田川伸一郎のブログ

大切な日の記憶

今日、2月22日は、亡くなった姉の命日です。

前年の5月、かなり進行した「スキルス胃がん」が見つかってから、胃の全摘出出術を受け、抗がん剤治療も受けましたが、闘病むなしく約9ヶ月後の2月22日の早朝、59歳という若さで亡くなりました。

真間小学校3年目、「あと1年で早期退職する」と決意し、最後の1年をスタートしたばかりの5月に姉の口から伝えられた信じたくない事実でした。

私は、当時、市川市に住んでおり、退勤後は極力、柏のガンセンターに入院している姉の見舞いに行き、その後、我孫子でそれまで姉に見守られながら暮らしていた母の世話に行き、夜遅くに市川の自宅に帰る生活をしていました。
特に3学期、姉の病状が悪くなってからは、ほぼ毎日、その生活を続けていました。

真間小に転勤してから、私はそれまでの勤務校では経験しなかったあまりに不条理な出来事の連続に加えて、急に不調になってきた母の世話が重なり、1年目の冬には、お医者様に休職を勧められるほどまで体調を崩し、退職間際までの約2年間、東京の良い病院に通院して、休職はせず、薬を飲みながら勤務を続けました。

3年目は、そんな自分自身を支え、ガンと闘う姉を支え、何とかひとりで生活しようとする母を支え、必死に毎日を乗り越える日々でした。
それでも、毎朝7時前には出勤し、何事も無いように、吹奏楽部の子どもたちを笑顔で迎えていました。
お医者様から「くれぐれも無理をしないように」と言われていましたが、週24コマ埋め込まれていた音楽の授業をこなし、例年通り、吹奏楽コンクールやTBSこども音楽コンクール、日本管楽合奏コンテスト全国大会にも出場しました。
新型インフルエンザが大流行し、6年生の子どもたちと『今日の日をありがとう』を歌おうと練習していた最後の市内音楽会が中止になってしまったことが残念でならなかった年でもありました。
教師人生最後の卒業式には、一段と心を込めました。

校長先生以外の職場の方々や市内の音楽の先生方には、私がその年で退職することなど話しませんでした。
また、私がそんな辛く苦しい状況で生活をしていることも話しませんでした。
学校では平然を装って振る舞っていました。

30年間、常に全力投球して教師人生を歩んできた自分へのプライドをかけたラストスパートでした。


いよいよ姉の容体が悪くなってきて、「毎日の帰りに30分ずつの年休を2日で1日分ということで取らせて欲しい」と申し出た私に、当時の校長先生は、「田川先生は、お姉さまやお母様のためにそれだけ苦労をしていても、朝早くから勤務時間外の吹奏楽指導までしてくださっています。年休でなくていいから、黙ってそっと早めに出なさい...」と、特別なご配慮をくださいました。
今だから言えることですが(いや、言ってはいけないことかもしれませんが)、校長先生の温かさには感謝しかありませんでした。

職場の方々には話さなかったのですが、ごく一部の親しい音楽仲間の先生方には全てをお話しし、時々、苦しい胸の内も聞いてもらいました。
そんな先生方には、私が早期退職することも、秘密でお話ししてありました。
今にもつぶれそうな私の心を、優しく温かい言葉で支えてくださいました。

姉は、死を覚悟してから、「葬式も何もしなくていい。戒名も一切の法事も無くていい。時々私のことを思い出してくれればそれでいい」と言っており、「遺書」にもそう書き残してありました。
姉に長く連れ添ってくださった義兄も、「本人の望むように...」とおっしゃり、姉の意思どおり、内輪だけで静かに見送りました。

姉は、自分が末期ガンで余命が短いことを、親しい友人にも知らせず、その代わりに「私が死んだら送って」と、たくさんの手紙を書き残していました。
弱って、やつれていく自分を見られたくない...元気者で友達も多く、何でも仕切るのが得意だった姉は、そんな自分の姿だけを記憶に残してもらいたいと話していました。
自分が入る納骨堂(浅草東本願寺の無宗教の納骨堂)も、自分で予約し、何から何まで準備して死を迎えました。

どこまでもしっかり者の姉のすることを、私はただ見守ることしか出来ませんでした。

「あなたが退職して湖北に引っ越して来たら、『30年間お疲れ様の会』をするからね」と言ってくれていた姉でしたが、病院のベッドで「あなたとの大切な約束を守れなくてごめんね」と小さな声で言ってくれたこともありました。
「姉さん、大丈夫だよ!4月まで絶対に生きていられるから...湖北のきれいな桜を一緒に見ようね!」と励ましていた私でした。

しかし、その願いも叶いませんでした。

姉が亡くなった日、全てをお話ししていた特に親しい数名の先生方には連絡をさせていただきました。
葬式はしないことも添えて...


先日、そんな親しい先生のおひとりとお会いした時に、「2月22日はお姉さまの命日でしたね」と...
「えっ...よくそんなことまで覚えていてくださいましたね」と驚く私に、1枚の切符を見せてくださいました。

OVzf7e_etO7VYnF1486907166_1486907184.png

姉が亡くなった当日、その日を忘れないようにと、塾から帰る娘さんをお迎えに駅に行った時、わざわざ切符を買ってくださったそうなのです。

平成22年2月22日。
しかも、買った時刻が22時22分です。

日付はその当日に買って...と意識してくださったそうですが、買った時刻は本当に偶然のことで、後で見て気づき、驚かれたそうです。
そこまでしてくださる先生のために、姉がそんな偶然を起こしたのかもしれません。

先生は、何か特別に記憶に残すべき大切な日には、こうして切符を買って日付を残しておくことがあるそうなのです。
その「大切な日」の1日に姉の命日を置いてくださいました。

先生も、私の姉が亡くなる少し前に、最愛のお父様を亡くされ、私はお通夜にお伺いさせていただきました。
姉の葬式はしなかったので、せめてもと、会ったこともない姉のことを思い、「大切な日の記憶」のためにこのように切符を買って祈ってくださったのだそうです。

何年も経った今、初めてそのことを教えていただきました。
その日からずっと、何年間も...先生は、この切符を持ち続けてくださっていたそうです。
そして、毎年、命日には姉の冥福をお祈りしてくださっていたそうです。

姉も天国で感謝していると思います。
そして、先生の大切な日々を見守ってくれていると思います。
心から...ありがとうございます。


「お母さんを頼むわね...。ごめんね」
亡くなる間際の姉の言葉をいつも心に置いて、私は精一杯母に寄り添って生きています。

そして、姉の分まで、元気に輝いて生きていきたいと思います。


シー
平成20年秋・ディズニーシーでの真間小吹奏楽部の演奏を聴きに来てくれた元気だった姉・母と共に。

スポンサーサイト

PageTop

東京二期会オペラ劇場『トスカ』

今日は、久しぶりのオフ日...と言っても、ほとんパソコンに向かっていました。
もう来年度のコンクール曲のアレンジを数校分ご依頼いただき、始めています。

そして、夕方からはゆっくりと上野の東京文化会館へ。

東京二期会オペラ劇場として公演されたプッチーニのオペラ『トスカ』を鑑賞して来ました。

恥ずかしながら、『トスカ』はDVDでしか観たことがなく、本物は初めてでした。

この『トスカ』の公演は、2017都民芸術フェスティバル参加公演となっており、文化庁の文化芸術振興費の補助金も受けているため、ちょっとお安めで助かりました。
一番安い席は、何と2000円です。 高校生や若い方もたくさん来ていました。
どんな席でも、本物のオペラを全幕観られるのですから、これは掘り出し物です。

指揮者は、イタリア主要歌劇場で数多く振って来ているダニエール・ルステイオーニ氏。
33歳という若い指揮者です。


_Z1ryAjWXxlHxLa1487166268_1487166301.jpg

オーケストラは、東京都交響楽団。
合唱は、東京二期会合唱団。
児童合唱は、NHK東京児童合唱団。



主役のトスカは木下美穂子さん、カヴァラドッシは樋口達哉さん。
共に世界でご活躍中です。


VuUIb5EerIU7Lms1487166332_1487166377.jpg  0GlGBwH03BzRQPh1487166691_1487166719.jpg

今回は、ローマ歌劇場との提携公演ということで、このオペラが初演された1900年の際のデザイン画を元に作られた舞台美術で、私が観ていたDVDとは全く違うものでした。
大道具、衣装、小道具の製作は、ローマ歌劇場です。
初演の時は、こんな舞台だったのだと...それだけでも感慨深いものがありました。


第一幕終盤の「テ・デウム」の壮大な盛り上がりには胸高鳴り、第二幕のトスカのアリア「歌に生き、愛に生き」、第三幕のカヴァラドッシのアリア「星は光りぬ」には、うっとりと聴き惚れました。

「星は光りぬ」は歌だけでなく、オケのクラリネットが抜群に美しかったこと! 泣きそうでした...
都響の演奏、若く情熱的な指揮者に反応して、とても感情的で、時に感傷的で、とても良かったです。

第三幕冒頭のオフステージの牧童のソロは、NHK東京児童合唱団の金子淳平君。まさに天使の歌声でした。
学校の音楽の授業では、どんな存在なのかなぁなんて、想像してしまいました。
「今日は、『トスカ』に出るので学校お休みします~」なんて、カッコいい!

オペラを観るのはいつ以来かなぁと思うほど久しぶりでしたが、やはりDVDではダメですね。
もちろん、他の音楽もそうですが...

豪華なひとときを過ごさせていただきました。

ありがとうございました。

ちなみに、この『トスカ』の公演は、16日、18日、19日と続きます。(ソリストたちは替わりますが)

東京二期会のHPはこちらです。
http://www.nikikai.net/index1.html

PageTop

がんばれ! ママさん団員

先週の日曜日から、また東京ブラスコンコードの練習に復帰しています。

演奏会は、4月16日...例年より1週間早いだけでも、週一回しか練習出来ないTBCにとっては大きいことです。
私自身も、すでに焦っています。

昨日は、2週連続の練習参加でした。(次回から、また3週間、大きな仕事のため、参加出来なくなります。ううむ、マズい...)

昨日で、私は、やっと全ての曲を演奏してみることが出来ました。
皆さんは、とっくに演奏しているのですが...
打楽器内のパート分担は、まだ決定しておらず交替で練習している感じです。

去年は、マークさんという強烈なトレーナーが指揮者としても本番の第一部を振ってくださいましたが、今年はいらっしゃいません。
昨日は、曲によっては私が前に立って、「臨時トレーナー」として練習を進めさせていただきました。

「たまにやって来たくせに、皆さんの前に立つなんて本当に失礼だな」と自分では思っているのですが、逆に、だからこそ、ほんの少しでもお役に立つならばという気持ちでやらせていただいています。


昨日は、いつものような都内の公的施設が取れず、やむを得ず、若い団員が卒業した埼玉県の私立高校の一室をお借りしての練習でした。
顧問の先生にもご協力いただき、感謝でした。

東京ブラスコンコードの団員は、そんな若い学生さんから、私のようなオジサン、もうオジサン・オバサンと呼んでもいい年齢の方々(笑)、私以上の年齢の方(尊敬!)と、とても幅広い年齢層の人々です。


社会人のお仕事は様々ですが、「出産のための休団」を明けて間もない「ママさん団員」もいます。
ご主人のご都合がつかない日には、お子さん連れで練習に参加しています。

昨日も、ご自宅からは遠い練習場だったのに、お子さんを連れて練習に参加していました。

IMG_0003_convert_20170212225922.jpg

                 IMG_0005_convert_20170212225938.jpg


ここまでして練習に参加している彼女には、頭が下がります。
ご主人のご理解もありがたいです。

お子さんは、とってもおりこうさんで、ママが練習している間は、静かにおんぶされていたり、ママのそばで遊んでいたり...
休憩時間には、近寄っていく団員にニコニコ笑って、「癒し」にもなってくれます。

家でも、コルネットの練習の音は聴いているそうですが、大人数の合奏の音を聴くのは、練習に来た時だけです。
シンバルの大きな音が鳴っても、泣きもせず、まるでおうちで聴けない音色を楽しんでいるかのようです。

きっと音楽が大好きなお子さんに育つんだろうな。
もしかしたら、将来は、お母さんと一緒にTBCの団員に?!


実際に、親子メンバーも一組います。
団長の白井さんと大学生の息子さんです。

お父さんの練習の音や演奏を聴いて育ち、中学校では吹奏楽部に入ってトランペットを始め、今ではかなり上手なソプラノコルネット奏者。


こうして、皆、それぞれの生活、仕事、勉強を本業としながら、日曜日には、楽しく真剣に練習に取り組んでいるTBCの団員たちです。

「ママさん団員」も、こうして頑張って練習に参加しています。
団員皆で応援している大切なメンバーです。


そんなTBC一同、4月16日、上野学園石橋メモリアルホールでお待ちしています!

詳細は、改めてお知らせいたします。

PageTop

「人と人の絆 それが部活動」~高橋健一先生のブログから

私の大切な吹奏楽仲間、船橋市立船橋高等学校吹奏楽部顧問の高橋健一先生のブログからの転載です。(ご本人の承諾をいただいて掲載させていただきました。)

-------------------------------
8047b02d_convert_20170127221157.jpg

1月26日 朝日新聞 声

亡くなられた浅野大義君のお母様です。

恐らく告別式当日か、翌日にお書きになり朝日新聞 声 に投書されたのだと思われます。

私の勝手ながらの推測ですが、お母様は書かずにはいられなかったのだと思います。大義君の為に集まった大勢の人たちへする畏敬の念と感謝。そして、昨今、学校教育に部活動は必要ないという風潮に一石を投じられたのだと思います。

読んで、涙が止まりませんでした。

お母様の気持ちに対する感謝です。

と同時に
部活動を100%否定する世の中の動きに対し、私は真っ向から反対しています。驚いたことは、長時間労働問題の根源は日本の部活動にあるという記事を読んだ時です。

以前から、書かせて頂いているように物事に100%はありません。どんなことでも、如何なることでもプラス面とマイナス面はあります。

部活動が100%正しいとは私も考えておりません。マイナスの面もありますし、考えていかなければならない点はあります。しかし、それは何事も同じです。

昨今、学校教育において、部活動は無意味であると飛躍された考え方の方々がここぞと持論を述べられていますが、どうなのでしょう。あまりに考えが稚拙であり、偏っているように私には思えました。

確かにマイナスの面は認めます。が、部活動が日本社会の中で、日本文化の中で、学校教育の中で、かなり大きな位置にあることは間違いありません。以前から書かせて頂いているように、明日、日本中の小、中、高校の部活動担当教師が、部活動を放棄したら、街は行き場のなくなった若者で溢れかえることでしょう。それが何を意味するか。言わずもがな。

私は部活動を軸として学校教育を行なって来ました。生徒指導も、授業も、学校行事も根幹にあるものは部活動です。これは、学校関係者以外の方々には理解出来ないと思います。

そういう理解出来ない方々は一度指導困難校と呼ばれる高等学校や荒れている中学校などで、3年間くらい研修されることをお勧め致します。学校がどういう問題を抱えているか、机上の空論ではなく、その目で見て、生徒と本気で向き合ってから、部活動の問題を述べていただきたいと思います。

私にも迷いはあります。
常に迷っていると言っても過言ではありません。そういう中での浅野さんのこの記事。母親として、一人の人間として、書いてくださったこの文章に私は救われました。浅野さん、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

私の方がお世話になりっぱなしです。
ありがとうございます。

そして、この記事をわざわざ私に送ってくださった教え子、先生方、他県の先生方、本当にありがとうございます。

大義のお陰で、また人の温かみを感じました。

大きい人だ、君は。


----------------------------------

浅野大義君は、市立船橋高校吹奏楽部の卒業生。
高橋先生の大切な教え子です。
約1年半の闘病生活の末、20歳という若さで亡くなられました。

このブログでもご紹介させていただいたように、12月の市船吹奏楽部の定期演奏会は、胸に込み上げる感動をいただいたすばらしいものでした。
その演奏会に、彼も命の最後の力をふりしぼって、車椅子で聴きに来ているのを私は見ていました。

市船定期演奏会の一番の見どころである「吹劇」の今回のテーマは、「生ききる」でした。
その「吹劇」を観たあと、彼は天国へと旅立ちました。

その後の高橋先生のブログは、涙無しには読めないほど、浅野大義君という人がどれだけ温かい人だったのか、そして、彼の仲間たちがどれだけ温かい人たちなのかということがわかりました。

富山で読んだ先生のブログに朝から涙し、高橋先生にメールを送りました。
先生は、私からのメールをご自身のブログに載せてくださいました。

この新聞記事のとおり、先輩・同輩・後輩たちが、彼の葬儀のために、160名以上も集まって、音楽で見送ってあげたそうです。

「人と人の絆・・・それが部活動」 先生と仲間たちは、まさにそのとおりのことをされたと思います。

市立船橋高校吹奏楽部顧問 高橋健一先生のブログはこちらです。
http://blog.livedoor.jp/ichifunawoct/

高橋先生が、上記のように部活動についてお考えなのと、私は同じ考えを持っています。

今、「部活動はブラック」とか「部活動のせいで教師が忙しく、過労状態」とか「部活は教師の仕事から外していくべき」という話題がクローズアップされています。

しかし、現実には、部活動をとおして、授業や行事では得られない感動や達成感、仲間との絆、先生と生徒の信頼関係が育まれ、それを支えに教師人生を送っていらっしゃる先生も山のようにいらっしゃいます。

今、本当に教師を多忙にし、過労させているのは、部活動ではなく、以前では考えられなかったほど多くの文書処理、教育委員会からの調査、時間に関係なく押し寄せる「モンスターペアレンツ」への対応、出張・会議・研修(さほど意味のない内容も)の増加...そういったことに費やす時間とエネルギーが物凄く、結果的に、部活動に思い入れを持ち、感動出来るほどのゆとりがなくなっているだけだと思います。

ますます大変になっていくであろう教育現場のことを想像しつつも、「教師になりたい」という夢を持って勉学に励む学生の中には、「部活動で自分が体験した感動を伝えていきたい」という思いを持っている人も多数います。
千葉県には、市立習志野・市立柏・市立船橋・幕張総合・船橋東などトップバンドの高校で吹奏楽部に明け暮れ、そこで得た感動を胸に教師になっている人が増えています。
とてもうれしいことです。

私の現職時代にも、授業や行事だけでは「生き甲斐」や「エネルギーの出し方」を見つけられない子どもがいました。
吹奏楽がなかったら、不登校、あるいは遅刻ばかりしていたかもしれない子どももいました。
ご家庭の事情や本人の性格で、学校生活に全力で取り組めなかった子どもが、吹奏楽部に入ったことで「頑張れる自分」を見つけ、その後の生活態度や学習への取り組み、将来への夢や努力の仕方までが大きく変わった子どももいました。
今、レッスンでお伺いする学校の多くにも、「あの子は部活がなかったら、学校に来なくなるかも...」という、学習や生活の困難を抱えたお子さんがいます。

それほど、部活動は、子どもの心の支えになっているものなのです。
「エリート育ち」のお偉いさん方にはわからないかもしれませんが。

部活動の指導に力を入れた分、授業や校務で手抜きするはずなどありません。
放課後練習の指導を終え、「勤務時間」を終えてからの教材研究や事務仕事...当然、退勤は遅くなります。

部活を指導している、いないで、教員の給与は変わりません。
休日の指導で、ほんのわずかな手当が付くだけで、朝や放課後の勤務時間外の指導をしても何の手当もありません。
それは、部活以外の仕事についてももちろん同じです。

しかし、それ以上の「財産」が心に残されていきます。
子どもと共に流した汗と涙と感動、深いつながり、指導者としての自分磨き、人様の温かみに支えられること...
お金では代えられない教師冥利に尽きる「財産」です。

「部活動指導が負担」云々の前に、もっと考え、軽減しなければならない負担が、今の教育現場にはあります。
真面目で教育熱心な先生が、心折れ、休職や退職をされてしまう理由に、「部活動指導が負担で」ということはほとんどないと私は思っています。

先生方がもっともっと心痛め、疲弊することが、今の教育現場にはあるのです。
「部活はブラック」などと言う前に、「教師の本当の負担」を、お偉いさん方やマスコミの方々に知ってもらいたいです。


・・・浅野大義さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

PageTop

90歳の誕生日

今日、1月22日は、母の誕生日です。

私は、昨日から富山にお伺いしております。

去年の89歳の誕生日は、直前に家の中で転倒して肋骨骨折し、入院先の病院で迎えました。
入院は10日ほどで済みましたが、それからが私と母の試練の日々でした。

すぐに自宅に帰すのは危ないと、とりあえず一時預かりをしてくださる施設にお願いして様子を見ることに...

「早く家に帰して。迷惑かけないようにちゃんと生活するから」と言い続ける母。

入院、施設での生活で歩行力が極端に落ちてしまった現実。
「今の歩行力ではまた転倒の恐れが十分あり、とても危険ですので、ご自宅で生活されるなら、息子さんには極力そばにいていただかないと...」とおっしゃるケアマネさんや施設の方の言葉。

「介護離職」という言葉が、現実となって私の前に立ちはだかりました。
一時預かりの施設の想像もしなかったほど高い経費には、目の前が真っ白になりました。

母の願いどおり自宅に帰してあげて、「介護離職」してお世話するか、母が受け取っている父の遺族年金程度で預かっていただける「介護付き老人ホーム」に入れていただくか...本当に悩み苦しんだ半年でした。

7月のはじめ、それまであちこち探した中で、私が最も良いと判断した「老人ホーム」に入所してもらうことにしました。
「介護離職」は、私の勝手で逃れさせてもらいました。
母も、「あんたも生活があるからねぇ。お母さんのせいで仕事が出来なくなったら迷惑やしねぇ」と、納得してくれました。

今のホームの生活にすっかり慣れた母は、「ここは、みんなとても良くしてくれるし、葵の園のデイサービスにも行かせてくれるし、いい所よ」と話してくれます。

常勤の看護師さんがいらっしゃいますし、体調が悪くて気になる時には、提携している病院に看護師さんが連れて行ってくださり、お薬も貰っていただけます。
私には、事後報告で、仕事を急にキャンセルする必要もありません。

もちろん私も、出来る限り会いに行っています。

おかげさまで、元気に今日90歳の誕生日を迎えることが出来ました。

母の目下の目標は、2020年の東京オリンピックを見ることです!

「あんた、こんな寒い時期に、わざわざ北海道やら富山やら、えらく寒い所に行かんでもいいのに。でも、仕事だから仕方ないねぇ。風邪ひかんでよ。お母さんにうつされると困るから!」「はいはい、わかりました」と、相変わらずの調子です。

私が「介護離職」に怯えながら過ごした昨年の日々のことは、母の記憶には無いようです。

それでいいんです。 私は...

こうして、今、元気でいてくれるのだから。

自分の無力さと、人様のありがたさと...どんなに思いがあっても、私ひとりの力では、母の介護など全くできないことを改めて知ったこの1年でした。

みなさまのお力と真心があってこそです。 

本当に本当にありがとうございます。

20170118_190545_convert_20170118215349.jpg

PageTop