田川伸一郎のブログ

神奈川県の小学校バンド

昨日は、神奈川県の小学校2校にお伺いして来ました。
この2校の皆さんとは、1年ぶりの再会でした。


この2校には、共通している点が多いのです。

まず「練習時間がとてもとても短い」ということです。
・通常の平日練習は、朝の約10分だけ。両校とも学校の集団登校があるため、特別な朝練習が設定できないそうなのです。
・放課後練習は無し。
・あとは、休み時間の自主練やたまに行う土曜や日曜の練習で補っている。

そんな短い練習時間を最大限に生かそうとしているせいか、子どもたちは・・・
・動きが速い。
・メリハリがついており、切り替えが速い。
・集中力がある。

土日や夏休みのような長い時間の練習になると・・・
・水を得た魚のように、「いっぱい練習できる~!」と練習に食らいつく。
・長い時間の練習に飽きない。
・日頃ほとんど合奏練習が出来ないので、「合奏は楽しい~!」と喜びに満ち溢れる。

そんな子どもたちの活動を・・・
・保護者の方々が、バッチリ支援し、協力を惜しまない。
・子どもの「自立」「自律」を目指す先生方の考えを汲んで、サイドからのサポートをされている。

そして、2校の先生がとっても仲がよく、情報交換や合同練習(レクも含め)などで、子どもたちの「輪」を広げているという素敵な先生方が指導されているのです。


私のレッスンも、だいたい2校同日です。
先生方もお互いに見学することもあり、2倍の勉強をしています。
昨日は、さらに他校の先生も招き、勉強の輪を広げていらっしゃいました。


そして、こんなに練習時間が短いのに、どうしてこんなに上手に演奏できるのだろうと思うほど、この2校は演奏レベルが高いのです。
私が、その「秘密」を知りたい位です。

また、子どもたちが「子どものあるべき姿」で活動していることが、とてもうれしいです。
明るく、屈託がなく、よく笑い、よくしゃべり、よく動き、笑顔いっぱいです。
先生方も笑顔いっぱい、とっても優しく純粋な方々です。

最高!


IMG_6535_convert_20150830224833.jpg

玄関にお迎えに来てくれたのは、今年入部したばかりのメンバーたちでした。そこには、先生方はいらっしゃいませんでした。
「こちらへどうぞ」と、ハキハキしゃべり、沈黙の瞬間はなく、ずっと私とコミュニケーションしてくれました。
この子たちは、確か、私と初めて会ったはずです。でも、何の抵抗もなく、よくしゃべります。
「ブログを見て、先生の顔知っていましたから」「先生や先輩たちから田川先生がどういう先生かよく聞いていましたから」...はぁ、それだけで前から付き合っていたようにコミュニケーションできるなんて、すごい。
こういうところにも、先生方の「教育」が見えました。

去年と同じように、紙吹雪と歌での歓迎に感激してから練習を始めました。
楽しい「オペレッタ」からのセレクションアレンジです。

元気いっぱいの「行け行け!」の演奏を、「場面の味」や「抜くところ」や「色の変わり目」のある演奏に変えていく勉強をしました。
子どもらしい演奏の中に、ちょっぴり「大人っぽい味」を作っていきました。
練習の途中、発問すると、あっちからこっちから、どんどん意見が出ます。
みんなで、「ううむ・・・」としっかり考えます。
だから、勉強がより深まっていきます。

こうして「音楽」を深めていったら、気づいた時には、はじめに聴いた「音」よりもずっとずっと「良い音」で演奏していました。
「音楽」を勉強することで、こんなに「音そのもの」が変わるバンドも珍しいです。
みんな、すごい!

このバンドは、来年の2月に、「横浜みなとみらい大ホール」で開催される大きなイベントでこの曲を発表することになっています。
みんな今からわくわくして練習しています。

先生も、「僕の指揮も直してください!」と、とても勉強熱心。
途中何度か、私とふたりで指揮の研究をしました。
そんな先生の謙虚な姿や勉強心を、子どもたちはじっと見つめていました。
「先生は私たちに教えるだけでなく、こうして勉強しているんだ・・・」と、子どもたちの中に「先生への尊敬」が広がっていきます。

これが、「教育」なのです。

IMG_6542_convert_20150830224851.jpg  IMG_6549_convert_20150830224909.jpg

IMG_6551_convert_20150830224926.jpg  IMG_6555_convert_20150830224942.jpg

IMG_6557_convert_20150830224959.jpg  IMG_6564_convert_20150830225015.jpg

IMG_6570_convert_20150830225034.jpg
明るさいっぱい、よくしゃべる君たちとの時間は、とても楽しくて、僕の方が、どんどん君たちに引き込まれてしまいました。
この部屋の空気が、「音楽大好き、仲間が大好き、先生が大好き」という幸せに満ちあふれていることが、何よりすてきです。
今日は、曲の良さが、「違う色」で感じられるようになりましたね。
これからの練習で、もっともっと様々な色づけが出来そうです。
勉強家で、君たちを心から愛してくださる先生方と一緒に、さらに前進してください。
また冬にレッスンがあるようです。どんな成長の姿を見せてくれるのかなぁ・・・今から楽しみにしています。
もちろん、「みなとみらい」にも応援に行きますよ!
がんばれ!




IMG_6582_convert_20150830225452.jpg

こちらの学校の先生が、私をこの地区に招いてくださり、輪を広げてくださっています。
この学校でも、子どもたちの大歓迎。合唱になっている素敵な校歌や様々な飾りつけ、そして、首飾りまで用意してくれて。
ありがとう!
子どもたちは、何でこんなに気合いが入っているの?というほどの真剣な態度とはきはきした返事と発言・・・「強い高校バンド」みたいな雰囲気です。
でも、ちょっとした瞬間に見せるかわいく子どもらしい表情は、「やっぱり小学生だなぁ。いいなぁ」とこちらもニコニコ。
そして、ほんのちょっとの冗談でも、大笑い。 こういう反応の良さも演奏のメリハリにつながっているんだな。

練習している曲は、私が大柏小学校時代に演奏したことがある曲です。
先生と子どもたちは、時々、『未来へのファンファーレ』のDVDを観て、曲のイメージや自分たちの「目標」を定めているそうです。
この日も、午前中に鑑賞して、「よし!」と気合いを入れていたそうなのです。

それにしても、短い練習時間でどうしてこんなに上手なの?とつくづく不思議になるほど、このバンドは技術的にも音楽的にも高いレベルにあります。
そして、子どもたちが、「自ら伸びよう」というエネルギーに満ち溢れていて、返事も無理矢理ではなく、気持ちが入った「ハイッ!」なのです。

子どもたちの意欲と、演奏レベルの高さ、そして、望んでいる「目標レベル」に合わせて、遠慮なく、高めのレベルでのアドバイスをさせていただきました。
個々の演奏の仕方はもちろんのこと、全体のバランスを調整することで生まれる立体感や曲のエネルギーの変化、フレージングの確認、音の距離感・・・そして、これから修正していってほしい「課題」も満載になりました。

難しい曲を演奏するということは、様々な難しいハードルが目の前に並んでしまうことはもちろんですが、先生も子どもたちも、そんなハードルを乗り越えて進んで行くことが、とっても楽しそうです。
こういうたくましい子どもらしさもいいなぁ。

もっともっと上手くなりたい!と、どこまで行ってもゴールを先に延ばしていく意欲を引き出す先生のご指導は、子どもたちの無限の可能性を信じるからこそでしょう。

IMG_6588_convert_20150830225531.jpg  IMG_6598_convert_20150830225608.jpg

IMG_6583_convert_20150830225514.jpg  IMG_6594_convert_20150830225550.jpg

IMG_6604_convert_20150830225626.jpg  IMG_6607_convert_20150830225645.jpg

IMG_6622_convert_20150830225828.jpg
子どもらしいあどけなさと、ピリッと張りつめた練習の雰囲気にいつも感心します。
今年の曲は、僕も大好きな曲、そして、思い出がいっぱいの曲です。
君たちのすばらしい演奏を聴きながら、「あの頃」「あの子たち」が浮かんで来ましたよ。
そして、君たちが苦労している箇所には、大柏小学校の子どもたちも苦労して立ち止まってしまったことも思い出しました。
だからこそ、君たちへの「がんばれ~」の気持ちがふくらみ、僕もパワー全開でレッスン出来ました。
そして、僕の指導に応えようと、何度も何度もやり直ししながら、歩みを進めた君たちは立派でした。
「たくさん宿題を出していただき、ありがとうございました」という最後のあいさつにはびっくり!
これからも、子どもらしく、明るくたくましく、活動していってください!
ふぁいと!




2校のレッスンの後には、ふたりの顧問の先生、そして、見学に来られた若い先生も一緒に、美味しいイタリアンで「男子会」をしました。
吹奏楽の指導について、教師の役目について、これからの「夢」について、「子どもの心を育てる指導」について・・・時間がいくらあっても足りない位、ずっとずっと話し続けていました。
ほんとに仲の良い先生方、そして、子どもが大好きで、音楽が大好きな先生方です。

「とっても幸せな1日でした!田川先生、ありがとうございました!」と握手してお別れしましたが、約2時間、電車に揺られながら、先生方と子どもたちから「幸せ」をいただいたのは私の方なんだと、感謝の気持ちが込み上げて来ました。

先生方、子どもたち、そして、保護者のみなさま、本当にありがとうございました!


image1_convert_20150831070920.jpeg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-08-31(Mon)19:42 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-09-01(Tue)12:55 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-09-01(Tue)21:45 [編集]