FC2ブログ
 
■プロフィール

schoolbandsupporter

Author:schoolbandsupporter
田川伸一郎のブログへ
        ようこそ!
小学校教師として、30年間、音楽専科や学級担任、そしてバンド指導にかかわってきました。現在は、フリーの「スクールバンドサポーター」として、小中高等学校のバンド活動を、顧問の先生や部員たちの願いや悩みに寄り添いながら、これまでの経験を生かしたアドバイスで支援させていただいています。

東京都品川区立日野中学校、都立小山台高等学校で吹奏楽部員(パーカッション)として活動。
千葉大学教育学部音楽科卒。
千葉市立犢橋小学校、千葉市立幸町第三小学校、市川市立大柏小学校、市川市立新浜小学校、市川市立真間小学校に勤務。
在職したすべての学校で、吹奏楽部を設立、または継続指導し、5校すべてを「TBSこども音楽コンクール」「全国学校合奏コンクール」「日本管楽合奏コンテスト」等で計14回の全国一位に導いた。
「日本管打・吹奏楽学会」会員

■最新記事
■カテゴリ
■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

悲しみに耐えている全国の吹奏楽部員の皆さんへ~その6~
人生で学ぶすべては

三語にまとめられる。

それは、

「 I t goes on 」~「何があっても続きがある」

ということだ。


       ロバート・フロスト(詩人)


昨日、甲子園の中止が発表されました。

基本的に「戦うこと」で目標を達成する運動部の皆さんは、吹奏楽部の皆さん以上に無念だと思います。

それでも、みんな前を向こうと必死になっています。

努力して来たことへの「尊厳」を持とうとしています。

その姿、その思いこそが、部活動をやって来たからこそ得られた「生きる力」だと思います。


このメッセージを書き始めてから、記事の中でご紹介した声だけでなく、吹奏楽部員の皆さんや顧問の先生方から様々な声が届きました。


・私にとっての最後のコンクールが無くなった。十分な活動が出来ない。だからと言って、今年、私たちの部の良さを失う訳にはいかない。部活が再開したら、引退まで一瞬一瞬を大切にして活動し、素晴らしいこの部の伝統のバトンを次の代にしっかりと受け渡したい。それが、3年生としての今の思いです。

・最後のコンクールが無くなって、私はこのまま引退です。この悔しさの中で、これまで悩んでいた私の進路は決まりました。教員になります。そして、吹奏楽部の顧問になりたいです。この悔しい思いをしっかり背負って、いつか出会う生徒たちと一緒に夢を追いかけていきます。

・わずか17名しかいないうちの部活ですが、活動が再開したら、コンクールは無くても、この子たちにとって最高の一曲をしっかり仕上げ、どこかで発表させてやりたいと思います。選曲の相談にのってください。

・転勤したばかりで、全く部活が出来ておらず、まだ子どもたちの顔も見られていません。子どもたちもとても不安だと思います。でも、お互いに活動の再開を待っていることは確かです。私は、不安ではなく、夢をふくらませて、その日を待とうと思います。

・・・・・



私からの6回にわたる長いメッセージを読んでくださった吹奏楽部員の皆さんは、きっと自分自身と向き合い、どこかで自分の気持ちに折り合いをつけ、吹奏楽を頑張ってきたことへの「尊厳」を持ち、下を向いていた眼もきっと上に向けてくれていると思います。


今こそ、その人の人間性が問われる時だと思います。

強さ、優しさ、ひたむきさ、人の心の痛みが分かること、あたりまえの日常に感謝出来ること、失ったものを悲しむより今あるものを幸せに思えること...

そして、今、自分に出来ることをしっかりとらえ、自分らしく前に進むこと。

この苦しみの中で得たものは、近い将来、あなたの大切な糧になると信じています。


生きてさえいれば、今は未来に続いています。

そう、あなたの明日という輝く大海原に...

「 I t goes on 」


みんなでこの危機を乗り越えましょう。


4nWTSBBhYOlyhWh1590028323_1590028332.jpg


私からの「連続応援メッセージ」は、ひとまず今日で終わりです。

ここから先は、ぜひ皆さんひとりひとりが、自分自身に、そして仲間たちに伝えて続けてください。




スポンサーサイト



日記 | 12:47:49 | トラックバック(0) | コメント(1)