田川伸一郎のブログ

要介護 認定調査

「要介護認定調査」・・・ご家族に、ご高齢の方や、40歳以上で介護や支援を必要とされる方がいらっしゃらない場合は、ご縁がないかもしれません。

・65歳以上の方(第1号被保険者)は原因を問わず、日常生活に介護や支援が必要となった場合に認定を受ければサービスが利用できます。
・40歳から64歳の方(第2号被保険者)は特定疾病(16種類)が原因で、介護や支援が必要となった場合に認定を受ければサービスが利用できます。

介護サービスの利用を希望する方は、まず、市区町村の担当者による「要介護認定」を受ける必要があります。
・「訪問調査(市職員等が心身の状態等を聞き取り調査)」
・「主治医による意見書の作成(市の依頼による主治医が意見書を作成)」
この2つの資料に基づいて、介護認定審査会を開催し、要介護度の審査判定を行います。
その判定によって要介護度(要支援1~2・要介護1~5)の認定を受け、要介護度に応じて介護支援専門員(ケアマネジャー)等が本人や家族の意見を踏まえた介護サービス計画等を作成します。

「自宅で介護を受ける方」は在宅サービスとして、訪問介護、訪問入浴介護、施設での日帰り介護、施設への短期入所などの在宅サービスが受けられます。
「施設で介護を受ける方」は施設サービスとして、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の介護体制の整った施設でサービスが受けられます。



今日の午前中、母は、2年ぶりの「要介護認定調査」を受けました。
入所している老人ホームへ、我孫子市の介護認定調査担当の職員の方がおいでくださり、母と直接、話をしたり身体機能を調べたり、私の話を聞いてくださったりしました。
その後、職員の方々からの日頃の生活の様子、ケアの状況などを詳しく聞いていらっしゃいました。

母は、これまで「要介護2」という判定で、その範囲で可能な限りの介護サービスを受けて生活して来ました。
ホームに入った今も同じです。 規定の範囲を越えた「点数」の分は自費負担となっています。

前回の認定調査は、約2年前のことでした。
その時には、まだ杖を使って歩くことが出来、自宅マンションで生活出来ていました。

今は、デイサービスのリハビリの時以外は、自力歩行は全く出来なくなっています。
1日中、車椅子に座ったままです。

「田川さん、今は何月ですか?」と、問いかける調査職員さんに、迷わず、「1月です」と答えた母。
「1月ですか。お寒くないですか?」「大丈夫です。」

つい先日、ホームの「遠足」で、車椅子のまま移動車に乗って、「船橋アンデルセン公園」に連れて行っていただき、「お花がいっぱい咲いてて、とてもきれいだったんですよ」とうれしそうに話しているのに、「今は1月です」と。
実体験と「今の月」が全く結び付いていないようです。

「デイサービスに行くのは何曜日ですか?」
「ええと・・・何曜日でしたかねぇ」
家にいた時には、デイサービスの日の朝は、早々と自分で支度をしていたのに、今はデイサービスに行っていても、何曜日に行っているのか、分かっていないのです。
1週間の生活の予定を大きく表に書いて、壁に貼ってあげているのですが。


「要介護認定」の結果は、7月に来るそうです。
何とか歩け、ひとりで生活出来ていた時の「要介護2」が、今回も変わらなかったら...市役所に乗り込み、いや、再度お願いに伺おうと思います。

「介護制度」の様々な仕組みを、母を通して学んでいます。
だんだん詳しくなってきました。

それはそれでありがたいことです。

「介護」の必要を抱える親御さんをお持ちの先生方に、経験と知識で寄り添えるようになってきましたから...


Ek8aqc3Wgzjgvle1495603654_1495603729.jpg
認定調査の後、ふと思い立って、「柏市あけぼの山公園」へ。 ポピーが満開でした。
ひとつ大切な仕事を終えた気分で、しばし静かに眺めていました。


スポンサーサイト

PageTop

市船吹奏楽部見学記~5月11日~

昨日は、県内の小学校レッスンを終えた後、船橋市立船橋高等学校吹奏楽部の「夜練習」の見学に伺わせていただきました。

市船吹奏楽部は、今度の日曜日に千葉県文化会館で開催される「バンドフェスタ」に向けて、12月の定期演奏会で発表した「吹劇『ひこうき雲』~生きる~」を、入部したばかりの新1年生を全員含めた現メンバーで作り直しています。

12月の定期演奏会の感想は、下記の記事をお読みください。
http://schoolbandsupporter.blog24.fc2.com/blog-entry-1371.html

この「吹劇」のために、やむを得ず、夜までの練習をしています。
運動部の練習が終わるのを待ち、その後しか体育館での練習が出来ないからです。

1年生は、入部後、この吹劇の練習に入ってまだ3週間目。
定期演奏会で発表した演目とはいえ、3年生が抜けて1年生が入り...ひとりひとりの役割は大きく替わっています。

この時期の1年生入りの発表といったら、せいぜい2.3年生の演奏に合わせて踊る、歌う、演技する、あるいは2.3年生で演奏出来る曲に混ざる...位が普通です。
簡単に言うと、1年生は「おまけ」。

市船では、あえて1~3年全員で同じ試練を乗り越えてひとつの作品を作り上げています。


体育館が空くまでは、廊下で動きだけの練習。そして、音楽室では打楽器のパート練習。

IMG_0006_convert_20170512074140.jpg  IMG_0004_convert_20170512074119.jpg
IMG_0002_convert_20170512074057.jpg  IMG_0007_convert_20170512074206.jpg

4月に見学させていただいた時の記事にも書かせていただきましたが、昨日も、2.3年生から1年生への注意の仕方は、上からではなく、「~してもらってもいいですか?」「~に気をつけるようにお願いします」の口調でした。
入部して間もなく、まだ何もわからない、何も出来ない1年生が、先輩方からこんな丁寧な口調で指示や注意を受ける...ここからすでに「市船吹奏楽部の洗礼」を受けているのだと思います。

この部には、ひとりひとりの「人格・尊厳」をどこまでも大切にするのだという「常識」があります。
それは、顧問の高橋先生から生徒への思いが元になっています。


小学校、中学校は、地域の学校ですから、子どもは学校や先生を選ぶことが出来ません。
たまたまそこに居合わせた先生の教えを受けるしかありません。
しかし、高校は違います。 子どもは学校や先生を選べます。 もちろん、「学力」という条件はありますが。

千葉県には、市立習志野、市立柏、市立船橋、幕張総合という「トップ4」の高校バンドがあります。
日曜日の「バンドフェスタ」は、まさにこの「トップ4」の高校が出演するビッグイベントです。(すでにチケットは完売とか)
「吹奏楽に高校時代の全てを懸けたい中学生」の多くが、この「トップ4」のどこかにあこがれ、入学していきます。

逆に言うと、「その学校」と「顧問の先生」は、生徒たちに「選んでもらった」ということです。

高橋先生は、「市船を、自分という教師を選んでくれた生徒たちを、ひとり残らず3年間大切に育て上げなければならない。ひとり残らず悔いのない高校生活を送らせなければならない。『市船に来てよかった、高橋先生を選んで良かった』と思わせなければならない・・・卒業の時、本当にそう思わせなければならない。だから、責任の重さは半端ないです」とおっしゃいます。

「自分を選んでくれた生徒たちをひとり残らず大切に育て上げなければならない」...生徒の「人格・尊厳」を大切にする先生のそんな思いが、この市船吹奏楽部の「常識」につながっているのだと思います。

残念なことに、全国大会に出場するような「トップバンド」の顧問の先生の中には、「うちはたくさん入部するけど、どうせ毎年〇十人は辞めちゃうから」と平気で口にする先生もいます。
自分を選んで、希望を持って入学・入部して来てくれた生徒が、毎年〇十人も辞めてしまうということは、「あなたを選ぶんじゃなかった」と後悔する生徒が毎年〇十人もいるということです。
・・・「教師」として口に出来ることではない屈辱と反省であるべきです。

「出会った先生で子どもの人生は変わる」...私はずっとそう思って来ました。
たまたま出会う小・中学校の先生とは違い、「選んで出会ったトップバンド高校の先生」が、「あなたと出会うんじゃなかった」と毎年〇十人もの生徒に後悔されるとしたら、仮にコンクールで良い賞を取ったとしても、「教師」としての価値や資質はどうなのかと...。

市船吹奏楽部には、退部者がほとんどいません。
ごくまれに、本当にやむを得ない「家庭の事情」「ドクターストップ」などで辞めざるを得ない部員はいるようですが、部活そのものの問題や人間関係の問題、顧問との信頼関係の欠落で辞めていく部員はいません。

「顧問」である以前に「教師」としての責任を重くとらえていらっしゃる高橋先生の強い信念があるからです。
「退部者を出したら、自分の負け」とまでおっしゃいます。
生徒に対する教育者としての責任、自分を選んでくれた生徒への責任...それが高橋先生の部活運営の根幹にあります。

先輩・後輩の関係、部員たちの関係も、先生の思いに近いものがあります。
雑用は先輩がやる。
退部者を出したら先輩の負け、仲間の負け。
ひとり残らず、大切にする。
ひとり残らず、後悔のない「人生の中の大切な3年間」を送れるようにする。
だから、互いに本音で向き合う。 ただし、相手の「尊厳」を守りながら。
・・・


「吹劇」の練習は、12月に一度本番を経ている2.3年生も1年生と一緒に大汗かいて練習を続けます。
「一緒に」・・・です。
1年生だけにやらせ、ただ上から注意をしてしごくのではなく、自分自身も共に自分の課題を乗り越えながら必死に...です。
2.3年生も、12月とは役割が替わっているので、自分のことにも必死にならざるを得ないのです。

やっと体育館に移動して練習が始まったのは、8時を過ぎてからでした。

12月に私が涙した「ひこうき雲~生きる~」です。
高橋先生の大切な教え子・浅野大義君が、20年という短い人生の最期に見た作品です。

まだ3週間しか練習していない1年生も全員が役割を演じます。
「おまけ」の役などひとつもありません。
ただ歌う、ただ踊るではありません。
「役割を演じ切る」のです。

それぞれの環境で小学校・中学校生活を送って来た1年生たち。
これまでの経験も様々です。
まだ市船に入学して、通学や新しい友達、高校の勉強自体に慣れるのに必死な時期です。
そんな1年生たちも、大切な大切な「レギュラーメンバー」です。

1年生がうまく出来なかったら先輩の負け...そんな責任を感じながら丁寧に教えて来た先輩たちの思い。
そして、市船を、高橋先生を選んで入学して来た1年生たちのただただ「頑張る」の思い。
それらがひとつになって、「ひこうき雲~生きる」を作り上げます。

IMG_0010_convert_20170512074230.jpg
                 IMG_0011_convert_20170512074253.jpg
通し練習前、高橋先生からの「思い」を真剣に受け止める部員たちです。

DSC_0071_convert_20170512074324.jpg
DSC_0077_convert_20170512074407.jpg

練習を見ながら、私は涙が止まりませんでした。

樽屋雅徳さん書き下ろしの音楽のすばらしさ、心のこもった演奏、合唱、演技に...
この「生き切る」というテーマの作品を眼に焼き付け、20年という短い人生を「生き切った」と旅立った浅野大義君の思いに...
偶然か必然かわかりませんが、高橋先生から浅野大義君への最大の愛が込められた「人生の贈り物」になったこの作品そのものに...
わずか3週間という期間で、この作品の中に確かにいる1年生たちに...そして、そう育てた先輩たちの努力に...
「『みんな』ってすごい」というシンプルで深い感動に...

しばらく、言葉が出ませんでした。

こうして体育館で通し練習が出来たのは、まだ2回目だということです。
信じられませんでした。


この吹劇には、「主人公」はいますが「主役」はいません。
否、1年生を含めた部員全員が「主役」なのです。

「みんな」ってすごい。
本当にすごい。

市船吹奏楽部の練習を見学させていただく度に、忘れかけていた大切なことを教えられます。

日曜日、「バンドフェスタ」で、この「ひこうき雲~生きる」を観られる方々の幸せを想います。


昨日も、朝から走り回り、帰宅は深夜になりましたが、とてもとても良い1日でした。

感謝です。

PageTop

「突進」の後のゆったり優雅なひととき

ゴールデンウィークも終わり、午前中など少しゆっくり出来るかなと思っていたのですが、毎日、あれをこれをと片づけなければならない仕事や用事があり、さらに昼からは休みなくレッスンに...
やはり、バタバタの日が続いています。

昨日は茨城県の中学校レッスンでした。

そんなバタバタの田川を案じてくださったのか、顧問の先生が事前に、「お帰りが遅くならないようにしますので、レッスン後にお食事を。少しでもゆっくりお過ごしいただければ」とお誘いくださり、ありがたくご一緒させていただくことになりました。

レッスン前、私は予定よりかなり早く学校に着いてしまったので、帰りの会をされていた顧問の先生に代わり、教頭先生が音楽室までご案内してくださいました。
ひとりでスコアを見ながら待機。
コンクール曲も決まり、出場メンバーも決まり、後は練習あるのみ!・・・そんなタイミングのレッスンだったので、私も気合いバリバリでした。

一番に音楽室に来たのは部長のR君。
「えっ! 田川先生、もういらしてたんですか!」と言うと、すごい勢いで廊下に駆け出し、廊下を歩いて来る部員たちに「お~い!田川先生、もういらしてるぞ!急げ!早く!」と絶叫。 さらに、廊下を走り回り、絶叫。
それを聞いて、皆もすごい勢いで突進!
その後、R君は、「玄関で田川先生を待っているから準備していなさい」と伝えていた顧問の先生を呼びに階段を駆け下りて行き、その姿はまるでカモシカのよう。
静かだった音楽室が、突進して来た部員たちで一気に活気づきます。
楽器を用意するスピードも半端ない! そして、どんどん音出しと基礎練、個人チューニング。

この部長R君の「突進力」はすごい! そして、カッコいい! 
それに反応して突進する部員たちもすごい! 一分一秒でも長くレッスンを受けたいという気持ちに溢れています。

いつもは全員揃って音出しも終わった「約束の時間どおり」に到着していたので、早く着いて、この「突進劇」が見られたのは、とても良かったです。

そして、その「突進」の意欲を保ったまま、レッスン開始。
「さあ、行くぞ!」と、はじめから私が前に立って、どんどん練習。
皆もテンションMAX!

いつもは土日や休日のレッスンが多い学校なので、ジョークも飛ばしながら和やかにレッスンするのですが、平日のレッスンは、学校の決まりである「完全下校厳守」という厳しいタイムリミットがあるために、ジョークを言っている時間ももったいないです。
そして、「帰りは10分あれば完全下校に間に合うよね!少しでも長く、ぎりぎりまでレッスンしていただこうね!」という顧問の先生の言葉に、みんなで「ハイッ!!!」

細かい部分にも目と耳を向け、少し指導して出来ないことは、「はい、次回までの宿題!絶対出来るようにしなさいよ!」と、どんどんスルーし、レッスンもいつも以上の「突進」でした。
編成のバランスや出て来る音に合わせて、楽譜もどんどん追加削減します。アレンジではなく「工夫」です。
いかに音の色彩のパレットを増やすかも考えながら、指示。
全員スコアを持っており、こういうことにも対応能力のある生徒たちなので、理解も作業も速い!

「あと10分...あと5分...」とラストは時計と勝負しながら、どこを押さえるかということとの闘い。
「終わり!」「ありがとうございました!」
何の余韻も、いつもの楽しいおしゃべりもなく、みんな、大急ぎで片づけて、昇降口に突進して行きました。 しかも、とても良い顔で!
レッスン終了後、10分で全員完全下校に間に合ったことでしょう。

そしてまた、2時間前のシーンとした音楽室に戻りました。

私も、思い切り、ぐわーっと「突進レッスン」をしたので、たとえ2時間という短い時間でもけっこう疲れました。ふぅ...
いつもは、ここから先生と「作戦会議」が始まるですが、昨日は、「さあ、先生、すぐに参りましょう」と車でお店にご案内くださいました。
他校の知り合いの先生もご一緒に。

豪邸の民家を改築したような立派な建て構えの落ち着いたお店の個室。
個室と言っても、もったいない位の広さです。

料理長さんが北海道のご出身ということで、北海道の旬の食材を多く使用し、彩り豊かで、お味も優しく、一口ごとに「んんん...美味しい...」と、ゆっくり味わいながらいただきました。
いつも粗食ばかりの田川は幸せに包まれていました。

朝からさっきまでのバタバタと「突進劇」が嘘のように、静かで落ち着いた優雅な時間をゆったり過ごさせていただきました。

IMG_0002_convert_20170510232543.jpg
                 IMG_0003_convert_20170510232520.jpg
IMG_0004_convert_20170510232603.jpg
                 IMG_0005_convert_20170511072848.jpg
IMG_0006_convert_20170510232648.jpg
IMG_0007_convert_20170510232718.jpg  IMG_0008_convert_20170510232739.jpg
IMG_0009_convert_20170510232800.jpg

量より質という感じで、一品一品に端正と真心がこもったお料理でした。
こんなに高級で優雅なお食事を出来たのは久しぶりのことです。

お話も、「作戦会議」や部活やコンクールの話ではなく、今まで伺ったこともなかった先生方のこれまでの人生やプライベートな話題でもちきり。

「え~!先生は小豆島のお生まれ?! 妹さんはあの有名な画家?!」・・・などなど。

たくさんお話を聞かせていただき、ますます先生方のファンになりました。


帰宅は遅くなりましたが、やる気溢れるあの大好きな子どもたちと過ごした2時間、そして、その後の優雅な時間の余韻で、「いい1日だったなぁ...」と感謝しながら電車に揺られていました。

ありがとうございました。

tQsg4X3BtN7LfRP1494426131_1494426218.jpg

PageTop

子どもたちの笑顔のために~働く地域の力

金曜日の早朝、いつものように散歩の時間。

湖北台中央公園は、緑いっぱいになってきました。

すると、いつもと違うこんな光景が...

DSC_0008_convert_20170428215948.jpg

DSC_0009_convert_20170428220011.jpg

地域の方々が、朝から一生懸命、「こいのぼり」を並べていました。

1年間、たたんでしまってあった「こいのぼり」です。

毎年毎年、この時期になると、湖北台中央公園には、大きな「こいのぼり」が泳ぎます。

それは見たことがありましたが、このような準備を見たのは初めてでした。

昼過ぎにもう一度行ってみると...

DSC_0010_convert_20170428220037.jpg

DSC_0011_convert_20170428220100.jpg

思わず、「い~ら~か~の波と、く~も~の波」と、口ずさんでしまいました。

お仕事されていた方に、ちょっと話しかけてみたら、「子どもらがうれしそうに見てくれるからさ。毎年、これはやめられないね」と...。

子どもたちの笑顔のために...地域の大人の方々...シルバーの方々は、こうして毎年毎年、「こいのぼり」を泳がしてくださるのでした。

こんなあったかい湖北台の地に住む私も、何か地域の大人として出来ることはないかなと考えます。

子どもたちの笑顔のために...

まだシルバー世代ではないけれど。


「大型連休」が始まっています。
みなさまは、楽しいご予定がおありでしょうか。

私は、1日も休まず、レッスン行脚です。

ほとんど県外におります。

また一部をブログでご紹介させていただきます。

PageTop

若葉の頃

桜の花が終わると同時に、たくさんの若葉が生き生きと萌え始めています。

我が家の近くには、けやきの木がたくさんあり、朝と夕方でも違って見えるほど、葉っぱがどんどん育っています。

桜も好きですが、私は、このけやきの緑が大好きです。


4月も終わりに近づき、バンドの活動も本格化してきたこの頃、様々な「相談事」が毎日のように届きます。

レッスンの後でたくさんお話を伺ったり、電話やメールでお悩み相談にお答えしたり...
ただ愚痴を聞くだけしか力になれないこともありますが、それでも、「気持ちが軽くなりました。ありがとうございました」と言っていただけると、「こんなこと位でよければいつでも」と思います。

「バンドディレクター」として活動される方々のような確固たる指導力を持っていない私ですが、教員人生での様々な経験が生きる時、「こんな形でスクールバンドの活動をサポート出来る人間がいてもいいのかな」と改めて思います。

レッスンの時、新年度にあたり、練習の前に、生徒さんたちに「語る」ことがよくあります。
でも、帰ってから、「あんな余計な話をしないで、どんどん練習を進めた方が良かったのかな。大切な練習時間を無駄にしてしまったかな」と反省することもあります。

先日も、ある高校で、ふと考え、長々とお話ししてしまいました。
翌日、顧問の先生から、「昨日はありがとうございました。今の3年生は1年の時から担任している学年で、一緒に上がって来ているので、お互いに見え過ぎている部分があり、先生のお話は本当にありがたかったです。うちの部の実情がわかっているのかと思うようなお話でした。生徒たちに今一番響くお話で、たくさんのものを吸収してくれていればと思います。これからもよろしくお願いいたします」というメールが届き、ほっと胸をなでおろしました。


スクールバンドには、「音楽」だけでは片付けられない様々な「側面」があります。
当然、音楽以外のことで、腑に落ちない出来事やトラブルも生じます。
それを乗り越えていく、折り合いをつけていくことで、皆が、少しずつ成長し、大人になっていけるのだと思います。


昨日は、中学校で、レッスン時間の半分位、「ミーティング」のお付き合いをしました。
前日、先生から「お悩み相談」を受けており、それをクリアしないで、レッスンに入っていくことは避けたいと思ったのです。
本来、外部講師である私の仕事ではありませんが、目をつぶって通り過ぎていいことではないと考えました。
仮入部の1年生も参加しての練習でしたが、全く事情をしらない1年生たちは黙って事の成り行きを見つめていました。
時々私も加わっての2.3年生のやりとり...「いつになく、皆が本音を語っている」と顧問の先生はおっしゃっていました。
やっとミーティングが終わり、いよいよ練習に入る前、私はトイレに行かせてもらいました。
そこに、3人の1年生が入って来ました。彼らは、小学校でも吹奏楽をやってきたそうです。
「ねぇ、中学校の部活って謎でしょ。練習しないで、ああやって皆が色々言い合って。そこに講師の先生まで加わってさ。なんで練習しないのかなとか思わなかった?」
「いえ、全然。いいと思います。先輩たち、大人って感じです」と言っていました。
まだ仮入部の1年生が、練習時間に練習をせず話し合っている先輩たちの姿を、「いいと思います」と言える賢さに感心しました。
これなら、きっとこの1年生たちも、吹奏楽部で、ただ楽器や音楽を学ぶだけでなく、「より良い生き方」を学んでいけるんだろうなと思いました。


こんなうれしいお話も届きました。

転勤された高校の先生...出会ったばかりの生徒さんたちと合奏をしながら、皆の表情を見て、「あっ、この指導、ダメかも...前の先生とやり方が違うのかな...。どうしよう...。ちょっとこれはやめて、次に進もうかな...私の指導、退屈なのかな...んんん、でも...」と、心の中で自問自答する毎日。
生徒さんたちに、そんな迷いやとまどいが伝わっていたようです。
3年生の生徒たち数名が先生のところに、「お話があります」とやって来て...「ついに来た...文句か」と思いきや...
「先生、私たち生徒は、先生に合奏していただいている立場です。前の先生のやり方とか私たちの考えとか、そういうことはあまり気になさらず、先生のやりたいように指導してくださって大丈夫ですから。私たちは、顧問である先生のやり方についていくべきだと思っていますので」と話してくれたそうです。

「私たち生徒は、先生に合奏していただいている立場です」...こんなことを言える高校生がいるんだ。
顧問が代わって、「前の先生の時は・・・」と、文句を言ってくる生徒は山ほどいますが。
その話を聞いて、生徒さんたちの「大人ぶり」にうれしくなってしまいました。
大人より大人かも!と思いました。


今日も、豊かな太陽の光を浴びて、若葉がキラキラ輝いています。

先生方、子どもたち、みんなみんな、がんばれ!

25380016802_convert_20170425105829.jpg

PageTop