FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

15年ぶりに

昨日は、市川昴高校吹奏楽部のレッスンでした。

来週開催される「市川地区高等学校音楽会」に向けてのレッスンでしたが、どうしてもと希望があり、アンコンに出場する打楽器アンサンブルの練習も少しだけお手伝いさせていただきました。

cEPVefrWYvZbnSU1542201229_1542201242.jpg

市川昴高校は、元・市川西高校でした。
ちょうど15年ほど前、私が新浜小に勤めていた頃、当時の顧問の吉田直先生(現在、松戸六実高校吹奏楽部顧問)が、打楽器のアンコン指導に招いてくださいました。

勤務帰りに、市川西高校に立ち寄り、この音楽室や体育館で、夜遅くまで打楽器アンサンブルの練習に付き合いました。

私が教えたというよりも、生徒さんたちの猛烈な努力に感動し、一緒に努力していたのでした。

東関東大会で、「全国大会・次点」というところまでたどり着き、うれしいやら悔しいやら...
小学校の先生だった私は、高校生たちと一緒に大会に向かい、達成感や悔しさを味わうという貴重な体験をさせていただきました。

今、市川昴高校では全体合奏のアドバイスだけさせていただいており、打楽器アンサンブルにお付き合いしたのは、15年ぶりでした。

打楽器は専門の先生が見ておられるので、私は余計なことはせず、「打楽器の先生がおっしゃるようにしなさい」ということで進めましたが、四分音符二つの打ち方だけでも、ひとりひとり微妙な違いがあり、それをそろえていくという単純かつ奥深い練習にハマってしまいました。

また、リズムを身体のエネルギーとして感じることの楽しさを皆で味わいました。


あの頃とは、学校名も制服も変わりましたが、この音楽室で、本気で演奏に向き合う生徒さんたちの思いと姿は何も変わっていません。
脈々と受け継がれる伝統の重みです。

私は、打楽器の専門家ではありませんが、こうして打楽器が大好きな若者たちの情熱に寄り添えることは、本当に幸せなことです。

このような貴重な時間を作ってくださった顧問の先生と生徒さんたちに感謝いたします。

解決出来なかった点を、これからの練習や打楽器の先生のレッスンで、ぜひ解決していってほしいです。

がんばれ!


スポンサーサイト

PageTop

見送る

ひとりで海を見ながら、静かに見送った。

天に昇っていく君を...


僕の心の中には、君のあどけない笑顔と、巧みなスティックさばきだけが残っている。

これからもずっと...


安らかに。

8Io6UfyKU3XxQPM1542065450_1542065457.jpg

PageTop

函館から~2018・11月~

この金曜・土曜日は、1泊で函館に行って来ました。

11月17日に大阪城ホールで開催される「全日本小学校バンドフェスティバル」に出場することになっている上磯小学校吹奏楽部と木古内小学校吹奏楽部の直前レッスン、そして、全国大会金賞を受賞し、3年生も引退した上磯中学校の1・2年生新チームの初レッスンでした。



「全日本小学校バンドフェスティバル」は、平成8年度までは、コンサートホールで開催されていました。
成績は全くつかず、全国の小学校バンドが演奏を発表し合う交流の大会となっていました。
私も、幸町第三小学校、大柏小学校で出場させていただきました。
平成7年度と平成8年度は、上磯小学校と大柏小学校が一緒に参加出来、お互いに演奏を聴き合い、健闘を讃え合いました。

それが、平成9年度から、マーチングと座奏が一緒にアリーナで開催する大会になってしまいました。
つまり、小学校の「吹奏楽コンクール」の最終大会が、アリーナになってしまったという訳です。

その後、平成12年度から、「東日本学校吹奏楽大会」が開催され、東日本エリアの座奏の小学校は、「全日本小学校バンドフェスティバル」ではなく、「東日本学校吹奏楽大会」を目指して吹奏楽コンクールに出場するようになりました。

関東以西では、「東日本大会」にあたる大会が開催されていないため、今も、吹奏楽コンクールの最終大会は、「全日本小学校バンドフェスティバル」だけです。

「東日本学校吹奏楽大会」の規定で、「全日本小学校バンドフェスティバル」と「東日本学校吹奏楽大会」の両方には出場できないということになっており、東日本エリアの座奏の小学校は、吹奏楽コンクールで地区大会や支部大会止まりになった場合に、もう一つの発表の場として「バンドフェスティバル」に出場するという学校もあります。

ちなみに、今年度、千葉県では、「吹奏楽コンクール」に出場している小学校は、約120校(県大会で終わる部門も含め)もありますが、アリーナでの「小学校バンドフェスティバル」に出場しているのは、わずか3校だけです。

このように、東日本エリアと西日本エリアの座奏団体の「目標意識」には少なからず意識の違いがある「全日本小学校バンドフェスティバル」ですが、全国のがんばる小学生が集まる価値ある大会であることは間違いありません。


dvixT7mMnxvgqST1541858020_1541858025.jpg
IMG_0002_convert_20181110230310.jpg  IMG_0005_convert_20181110230347.jpg
IMG_0004_convert_20181110230329.jpg  IMG_0001_convert_20181110230249.jpg
1rrczRHzSgwI5Xz1541858040_1541858074_convert_20181110231558.jpg
上磯小学校吹奏楽部は、昨年度まで、「東日本学校吹奏楽大会・3年連続出場」を果たし(しかも、3年連続金賞でした)、今年度は、規定により、出場出来ないため、「全日本小学校バンドフェスティバル」を目標に活動して来ました。
私のイチオシで選んだ曲は、「ガーシュイン!」(W.バーカー編曲)。
例年のようなクラシカルな作品ではなく、また、アリーナという特別な環境での演奏なので、模索の中を進んで来ました。
上磯小学校の「力」は、やはり磨き上げられた素晴らしい音と音楽...見た目のパフォーマンスではなく、演奏そのものの力を最大限に生かして全国大会に臨もうとしています。
体育館での練習は、私が梯子を上って2階ギャラリーから聴くことで、フロアでは聴くのとは違うバランスやサウンド感、色彩感に注意して練習しました。
全国の方々に、例年とは違ったスタイルで上磯小学校吹奏楽部の魅力を伝えてほしいと思います。



5yWISG_UIoTRgFO1541858106_1541858115.jpg
IMG_0011_convert_20181111013820.jpg  IMG_0018_convert_20181111013833.jpg
IMG_0010_convert_20181111013800.jpg  IMG_0009_convert_20181111013740.jpg
0bfH8G2CoKdqEmZ1541858142_1541858216.jpg
木古内小学校は、3年生からのわずか22名、しかも6年生は4名しかないというチームで、まさかの(?)全国大会行きとなりました。
以前は、東日本大会や管楽合奏コンテスト全国大会に出場していた木古内小学校吹奏楽部ですが、児童数の激減や指導者の関係で、5年前には数名の部活になってしまい、コンクールはおろか校内でのコンサートも出来ない状態にまでなってしまいました。
現在の顧問五十嵐大先生が赴任され、猛奮闘の4年間で部員は20名以上に復活し、今年はこのような快挙を成し遂げました。
演奏曲は、「東北民謡によるコラージュ」(櫛田てつ之扶)です。
フルートやソプラノサックスの素晴らしいソロは5年生。体育館の練習でも、伸びのある美しく音でした。
22名の木古内っ子たちの音が巨大空間の大阪城ホールでどのように響くのか、やってみないと分かりませんが、長い歴史を持つ木古内小学校吹奏楽部の復活に誇りを持って臨んでほしいです。

  

PgenjQaUUtSs9Z01541858245_1541858253.jpg
IMG_0017_convert_20181111014145.jpg  IMG_0016_convert_20181111014206.jpg
IMG_0014_convert_20181111014225.jpg  IMG_0013_convert_20181111014245.jpg
全国大会から帰ってすぐ3年生は仮引退に入り、すぐに1・2年生での新体制になった上磯中学校吹奏楽部。
試験あり、地域行事ありの大忙しの中ですが、練習中の落ち着きと意欲、そして、反応のすばらしさは、新体制でも抜群です。
ほとんど全員が、私とは小学校からのお付き合いなので、私が伝えたいこともすぐにキャッチしてくれますし、音で返す力も備わっています。中條先生も、もちろん同様です。
今は、今週末にあるHBCこども音楽コンクール(関東ではTBSこども音楽コンクール)に、新チームでの初コンクール挑戦の練習です。
過去2年間、何と全国一位・文部科学大臣奨励賞を受賞しているので、すでに新チームの皆はプレッシャーですが、それが良い緊張感となって、スタートダッシュをかけています。
今年の曲は、バレエ音楽「青銅の騎士」(グリエール)。 
新チームでの初コンクール挑戦、がんばれ!



上磯小学校、木古内小学校の皆さん、大阪城ホールでお会いしましょう!
上磯中学校の皆さん、今年度も、東京オペラシティでの「文部科学大臣奨励賞授賞式」でお会い出来たらうれしいです。

充実した晩秋に拍手!


PageTop

自分を信じる力

昨日は、東京都台東区立富士小学校にお伺いさせていただきました。
毎年一回はこの学校の練習を見学させていただいています。


ykBX0NjLD4LL27P1541600353_1541600361.jpg

吹奏楽部顧問の松田京子先生とは、私が幸町第三小学校に勤めていた時からのお付き合いです。
松田先生が、私たちの練習を見学に来てくださり、たくさんの温かい励ましをいただいたことを、私は感謝と共に大切な思い出として残してあります。

先生と子どもたちは、いつも「ご指導、よろしくお願いします!」とあいさつしてくださいますが、私はあくまでも見学と激励にお伺いしています。

今、富士小学校吹奏楽部は、マーチング協会の関東大会(11月10日)と全日本小学校バンドフエスティバル(11月17日)という2週連続の大きな大会を目指して、猛練習中です。

周囲への「音の配慮」をしながらの練習ですから、もちろん長時間は出来ませんし、音を出さずに練習することもしばしば。
そして、小学校の練習時間としては至って普通で、大会前でも朝練習と放課後5時までで、延長はありません。
限られた時間と環境の中で最善の活動をしていらっしゃいます。

松田先生は、昨年度で定年を迎えられましたが、今年度も続投で、音楽授業と吹奏楽部のご指導を続けられています。

先生のご指導の根幹は、徹底した「人間教育」です。

礼儀、あいさつ、返事は、もちろん、人としての優しさと思いやり、お互いを高め合う心、感謝、誠実であること...
ご指導の様々な場面で、そういう「人間教育」の言葉が子どもたちに向けられます。
これだけの人数がいるのに、個々への温かい言葉かけも続きます。

そして、音楽や演技のことでは、妥協されません。
高いレベルを目指して、厳しくご指導されます。

子どもたちの可能性をどこまでも信じておられるからです。
前にご紹介した長野の昭和小学校の徳武先生と同じです。


一昨年度と昨年度は、テーマタイトルが「栄光の昭和史」でした。
子どもらしい表現が、とてもほほえましく、懐かしい感じもいっぱいで素敵でした。

今年度は、一気に方向を変えて、「ノートルダムの鐘」です。
音も表現もフォーメーションも、全て大人っぽいカラーを出しての演奏演技に挑戦していました。

サックスやトランペットやフルートのソロは、昨年からの大きな成長を感じさせる立派な音に驚きました。

保護者の方々の手作りの衣装やガードなども、センス良く、まさに「ノートルダムの鐘」の世界でした。

IMG_0001_convert_20181108080602.jpg  IMG_0011_convert_20181108080655.jpg
IMG_0012_convert_20181108080717.jpg  IMG_0017_convert_20181108080745.jpg
IMG_0005_convert_20181108080631.jpg  IMG_0019_convert_20181108080832.jpg


先生がご指導されるだけでなく、子どもたち自身のミーティングやアドバイスも大切に機能しています。

IMG_0006_convert_20181108081039.jpg  IMG_0008_convert_20181108081101.jpg
IMG_0013_convert_20181108081125.jpg  IMG_0010_convert_20181108081200.jpg


「4年生も、気づいたことあったら、発言していいのよ!先輩たちはこわくないから大丈夫よ!」 (先輩たち、笑顔でうなずく)

「ほら、どんどんアドバイスしてあげなさい。他人事にしちゃだめよ!」

「注意されたら、どう思うの?」 「チャンス!」 「そうだったよね! ありがたいと思うのよね!」

「〇〇先生は出張だったのに、大急ぎで学校に戻って来て、あなたたちの練習を応援してくださっているの。ありがたいわね。」「〇〇先生、ありがとうございます!」

「△△君は、まだちょっと上手くいかないところがあるけど、一生懸命練習していること、みんな知ってるよね。」「ハイッ!」「だから、△△君、がんばろうね。大丈夫だから!」

練習の合間の先生の一言一言に子どもたちは心で反応し、すぐに言葉と態度で返していきます。

こうして、「ひとりでは出来ないマーチング」の実感の中で、子どもたちは演奏演技だけでなく、仲間と共に、心も豊かに育っていくのです。


IMG_0014_convert_20181108090603.jpg
門の外では、通りがかりの地域の方々が無言の応援をしてくださっていました。

IMG_0020_convert_20181108081235.jpg
練習の最後に、松田先生のお話を聞く子どもたちの表情は、真剣そのものです。
本当に心が通い合っているからこその表情です。



私からも、子どもたちに少しだけお話ししました。

校庭の隅に、柿の木が立っていますね。
さっきそばに行って見てみたら、とても大きい実がなっていました。
柿さんとお話ししたらね、「吹奏楽部のみんなががんばっているから、ボクもがんばって大きい実になったんだ」と言っていました。
暑い夏も、みんなはここでがんばって来ましたね。
その気持ちは、校庭の柿さんにもしっかりと伝わっていたんです。
そして、君たちのマーチングを見てくださる全ての方々の心にも伝わっていくと思います。

君たちは、吹奏楽部の練習を通して、「自分を信じる力」を身につけていると思います。
「自分を信じる」ということは、とても難しいことですが、人が生きていく上で、とても大切な力だと思います。

僕は、今年は大阪城ホールに行くことになっています。(みな、ガッツポーズ)

客席から応援していますから、がんばってくださいね。 「ハイッ!!!」



uVRrk5sVxL_IvJ81541600381_1541600392.jpg

今年も、心洗われるようなすがすがしく、ひたむきな練習を見学させていただいて、ありがとうございました。
松田先生の教育を受けられる子どもたちの幸せを改めて感じました。

がんばれ! 台東区立富士小学校吹奏楽部


PageTop

日本管楽合奏コンテスト全国大会

この土日は、文京シビックホールで開催された「第24回日本管楽合奏コンテスト全国大会」の小学校部門・中学校A部門(35名以内)を聴きに行きました。

IePvdRdyNtKmqY31541374397_1541374412.jpg


録音審査(参加数が分からないのが残念ですが)を通過した優秀なバンドが集まっての全国大会ということで、日頃、なかなか聴くことが出来ない地方のバンドの演奏を聴けることが最大の魅力です。

文京シピックホールの響きは、とてもゴージャスで、なおかつ、特に2階の審査員席あたりで聴くと、音色の変化や音の粒もぼやけずしっかり聴き取れるという繊細さも兼ね備えています。
なので、演奏者にとっては幸せ感いっぱいの時間を過ごすことが出来ますし、審査員の先生方にとっては、各団体の音の違いが歴然とするので、とても審査しやすい会場なのではないかと思います。


小学校部門では、今年も小学生とは思えない名演奏続きでした。

何より、先生方が子どもたちの実態に合わせ、良さを引き出せる選曲をしていること、その曲の良さを子どもたちと味わいながら伸び伸びと表現出来るところまで到達している学校が多いことに共感しました。

かなりの難曲を選んでいる学校もありましたが、入念な指導で技術的にも音楽的にも立派にこなし、聴く人の感動を誘う演奏ができていることには敬服です。
また、楽譜は易しくても、1音1音を本当に美しい音で演奏し、音楽的に最高水準の演奏を披露してくれた学校もありました。

結果的に、どちらのパターンの学校も高い成績を得られ、審査員の先生方に感謝です。
「難しい曲を演奏しなければ良い賞は取れない」というコンクールになってしまうと、特に小学生のバンド活動は誤った道に進んでしまいます。
本当は中学校以上もそうあるべきですが、残念ながら、「難曲合戦」になっていることは確かで、こなし切れていない演奏でステージに上がっている痛々しい演奏にもよく出会います。

また、人数にも関係なく、13名(奈良県・王寺小学校・王寺南小学校合同)や16名(栃木県・真岡東小学校)で演奏した学校も高い評価を得たことも、少人数バンドの夢につながったと思います。
もちろん、両校とも技術・表現ともに大変優れていたからです。

「音符の難しさ」や「人数」や「物理的な音の大きさ」に関係なく、「良い音、良い音楽」が正しく評価されるのは、本当にうれしいことです。
文京シビックホールという音響の良いホールであることも、そのような正しい評価の助けになっていると思います。


中学校A部門は、それぞれのバンドの「戦法(?)」のようなものが見えて、とても楽しく聴くことが出来ました。
先生方のアイデアやセンス、もっと言うと、お人柄まで、指揮や音楽から感じられるのが興味深いです。

35名までの部門ということで、パートのバランスやセッティング、サウンドづくりの特徴など、本当に多彩で、「何をどうしたいのか」がそれぞれのバンドから伝わって来ました。

中には、よく演奏される曲が、「この曲、こんなにいい曲だったんだ」と改めて見直すことが出来た演奏もあり、指揮者の「料理力」で「素材の味」がこんなにもグレードアップして伝わるのだなと思いました。

審査結果は、小学校部門と同じで、曲の難易度や小手先の技術、物理的な音量などではなく、音そのものの磨かれ方、サウンド感の良さ、そして、音楽としての質の高さで決まったと思います。


遠方から参加した学校は、お金の工面はじめ、本当に大変な準備をされたことと思います。
保護者の皆さまのご協力無しには成し遂げられなかったことです。

そんなひとつひとつの学校を温かく迎え、最高のコンディションで演奏し、結果にかかわらず良い思い出にしてあげたいという主催関係の皆様の心配りをひしひしと感じることが出来ました。
参加された学校の先生からも、「舞台裏の役員の方や高校生の話し方や対応が穏やかで温かくて、とてもうれしかった」という生の声を聞きました。

こんな温かいコンテストを主催してくださった日本音楽教育文化振興会の皆様、運営にかかわってくださった関係者の皆様、部員の総力を結集してスムーズな運営に尽力してくださった柏市立柏高等学校吹奏楽部の皆さん、そして、優しい語り口で司会進行・インタビューをしてくださった太田井稔先生...本当にありがとうございました。

出場された全団体の皆さんにとって、文京シビックホールでの演奏が、「心の響き」となって生涯残っていきますように・・・

今週土曜日には高校A部門、18日(日)には、今年度から開催の中・高校S部門(15名以下)が開催されます。


審査結果の詳細は、下記のHPをご覧ください。
    ↓
日本音楽教育文化振興会


PageTop