FC2ブログ

田川伸一郎のブログ

野田市小中学校音楽会

昨日は、千葉県野田市文化会館で開催された「野田市小中学校音楽会・第二日目」に講師としてお招きいただきました。

5年ほど前にも、同じように講師をさせていただき、児童・生徒たちの立派な演奏と態度に感動しました。

市内の全ての小中学校が、2日間の音楽に出演します。
昨日のプログラムは、全体合唱や職員合唱も含めて、25プログラムでした。

同じ学校からは、2プログラムまで出演出来るようで、特に中学校では、吹奏楽部と学年(あるいは選抜)の合唱団という学校が多かったです。
小学校では、吹奏楽、金管バンド、和太鼓、ステージドリル、合唱と多彩な演目がありました。

ベテランの先生方から若い先生方に少しずつバトンタッチしながら、音楽科部会が運営されているようですが、今回の音楽会チーフの若い先生おふたりは、吹奏楽部で育って来られたやる気満々、そして、とても謙虚な先生方でした。
先輩方からご指導をいただきながら、ひとつひとつきちんと勉強されており、頼もしい限りです。

若い先生方をしっかり育てながら、ベテランの先生方が、生徒の演奏も手本としてのお力を発揮されていることが、すばらしいと思いました。

小中学生たちの一生懸命な演奏に負けないように、私も一生懸命聴き、各校への講評を書かせていただきました。

IMG_0044_convert_20181018193817.jpg  IMG_0045_convert_20181018193833.jpg

IMG_0016_convert_20181018193756.jpg  IMG_0050_convert_20181018194008.jpg

中学生の吹奏楽伴奏による3年生の代表者たちによる合唱は鳥肌ものでした。

IMG_0051_convert_20181018194058.jpg

当日の朝に、会場外で無伴奏で練習しただけで、吹奏楽伴奏による合唱は、ぶっつけ本番だったそうです。

そして、先生方も歌います。

IMG_0046_convert_20181018193850.jpg

「〇〇せんせ~い!」みたいに騒ぐ生徒はひとりもおらず、幕が開くとシーンとして先生方の合唱に耳を傾けていました。

フィナーレは、中学校の吹奏楽伴奏での全体合唱『ビリーブ』でした。
会場がひとつになって歌い上げる合唱は、すごい迫力でした。

IMG_0048_convert_20181018193928.jpg


演奏のレベルが高いだけでなく、1日中鑑賞態度が良く、「黙って他校の演奏を聴く」という当たり前のことを当たり前にできる立派な小中学生たちでした。

会場の雰囲気には、神聖さすら感じました。
部活の生徒だけではなく、一般の生徒も多数参加しているのに、その生徒たちも良い態度であることは、全て、音楽の先生方や担任の先生方の足並み揃ったご指導の賜物です。


終演後、とてもお疲れのはずなのに、まとめの研修でした。

IMG_0049_convert_20181018193946.jpg

一日感動したこと、合唱・吹奏楽での今後の課題(お願い)や、音楽教育全般のお話をし、先生方を心から労ってお別れしました。

気持ちの良い秋空の元、身体も心も健康に育つ子どもたちの演奏に心動かされた素敵な1日でした。


野田市の音楽教育の益々のご発展を心からお祈り申し上げます。

お招きいただき、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

東京都小管研・授業研究会

昨日は、都内の小学校で開催された「東京都小学校管楽器教育研究会・10月月例会」に参加させていただきました。
今回は、講師ではなく、学習者としての参加です。


東京都は、来年度に「全日本音楽教育研究会」の研究発表会をおこないます。
通称、「全日音研・全国大会」です。

この大会では、東京都小学校音楽研究会の各研究会(管楽器教育研究会の他、合唱研、邦楽研、鑑賞研、・・・など数部会があるそうです。)から、授業や研究演奏を発信していくことになっています。

そこで、「管楽器教育研究会」も、今年度から準備を始めています。

私は、「管楽器教育研究会・研究演奏」の助言者を仰せつかり、演奏校の先生と共に歩んでいくことになっています。

昨日は、「管楽器教育研究会」から発信する「研究授業」の準備としての研究会でした。
私が直接関わるものではありませんでしたが、先生方の学びの様子や研究の進みを見ておきたいと思い、参加させていただきました。

管楽器を使った音楽科授業ということで、3年生の鑑賞の授業が展開されました。
教材は、『トランペット吹きの休日』(アンダーソン作曲)でした。

zLoKJtaFS8k1ZQV1539271857_1539271898.jpg

IMG_0003_convert_20181012082929.jpg
トランペットの活躍や旋律の特徴に耳を向けて聴き、活発に発言します。

IMG_0006_convert_20181012082956.jpg
ゲストティーチャー(トランペット専攻の都内の先生)も登場し、生の演奏を聴かせます。
子どもたちは、眼をキラキラさせて聴いていました。


IMG_0002_convert_20181012082908.jpg
子どもたちも、トランペットを体験し、リコーダーとは全く違う発音原理を知りました。


授業の後は、授業者自評の後、小グループに分かれて、検証項目に従った話し合いが行われ、各グループから全体に発表しました。
先生方の授業の見立ては、とても的確でした。

IMG_0009_convert_20181012083101.jpg  IMG_0010_convert_20181012083124.jpg

そして、講師の橋本研先生(ご退職された大ベテランの先生です)からご指導がありました。
鑑賞授業についての基本的な考え方、音源の選び方など、長年のご経験に基づいたご講話をいただきました。

IMG_0011_convert_20181012083144.jpg

11月の例会も、他の小学校で、授業研究会を開催されるとのこと。

今年度の「東京都小学校音楽教育研究大会」は、来年度に向けてのプレ大会ということで、例年の「ゾーン大会」ではなく、全都開催で、前述のように各研究会からの提案形式で開催されます。

今年度の研究大会の開催要項はこちらです。

第一次案内


管楽器教育を「授業」の視点から見つめる貴重な研究だと思います。

私も、都の先生方と共に勉強していきたいと思います。


PageTop

小学校の音楽授業

小学校、中学校B、高校Bの東関東大会に向けて、毎日追い込みのレッスンが続く中、昨日の午前中は、県内の私立小学校の授業サポートにお伺いして来ました。

2時間目から4時間目までの3時間、2年生、5年生、6年生の授業をサポートさせていただきました。

GXHBBVCIZEcGhmA1536815954_1536815960.jpg
IMG_0002_convert_20180913142136.jpg  IMG_0003_convert_20180913142156.jpg

2年生の授業では・・・
・教材をどうとらえ、何を身に付けさせるために、その教材をどう使うのかという根本の問題。教科書どおりが良いとは限らない。
・低学年向きのショートプログラムの効率的な進め方。
・「リズム打ち」と「音価」の隔たりについて。
・学習形態は、その目的に合ったタイミングと形で変化させること。
などを中心に検証しました。



JOO0HbN5TyEHxR91536816014_1536816018.jpg
IMG_0008_convert_20180913142318.jpg  IMG_0007_convert_20180913142258.jpg

5年生の授業は、学芸発表会に向けてリコーダー合奏の練習でした。
ト長調の曲で、ファ♯も出てくる曲なのに、とても良く演奏出来ていました。
音色もとてもきれいでした。
私がほぼ進め、曲の内容や曲趣にあったテンポ設定やノリ方を工夫し、根底に流れるリズムの感じ方を勉強しました。



xjCqPfBF4bEEmrc1536815975_1536815980.jpg
IMG_0005_convert_20180913142216.jpg  IMG_0006_convert_20180913142236.jpg

6年生の授業も、学芸発表会に向けての器楽合奏の指導を、私からのアドバイス中心に進めさせていただきました。
ざっと通せている演奏でしたが、バランスや全体の強弱に変化が無く、常に同じ楽器が目立ち、同じ音色が続く合奏になっていました。
それは、これからやるとのことでしたが、一気に調整。 
まずは、主役と脇役のバランス、鳴りやすい楽器と鳴りにくい楽器のバランス、そして、曲の構成を考えた強弱の工夫に。
全てのパート、全ての児童がスポットライトを浴びる瞬間があることが、合奏ではとても大切です。



コンクールに向けた日々の緊張感ある吹奏楽指導の合間の3時間の授業は、何かほっとするひとときでした。

やっぱり、私はやっぱり授業が好きなんだなぁと、つくづく思います。

吹奏楽部に集まって努力する子どもたちも大好きだけど、学級の子どもたちが音楽でキラッと輝く瞬間も大好き。

そんな「キラッとタイム」を味わわせていただけることに感謝!


午後は、また、東関東吹奏楽コンクールに向けて、小学生たちと輝く時間を過ごしました。
あと2日の練習でやるべきことが明確になりました。

3時間の授業と2時間の吹奏楽部...心が「キラッ!」でいっぱいの良い1日でした。

PageTop

群馬県伊勢崎市小学校音楽実技研修会

旭川から帰った翌日の20日、「群馬県伊勢崎市小学校音楽実技研修会」に講師としてお伺いさせていただきました。

ここのところ、ずっと吹奏楽の音や練習で、耳も気持ちもいっぱいになっていましたので、旭川から引き続いて群馬へ行くハードスケジュールも、とても新鮮な気持ちで出かけることが出来ました。

群馬県といえば、日本一暑いとも言われていますが、いくらか涼しい日で、ぐったり感に襲われることもなく、そして、学校はもちろん冷房完備。 そして、先生方の笑顔と熱意に爽やかな気持ちいっぱいでした。

今回は、各学校の音楽主任(音楽専科)の先生や音楽教育に関心のある担任の先生方がお集りくださいました。

いただいたテーマは、下記のとおりです。

rH9TDevy8CUbSUX1534763563_1534763625.jpg

音楽授業の器楽領域に絞っての研修をということで、私の実践や考えをお伝えしたり、実習したりしました。

驚いたことに、開始5分ほど前に先生方全員がお集まりになり、早めにスタートしました。
どこの講習会でも、遅れて来られる方や当日になって欠席という方がいて当然なのですが、こちらの先生方の「時間を守る」という姿勢には本当に感動しました。

「器楽領域の実技研修」と言っても、当然のことながら、単なるノウハウではなく、「教育」「心を育てること」が大きな軸となります。

ご用意した資料を元に、学校での様々な「あるある」を取り上げ、「子どもたちが何故つまづくのか」、「どこにつまづくのか」、「どう回避いればいいのか」、「子ども目線でみた器楽学習のあり方」、「音楽教師として知っていなければならない器楽指導の技と知識」、「子どもの心に寄り添った音楽教育を目指して」...2時間半、休憩もなく、進めさせていただきました。

ベテランの先生も若い先生も、皆で日常を振り返りながら、「器楽指導」を見つめ直せたのではないかと思います。


IMG_0011_convert_20180820201630.jpg  IMG_0014_convert_20180820201651.jpg
鍵盤ハーモニカの指導で忘れてはならないこと、大人と子どもの目線の違いに配慮した指導法など、具体的にお伝えしました。

IMG_0021_convert_20180820201712.jpg  IMG_0028_convert_20180820201732.jpg
IMG_0095_convert_20180820202802.jpg
リコーダーの指導では、教材を皆さんで演奏しながら、奏法指導のポイントだけでなく、「良い音を引き出すピアノ伴奏法」にまで話を向けました。


そして、音楽室にある様々な楽器の奏法と指導法の見直しです。

IMG_0035_convert_20180820210139.jpg  IMG_0038_convert_20180820201751.jpg
IMG_0049_convert_20180820201810.jpg  IMG_0053_convert_20180820201835.jpg
IMG_0057_convert_20180820202018.jpg  IMG_0077_convert_20180820202239.jpg  
IMG_0071_convert_20180820202149.jpg  IMG_0074_convert_20180820202218.jpg

ベテランの先生からも、「へぇー、そうだったんだ~」「なるほど~」と、たくさんのつぶやきを聞くことが出来ました。

IMG_0080_convert_20180820202300.jpg  IMG_0070_convert_20180820202108.jpg
先生方の熱心な受講の姿、どんどんメモをされるお姿にも感銘を受けました。

IMG_0100_convert_20180820202343.jpg  IMG_0106_convert_20180820202406.jpg
お悩み相談も熱心に...


qIUxLuxkfYwxrnF1534763476_1534763532.jpg

先生方のご熱心な勉強の姿勢に感動しました。

先生方に教えてもらえる子どもたちは、幸せです。

そして、きっと「音楽で輝く子どもたち」が育っていることと思います。

2学期も素敵な笑顔で子どもたちに向き合ってあげてください。

伊勢崎市小学校音楽部会の益々のご発展を心からお祈り申し上げます。

お招きいただき、本当にありがとうございました。


PageTop

緒形まゆみ先生のセミナー案内

「まゆみ先生 たんぽぽコンサート」の開催に向けてアップされていた緒形まゆみ先生のブログが、明日6月30日をもって終了されるそうです。

ここのところ、「部活動の未来」など、緒形先生の真摯なお考えも書かれています。

皆様にも今日、明日、是非ご覧いただきたいと思います。

緒形先生の「タンポポブログ」はこちらです。
緒形まゆみタンポポブログ


そして、緒形先生のセミナーのご案内をこちらでさせていただきます。
「タンポポブログ」でご紹介されているものです。

以下、転載です



まゆみ先生の
表現力・想像力
ソーシャルスキルアップ勉強会


日 程: 2018年 8月26日(日)
・午前の部  9:00~12:00 (開場 8:30)
・午後の部 13:30~16:30 (開場 13:00)

会 場:ジャパンライム株式会社 セミナースタジオ
東京都文京区本郷4-2-8 フローラビル3階(東京メトロ丸の内線・都営大江戸線 本郷三丁目駅下車 徒歩3分)
アクセスはこちら→アクセス・地図

講師 緒形まゆみ
定 員: 各回、32名
受講料:3,500円(税込)

■内容
コミュニケーション、ソーシャルスキル、表現力、想像力、聴く力、考える力…今、指導の現場に求められる様々なスキルアップの具体的な数々をワークショップ。
全国の講習会で人気のゲームをご体験ください! 
音楽教育、部活動指導現場での「お役立ちヒント」を、実際の現場を想定し、「指導者目線」でご提案させていただきます。
ピアノが苦手でも大丈夫!
明日からの授業・部活動にすぐに生かせる楽しいゲーム満載です。

夏休みも過密なスケジュールの先生方・・・

もしよろしければ、ご一緒にストレス発散もいたしましょう。

■当日の詳しい内容と、お申し込みは、下記のサイトをご利用ください。
午前の部・午後の部によってフォームが異なります。
ご都合の良いところに、お申込みください。
 ↓↓
午前の部

午後の部


先日ご紹介させていただいた先生のご著書の「体感」が出来るセミナーです。

ぜひご参加ください。

各講座とも32名という少ない募集ですので、お早めにお申し込みされることをお勧めします。



qCJAFQfhelLf_Gq1526652713_1526652789.jpg
こちらのご著書もぜひお読みください。
購入された先生方は、皆さん、大絶賛されていらっしゃいます。
セミナーでは、この本の内容を実際に体験して勉強出来ます。



PageTop