奏を聴かせてくださいました。
もうそれで十分でしたので、「今日だけ田川先生解釈の演奏を体験しましょう」と、少し違う演奏を味わう「大人のレッスン」が出来ました。



そして、旭川での生活を、より快適に、素敵にしてくれたものです。

IMG_0015_convert_20190107224210.jpg
雪道でケガをしないようにと、毎年貸してくださる「スノーシューズ」です。
年に一回の冬季レッスンのために、購入してくださった靴です。
空港に到着した時から帰りの空港まで使わせていただきます。


IMG_0006_convert_20190107223926.jpg
学校の近くにある家具屋さんで作っている特別な椅子です。
レッスンの合間にたまたま立ち寄ったそのお店にあった「腰が気持ちいい椅子」です。
「田川先生用に!」と、買ってくださってありました。快適な座り心地、うれしかったです。


IMG_0005_convert_20190107223946.jpg
ランチに、部員の保護者さんのお店でごちそうになった「牛すじ丼」です。
とろけるような上品な美味しさでした。


IMG_0012_convert_20190107224151.jpg
夕食に、また別の部員の保護者さんのお店で、超美味しい「おまかせコース料理」をごちそうになりました。
その最後のデザートです。オジサン心をもくすぐるかわいい盛り付けのスイーツでした。



皆さんの情熱と真心で、胸がいっぱいになった4日間でした。

次にお会いするのは、新緑の5月です。

また成長した姿を楽しみにしています。

今年も良い1年にしていきましょう!

ありがとうございました。



IMG_0003_convert_20190107223841.jpg
IMG_0003_convert_20190108220434.jpg
IMG_0003_convert_20190110084422.jpg

さようなら~!
寒い外まで出て見送ってくれた皆さん、ありがとう!


PageTop