FC2ブログ
 
■プロフィール

schoolbandsupporter

Author:schoolbandsupporter
田川伸一郎のブログへ
        ようこそ!
小学校教師として、30年間、音楽専科や学級担任、そしてバンド指導にかかわってきました。現在は、フリーの「スクールバンドサポーター」として、小中高等学校のバンド活動を、顧問の先生や部員たちの願いや悩みに寄り添いながら、これまでの経験を生かしたアドバイスで支援させていただいています。

東京都品川区立日野中学校、都立小山台高等学校で吹奏楽部員(パーカッション)として活動。
千葉大学教育学部音楽科卒。
千葉市立犢橋小学校、千葉市立幸町第三小学校、市川市立大柏小学校、市川市立新浜小学校、市川市立真間小学校に勤務。
在職したすべての学校で、吹奏楽部を設立、または継続指導し、5校すべてを「TBSこども音楽コンクール」「全国学校合奏コンクール」「日本管楽合奏コンテスト」等で計14回の全国一位に導いた。
「日本管打・吹奏楽学会」会員

■最新記事
■カテゴリ
■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

悲しみに耐えている全国の吹奏楽部員の皆さんへ~その4~
親に教えてもらって田川先生のブログを読んで、前へ向く事ができました。
全国への切符を掴み取りたくて、ラストチャンスである今年のコンクールが正直全ての目標でした。なので地区大会も無くなり絶望したのも事実です。
だけど当たり前の事が当たり前じゃないと言う事を凄く実感させられました。
私の学校も年に数回田川先生と会う事が出来て、時間いっぱい音楽の大切な事を教えてもらえて楽しみな時間でした。そんな貴重なレッスンも無くなり、最後の年に、これほどにも大切な時間が失われるのは本当に辛いです。
だけど、田川先生の言葉を聞いて、仲間の大切さがとてもよく分かりました。
残された時間で田川先生に会える日も演奏する機会もあるかも分からないけど、全ては皆が健康に生きているからこそできる事。
コンクールの舞台横での極度の緊張も、演奏後の聞いてくれた人達の笑顔と拍手も、当たり前のようで当たり前じゃない。
私は音楽が好きです。自粛中もコンクールはあると願って個人練習を毎日してきました。コンクールが無くなった今、それでも私は毎日楽器に触れています。
当たり前ではない日常を、大切な仲間とまた合奏できる日を願って。
そして、コンクールで演奏するはずだったコンクール曲を最後の定期演奏会で今のメンバーで演奏し、最高の思い出にしたいと今は願っています。


昨夜、コメントをくれた生徒の方、ありがとう。
辛く悲しい中で、とても大切なことをつかみ、コンクールは無くなっても仲間と音楽は決して無くならないことをしっかりと心に刻むことが出来て、本当に良かったですね。
5月13日のブログに書いたように、亡くなった教え子の矢口君は、「生きてさえいれば、きっと笑顔になれる日が来るから」と語りかけてくれました。
そう、皆が、命を大切に、心を大切にし合えば、また笑顔で合奏を楽しめる日が必ず来ます。
コンクールという大きな目標は無くなっても、仲間と作り上げる音楽の喜びと感動は無くなりません。
コンクールで演奏する予定だったあの曲を精一杯練習してください。 そして、田川先生にも聴かせてください。

コンクールが無くなった絶望の中で、仲間を大切に思い、たくましく次への一歩を踏み出そうとしているあなたを心から応援しています。


そして、同じように、辛く悲しい中で、「仲間の大切さ」を考え直している全国の吹奏楽部員の皆さんに向けて、今日は歌でメッセージを送ります。

ぜひ聴いてみてください。



「今日の日をありがとう」

作詞 田川伸一郎 ・ 作曲 大嶋 和野

合唱 平成8年度 市川市立大柏小学校吹奏楽部



「今日の日をありがとう」




スポンサーサイト



日記 | 11:10:01 | トラックバック(0) | コメント(0)