田川伸一郎のブログ

感謝のうちに

昨日、好天に恵まれ、満員のお客様に見守っていただきながら、船橋東高等学校吹奏楽部の「第37回定期演奏会」が終了いたしました。

IMG_1095_convert_20150329192926.jpg

このバンドと関わらせていただいて12年間、特に、退職後の5年間は、年間40回ほどのレッスンにお招きいただき、80名以上の部員の名前を全員覚え、「自分のバンド」がない私にとっては、まるで「副顧問」になった気持ちで、自分の教え子のように付き合うことができました。

顧問の川口智子先生は、微力な私を全面的に信頼してくださり、音楽面の指導、そして、人間教育面の指導も、遠慮なくさせてくださいました。
遠征の時には、同行させてくださり、共に、喜びや悔しさの場面を味わわせていただきました。

こうして、川口先生と、12年間に出会った400名近い生徒さんたちが、私を育ててくださいました。

感謝の気持ちをいっぱいに膨らませながら、昨日の本番を迎えました。


IMG_4897+(2)_convert_20150329193423.jpg
第一部のステージから (川口先生の指揮で)

IMG_4958+(2)_convert_20150329193437.jpg
第二部のステージ「東アラカルト」から

IMG_4980+(2)_convert_20150329193451.jpg
第三部のステージから (私の指揮で『オアフ島の情景』『愁陽の路』を演奏中)

IMG_4988+(2)_convert_20150329193505.jpg
第三部のステージから (川口先生の指揮で、卒部生有志と共に『トゥーランドット』を演奏中)

3Q2A7697+(2)_convert_20150329193322.jpg
『愁陽の路』の初演にあたり、作曲の八木澤教司先生も駆けつけてくださいました。

              3Q2A7719+(2)_convert_20150329193341.jpg
              部員から川口先生へ感謝の花束です。

部員たちは、これまで積み重ねた練習を信じて、胸を張ってステージに立ちました。

どんな苦労も、皆で手を取り合い、励まし合いながら乗り越えてきた「強い絆」のステージでした。

数日前まで楽譜を見ていた3年生も、全員暗譜していました。
ひとときも指揮から目を離さず、顔をしっかり上げて演奏したいからです。
すごい...

本番だから出来る「いつにないすばらしい表現」もあれば、本番だから起きてしまう「あり得ないミス」もあります。
常に、「一回勝負」の厳しさと向き合いながら、その中で、生徒たちは音楽する喜びを存分に味わいながら演奏しました。

そんな生徒たちの奏でる一曲一曲に、お客様は割れるような拍手を送ってくださいました。
温かい温かい拍手でした。

1年間、たゆまぬ努力を続けてきた生徒たちにとって、何物にも勝る最高のご褒美です。

このブログで演奏会を知ってご来場くださった方々もいらっしゃいました。
「ほんとに来てよかったです。何時間もかけて来た甲斐がありました。」とすぐにコメントをくださった方もいらっしゃいました。
「ブログで見ていた川口先生や生徒の皆さんの姿を見られて感動しました。さらに演奏を聴いて泣けてきました。」というコメントも...
ご来場できない方からいただいた応援メッセージもとてもうれしかったです。

愛情深いブログ読者の方々に心から感謝いたします。


八木澤教司先生は、早速、Facebookに、下記のような感想を載せてくださいました。

【日記・芸術的な吹奏楽!】

本日は高校生とは思えない芸術的、驚異的な定期演奏会にお招き頂きました!それは千葉県立船橋東高等学校吹奏楽部!20曲以上もある全てのプログラムを暗譜する生徒さん!何となく楽譜を覚えているレベルではなく細かな指示までしっかりと身体に染み込んでいる演奏!想像を絶するハイクオリティな演奏を聴き夢のような時間を過ごしました!顧問の川口智子先生(埼玉にも同姓同名の高校の素敵な先生がいますが別人です)の細部にまで行き渡ったご指導の賜物であり敬意を表します。

客演指揮の田川伸一郎先生による《オアフ島の情景》は圧巻!作曲者である私が指揮してもあんな演奏を導くことはできません!さすが!という以外の言葉は見つかりません!田川先生のご依頼で書き下ろしたコラール《愁陽の路》の世界初演も心温まる音楽創り!全てが聴衆の立場を考慮した緻密な演出で本当に見事でした!こんな演奏会を海外の吹奏楽ファンに紹介したいものです!大変勉強になる一日でした!



IMG_4879+(2)_convert_20150329193356.jpg

これほどたくさんの方々に愛され、励まされ、そして、喜んでいただき、本当に幸せな高校生たちだと思います。

4月からは、新しくお迎えする顧問の先生と共に、新しい足跡を刻み始める船橋東高等学校吹奏楽部です。

皆様からいただいた「真心」は、そんな部員たちの心に大きな勇気を与えてくださったものと信じています。

本当に本当にありがとうございました。




               IMG_4882+(2)_convert_20150329193408.jpg
               市川市立真間小学校で私と出会い、吹奏楽を始めた教え子です。
               中学校では吹奏楽部の部長を務め、そして、船橋東高校で感激の再会。
               3年生でも部活に残り、大学受験でも立派な成果を出しました。
               高校での3年間を共に過ごせたことは、この上ない喜びでした。
               川口先生と仲間たちのおかげで、立派な青年に成長しました。




3Q2A7445_convert_20150329210158.jpg

川口智子先生は、この1年間、定年退職後の「再任用教諭」として継続勤務されましたが、
4月からは、千葉県立鎌ヶ谷高等学校に勤務されます。
もちろん、吹奏楽部の顧問もされます。
どうかお身体に気を付けられ、鎌ヶ谷高等学校でも、すばらしいご指導をお続けください。



本記事の演奏会場での写真は、全て「フォトライフ様」よりご提供いただいたものです。
複製・転載などはご遠慮願います。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-03-29(Sun)22:12 [編集]