田川伸一郎のブログ

函館から~7月・その1~

先週の金曜日から昨日まで、北海道の函館にお伺いして来ました。

この「海の日」の月曜日の前週金曜日からの4日間は、函館の先生方が「生涯予約!」とおっしゃってくださり、私がこの仕事を続ける限り毎年予約としてくださっています。
今から、来年も再来年も同じ日程の4日間をご予約くださっているということです。
何ともありがたいことです。

そして、レッスンを希望される学校も増え続け、今回は、小学校7校、中学校6校、高校3校の計16校の皆さんが受講されました。

限られた日程の中でこれだけの数のレッスンをこなすため、一番ロスがある「移動」の時間を少しでも短縮しようと、2日間はホールでの練習にしてくださり、先生方や保護者の方々のご協力で、会場に移動してのレッスンとしてくださいました。
それがなければ、たぶんこの数はこなせないと思います。

自校で受講する学校の先生方の連携プレーもすばらしく、時間も計画どおりに進みました。

本当にありがたいです。

そして、何より、私を気づかってくださり、温かく丁寧に接してくださることがうれしいです。
夜も、懇親会的なものは無し。 普通に夕食を済ませたら、すぐにホテルにチェックインさせてくださいます。
長いお付き合いをさせていただいているだけに、この時期の私がどれだけ体力を使って動き回っているか、よくわかってくださっているのです。

私も、「学期末とコンクール直前」という両方に追われるこの時期、先生方がどれだけお忙しいかをわかっており、私の相手などをしていただくよりも、ご自分のお仕事や休養を取っていただきたいと願っています。

こうしてお互いを思いやれるからこそ、長いお付き合いが続いているのだと思います。

今回受講された学校は、多くが5月か6月にも受講され、2回目、あるいは3回目となります。
前回出した「宿題」をこなし、さらに大きく大きく成長していた学校も多く、先生方のご指導と子どもたちの努力心のすばらしさには感動するはかりです。

コンクールまであと1週間というこの大切な時期、「今、何を優先させるべきか」を考えながら、そのバンドの実情に合わせたアドバイスをさせていただきました。

函館でお伺いした16校を3つの記事に分けて、ご紹介させていただきます。
コメントは少しずつですみません。



IMG_4980_convert_20150717224758.jpg

IMG_4984_convert_20150717224916.jpg  IMG_4983_convert_20150717224846.jpg

IMG_4990_convert_20150717224957.jpg  IMG_5000_convert_20150717225349.jpg

IMG_5010_convert_20150717225436.jpg
5月以来、今年度2回目のレッスンとなる小学校バンドです。
指揮者の先生が今年度から代わり、様々な不安も持ちながらスタートした今年度でしたが、今回の演奏を聴いて、「先生、よくやった!子どもたち、よくやった!」と心からほめてあげたほど、大きな向上が見られる練習ができていました。
しっかりした音と華やかなサウンド、緻密なテクニック、よくアナリーゼされた表現...さらに音楽的に掘り下げ、ますますレベルが高い演奏になりました。
コンクールまでに、さらに磨きをかけ、壮大な音楽に仕上げていってください。




IMG_5085_convert_20150718231112.jpg

IMG_5091_convert_20150718231239.jpg  DSCN0594_convert_20150719234056.jpg

DSCN0596_convert_20150719234142.jpg  DSCN0592_convert_20150719234010.jpg

IMG_5093_convert_20150718231339.jpg
6月に引き続き、今年度2回目のお伺いとなる全校児童35名中21名が部員という奇跡の小学校バンドです。
一ヶ月でこんなにも変わるのかと驚くほど、音の鳴りや音程が良くなっていました。
曲が自分のものになってきたということも感じられる演奏を聴かせていただきました。
ここまで出来るなら!と、楽譜に書いていない(でも、楽譜が語りかけてくる)強弱やフレーズ内のパーツを目立たせる工夫、フレーズを大きく取ることや明確なバランス設定など、音楽的に豊かな表情になるよう練習を重ねました。
小学校2年生もまざっているとは思えない集中力の持続...先生方のご指導と皆の心の強さに敬服です。




IMG_5161_convert_20150719224921.jpg

IMG_5163_convert_20150719225006.jpg  IMG_5164_convert_20150719225046.jpg

IMG_5167_convert_20150719225126.jpg  IMG_5178_convert_20150719225202.jpg

IMG_5327_convert_20150719225249.jpg
今年度では初回のお伺いとなる小学校バンドです。
4月に顧問の先生が代わったばかりですが、この学校の素直な子どもたちは、もうすっかり先生のご指導に信頼をおいて活動している様子が見られました。
人数が少なく、パート移動もあり、状況は厳しいと伺っていたのですが、全くそんなことはなく、ひとりひとりの力が最大限発揮されたすばらしいアンサンブルを聴かせていただきました。
ブラスバンドならではの音の響かせ方、音の処理、トレーニングの仕方、緩徐楽章の安定した演奏の仕方など、ちょっとした「こだわり」で、演奏はぐんとグレードアップしました。 
そして、明るく子どもらしいチームの雰囲気、最高でした!




IMG_5188_convert_20150719225956.jpg

IMG_5189_convert_20150719230033.jpg  IMG_5185_convert_20150719225916.jpg

IMG_5184_convert_20150719225841.jpg  IMG_5183_convert_20150719225808.jpg

IMG_5191_convert_20150719230110.jpg
5月以来、今年度2回目のお伺いとなる小学校バンドです。
小学校のレベルをはるかに超えた本格派の演奏を目指し、今年も難曲に挑戦しています。
5月はまだ曲を何とか音にしている段階でしたが、今回は、「音楽」に十分入っていけるレベルにまで向上しており、私のアドバイスも、ちょっと高めに設定して進められました。
毎年の選曲とは全く傾向が異なるので、楽譜から音楽を引き出す手法にもさらなる深さが必要です。
そんなレベルの内容にも、ベテラン指導者である先生はもちろん、子どもたちもよくついてきてくれました。
コンクールまでに、またその先も、どこまで変容し続けられるのか、とても楽しみにしています。




IMG_5200_convert_20150719230547.jpg

IMG_5199_convert_20150719230506.jpg  IMG_5207_convert_20150719230625.jpg

IMG_5211_convert_20150719230705.jpg  IMG_5235_convert_20150719230831.jpg

IMG_5328_convert_20150719230910.jpg
5月以来、今年度2回目のお伺いとなる小学校バンドです。
例年以上に人数が少ない今年ですが、このバンドの不思議は、どんな人数でも何の心配もないというほどの活動と音楽の安定感があることです。
演奏が始まると、「えっ!本当に?」とばかりに、改めて人数を数えてしまうほどのどっしりとした響きが広がるのです。
顧問の先生方の的確なご指導で、ひとりひとりの子どもたちが確かな力をつけ、自信と責任を持ち、120%の存在感と表現力を発揮しているのです。
音楽的にも、大人のような深さがわかり、変容力も抜群のすばらしいチームです。




続いて、「函館から~7月・その2」をご覧ください。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する