田川伸一郎のブログ

福島県から~その2~

続いて、福島県でお伺いした他の3つのバンドをご紹介します。


IMG_3322_convert_20150606180134.jpg

IMG_3339_convert_20150606180252.jpg  IMG_3334_convert_20150606180238.jpg

IMG_3342_convert_20150606180306.jpg  IMG_3332_convert_20150606180223.jpg

IMG_3330_convert_20150606180207.jpg  IMG_3323_convert_20150606180151.jpg

IMG_3345_convert_20150606180320.jpg
去年の今頃以来の久しぶりのレッスンでした。
でも、皆の気持ちが開放的で、受け入れ体制抜群なので、久しぶりという感じも全くなく、とても楽しく練習できました。
このチームの明るい雰囲気は、顧問の先生のお人柄や部活の運営からくるのでしょうか、とてもすてきです。
せっかくのホール練習なので、セッティングを替えて演奏していただき、同じチームの演奏でも全く違う響きになったり、演奏しやすさが違ったりするということを体感していただきました。
最終的な「決定権」は、顧問の先生にあります。
セッティングだけではありません。 表現のすべても、顧問の先生がお決めになったことが、そのバンドとしての「正解」です。
課題曲のレッスンでは、いつもと違う指示や考え方がたくさん提示されたと思います。
それらのアイデアを試し、顧問の先生がお決めになったやり方で、みなさんは演奏をまとめていってください。
自由曲では、「メロディーを言葉として語る」という表現の仕方を学びましたね。
最後まで、集中力を持続し、どんどん変容していったみなさんのやる気は本物だと思いました。
またいつか一緒に勉強できる時が来ることを祈っています。  これからも明るくがんばってくださいね!




IMG_3366_convert_20150607214747.jpg

IMG_3369_convert_20150607214808.jpg  IMG_3370_convert_20150607214826.jpg

IMG_3372_convert_20150607214843.jpg  IMG_3379_convert_20150607214936.jpg

IMG_3376_convert_20150607214900.jpg  IMG_3377_convert_20150607214919.jpg

IMG_3384_convert_20150607215003.jpg
いつ伺っても、明るく、楽しく、テンションの高い中学校バンドです。
顧問の先生が、私のレッスンをとても大きな目標に設定してくださり、生徒さんたちに「田川先生のレッスンまで、あと〇〇日だぞ」というように、意欲づけを熱心にしてくださるので、生徒さんたちも、ワクワクドキドキしながら、私が来る瞬間を待ってくれます。
学区の小学校にはバンドがある学校もありますが、初心者や楽器変更の1年生もいて、だいたい「初心者状態」ですが、今回のレッスンでは全員が合奏に加わっていました。
もちろん、課題曲や難しい自由曲を吹けるわけではありません。 かと言って、じっと眺めている訳ではありません。
見事な「吹き真似」をしています。 「今、演奏してたでしょ?」「いえ、全く音出していません。」「えーーーー!」と驚いてしまったほどの「吹き真似」もいました。
打楽器も、楽器を持たずに、先輩の横で、ずっとマーチの「打ち真似」をしていました。
こうして、ただの見学ではなく、「楽器を演奏するイメージ」「曲を表現するイメージ」をつかませてしまうのが、先生のやり方なのです。
課題曲のマーチは、主にハーモニーの進行にこだわって、わかりやすく解説し、「だから、このように表現すると良いのでは」と根拠あるアイデアを提供させていただきました。
自由曲は、美しい「オペラ物」です。 一部を使って、アゴーギクの大切さを勉強しました。
これからの勉強の深まりを期待しています! がんばれ!




IMG_3348_convert_20150607212403.jpg

IMG_3350_convert_20150607212424.jpg  IMG_3351_convert_20150607212441.jpg

IMG_3352_convert_20150607212458.jpg  IMG_3353_convert_20150607212516.jpg

IMG_3357_convert_20150607212532.jpg  IMG_3362_convert_20150607212550.jpg

IMG_3365_convert_20150607212611.jpg
今回お伺いした中で、唯一の高校バンドです。
このバンドに初めてお伺いした3年前頃は、部員が10数名で、自信なさそうに演奏している姿がありました。
顧問の先生も転任されて1年目を何とか乗り切ろうとされている時の出会いでした。
その人数でも楽しく演奏できる曲をご紹介したり、アレンジをして差し上げたりしながら、応援を続けて来ました。
そして、現在では、30数名のとても立派なバンドに成長しました。
演奏する曲も、技術的にも音楽的にもレベルの高い曲になっています。
私が、「先生のお力ですね。すばらしいですね」と、どんなに褒めても、「いや、私ではなく、生徒がほんとにすばらしいんです。よく努力してくれるので...」と生徒さんたちを褒められます。
でも、生徒さんたちは、「先生のおかげ」と感謝している気持ちが表情に溢れています。
みんな、先生が大好きで、先生を心から信頼しているのです。
今年のコンクール曲は、思い切った挑戦です。完成が楽しみ! みんながんばってくださいね!



先生方の仲の良さ、子どもたちを思う気持ち、コンクールを良い「目標」として子どもたちと一緒に学びを深める姿勢、そして、お互いの悩みに耳を傾ける優しさ...私も顧問の先生のひとりになったような気持ちで、先生方と語り合うことが出来ました。
そういう交流が、子どもたちへの指導の質や思いをますます深くしていることは間違いありません。
そして、「仲間がいる」という安心感が大きな支えとなり、子どもたちにもそう語りかけたいと思われるに違いありません。

これから夏に向けて、コンクールという「良い目標」に向かって健全に努力していけることを心からお祈りしています。

またお会いしましょう!

お招きいただき、本当にありがとうございました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-06-08(Mon)22:56 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-06-09(Tue)06:03 [編集]