田川伸一郎のブログ

市川市の小学校バンド

今日は、懐かしい市川市に出かけて来ました。
市内の小学校バンドのレッスンでした。


先日ご紹介した大柏小学校は、私が8年間も在職した懐かしさがありましたが、市川市にも、通算18年間お世話になりましたので、在職しなかった学校にも、どこか懐かしさを感じます。

そして、市川市の学校に行けば、必ず元同僚に会えるからうれしいです。

今日は、伺った学校の教頭先生が、真間小で大変お世話になった先生でした。
私の考えや悩み、苦しみ...様々なことを全て理解し、支えてくださった「仏様」のような先生です。

退職後は、一度もお目にかかることも出来ず...今日は、頭を深々と下げてごあいさつが出来ました。
何か、胸のつかえが取れたような気持ちでした。

「田川先生のブログ、時々読んでいますよ!」...こんなうれしいお言葉もかけていただきました。
お世話になるばかりで、まだ何もご恩返しが出来ていない私です。
今日のレッスンに心を込めることも、わずかなご恩返しになるだろうと思いながら、音楽室へと向かいました。

IMG_3420_convert_20150611213149.jpg

音楽室にぎっしりと詰まった子どもたち...5・6年生の部員です。
コンクールに向けては、昨年度から続けている5・6年生のメンバーで出場し、新入部員は、全く別メニューで無理なく基礎固めをしているとのこと。
部員は、80人以上いるようです。...うらやましい限りです。

人数の少ない学校では、新入部員も、ともかく全員舞台に上げて...吹き真似でもいいから、座っていてくれないと、舞台の上が寂しいからと苦労されています。

毎年、この位の人数が集まるすごい部活なのです。

やはり顧問の先生の魅力なのでしょうか...

先生は、どちらかと言うと「合唱指導」がお得意な先生です。
私が大柏小学校にいた頃、ちょうど隣の学校に転任されて来て、初めて吹奏楽の指導をされることになり、大柏小に何度も足を運ばれたり、私が時間を見つけて指導に行ったり...ものすごい勢いで「吹奏楽」の指導を勉強され、今では、吹奏楽も合唱も、共にすばらしいご指導をされるだけのお力を持って子どもたちの前に立たれています。

この部活では、もちろん「合唱」にも取り組み、市内の合唱フェスティバルにも参加するほど。
授業での歌唱指導、バンドでの合唱指導の質の高さが、吹奏楽の演奏にも明らかに波及していました。

IMG_3426_convert_20150611213258.jpg
授業を「核」として、音楽が好きな子どもを育て、たくさんの入部希望者を生み出している先生です。生徒指導面でも、躾けをきちんとされ、演奏だけではなく、小学生として良い子どもたちが育っています。

コンクールに向けての練習、しっかりとメトロノームに合わせての合奏を中心にして来たとのことで、とてもきっちりとした演奏が出来ていました。
子どもたちのパート譜を覗き込むと、「音程を合わせる」「縦を合わせる」と、あちこちに書き込んであり、先生の整然とした合奏づくりが見て取れました。

そこで、今日は、「音楽の表情」について勉強することにしました。

それぞれの場面の音色、表現、バランス、伸ばす音を含む「音」の表情、「アクセント」の様々な解釈、フレーズのまとまりと表現などなど...どんどん進めました。

様々なドラマもイメージし、私が身振り手振りで表現し、限られた時間の中で、この曲の楽譜が望んでいる演奏表現を「早業」のように指導していきました。

IMG_3428_convert_20150611213317.jpg  IMG_3421_convert_20150611213204.jpg

IMG_3422_convert_20150611213223.jpg  IMG_3429_convert_20150611213337.jpg

ここから先は、「メトロノームで正確に演奏すること」と「表情豊かに表現すること」の練習バランスを取りながら、ドラマチックな演奏に仕上げていってほしいと思います。


IMG_3433_convert_20150611213506.jpg
楽器を片づける時も、みんな仲良し、楽しそう! でも、手はちゃんと動いています。


IMG_3435_convert_20150611213357.jpg
はじめは、少し硬い表情で、真面目に演奏していた君たちでした。
「表情豊かな音楽」を演奏するようになったら、身体も心も解放されて、表情もとても良くなりましたね。
今日は、一気に進め、宿題も山のように出しましたが、7月のレッスンまでには、きっとクリアして驚かせてくれると信じています。
これからだんだん暑くなりますが、真剣な態度と豊かな表情を大切にがんばってくださいね。

最後の集合の後、先生が見ていなくても、黙って静かに帰って行った君たちに感心しました。
簡単そうですが、普通の小学生にはなかなかできないのですよ。
「先生が見ていなくても、きちんとやる」ということが...
すばらしい小学生です! 君たちは。

君たちをそんなすばらしい小学生に育ててくださっているのは、顧問の先生です。
感謝しましょう! そして、ますます良い子になって、感謝を表しましょう。

7月の暑い体育館でのレッスン、楽しみにしています! ふぁいと!



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-06-12(Fri)21:37 [編集]