田川伸一郎のブログ

旭川から~5月・その2~

北海道でのレッスンは、現地でかかる移動時間も半端ではありません。
長い時は、1時間半か、それ以上かかる場合もあります。
私は、楽しいドライブでもあり、うつらうつらさせていただく時間にもなるのですが、その分、ロスタイムが出て、希望の学校の一部をお断りしなければならないこともあります。

今回、レッスン受講を希望された学校全てを受け入れるため、まとめ役の先生が、ご自分の学校の広い練習場(食堂)をレッスン会場として提供してくださり、他の3つの中学校が交替で集まってレッスンを受ける形をとってくださいました。

大型打楽器は、この学校の物を共用して、移動の負担を軽減してくださいました。
ということで、この学校の打楽器の生徒さんたちは、自分たちの練習が出来ませんでした。
でも、楽器の移動を手伝ったり、不足の楽器を用意してくれたり...「仲間」っていいなぁとつくづく思いました。

朝早くから練習会場を準備してくださった先生と生徒さん、会場校への移動にご協力くださった保護者のみなさま、本当にありがとうございました。


IMG_2746_convert_20150524070329.jpg

IMG_2742_convert_20150524070223.jpg  IMG_2764_convert_20150524070426.jpg  

IMG_2761_convert_20150524070345.jpg  IMG_2744_convert_20150524070249.jpg  

IMG_2767_convert_20150524070506.jpg
このバンドの顧問の先生は、バンドの「今」を的確につかみ、「今、必要な練習」を生徒さんたちに施すスキルを持っていらっしゃる先生です。
いつも同じ練習をさせるのではなく、「何がダメだから何をやる」という必要感のある練習は、最も有効です。
練習の「目的」がはっきりしているからです。
そして、レッスンの全てを録音され、車の中で再生し続けていらっしゃいます。
「何度も復習して、徹底しないと」と、レッスンを「その日だけ」にされないところがすばらしいです。
そんな先生のご指導で学ぶ生徒さんたちも、勉強熱心です。
「楽譜の裏にある願い」を勉強し、ぐっと良い演奏に近づいて来ました。
7月にまたお会いする時の演奏が今から楽しみです。




IMG_2768_convert_20150524071145.jpg

IMG_2769_convert_20150524071202.jpg  IMG_2772_convert_20150524071234.jpg  

IMG_2773_convert_20150524071253.jpg  IMG_2789_convert_20150524071324.jpg

IMG_2793_convert_20150524073012.jpg
生徒思いの顧問の先生は、例年、バンドの実態に合わせて、原曲を全部打ち直して、人数や力に応じてバランスよく、リスク少なく演奏できるように努力されています。
課題曲ではありませんし、原曲に手を加えるわけではありませんので、「編曲」ではなく「工夫」です。
特に、小編成のバンドでは、こういう「工夫の手作業」がとても大切で、原曲のまま無理に演奏されるよりも、楽譜は喜んでくれること思います。
そして、さらにバランス良く演奏するために、様々な「工夫」のアイデアを提案させていただきました。
「なるほど!いいですねぇ!」と、先生も喜んでくださいました。
曲の持つ情感と躍動感、雄大さを、このバンドの性能をフル稼働して表現していってください。




IMG_2794_convert_20150524072514.jpg

IMG_2798_convert_20150524071916.jpg  IMG_2796_convert_20150524071840.jpg

IMG_2801_convert_20150524072302.jpg  IMG_2795_convert_20150524071823.jpg 
 
IMG_2808_convert_20150524071950.jpg
人数が少ない上、小学校にはバンドがないため、1年生は全員初心者というバンドですが、そんな初心者の1年生も交えて、皆でコンクール曲の練習をしています。
人数の少なさを感じさせないほどの「明るさパワー」とひとりひとりの「踏ん張り」、そして、先生のきめ細かなご指導が、小編成バンドならではのすてきなアンサンブルを実現しています。
私が、ちょっと冗談を言うと、生徒さんたちとほぼ同じタイミングで、一緒に大笑いしてくれる先生は、生徒さんと同じ目線、同じ気持ちで、私のレッスンを受けてくださっている感じがします。
そういう先生の姿勢が、このチームの「すてきな味」を作っていることは間違いありません。
こんなほのぼのとした小編成バンドが、私は大好きです。




IMG_3177_convert_20150525121415.jpg

IMG_3176_convert_20150525121355.jpg  IMG_3178_convert_20150525121434.jpg

IMG_3181_convert_20150525121508.jpg  IMG_3179_convert_20150525121452.jpg

IMG_3183_convert_20150525121523.jpg
今回、レッスン会場を提供してくださった学校です。
顧問の先生は、赴任2年目で、もうすっかり先生のバンドカラーになっています。
人数もどんどん増えて、今では、旭川地区一番の人数を誇るバンドになりました。
学区の小学校のひとつには金管バンドがありますが、経験者でも、木管はもちろん全員初心者ですし、中学校から始める生徒さんも多いので、バンド全体は初心者が多いということになります。
基礎練習の徹底したシステムと、生徒さんたちのたゆまない努力で、人数だけではなく、レベルもどんどんアップしています。
今回は、課題曲候補の『秘儀Ⅲ』を徹底して勉強したいということで、ほとんどの時間を使って、『秘儀Ⅲ』のレッスンをさせていただきました。
時間が足りず、半分までしかできませんでしたが、この曲の仕組みや学び方はわかっていただけたのではと思います。
自分のバンドのことだけでなく、仲間を大切にして献身的にご努力される顧問の先生の姿勢には、いつも感動しています。
そんなすばらしい先生の元、生徒さんたちにも、仲間を大切にする優しい心が育っています。




8校の先生方、生徒の皆さん、今回の学びを糧としてこれからの練習をますます頑張ってくださいね!

お招きいただき、ありがとうございました。




IMG_3175_convert_20150525121330.jpg
水を張った田んぼ、青い空、そして、まだ雪が残る美しい大雪山...
旭川だからこその、うっとりする景色です。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-05-25(Mon)20:58 [編集]