田川伸一郎のブログ

夏休み

暑い日が続いています。

関東の多くの学校では、昨日が終業式でした。

学期末の忙しさの中、コンクールに向けての追い込みには、なかなか厳しいものがありますが、今日からは学期中よりも練習に集中出来ることだろうと思います。

子どもたちは、部活のためだけに学校に来る夏休みの方が、部活の精神で生活が出来、顧問の指導も入りやすくなるように思います。
そして、気持ちも力もぐんと高まるのです。

千葉県では、そんな今日から千葉県吹奏楽コンクールが始まります。

スタートは、中学校B部門の予選一日目です。
この部門の予選は、4日間に分けて開催され、4日目は26日です。
出場日もくじ引きで決まります。

今日の出番を引いてしまった学校が気の毒でなりません。
夏休みの集中した練習をすることなく、多くの学校は、コンクールが終わってしまうのです。
本選大会に残れるのはわずかの数だけですから。

一昨日にお伺いした中学校は、最終日の出番を引きましたので、夏休みに入ってから、5日間も練習が出来ます。
そのありがたい5日間を考え、クリアして欲しい最後の宿題を出しました。

審査は、その日ごとですから、日が違っても有利不利はありませんが、夏休みの集中練習をしてステージに立てるかどうかは、「思い出の演奏」としては大きな違いです。

千葉県吹奏楽コンクールに出場する全団体の曲目もHPにアップされました。
http://www.chibasuiren.gr.jp/news/wp-content/uploads/2017/07/suicon_pro.htm

それぞれの思いがこもった大切な曲です。
ぜひ良い演奏を!

皆さんの夏休みが、心に残る良い日々であることを祈ります。


                 01252-320x200.jpg

スポンサーサイト

PageTop

佳境

中学校、高校の期末試験も終わり、いよいよコンクールに向けての追い込みの時期となりました。

岩手県の先生からは、すでに地区大会が終わり、良い結果を残せたとのうれしいご報告メールをいただきました。
東北支部は、コンクール地区大会のスタートが一番早いかもしれません。

千葉県の吹奏楽コンクールは、21日に開幕し、8月13日まで続きます。

千葉県では、地区大会が無く、予選・本選という形で代表を決めていきます。
小学校は、2日で60校もの学校が出場し、2日間通しで県代表を決めます。

レッスンもいよいよ隙が無くなり、「どうしても」のご要望にお応えして、ここ数日間は毎朝、朝練レッスンに伺っています。
近い学校ばかりではありませんから大変ですが、現職時代の習慣がありますから、全く問題なしです。

顧問の先生や部員たちが、7時過ぎには全員揃って合奏しているという姿は、驚異的とも思えます。
通学に時間がかかる高校ですら、昨日は7時にレッスン開始しました。
8時15分までの1時間15分でしたが、とても意義深い時間になったと思います。

午後の小学校のレッスンは、ほとんど体育館レッスンです。
暑くてクラクラしますが、練習していると、それも忘れてしまうほど、皆のやる気に吸い寄せられます。

いよいよ来た!という感じの毎日です。

身体もしんどくなって来ました。
でも、自分に鞭打って頑張ります。

今日から月曜日まで、北海道の函館にお伺いして来ます。
函館でも過去最大、4日間で18校という多くの学校からのお招きです。

朝から始めて、夜の8時までレッスンは終わりません。

スコアだけでもすごい数...昨夜、荷造りをしたら、かなり重かったです。
そして、スコアの勉強量も半端無いです。
時間があってもあっても、まだ足りません。
寸暇を惜しんで勉強です。
もちろん、羽田までの電車の中、フライト待ちの時間、飛行機の中でも、ずっと勉強です。

行って来ます!

皆さんもふぁいと!

くれぐれも熱中症対策をお忘れなく。

PageTop

いい人

「いい人」と言われることがある。

「人がいい」と言われることがある。


言葉の上ではほんの少しの違いだが、意味は大きく違う。

「人がいい」と言われ、「それが私だから!」と、笑って流せる時もあるし、落ち込んで自分にうんざりする時もある。

「人がいい」という言葉には、侮辱的な意味もかなり含まれているのだから、落ち込むのも当然だが。


「この歳になっても『人がいい』と言われるのは、未熟過ぎってことだよ」と、もうひとりの自分がクスクス笑っている。


「いい人」とは言われなくてもいい。

けれど、「人がいい」と言われても、いつも笑って流せる自分にはなりたい。

「そうなんですよ。 それが私なんです!」と...

そうなれば、私の悩みはひとつ減る。


「人がいい」と言われない私になるのは、たぶん無理だから。

PageTop

要介護認定調査~その後

5月の終わりに、母の「要介護認定調査」についての記事を書かせていただきました。
http://schoolbandsupporter.blog24.fc2.com/blog-entry-1462.html

市担当者による母への訪問調査、ホーム提携の病院の主治医からの意見書、お世話になっている老人ホームからの実態報告、私からの願い。
それらを総合して市が判定します。

どうなったかな...今までの「介護2」から変更無しだったら、何と言って市役所に乗り込もうか...毎日ドキドキしながら考えていました。

そして、つい先日、市から新しい「介護保険証」が届きました。

「要介護3」と書かれていました。
よかった...希望どおり一段階上がりました。
市役所に「不服申し立て」に乗り込む必要がなくなりました。

介護度が上がることは決して良いことではありませんし、年金支給時に差し引かれる「介護保険料」は月7000円ほど高くなりますが、「介護保険内」で受けられるサービスのポイント数が増えることの方がずっと大切です。

母は、「住宅型有料老人ホーム」というシステムの老人ホームに入っているので、ホーム外での介護サービスも受けることが出来ます。
今の母にとって、一番の楽しみは、10年ほど通い、よく知ったスタッフやお友達も多い介護老人保健施設(老健)での週3回のデイサービスです。
楽しみながら、デイサービスでリハビリを頑張っているおかげで、まだほんのわずかな歩行力が残っています。

しかし、そのデイサービスに必要な介護保険のポイント数が高いため、その分、最近、老人ホーム内で以前より必要が増えた介護サービスが介護保険のポイント数をオーバーし、その分は「実費自己負担」ということで、出費が少し多くなっていました。
このまま介護度が上がらなければ、出費を抑えるために、デイサービスを諦めてもらわなければならない...でも、母の一番の楽しみを奪いたくない...と悩んでいました。

おかげ様で、「要介護3」の認定を受けることが出来ました。

ケアマネージャーさんも早速、「要介護3」のポイント数を計算しながら、新しいケアプランを作成してくださいました。
デイサービスは、週2回に減らすことになりましたが、まだ一番の楽しみは残りました。
自費負担の出費も抑えられそうです。

私は、まだ介護制度や介護にかかわる様々なシステムについての知識が足りず、専門家の方から教えていただくことばかりです。

「知らない」という恥ずかしさ、時には怖さすら感じることもあります。

でも、こちらから具体的に質問することも出来るようになった分だけ、以前よりは少しだけマシになりました。
何が分からないのかが全く分からない私でしたから...

無知な私にご示唆をくださる専門家の方々に感謝しています。

PageTop

歯科ドック

「8020(ハチマル・ニイマル)運動」という言葉を聞いたことがありますか?

平成元年より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。
そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。

我孫子市では、歯の健康づくりを進めるために、国が掲げた「8020運動」の前段階として、60歳で自分の歯を24本以上保つことを目標とした「6024(ロクマル・ニイヨン)」を目指した事業を推進してくださっています。

年度内に20歳以上に達する人以上が、700円で「6024歯科検査」を受診出来ます。

私は、40歳代後半から毎年「人間ドック」を受診しています。
でも、「歯科ドック」は受けていませんでした。

「歯が痛い~」という時に、やむを得ず、嫌々行くのが歯医者さんでした。
子どもの頃から、「歯医者さん大嫌い病」でしたから...

でも、ここ数年は、「人間ドック」と同じように、毎年一回、必ず歯医者さんに行って、「6024歯科検査」を受診しています。

「虫歯、ありませんね。歯周病なども大丈夫です」と言われると、うれしくなります。

ただ、毎年のように、「歯石」に引っかかります。
歯磨きをきちんとしているつもりでも、歯垢や歯石は付いてしまいます。
特に、下の前歯の裏は、唾液が溜まることもあり、歯石が付きやすいのだと今年の検査で教えていただきました。

検査費の700円とは別料金になりますが、毎年、きれいにクリーニングしていただいています。

こうして「虫歯」だけでなく、歯を失う元になる「歯周病」を絶対に予防したいと思っています。

母は、「8020」は全く不合格です。
80歳以前にすでに不合格。
これまで「歯」にどれだけのお金をかけて来たのだろうと思うほどです。

インプラント(人工歯)を埋めるには、保険もきかず、1本30~40万円もかかるそうです。

日頃からの歯磨きの励行や「歯科ドック」で、無駄な高額出費や手間が避けられると自分に言い聞かせています。

私が何歳まで生きるのかは、神様のご判断だと思っていますが、仮に長生きした時、「8020」には絶対合格し、美味しいものを自分の歯で味わって食べていたいと思っています。

歯にお金をかけなくて良い分、大好きな温泉にたくさん行きたいかな? (老後の夢!)


来年の「歯科ドック」の目標は、「おっ、田川さん、今年は歯石が少ないですね!下の前歯の裏もかなりきれいですよ。虫歯、歯周病も無し!」と、歯医者さんに褒めていただくことです。

毎日の歯磨きは、「下の前歯の裏」に特に時間をかけています。
「これでもか!」と言わんばかりに(笑)

年1回、700円の「歯科ドック」を、これからも受け続けていきたいと思います。


いつの間にか、「歯医者さん大好き!」の田川になっていました...

PageTop