FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

音楽家になった教え子と

先日、あるオフ日に、新浜小学校時代の教え子に会いました。

加納尚樹君...トランペットを担当し、5年生で『輝きの海へ』、6年生で『はてしなき大空への讃歌』を演奏した代の子どもです。

天性とも思える楽器との相性だったのか、私が教える以上に自分自身でトランペットの技術を習得していきました。
6年生になると、ハイトーンをいくら吹いてもバテない良い奏法で、ポップスでもバロックでも楽しげに吹いていました。

中学校でも高校でもトランペットを続け、高校では普門館での全国大会で1stトランペットを朗々と奏で、私を泣かせてくれました。

東京藝大を目指して一浪だけしましたが、夢叶わず、東京音楽大学へ。
師のアンドレ・アンリ先生からフランス留学を勧められ、一大決心をして東京音大を中退し、パリにあるリュイエ・マルメゾン音楽院に入学、あこがれであったエリック・オビエ先生に師事しました。

マメルゾン音楽院を卒業後、最大の夢であったパリ国立高等音楽院に合格しました。
ドビュッシーやラベル、トランペットのモーリス・アンドレも卒業した世界有数の音楽学校です。
世界からの受験者130人の中でたった1人の合格者が加納尚樹君でした。


パリ国立高等音楽院一年次在籍中の演奏です。
リヨンの教会でのオルガンとの共演です。
お聴きください。
   ↓
加納尚樹 リヨンでの演奏

本人曰く、「ナーバスになっていた時期で、音色も音楽性も納得がいかない演奏が悔しかった。それなりに評価していただいてはいたが、自分として楽しめていない演奏なのです。」と。

パリ音では、精神的にもきつい時期もあったようですが、無事に卒業し、今、様々な進路を模索しています。

今年は、主なる仕事をフィンランドのトゥルク・フィルハーモニー管弦楽団の主席トランペット奏者の年間契約奏者としての演奏に置き、正団員の席を目指しています。
月2回ほどの本番と、それに向けての2~3回のリハーサルで、生活には十分な給与をいただいているそうです。
7、8月は、オケ自体が完全休暇に入り、演奏は無くなるのですが、給与は支給されると...。
日本ではあり得ない待遇なのだそうです。
フィンランドの自然や人、生活も気にいっているようです。

日本に帰って来た時には、2つの音楽大学で、休講の教授のピンチヒッターとしてレッスンをしたり、スクールバンドでトランペットのレッスンをしたりと、後進の指導にもあたっています。

トランペットの練習だけでなく、ヨーロッパの他国を訪れ、様々な文化や音楽に触れ、音楽観を深めることに喜びを感じているようです。

まさに、若々しく自由奔放な音楽家人生を歩んでいます。

小学校の時、最初にトランペットではなくコルネットで入門時期を過ごしたこと(これは私のポリシーです)、ロングトーンよりもスケールやリップスラーで基礎を身につけたこと(これも私の金管初心者メソッドです)が、とても良かったと話してくれました。

また、技術以上に音楽性やイメージを先取りして、そのために技術が必要なのだという指導を受けたことも、自分の今につながっていると、話してくれました。

今、まだ27歳の若い彼です。
これから、厳しい試練や挫折も待ち受けていると思います。

ひとつひとつの壁が意味のあるものであることを理解して、乗り越えていってほしいと思います。

「小学校時代に田川先生と出会っていなかったら、絶対に今の僕はありません。本当に感謝しています」と、話してくれた笑顔は、子どもの頃のあのままでした。

感謝するのは、私の方です。
これからもずっと応援していきたいと思います。

iQ0NyfzcZCOzTRS1547557650_1547557698.jpg


IMG_1061_convert_20150323093104.jpg
小学校6年生の加納尚樹君です。
「はてしなき大空への讃歌」を演奏しています。


スポンサーサイト

PageTop

どうでもいいことが

どうでもいいことが
  どうでもよくなると
    生きることが もっと楽になる



近所の郵便局前に貼ってあった言葉です。


人には、しっかりと向き合い、考えなければならないことと、適当にスルーしていい「どうでもいいこと」がある。

どうでもいいことで、思い悩む必要などない。


今、あなたが傷つき、悩んでいることは、もしかしたら、適当にスルーしていい「どうでもいいこと」じゃないかな?


私も、時々、ごっちゃになるんだよね。

頭では分かっているんだけどさ。

だから、あなたの気持ちがよく分かる。


PageTop

誠意を持って...

今年も、レッスンがスタートしました。

正月明けとは思えないほどの気迫...

身が引き締まります。

関東は、祝福したいほどの青空です。

また新しい1年、たくさんの出会いをし、たくさんの笑顔と真摯な学びの姿に出会い、音楽を深めていきたいという気持ちが湧き起こります。

真っ直ぐに見つめる生徒さんたちに、背骨も心もしゃんとします。

今年も誠意を持って、ひとりひとりの先生、一校一校の児童・生徒の皆さんに向き合います。

今から、早速、今年初の出張です。

行って来ます。


PageTop

ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団 ニューイヤーコンサート

今日は、サントリーホールで開催された「ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団・ニューイヤーコンサート2019」に行って来ました。

毎年、このコンサートを聴きに行くのが恒例となっています。
去年は、元旦から胃腸炎で、やっと治った病み上がりでフラフラしながら出かけましたが、今年は、かなり元気に行けました。

h5e9hhc1WO3zOhV1546513961_1546513965.jpg

今年の指揮者は、アレクサンダー・ジョエル氏。
私は、初めて彼の指揮を見ました。
オーケストラと一緒に踊るような軽妙な指揮でした。
そして、とてもロマンティック。
コンサートミストレスが、彼の指揮と団員を絶妙につなぎ合わせていました。


プログラムです。

yg8RzWKdemTqUvh1546513508_1546513641.jpg
18jPccA7IrM6o201546513666_1546513728.jpg

美しく楽しい名曲が次々に演奏されていきました。

ソプラノのアナ・マリア・ラビン、テノールのトーマス・ブロンデルの歌、バレエ・アンサンブルSVOウィーンのバレエも、ステージに彩りを添えて...

パーカッションは、ずいぶんエキサイトしてパワフルな演奏をしていました。
途中、管楽器の奏者が、振り向くことも...(笑)
でも、パーカッションの3人は笑顔で演奏していました。

満席の聴衆も、一曲一曲を楽しみ、盛大な拍手。

大曲をドカン!の演奏会も魅力的ですが、小品を数多く聴かせていただけるニューイヤーコンサートは、心軽く聴けます。

プログラム最後の曲は、もちろん、「美しき青きドナウ」です。
指揮者によって解釈が全く違うので、毎年とても楽しみです。

コンクール課題曲の『ワルツ』がオケの作品だったら、ウィーンの方々はどんな演奏をするだろうか...と考えながらレッスンしていたことを思い出しました。
本気で聴いてみたいです。

今年も、良い音楽で1年をスタート出来ました。
ありがとうございました。

fOKZf80xbC1YCbi1546513747_1546513782.jpg
パンフレットに載っている昨年度の写真です。今年もこんな感じでした。

PageTop

謹賀新年

謹 賀 新 年

hatsuhinode_convert_20181231203955.jpg

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

            2019年 元旦

                田川伸一郎



PageTop