田川伸一郎のブログ

函館から~6月・その2~

今回は、小学校3校、中学校3校からのお招きでした。
中学校は、たくさんの学校行事や生徒指導の合間を縫っての練習の日々、先生方もご多忙を極める中でのご指導をされていらっしゃいます。(もちろん小学校も同じですが...)

コンクールという大きな目標に向かいつつも、部活動を「人間教育」の大切な場と考えて、心を大切に育てられる先生方...成長著しい中学校時代に、こんなすばらしい先生方に出会ったことは、生徒さんたちの一番の幸せだと確信します。
そんな「出会いの幸せ」が伝わってくる各校の練習の雰囲気に、私も一緒に幸せな気持ちになりました。
そして、汗を流して、レッスンさせていただきました。
楽しく、しかし、目いっぱい本気で...


IMG_3458_convert_20150613222528.jpg

IMG_3456_convert_20150613222507.jpg  IMG_3489_convert_20150613222755.jpg

IMG_3481_convert_20150613222631.jpg  IMG_3478_convert_20150613222607.jpg

IMG_3473_convert_20150613222547.jpg  IMG_3485_convert_20150613222728.jpg

IMG_3492_convert_20150613222916.jpg
このバンドの部員たちは、いつも生き生きワクワク、テンションMaxです。
ともかくよく反応します。 大きな声での返事だけでなく、ほんの少しの冗談にもみんなで大笑い、真剣な話の時にはシーンとしてキリッとした顔に。話を聞きながら、納得すると、それぞれにうなずきをし、表情も変わります。
身体を使っての表現トレーニングも、大胆にやります。だから、演奏もどんどん変容します。
今年の曲は、私のオススメ曲です。 5月に函館でお会いした時に、「何かウチのバンドに合う曲はないでしょうか。悩んでおりまして...」  んんんん...神様からのお告げで私はその場で聴いていただきました。聴いている先生の目がキラキラしてきました。「先生、この曲に決めます!ウチのバンドにぴったりだと思います。」 実際に聴いてみると、やはりぴったりでした!
選曲って、こうやって一瞬で決まることもあるのですね。
7月にもう一度あるレッスンに向けて、曲の演奏ポイントをザーッとやりました。
完全にはできなくても、わかったら先に進み、全部宿題にしました。山のような宿題をもらって、みんなうれしさ爆発のようでした。
そんな彼らの表情が、私は大好きです! さあ、みんな妥協せず、徹底的にやろう!




IMG_3537_convert_20150613230901.jpg

IMG_3538_convert_20150613230937.jpg  IMG_3542_convert_20150613230955.jpg

IMG_3546_convert_20150613231017.jpg  IMG_3551_convert_20150613231038.jpg

IMG_3552_convert_20150613231058.jpg  IMG_3562_convert_20150613231116.jpg

IMG_3566_convert_20150613231133.jpg
5月に続いてのお伺い。今回は、いつもと違い、部員全員での『ポップスステージ』でお迎えしてくれました。
ノリが良く、元気な男子部員もごっそりいるこのチームのパワフルなポップスの演奏を聴いてみたいなぁと、時々顧問の先生にお話ししていたのです。
ちょうど今度の日曜日に函館地区の吹奏楽祭があり、そのステージで発表する『ポップスメドレー』を聴かせてくださいました。
思ったとおりのパワフルでノリノリの演奏、美しいバラードも含めた8分間。私もワクワクして、ずっと踊っていました(笑)
前回は、課題曲でほとんどの時間を費やしてしまいましたので、今回は自由曲をたっぷり聴かせていただきました。
「和声の力」...指導者側が、理論的にもしっかりとつかんで、楽譜には書けないエネルギーの変化や必然的に決まる旋律の表現。また、それを「強弱」だけで表現するのではないという、とても難しい勉強をしました。
生徒さんたちに理論は不要です。どんなハーモニーがどんな色や表情で展開されているかを、演奏で確かめながら、「和声の力」を感覚的にとらえさせていけばよいのです。
複雑でにごって聴こえるハーモニーが、実はとてもおしゃれなハーモニーなのだとわかるだけでも、演奏する気持ちが変わります。
そんな「和声の力」がたっぷりの名曲をじっくりと味わいながら、「感覚のアンテナ」を鋭くして練習していってください。



IMG_3635_convert_20150614235735.jpg

IMG_3667_convert_20150614235921.jpg  IMG_3651_convert_20150614235844.jpg

IMG_3647_convert_20150614235753.jpg  IMG_3660_convert_20150614235902.jpg

IMG_3650_convert_20150614235828.jpg  IMG_3676_convert_20150615000002.jpg

IMG_3671_convert_20150614235944.jpg
前の記事でご紹介したとおり、木古内小学校吹奏楽部を支えてきた木古内中学校吹奏楽部です。
今年度の入学生は20数名。その中で木古内小学校の吹奏楽部で活動していたのは2名。そして、2名の初心者を迎えて、合計18名で活動しています。
今年は、既成の曲でこのチームの編成や実態に合った曲が見つからず、私がアレンジさせていただきました。
邦人作曲家の木管八重奏の曲を、このバンドの実態に合わせた吹奏楽作品にアレンジしたものです。
もちろん、作曲者の許諾も取りました。 作曲者の方も、私のアレンジによる「吹奏楽版」の誕生をむしろ喜んでくださいました。
技術的には少々難しい所もありますが、1年生も含め、本当によく練習してあり、改めてこのチームの「底力」を感じました。
この人数、この編成でも、多彩な色を出せる作品です。
これから先の練習では、単に楽譜を音にするだけでなく、場面の転換、色彩感の変化を歴然とさせ、小編成バンドの魅力と可能性を十分に出し切った演奏を目指してください。
これからも、小学生を温かく指導し、木古内中学校吹奏楽部の輝きにもつなげていってくださいね。
地域の大切な「宝」として...



7月には、4日間の函館レッスンにお招きいただいています。
7月は16校もの学校がレッスンを希望してくださっているそうです。
どういうスケジュールになるのかなぁ...

また、先生方と子どもたちのパワーに触れられることを楽しみにしています。

毎日毎日、がんばってくださいね!




ここで特別出演です。

前に時々ブログでご紹介させていただいた、先生のかわいいお子さんたち。
今回、ちょっとだけ寄らせていただきました。
お兄ちゃんは小学校3年生、弟君は3歳になりました。

こんなに大きくなりました!

IMG_3675_convert_20150615000020.jpg

                    201006222255235cf[1]_convert_20150615001303
                    初めてブログに載った時のお兄ちゃんです。

P1210679_convert_20130716234842[1]
2年前に載ったふたりです。
おそろいのディズニーTシャツは、私からのささやかなプレゼントです(笑)





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-06-15(Mon)20:16 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-06-16(Tue)20:20 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-06-17(Wed)21:18 [編集]