田川伸一郎のブログ

東京都の小学校バンド

昨日の日曜日は、この時期らしい本当に爽やかで気持ちのいい1日でした。
青空と輝く太陽、カラッとした空気、涼しい風...何度も空を見上げて、深呼吸しました。

そんな爽やかな1日にぴったりの東京都の小学校3校にお伺いしました。

都内で3校...朝から夕方まで、少々慌ただしい移動でしたが、学校ではじっくりと練習に取り組みました。

この時期に、東京都の小学校からレッスン依頼を受けたことはありません。
しかも、日曜日です。

この3校は、今年は、去年までには無かった特別な目標を持って活動しているのです。
夏の「東京都小学校吹奏楽コンクール」への出場です。

別に、3校の先生が相談して吹奏楽コンクール参加を決めたのではなく、それぞれの先生がご自分の考えでお決めになったことです。
去年までは、2月の「東京都小学校管楽器演奏会」が一番の大きなステージでした。
私も、3校ともレッスンには伺っていました。

8月はじめにコンクールが開催されるということで、出場を決めた3人の先生方が相談され、「早い時期にレッスンをしてもらい、これからの練習の方向性を示唆していただきたい」とのご連絡をいただきました。

3校全てに対応できる空き日は、昨日だけでした。
でも、小学校で日曜日の練習を許可していただけるのか、家庭の理解と協力を得られて子どもたちが揃うのかということがネックでした。
しかし、3校からのお返事は、全てOK!
校長先生の許可も得られ、保護者の方々も全面的に協力してくださり、ほぼ全員の部員が出席するという「驚異の体制」を整えて、迎えてくださいました。

中学校、高校では、日曜日に部活をすることなど普通のことになっていますが、小学校ではそれほど大変なことなのです。
現職時代、吹奏楽部をバリバリ指導して来た私ですら、日曜日は完全オフでした。
朝練は毎日やっていましたが、放課後練習は本番直前以外は、週3回5時まで(冬場は4時半まで)というペースを保っていたのですから、日曜日に練習するはずはありません。

3校の先生方、子どもたちの意欲、そして、保護者の方々のご理解の熱さを感じた1日となりました。

コンクールに出場するからと言って、特別な練習パターンがある訳ではありません。
まして、「初めてコンクールに参加してみる」という先生方です。

ただ、夏の時期に1曲を「評価」されてしまうので、無理なく演奏出来る曲の選択、そして、メンバーの力や個性に応じた楽譜の工夫(編曲ではありません)、ひとりひとりの児童が自信を持って演奏出来るための日々の練習の進め方、楽曲の細かい分析の仕方、より効率的で効果的な合奏指導の進め方の計画など、先生方が先取りして勉強し、準備してあげなければならないことがたくさんあります。

子どもたちへのレッスンを通して、そういった「先生サイドの学び方・準備の仕方」を提案させていただきました。


0Rxoo8MUb9vtse_1526830010.jpg
IMG_0001_convert_20180521082328.jpg  IMG_0005_convert_20180521082349.jpg
IMG_0008_convert_20180521082418.jpg  IMG_0012_convert_20180521082437.jpg
HZf1Ue0CLmdP1a11526859498.jpg
課外の吹奏楽団としての活動は、まだ2年目になったばかりです。
でも、先生と子どもたちの意欲、そして、保護者の方々の強い支えの元、「コンクールに挑戦してみよう!」と決心されました。
昨年度にも増して、自ら学び取ろうとする子どもたちの向学心、豊かなイメージのやり取りが出来る感性、技術のハードルに果敢に挑むたくましさ...感動しました。
そして、子どもらしくキラキラした表情には、「子どもであることの誇り」すら感じました。
この子どもたちには少しハードルが高い曲を選んでの挑戦ですが、先生も子どもたちも何も臆することなく、曲に惚れ込んで生き生きと前進していることが素晴らしいです。



RxP_VnaBGW9uu5F1526830301.jpg
IMG_0014_convert_20180521084025.jpg  IMG_0015_convert_20180521084048.jpg
IMG_0017_convert_20180521084108.jpg  IMG_0019_convert_20180521084206.jpg
oUxAe7Zl28A4v6J1526830346.jpg
長い伝統を持つバンドですが、コンクール出場は初めてです。
私の教え子が、大ベテランの先生の後を引き継いで、昨年度から顧問をしています。
保護者の方々の「先生のやりやすいようにやってください!」との温かいお言葉を支えに歩んで来た1年でしたが、今年度はその支えもさらに力強くなり、子どもたちも先生の熱い思いをキャッチしてますます頑張り屋になり、コンクール出場に踏み切りました。
ブラスバンドのオリジナル作品に取り組んでおり、個人チェックの徹底で、5月とは思えないほど頼もしい演奏でした。
限りなく湧き出る可能性いっぱいの素晴らしい子どもたちです。
そして、子どもらしい明るさとエネルギーが大好きです。



EjDKmlMwQIOaYUF1526830385.jpg
IMG_0020_convert_20180521084510.jpg  IMG_0022_convert_20180521084533.jpg
IMG_0023_convert_20180521084559.jpg  IMG_0024_convert_20180521084626.jpg
1fBNCXsMU7qsZoN1526830421.jpg
前任の先生の頃にコンクールに出場していたことはありますが、今の顧問の先生が再挑戦を決めて、久しぶりの出場となりました。
保護者の方々も、とても喜んで応援してくださっています。
このバンドの子どもたちは、まさに「ザ・子ども!」...いつも素のままで私に向き合ってくれます。
そして、スイッチが入った時の練習の密度や急激な向上には驚かされます。
金管バンドならではのサウンドづくりや色彩の濃淡の作り方、楽譜の読み取り方と工夫...これからの道筋をはっきり提示しましたので、先生と皆で楽しく真剣に工夫を重ねていって欲しいと思います。
それにしても、今回の演奏の「ビフォアー・アフター」はすごかったです。



駅からの送迎をしてくださったある保護者の方のお話...「私は、子どもに自信を持たせてやりたいと思って育ててきているのですが、たまたま学校にバンドがあり、こんなに熱心に指導してくださる先生がいてくださり、子どもが入部したいという気持ちになってくれ、一生懸命練習に参加していることが本当にうれしいです。日曜日にもかかわらず、練習を組んでくださり、田川先生を招いてくださり、ただただ感謝の気持ちです。今年はコンクールに出場ということですが、どんな結果になっても、子どもには良い体験になると思っています。本当にありがたいです。」

こんな温かい保護者の方がいらっしゃるから、先生も子どもたちも、思いと力を存分に発揮出来、小学校時代の素晴らしい体験や思い出、そして、教室の勉強だけでは得られない大きな大きな「生きる力」を得ることが出来るのです。


夏の「大きなチャレンジ」に向けて、先生と子どもたち、そして、保護者の方々みんなで心をひとつにしてがんばってくださいね。

自分自身への『ゴールド金賞』を目指して!


スポンサーサイト

PageTop

大きな挑戦の始まり

千葉では、初夏の陽気です。

少々暑いですが、見上げると青空...とても気持ちがいいです。

そんな昨日は、茨城県の中学校にお伺いして来ました。

何度かブログで書かせていただいている水戸市立第二中学校吹奏楽部です。

zAv378ZnOC68jEj1526389193_1526389213.jpg

今年で4年目のお付き合いとなる水戸二中。
昨年度まで、「3年連続・東日本学校吹奏楽大会出場」の快挙を成し遂げました。
そのため、今年度は、規定によりB部門には出場出来ず、A部門に出場しなければなりません。

さらに、少しずつ「部活時間の制限」もかかり、今までよりも少ない練習でコンクールに向かわなければなりません。

新1年生もやる気いっぱいに入部して来ていました。
小学校で吹奏楽をやっていた部員もいれば、全くの初心者や担当楽器を替わって初心者状態の部員もいます。
小学校と同じ楽器を担当している部員はすでに合奏に参加していました。

初心者の1年生を含めても36名という人数でA部門に出場するのは、茨城県でも上手な学校がひしめく「中央地区」では、とても大きな挑戦となります。

でも、先生も部員の皆も、あまり「勝負」にはこだわっていません。
それよりも、「私たちに出来る最高の音楽が出来るか」...意識はそこに向かっています。

選んだ課題曲は、顧問の山田文子先生のエレガントさにぴったりの『ワルツ』です。
私も、迷いなく大賛成。 部員たちも、とても気に入って練習しています。
この人数だからこそできる繊細なアンサンブルと上品な表現を徹底的に追求していく路線で進んでいます。
まだまだ入口に立ったばかりですが...

AttSEYxrwg29D_E1526389689_1526389708.jpg  V2Muq2xk2YbhETD1526389815_1526389842.jpg

GuT8hj5y7_acCbg1526389889_convert_20180515230058.jpg  opKqqOIGM4hyr6f1526389747_1526389773.jpg

自由曲は、『ワルツ』とは真逆のドラマチックなオリジナル作品です。
どれだけ対照的な色を出せるかにかかっています。

こちらは、まだ譜読みをして、やっと合わせている段階なので、細かく詰めていく必要がありそうです。

水戸二中の生徒さんたちは、感性がとても豊かで、何かひとつ言葉を投げかけると、スッと演奏が変わります。
教えていても、とても楽しく、心がうきうきします。

山田先生の日々のご指導と、部員の皆さんの素直でひたむきな努力あってこそです。

DYXjeqgEftfbc2d1526392399_1526392412.jpg
表情豊かに「音楽」をご指導される山田文子先生です。
共に勉強させていただき、光栄の限りです。



今年の部長さんは、部活はもちろん、学級でも全力の生活をしており、生徒会長も務めています。
部長と生徒会長の両立は大変に決まっていることを承知の上で挑戦しています。
先生や他の皆も、応援してあげています。

昨日は、生徒総会直前で、生徒会も当然仕事があったようですが、「田川先生のレッスンなので、生徒会の先生にお願いして抜けさせてもらうことにしました」と、本人から話がありました。
私は、あえて、「レッスンだからと言って生徒会を抜けるのは両立とは言えないな。まず生徒会に行って、最低限必要な仕事だけは済ませて来なさい。レッスンにはその時間分だけは遅れてもいいから。終わったら急いで部活に来なさい。」と、話し、顧問の先生の許可を得て、生徒会に向かわせました。
「ありがとうございます!急いでやって来ます!」 
途中、大急ぎで部活に戻って来てからの集中力には、すばらしいものがありました。

そんな形で私も応援してあげています。

初心者の1年生たちは、レッスンの間、自分たちだけで黙々と練習を続けていました。

みんなみんなキラキラ輝いていました。

vfAyVc7G2Mivmsf1526389385_1526389397.jpg

今年のコンクールは、今までにない「大きな挑戦」になりそうですね。
君たちの「挑戦」の本質は、「勝つこと」ではありません。
このメンバーで、課題曲と自由曲をどれだけ質の高い音楽に作り上げることが出来るか...そのことのみです。
昨年度までと違い、2曲を仕上げていくことは大変なことですが、それだけ思い出の曲が増えることも確かです。
思い切り苦労して、思い切り感動して、ますます感性豊かな君たちに育っていきましょう。
がんばれ! 水戸市立第二中学校吹奏楽部!



ayYGTqjOclx5Elb1526389421_1526389439.jpg
                 lDDnqwQCttZpl0Y1526389459_1526389471.jpg
水戸市立第二中学校の風格ある校門、そして、校舎です。
校門をくぐると、姿勢も気持ちも引き締まります。


PageTop

旭川から~2018・5月~

先週の金曜日から昨日まで、北海道の旭川にお伺いして来ました。
2週連続の北海道です。


函館では天気が悪く残念でしたが、旭川では最初の2日間は好天に恵まれ、爽やかな青空の元、気持ち良く過ごすことが出来ました。

今回のレッスンは6校だけでしたので、時間のゆとりもあり、1校あたりの時間もたっぷりと取れ、プチ観光にもご案内いただきました。

まだ曲の完成を目指す時期ではありませんので、それぞれの曲を細かく分解分析して、生徒さん方にしっかりと理解していただきながら練習を進めました。

また、ご希望に応じて基礎合奏に時間を使ったバンドもありました。

このレッスンのために、どの学校も必死の練習を積み重ねて来られた跡が手に取るように分かりました。

レッスン内容よりも、この「目標」に向かって、年度スタート時の活動に熱を込めて生き生きと歩んで来てくださったことに価値があると思いました。

そんな先生と生徒さん方の思いをしっかりと受け止めて、レッスンさせていただきました。


0MYW3eBOiVAhyH21526159991_1526160010.jpg
u_Ke_Iuo0v7qS831526160062_1526160170.jpg
顧問の先生が代わり、また新卒のフレッシュな副顧問の先生も迎え、心機一転前進している中学校バンドです。
1月にお伺いした時には、ホルンもユーフォもおらず寂しかったですが、1年生が入部してくれてとてもうれしかったです。
小学校にもレッスンに伺っているので、顔見知りの1年生たち。中学校でさらに大きく育ってほしいです。


0vNoK_zJZs2C4Nu1526260663_1526260674.jpg
0u6NpGtJ4AHRjGW1526260701_1526260762.jpg
こちらの中学校も新しい顧問の先生に代わりましたが、引き続き、お招きのご縁をいただき、うれしかったです。
1年生は全員初心者で、まだ合奏を見学していましたが、先輩たちの演奏に眼をクリクリさせていました。
選曲して間もない時期でしたが、レッスン前日まで必死必死!で練習し、何とか通して演奏出来ていたことにびっくり!これからは1年生を育てながら、さらに丁寧に練習していきましょう。


X6hWkqXwQXy__4q1526260790_1526260803.jpg
mZxpSStPWzxpc_p1526260829_1526260885.jpg
今年度は3年生が少なく、3年生がいないパートもありましたが、そうは思えないほどのレベルの高さでした。
コンクール候補曲を2曲選んで半分ずつ位練習してありましたので、両曲をレッスンし、その様子を顧問の先生がご覧になって、客観的に判断して曲を決定されました。
壁に貼ってある「東日本大会出場」「北海道一の音」「牛タン喰うぞ(今年は仙台開催です)」という大きな目標に向かって頑張りましょう。


FMOe4gb6zukRD3X1526260907_1526260928.jpg
6c3S8byWjRSsllD1526260954_1526260973.jpg
いつも旭川の先生方のご希望を集め、レッスンスケジュールを立ててくださる先生の中学校です。
この中学校の地区でも「部活制限」が始まり、練習時間は減っていますが、より効率的な練習でレベルを維持出来ていました。
課題曲は、難しいと分かっていながらも『ワルツ』を選び、今回のレッスンでもたっぷり勉強しました。とても良い反応でしたので、完成が楽しみです。


DSC_1044_convert_20180513072634.jpg
eRnw2iZfqMzlgwZ1526160399_1526160431.jpg
1月に初めてお招きいただいた高校バンドで、1年生を迎えて、ますますパワフルに生き生きと活動していました。
とても賢く、私の訳の分からない言葉の表現や指示をとてもよく理解して、反応良く返してくれることに驚きです。
課題曲のマーチを中心に練習し、マーチらしい爽やかな演奏に変容していくことが出来ました。


BJtLnti9aEcRx2a1526160486_1526160517.jpg
0cC0vs950wm2IJa1526160577_1526160611.jpg
旭川永嶺高校は、旭川凌雲高校から統合改名して3年目、制服が一種類に揃い、そのせいもあり、きりっとした練習室の雰囲気が感じられました。
課題曲の「ワルツ」では、先生の指揮で一度聴かせていただいた後、何の注意も解説もなく、私の指揮でいきなり2回通してみました。
まだ2,3年生だけでの合奏であったこともあり、言葉無しでも通じる部分がたくさんあり、とても感動しました。心のつながりを今年も深めていきたいと思います。



6月、7月の旭川レッスンは、校数がぐっと増え、超過密スケジュールのようです。

一校一校のレッスンが無駄なく、そして、粗雑にならぬよう、今から先生方との連絡を密にして、十分な教材研究をしてお伺いしたいと思います。

旭川地区の先生方、児童・生徒の皆さん、今年度も「一度しかない今年」を大切に、一歩一歩確実に前進して参りましょう!

私も、精一杯お手伝いさせていただきます!



3CvcJVCz0k3ZLi91526261042_1526261057.jpg
さようなら~! また来月、お会いしましょう!

PageTop

第24回日本管楽合奏コンテスト

まだ先の話ではありますが、今年度の「日本管楽合奏コンテスト」は、下記の日程で開催されます。

≪予選審査会<非公開>≫
9月24日(月)~28日(金)

≪全国大会≫
10月27日(土)  中学校B部門
10月28日(日)  高等学校B部門
11月3日(土・祝) 小学校部門
11月4日(日)   中学校A部門
11月10日(土)  高等学校A部門
以上の会場/文京シビックホール 大ホール

11月18日(日)  中学校S部門・高等学校S部門
こちらの会場は、尚美バリオホール


≪各部門のエントリー条件≫

♪ 小学校部門  参加人数自由

♪ 中学校A部門  10名以上35名まで
♪ 中学校B部門  36名以上

♪ 高等学校A部門 10名以上35名まで
♪ 高等学校B部門 36名以上

♪ 中学校・高等学校S部門  3名以上15名まで


今年度は、「少子化が深刻に進むと同時に全国的に少人数の吹奏楽部が増加傾向にある中、今後の学校教育における部活動と生涯学習推進の在り方を熟慮し、新たにS部門(3名以上15名まで)を中学校と高等学校に新設する運びとなりました。」とのことです。

中学校・高等学校の10名以上15名までの編成は、A部門・S部門のどちらにもエントリーできることになります。
ただし、同一校の複数部門へのエントリーは出来ません。

S部門の「最優秀グランプリ賞」の学校にも、他部門同様、「文部科学大臣賞」が授与されるそうです。


部員数による規定は特に定められておりませんが、この「S部門」の新設趣旨を汲み取り、大編成バンドが「少数先鋭メンバー」でこの「S部門」にエントリーすることがなければいいなぁと、個人的には考えています。

「小さなバンドの全国大会」という「夢と希望の大会」になりますように...


大会の詳細や要項につきましては、下記の日本音楽教育文化振興会のHPをご覧ください。
http://www.jmecps.or.jp/soical5b24


PageTop

東京都の高校バンド

ゴールデンウイークも終わりました。

みなさま、良い休日を過ごされましたか?

私は、函館から帰った翌日は、東京都の高校へ。
昨日は、朝から埼玉~群馬と2つの中学校へお伺いしました。

熱心な先生方、部員の皆さんと一緒に、最高のゴールデンウイークを過ごすことが出来ました。


5日にお伺いした東京都の私立女子高等学校です。

このバンドは、3年生は受験勉強に専念するため、2年生の終わりで全員が引退し、1.2年生だけで1年間活動していきます。

お伺いした時には、必ず「合唱」でお迎えしてくれます。

doHpvbV60AmJugN1525527526_1525527541.jpg

合唱の響きや表現も、年々向上し続けています。

2学年だけの部活ですが、1年生と2年生は明らかに違います。
表情も歌声も立ち姿もオーラも...
高校1年生の1年間がどれほど大きいものであったかを物語っています。

先生からのご要望で、「心のお話」の時間もあります。

IMG_0001_convert_20180505225223.jpg
                 IMG_0010_convert_20180505225243.jpg

新チームの様子を見たり、最近考えていることで彼女たちの役に立ちそうなことを選んだりして、心を込めてお話しします。
皆、真剣に、そして、柔和な表情で聞いてくれます。

今回、とてもとてもうれしかったこと...1年生の中に、小学校時代に「東京都小学校管楽器演奏会」に出演した経験のある生徒さんがいたのです。
学校名を伺うと、とてもよく知った学校名で、顧問の先生のお名前まで、私は知っていました。

「プログラムを取ってあるようだったら、家に帰ったら見てごらん! 講師名のところに、田川先生の名前が出てるから!あなたの小学校時代の演奏を僕は聴いていたんだよ!」「えぇぇぇ!」...ふたりで盛り上がりました。
他の皆も、「すご~い!小学校時代から田川先生とつながっていたんだ~」と驚き。

こういうつながりが、とてもとてもうれしいのです。

お話の後は、合奏の用意をして、チューニングや基礎合奏、コラール。

183QaK3nVwv_DbI1525527561_1525527572.jpg

ここで、今回は、特別な練習を...

ひとりずつ、同じ易しい曲を演奏してもらいました。
小学校で習ったはずの曲です。その曲の一節だけをひとりずつ演奏です。
打楽器は、全員がグロッケンで。

少し練習時間をあげてからスタート。

IMG_0017_convert_20180505225305.jpg  IMG_0018_convert_20180505225328.jpg

抜き打ちの練習でしたが、各個人の技術と音楽性の実態が、すぐに分かります。
「ひとりで演奏する」というプレッシャーへの耐性も...
チャンスは一回。 やり直しはありません。

先生も部員たち同士も、何より自分自身が自分の実態に愕然とした瞬間になったと思います。

「ここが今年のスタートなんだよ。ここからみんなで前進して行くんだよ。『みんな』という言葉に甘えないこと。合奏はひとりひとりの音の重なり合いなんだから、ひとりひとりの音や表現が良くなければ合奏は良くなるはずはない。」と、当たり前のことですが、再確認しました。

そして、コンクール候補曲2曲の合奏です。
どちらも、とても良い曲で、私はどちらも好きです。

もちろん、まだ完成している段階ではありませんので、部分に焦点を当てて、練習の方向性や曲を仕上げるポイントを確認していきました。

IMG_0021_convert_20180505225350.jpg  IMG_0025_convert_20180505225414.jpg

IMG_0026_convert_20180505225438.jpg  IMG_0031_convert_20180505225626.jpg

IMG_0027_convert_20180505225502.jpg  IMG_0028_convert_20180505225527.jpg

どちらの曲も、魅力もあり、難所もあります。

それを紐解いていくと、どちらがどう自分たちに合っているか、どちらの曲が夏に向かって意欲的に進んで行けるかというイメージが出来て来ます。

「どちらの曲が勝ちやすいか」という発想は、あえて横に置いて考えてみることにしました。

もちろん、最終決定は顧問の先生です。
私は、一切意見を言いません。

レッスン後に、生徒さんたちに「今の気持ち」を聞いてみました。

「前日まで思っていた選択と変わった人?」  意外に多数いました。
どちらの曲からどちらの曲に変わったということは聞きませんでした。

でも、これは大切なことなので、私が帰った後、顧問の先生と皆でしっかり話し合うようにとお願いしました。

IMG_0030_convert_20180505225606.jpg
このバンドをしっかりと率いていらっしゃる主顧問の先生です。
子育て真っ最中の「ママさん先生」ですが、ゴールデンウイークも生徒さんたちと一緒に過ごしていらっしゃる「生徒大好き!」の先生なのです。
もちろん、生徒さんたちも、そんな先生が大好き!
生徒さんたち、「先生には何でも話せる!」なんだそうです。


G8mATaAKhLEAWNB1525527591_1525527604.jpg

新チームでの船出の日々は、どうですか?
新入生で入部したと思ったら、1年後には「最上級生」という皆さんの部活のサイクルでは、2年生の不安もきっと大きいことでしょう。
今年は1年生が多く、とてもうれしいことですが、パートの2年生がひとりで1年生が3人というパートもあり、まとめるのが大変なこともあるかもしれませんね。
そこを理解して先輩を助けられる1年生であってほしいと思います。
2年生も、高校に入学してからの1年間の歩みに自信を持って、後輩たちをリードしてあげましょう。

君たちのことを心から大切に思ってくださる主顧問の先生、陰でしっかり支えてくださる副顧問の先生方と共に、良い1年を送りましょう。
僕も精一杯応援していきます!
頑張りましょう!


PageTop