田川伸一郎のブログ

函館から~7月・その3~

~その3~です。

IMG_5320_convert_20150719232703.jpg

IMG_5294_convert_20150719232550.jpg  IMG_5303_convert_20150719232627.jpg

IMG_5321_convert_20150719232741.jpg  IMG_5330_convert_20150719232840.jpg

IMG_5326_convert_20150719232820.jpg
5月以来、今年度2回目のお伺いとなる中学校バンドです。
大人のようなサウンドと、超中学校級のテクニック、そして、先生の深い勉強で、今年もすばらしい演奏を仕上げています。
顧問の先生は、赴任3年目で、今年の3年生は、先生と共に中学校に入学してきた生徒さんたちです。
先生の部活運営、先生の音楽づくりに絶対的な信頼をおいて歩むチームの雰囲気は、思わず笑顔になってしまうほどの爽やかさでいっぱいです。
自由曲は、中学生には難し過ぎるほどの曲ですが、テクニックの壁を乗り越えて、楽しさと美しさに溢れた演奏に仕上がっていくことを信じています。




IMG_5373_convert_20150721071348.jpg

IMG_5375_convert_20150721071139.jpg  IMG_5374_convert_20150721071123.jpg

IMG_5372_convert_20150721071048.jpg  IMG_5379_convert_20150721071211.jpg

IMG_5378_convert_20150721071157.jpg
6月以来、今年度3回目のお伺いとなる中学校バンドです。
前回までは、2、3年生全員での受講でしたが、今回はコンクール出場メンバーでのレッスンでした。
課題曲Ⅳでは、少し吹き慣れてしまっている感じがありましたので、テンポ設定、リズムフレーズの取り方、和声進行の機能に合ったフレージング、明確なアーティキュレーション、強弱の設定など、もう一度リセットして、きっちりと曲を作り直す勉強をしました。
自由曲は、和声がとても重要な曲です。たった一拍の中に存在する「和声音」と「倚音(いおん)」の役割をとらえ、「倚音」を主のハーモニーに丁寧に重ねてから「和声音」に移る感覚など、中学生には難しい勉強もしました。
そういう勉強が理解できる優秀なバンドです。すばらしい!




IMG_5094_convert_20150718232442.jpg

IMG_5097_convert_20150718232522.jpg  IMG_5101_convert_20150718233243.jpg

IMG_5099_convert_20150718233512.jpg  IMG_5098_convert_20150718232604.jpg

IMG_5103_convert_20150718233313.jpg
今年度は初めてのお伺いとなる高校バンドです。
小編成ではありますが、ひとりひとりの技術がすばらしく、若い先生のご指導の元、パワフルな演奏を聴かせてくれます。
今年の曲は、一見とても難しく、ともすれば何をやっているかよくわからない曲ですが、楽譜をよく読んでいくと、とてもわかりやすく書かれていることがわかります。
演奏し慣れて、自分たちだけがわかっている演奏を、聴いてくださる方がわかる演奏にしていくために、もう一度楽譜に戻り、冷静に組み立て直してみました。
ああそうか、なるほど...先生も皆も、曲の仕組みや作曲者の思いを再確認し、これからやるべきことがはっきりしました。
あとは、先生と皆の力で、いかようにもまとまっていきそうです。




IMG_5104_convert_20150718233945.jpg

IMG_5118_convert_20150718234022.jpg  IMG_5124_convert_20150718234109.jpg

IMG_5148_convert_20150718234315.jpg  IMG_5149_convert_20150718234358.jpg

IMG_5157_convert_20150718234434.jpg
5月に初めての出会いをさせていただいて以来、2回目のお伺いとなる高校バンドです。
自由曲のあまりの難しさと難解さに、先生もここにきて、どのようにラストスパートをかけていいか悩んでおられる中でのレッスンでした。
生徒さんたちも、演奏後の「達成感」の度合いが低く、何かかわいそう気持ちになりました。
こういう時こそ、私のレッスンがお役に立つのではとスタートしました。
課題曲のマーチでは、楽譜を通した作曲者からのメッセージ、和声の機能にもう一度戻ること...霧が晴れるように演奏が見えてきました。
自由曲では、楽器を離れて、身体の表現をしながら歌い、曲の本質を内面からつかみ直しました。
皆の本気が、音楽と心を蘇らせました。 もう大丈夫! このままラストスパートへ!




IMG_5381_convert_20150721074840.jpg

IMG_5349_convert_20150721072916.jpg  IMG_5352_convert_20150721072933.jpg

IMG_5384_convert_20150721073040.jpg  IMG_5354_convert_20150721072951.jpg

IMG_5361_convert_20150721073010.jpg
5月以来、今年度2回目のお伺いとなる高校バンドです。
2ヶ月間の練習がとても充実していたようで、どのようにでも「料理」できそうな特上の「素材」が並んでいました。
『秘儀Ⅲ』は、楽譜どおりに演奏できれば、どのバンドでも何となくそれらしい「味」がする曲です。だからこそ、「シェフ」によるこだわりの味付けがとても重要なのです。
大汗かいて、「味付け」の一例を実演させていただきましたが、このバンドはどんな味の「お料理」をお客様に提供するのか...すべて「シェフ」の腕にかかっています。 最高の「素材」を最高の「味付け」で、最高の「お料理」に仕上げられますように。





23年目となる函館の先生方との夏に向けた3ヶ月のレッスンが終わりました。
地区大会は今週末です。

大会が行われる「函館市民会館」のすぐ隣にオープンする「函館アリーナ」で、コンクールと同日に、函館出身のグループ『GLAY』のコンサートがおこなわれるそうです。
吹奏楽連盟の先生方や各学校の先生方は、想像される交通麻痺や詰めかけた多数の『GLAY』ファンの方々の興奮行動から、子どもたちの安全を守り、支障なくコンクールが進行できることを祈りながら、ピリピリして開催計画や引率計画を練っていらっしゃいます。
ホール付近にバスを近づけぬよう、離れた場所で子どもたちを降ろして歩いてホールまで引率するとか路面電車やバスが混雑して乗れない状況を予想して、大幅に時間のゆとりをもつとか...普通にコンクールに向かうだけでも大変な引率なのに、今年は「戒厳令」状態のコンクールになりそうです。

どうか、ひとりのけがも事故もなく、少しでもスムーズな大会運営が出来ますように...
そして、それぞれのバンドが最高のラストスパートと最高の本番を実現できますように。

心からお祈りしています。



               IMG_5215_convert_20150719230748.jpg



今日から3日間は、夏休みに入った県内・近県の学校のレッスンです。
朝から夜まで、1日、4~5校を走り回ります。
暑い体育館や冷房のない音楽室でのレッスンの連続...倒れないようにしなければ...

みなさまも、どうかお気をつけて...


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-07-21(Tue)10:21 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-07-21(Tue)13:01 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-07-22(Wed)20:59 [編集]