田川伸一郎のブログ

群馬県の大学バンド

昨日は、群馬県の大学バンドのホール練習にお伺いし来ました。
3年目のお付き合いとなる高崎経済大学吹奏楽部の皆さんです。


IMG_6759_convert_20150916223703.jpg

このバンドは、今週末に開催される西関東吹奏楽コンクールに出場します。
今は、まだ夏休みで、1日ホールで練習を詰めることが出来ました。
ゼミがあって欠席の学生さんが1名いた以外は、全員が出席でした。

大学生の生活は、本業の学業はもちろん、バイト、プライベートと忙しい限りですが、このバンドの皆さんは、私がお伺いする日には、学業関係以外の用事は入れず、しっかり集まってレッスンを受けてくれます。

「大学生活のすべてを吹奏楽に打ち込んで」というチームではなく、それぞれに「やりたいこと」を持って全国から集まって来た学生さんたちで、出身校を見ても、吹奏楽で名前を聞いたことがある高校の出身者はほんの1~2名。
大学から楽器を始めた全くの初心者も当たり前のようにいます。

4年生は、学業や進路に集中するために引退し、この時期の活動は1年生から3年生までの部員でおこなっています。
今年は1年生が大勢入部して、メンバーの半分近くを占めるほどの割合になっていますが、なぜかとても落ち着いた雰囲気で驚きました。
私とも昨日が初対面だったのですが、すぐに打ち解けて会話もでき、何の抵抗もなく練習が進められました。
コミュニケーション能力が高い学生さんたちなのかもしれません。
それぞれに個性が豊かな様子ですが、皆で楽しむために、どこで個性を発揮し、どこで抑えるかというさじ加減を理解しているのだと思います。

このバンドの指揮者は、外部の方で、私はこの指揮者からのご依頼で、このバンドに関わるようになりました。
とても誠実で謙虚な方なので、指揮や音楽づくりの面でも遠慮なくアドバイスが出来、むしろご本人もそれを望んでいらっしゃいます。
学生さんたちとの信頼関係も抜群で、とても良い関係をつくりながら指導されています。


昨日は、朝一から最後までじっくりとお付き合いさせていただきました。

基礎合奏は、学生指揮者のリードで綿密に進めていきました。
この学生指揮者は、このバンドには数少ない「名門校」出身のひとりで、自らが体験してきた練習の仕方をこのバンド用にアレンジして進めていました。

IMG_6758_convert_20150916223643.jpg

彼の中学校と高校の顧問の先生は、おふたりともお付き合いがある北海道の先生で、お電話で、「感激と驚きの再会」に。
こういう音楽のつながりも、とてもうれしいものです。


そして、いよいよコンクール曲の合奏を聴かせていただきました。

課題曲は、『春の道を歩こう』、自由曲は、樽屋雅徳さんの『輪廻の八魂』です。

第一印象は、「課題曲と自由曲の出来に違いがあり過ぎ!」でした。

マーチは、大学生にも手強いようです。
指揮者の方も、ちょっぴり苦手そうです。
そんな演奏でした。

ということで、課題曲からしっかり勉強することにしました。
こちらは、私も積極的にお手伝いして、「分解掃除」や「楽曲の楽理的セオリーの共通理解」、何よりも「マーチらしい演奏とは何か」ということをじっくり勉強していきました。

IMG_6762_convert_20150916223725.jpg
ハーモニーの進行を理解して、それに合ったフレーズの歌い方やエネルギーの満ち引きを
決めていきましょう。


IMG_6772_convert_20150916223853.jpg  IMG_6764_convert_20150916223741.jpg

IMG_6773_convert_20150916223909.jpg  IMG_6779_convert_20150916223926.jpg

IMG_6768_convert_20150916223826.jpg  IMG_6786_convert_20150917085014.jpg

素直で、賢い学生さんたちだけあって、演奏の変わり方はお見事でした。
どんどん理解し、どんどん変わっていきます。
そして、皆も、自分たちの変容を感じて、自信をつけていくのがわかりました。

マーチのトリオまでたどり着いた時、「ところで今何時かな?」と聞くと、「12時20分です」
「えっ!もうそんな時間?」...一度も休憩無しに午前の部を引っ張ってしまいましたが、皆も、「えっ!」とびっくりしていました。
あまりに時間が経つのが早かったのです。

お昼休みは、約45分間。
ゆっくり楽しく食べていたと思ったら、あっと言う間に賑やかだったロビーは無人に...
皆、早々に休み時間を切り上げて、午前中に勉強したことを復習練習し始めていました。

私も、あわてて戻ります。

IMG_6767_convert_20150916223802.jpg
トランペットパートは、午前中の指摘をメトロノームに合わせて練習。
正座して練習している学生さんも...
私も一緒に聴いてあげました。



午後の前半に、マーチは何とか最後まで勉強完了!
朝の演奏とは激変しました。
皆、すごい吸収力と集中力でした。

そして、自由曲は、指揮者の方に振っていただきながら、私は客席から「ダメ出し係」に徹しました。
時間と闘いながら、ズバズバと。

しかし、こちらは、指揮者の思いやメンバーの主体的な表現もたくさん見られましたので、それを大切にしながら、むしろその思いが聴く人により深く伝わるにはどうしたらよいかという視点で進めました。

IMG_6782_convert_20150916223944.jpg
『輪廻の八魂』では、和太鼓も大活躍します。

最後の通し練習では、課題曲と自由曲の間の席の移動の仕方にもこだわり、空気を緩ませない勉強をしました。
こういった配慮も、とても大切なことです。

午後の練習も、あっという間に過ぎていきました。
本当に密度の濃いホール練習を皆で作り上げました。

すばらしかったです!

IMG_6795_convert_20150916224019.jpg
左から指揮者の島田和音さん、部長さん、私、学生指揮者さん、副部長さんです。

IMG_6791_convert_20150916224002.jpg

学業第一の学生生活を送る皆さんが、それぞれの「自分の時間」を持ち寄って楽しんでいる吹奏楽の活動。
与えられた時間や環境の中で、最善の努力をする皆さんの謙虚で誠実な姿勢は、大学生バンドの鏡です。
大学から始めた初心者の学生さんが、トップパートを立派に演奏している姿にも感動しました。
西関東大会は、新潟の素敵なホールですね。
なかなか乗ることができない一流のホールで、皆さんの精一杯の演奏を聴いていただく「コンサート」をして来てください。
また皆さんと音楽できる日を楽しみにしています。

がんばれ! 高崎経済大学吹奏楽部!




帰宅後、部長さんからご丁寧なメールをいただきました。

田川先生

本日は朝早くから私たちの練習にお付き合いいただき、ありがとうございました。
とても楽しく、真剣に過ごすことができ、時間の経過があっという間に感じるほど濃い時間を過ごすことができました。

また音楽だけでなく、それ以上に大切な心についても教えていただき、とても刺激になりました。
今日学ばせていただいたことを生かし大会でより良い演奏ができるよう、後数日間頑張ります。

本当にありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにしています。

部長 K・I



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-09-17(Thu)11:17 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-09-18(Fri)00:13 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-09-18(Fri)20:26 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-09-19(Sat)00:15 [編集]