田川伸一郎のブログ

福島県の中学校バンド

この金曜日から昨日の日曜日までは、福島県にお伺いしてきました。
今回は、5つの中学校からのお招きでした。


福島県では、『合奏祭』という小中学校の行事が、平日に行われます。
これは、『日本合奏コンクール』の予選を兼ねた音楽会となっています。

吹奏楽だけでなく、福島県で盛んな管弦楽の学校も出場します。

多くの小中学校がこの『合奏祭』に参加し、今年度の演奏のまとめとしています。

これから地区大会、そのあと、県大会、そして、全国大会と続くため、3年生にとっては受験勉強との両立に悩みながらのラストスパートとなります。

運動部は、夏休み前に3年生は引退してしまうそうで、このギャップは気になりますが、むしろ、勉強と部活の両立で時間の使い方が上手になり、充実した生活か出来ている生徒さんたちが多いとか。

今回のレッスンは、『合奏祭』直前という大切な時期のお招きでした。
それぞれの学校が、今年度のチームとしての最高の演奏でステージに上がれるように、顧問の先生と話し合いながら、生徒さんたちと共に勉強を進めていきました。

前回、福島にお伺いしたのは、6月です。
前回も受講された学校が4校、今回が今年度初めてとなる学校が1校です。

2回目となる学校では、前回からの大きな成長に感動しました。
3ヶ月の先生方のご指導と生徒さんたちの努力がどれだけ正しく、どれだけ誠実なものであったかを物語る変容でした。

お伺いした5つの中学校をご紹介させていただきます。


IMG_7170_convert_20150925231452.jpg

IMG_7137_convert_20150925231212.jpg  IMG_7138_convert_20150925231245.jpg
 
IMG_7153_convert_20150925231628.jpg  IMG_7151_convert_20150925231305.jpg

IMG_7158_convert_20150925231400.jpg  IMG_7156_convert_20150925231334.jpg

IMG_7176_convert_20150925231535.jpg
今年度、初めてのお伺いでした。4月に出会った新しい顧問の先生と、新しい気持ちで歩んできた皆さんです。
顧問の先生が代われば、活動方針や練習スタイルが変わるのは当然のことですが、素直な心で先生のやり方を受け止めた皆さんは、入部したばかりのたくさんの1年生を安心させ、チームをしっかりと前進させることが出来ました。
先生が選んでチャレンジした曲は、片岡寛晶さんの「大流行の曲」です。
打楽器を多用するこの曲では、まだ管楽器を上手に扱えない1年生も打楽器パートの一役で活躍していました。
管楽器を演奏している1年生も、全員が初心者ですが、自分が演奏できる範囲で、立派に責任を果たしていました。
曲の良さを最大限に生かすための構成力アップ、色彩感アップ、歌心アップを中心に、細部のクォリティを上げていきました。
素直でひたむきな心が、音楽の変容を推進しています。
最後の仕上げや味付けが楽しみです!



IMG_7183_convert_20150926212858.jpg

IMG_7187_convert_20150926212927.jpg  IMG_7189_convert_20150926213025.jpg

IMG_7179_convert_20150926212340.jpg  IMG_7178_convert_20150926212313.jpg

IMG_7180_convert_20150926212401.jpg  IMG_7188_convert_20150926212947.jpg

IMG_7193_convert_20150926213050.jpg
6月に続いてのお伺いでした。こちらのバンドも、顧問の先生が今年の4月に代わりました。
スタート当時は、先生も生徒さんたちも、互いに理解し合うために少し時間とエネルギーを必要としたようでしたが、6月にお伺いした時には、新しい先生の気持ちややり方を受け入れ、すっかり信頼してコンクールに向かう姿がありました。
暑い暑い夏を共に乗り越え、心通った秋の実りのような演奏と活動の様子を見せていただき、アドバイスにも思わず力が入りました。
今年は、部員数が少なく、1年生もフル稼働してのコンクール参加ですが、自由曲にはかなりの大曲を選んで挑戦しました。
充実した金管軍に対して、木管は少数のアンバランスですが、それを感じさせないサウンドです。
曲の細部の吹き方の統一、フレーズのより音楽的な運び方、色彩感あるバランス設定、感動性の創造など、最後の勉強にふさわしい練習が出来ました。
あと数日、どこまで完成度を高められるか、楽しみです!



IMG_7206_convert_20150926213948.jpg

IMG_7211_convert_20150926214136.jpg  IMG_7208_convert_20150926214015.jpg

IMG_7204_convert_20150926213922.jpg  IMG_7195_convert_20150926213828.jpg

IMG_7194_convert_20150926213801.jpg  IMG_7198_convert_20150926213856.jpg

IMG_7210_convert_20150926214111.jpg
6月に続いてのお伺いでした。今年は、3年生が少なめの人数の中、皆で健闘しています。
レッスン前に、ブログコメントやメールフォームを使って、自分たちの「今」を書き込んでくれる生徒さんたちがいつもおり、顧問の先生からの連絡以外にも、生徒目線から見たチームの状況がわかり、とても参考になります。
今回も、数名からいただきました。いつになく、演奏面での悩み、うまくいかないことが書かれていました。
演奏を聴かせていただき、「オペラ物」の曲想に流れ、逆に、「きっちり演奏する」ということが曖昧になっていることが、「うまくいかない」原因だとわかりました。
今回は、もう一度、分解掃除をして、あちこちのパーツを磨いたり、音程やハーモニー、リズムといった基本的な点を構築し直してみました。
なるほど! やはり、なかなかいい感じになってきました。
最後の最後まで、時間を使い尽くして、どこまで修正できるでしょうか。最後の皆の挑戦です!



IMG_7213_convert_20150927213953.jpg

IMG_7212_convert_20150927213932.jpg  IMG_7214_convert_20150927214011.jpg

IMG_7216_convert_20150927214047.jpg  IMG_7219_convert_20150927214123.jpg

IMG_7218_convert_20150927214105.jpg  IMG_7215_convert_20150927214028.jpg

IMG_7220_convert_20150927214142.jpg
6月に続いてのお伺いででした。「吹奏楽の指導は、この学校が初めて」とおっしゃる顧問の先生は、今年で赴任3年目となります。
1年目は、夏で3年生は全員引退し、合奏祭には1、2年生だけで参加しました。
2年目は、半分の3年生が合奏祭に参加し、しかも、受験でも良い結果を残して、「受験には関係ないから、来年はみんなで残って」と3年生が言い残して卒業したこともあり、3年目の今年は3年生も全員残って、合奏祭に臨んでいます。
合唱指導のお力がすばらしい先生は、吹奏楽部でも常に合唱を取り入れ、それがバンドのレベルアップに確実につながってきています。今回も、歓迎の合唱を聴かせてくださいました。
体育館をお借りしての合奏練習では、6月からの目を見張るほどの成長にびっくりしました。
そして、まだまだ出来る!と気合いを入れてレッスンしたら、またまたさらに大きく変容。先生も、見学に来られた他校の先生もびっくりしていました。
合奏祭までの数日、エキサイティングに過ごせそうです!



IMG_7221_convert_20150927214540.jpg

IMG_7222_convert_20150927214558.jpg  IMG_7223_convert_20150927214615.jpg

IMG_7229_convert_20150927214647.jpg  IMG_7230_convert_20150927214705.jpg

IMG_7234_convert_20150927214727.jpg  IMG_7224_convert_20150927214629.jpg

IMG_7236_convert_20150927214744.jpg
6月に続いてのお伺いとなりました。2、3年生だけでも曲が出来るチームなので、夏のコンクールの時期でもある程度の完成を見ていましたし、その後の努力の継続で、ますますしっかりとした演奏に仕上がっていました。
逆に、顧問の先生は、「ちょっとマンネリ化しているような気がして...」と心配されていました。
一度通して聴かせていただいた演奏は、やはりそんな感じがし、部分の演奏の緻密さにはこだわりが見られますが、作品全体の構成感やフレーズの中の微妙な色合いの変化が乏しい演奏、歌い方が常に同じという演奏になっていました。
また、熱意のあまりに身体を「拍」で動かしたり、ソロに対する伴奏のメンバーが大きく動いたりして、それがかえって音楽を幼くしてしまっていました。
演奏自体はとてもすばらしいので、そういった「思い込み」を少しずつ打開していくレッスンになりました。
先生も、ハッと気づいて、テンポを変化させたり、エネルギーの変化を指揮で出してみたりしましたが、生徒さんたちは染みついた「やり方」をすぐには直せませんでした。
でも、次第に、新しく音楽を塗り直すことの喜びがわかって、先生が色々試される指揮のとおりに演奏できるようになってきました。本番のステージでも、さらに新しく塗り直すような新鮮な感動を持った演奏が出来たらいいですね!



どの学校も、3年生が中学校生活最後の大会に挑む意気込みを見せ、また、1年生もずいぶん中学生らしく成長してきており、1年間の中で一番レベルが高い演奏が出来る時期を過ごしていました。
私のレッスンも、容赦なく!といった感じで、「まあいいかぁ」「ちょっと無理かなぁ」ではなく、「ダメダメ!」と「すばらしい!」を行ったり来たりしていました。
ゴールが近い時期は、そうやって追い込み、変容をベタ褒めし、学びの厳しさと喜びをしっかり味わわせてあげたいと思うのです。

そんな私の気持ちを真正面から受け止めて、先生も生徒さんたちも、「本気勝負」で返してくれました。

昨年の秋、3年生が引退してから歩み始めた新チームが、もうじきゴールを迎えます。
中学校のバンドの1年間は、本当に大きいです。

みんなみんなよく頑張りました。

今週開催される合奏祭...1年間の思いを込めて、最高の演奏で締めくくれますように。


IMG_7238_convert_20150927215244.jpg
ある中学校の先生が持たせてくださったお土産です。
白河の「色だるま」です。
「緑のだるま」は、「健康、安全のパワー。疲れを癒し、健康運、安全運UP」だそうです。
お気持ちに感謝いたします。 ありがとうございました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-09-29(Tue)20:53 [編集]