田川伸一郎のブログ

オホーツク地区の小学校バンド~その2~

この記事では、北見地区から約1時間ほど移動した遠軽地区の小学校3校をご紹介します。

IMG_5647_convert_20150725222942.jpg

IMG_5561_convert_20150725222814.jpg  IMG_5568_convert_20150725222835.jpg

IMG_5571_convert_20150725222854.jpg  IMG_5572_convert_20150725222926.jpg

IMG_5648_convert_20150725223001.jpg
伝統ある実力校です。今年の部員は全員で19名、昨年度より減ってしまいましたが、演奏レベルは落ちることもなく、驚くほどいい音を聴かせてくださいました。
レッスンのはじめの部長さんのごあいさつは、「今日は、失礼のないようにがんばります」でした。
「えっ!失礼ってどんなこと?」
・・・お話をちゃんと聞かないことです。返事やあいさつが出来ないことです。敬語を使わないことです。集中しないことです。...次々に話してくれました。
顧問の先生がいつもご指導されていることなのでしょう。私を迎えるにあたり、もう一度子どもたちに躾けてくださったようです。
演奏は、この人数とは信じられないほどの音圧と、持ち前のクリアなサウンドでした。
打楽器は、3、4年生の3名ですが、とてもよくこなしていました。
フレーズのつなげ方や様々な味の出し方、マリンバの手順を変えることでアルペジオの味わいが変わること、ハーモニーのバランスと響かせ方、伸ばす音の表情、拍子感の感じ方...技術的な指導ではなく、プラスαの音楽的なアドバイスだけでレッスンを進めることが出来ました。感動の2時間半でした。




IMG_5578_convert_20150725224057.jpg

IMG_5580_convert_20150725224115.jpg  IMG_5587_convert_20150725224132.jpg

IMG_5591_convert_20150725224148.jpg  IMG_5595_convert_20150725224207.jpg

IMG_5624_convert_20150725224236.jpg
こちらも、吹奏楽ではすばらしい伝統と実績をもつバンドです。
去年は、木管に6年生がほとんどおらず、とても苦労していましたが、今年は去年苦労して頑張った分、木管楽器がとても上手です。
選曲もよく、フルートやクラリネットのソロが、大人のように美しい音色と表現で感動です。
まずは打楽器のセッティングを大幅変更して、管楽器とのブレンド感が出るようにしました。
日頃は、音楽室の最後列で演奏している打楽器を左側に配置する時には、様々な配慮が必要です。
移動のしやすさも考えなければなりません。
日本的な香りの邦人作品を演奏しているので、部分によっては拍感や拍子感をあえて無くして演奏することも必要で、先生の指揮はどうしたらよいかという大変な課題も生まれます。
先生は、とてもセンス良く、私の伝えたいことをキャッチして的確に指揮してくださいました。
子どもたちも、とても主体的に表現し、曲の味がどんどん出てきました。いいぞ、その調子!




IMG_5627_convert_20150725225015.jpg

IMG_5625_convert_20150725224437.jpg  IMG_5643_convert_20150725224543.jpg

IMG_5629_convert_20150725224507.jpg  IMG_5631_convert_20150725224523.jpg

IMG_5645_convert_20150725224600.jpg
2年生から6年生までで20名のブラスバンド編成の小学校です。
今年度から入部したという5年生も、もう立派なプレイヤーになって活躍していました。
このバンドは、弱音がとても美しく、繊細な響きを出すことが出来ます。
小学生のブラスバンドの美しい弱奏は、なかなか聴けないのでびっくりでした。
曲の中には、とても大きい音を出さなければならない箇所もありますが、逆にそういう箇所でちょっと苦手意識が見られてしまいました。
音が汚くなる...この子どもたちは、美しい音を追求する心が強いので、あまり吹き過ぎると汚くなるのではと心配しているようです。
でも、弱奏が美しければ、強音も心配ありません。皆でガチっと吹くと、とても骨太のサウンドも出ました。
打楽器の6年生がとてもセンス良く、その後輩たちもとても上手。曲の場面転換に大いに活躍していました。
休み時間のみんなの「肩もみ」...とってもとっても気持ちよかったよ。ありがとう!




北見から遠軽に移動する道...国道333号です。

「おぉ、ゾロ目! なんかうれしくありませんか?」
先生方は見慣れているので、気にされていないようでしたが、「言われてみれば!」と。

全国の国道は、1号から507号までありますが、欠番もあり、実際は459路線が存在するそうです。

ありがたい「3桁ゾロ目」は、111号が欠番。222号は宮崎県。333号がここ北海道北見市から旭川市まで。444号は佐賀県。
本州には、「3桁ゾロ目」の国道はありません。

そう考えると、すご過ぎて...!

IMG_5558_convert_20150725224419.jpg
わざわざ止めていただいて、記念撮影でした。



遠軽でのレッスンを終え、夕食後、北見に戻る道中...
「先生、さきほど子どもたちに肩もみしてもらって気持ち良さそうでしたが、ほんとに肩凝っていらっしゃるでしょう。」...
助手席に座った私の肩周りを、同乗された先生が後部座席から手を延ばして、ずっと揉み続けてくださいました。
そう、約50分位、ずっとです。 
しかも、プロかと思うほどの「揉み技」でした。
先生だって、学期末のお仕事やバンド指導で、クタクタなはずなのに...
「無理しないでくださいね」と声をかける私でしたが、「僕は大丈夫です。それより、先生、すごい凝りなので、少しでも...」と。
血液の循環が良くなったのか、顔がポーッと温かくなりました。
肩と一緒に、張りつめた日々を送っている私の心も、ほぐれていきました。
ありがたくてありがたくて、涙が出るほどでした。
先生の優しさが身にしみました。
一晩たって、朝、肩の軽さに驚きました。 すごい効果でした。
本当に本当にありがとうございました。


IMG_5554_convert_20150724221013.jpg
北見の特産品、「たまねぎ」です。 甘~くて、柔らかくて、おいしいんです。
こういう「玉ねぎの丸焼き」が、普通にメニューに載っています。



次にオホーツクにお伺いするのは、11月の『小学校管楽器指導者講習会』です。
先生方との熱い勉強を、今から楽しみにしています。

今週末のコンクール、最高の演奏が出来ますように!

お招きいただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-07-28(Tue)18:22 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-08-30(Sun)21:57 [編集]