田川伸一郎のブログ

若き力に期待して

先日、ある小学校レッスンの折...

顧問の先生から、「市内で、吹奏楽の指導を頑張ろうとしている若い先生たちに声をかけてもよろしいですか?」とご質問がありました。

「もちろんですよ。皆で一緒に勉強して、指導力を高められたらいいですね。若手の先生を、これから大切に育てるのも先輩の使命です。」

そして、この日、都合がついた4名の先生方が参観にいらっしゃいました。
私は、もちろん初対面でした。
私の大学の「遠く離れた後輩」の先生もいらっしゃいました。

皆、それぞれの学校で、授業はもちろん、吹奏楽の指導を一生懸命されています。

私のレッスンによる練習を、スコアを見たり、私の指導の方に寄って来たりしながら、熱心に見学されていました。

IMG_5977_convert_20150820212418.jpg  IMG_5978_convert_20150820212437.jpg

場面によっては、「このような場合は、このように指導するといいんですよ」とか「こういう意図があって、今、このように指導しています。」というように、コメントを加えて差し上げました。

私が、打楽器を指導し始めると、顧問の先生も、「先生方、こういうところが大事だから、田川先生のそばで見ていた方がいいですよ。」と声かけしてくださっていました。

「若い先生を育ててあげたい」とお声をかけた顧問の先生のお気持ちが伝わって来ました。


レッスン後は、校長室をお借りして、「お悩み相談室」をしました。

「何がわからないかがわからない」というレベルは、すでにクリアし、具体的に、「わからないこと」「困っていること」「悩んでいること」を、ご質問される先生方でした。

私は、おひとりおひとりのご質問に、丁寧にアドバイスをさせていただきました。

キラキラした眼で一生懸命に聞き、ノートに書き留めていらっしゃる先生方の姿に、自分自身の若い頃を思い出しました。

どれだけの先生方に、教えていただき、見学させていただき、質問させていただいたことでしょう。
どれだけの先生方に、悩みを語り、愚痴をこぼし、心を支えていただいたことでしょう。

私も、たくさん悩み、たくさん苦しみ、たくさん傷つき、そして、多くの方々に助けられて歩んで来たのです。

だから、今、悩みつつも、前に進もうとされている先生方には最大限の力をお貸ししたいと思っています。
それが、私を育ててくださったたくさんの方々への「ご恩返し」だと思うからです。

IMG_5981_convert_20150820212455.jpg

良い出会いをさせていただきました。

教師が変われば子どもは変わる・・・そう信じて、自分に厳しく学ぼうとする若い先生方、いや、すべての年代の先生方のために、私も共に勉強し続けていきます。

これをご縁に、これからもまた一緒に勉強しましょう!

若き力に期待しています!

がんばれ、先生方


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-08-21(Fri)09:58 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-08-21(Fri)13:21 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-08-21(Fri)21:47 [編集]