田川伸一郎のブログ

東京都の小学校バンド

昨日は、土曜休業返上で練習に励む東京都の小学校2校にお伺いして来ました。

私は、数日前から風邪をひき、医者の薬を飲みながら、ガラガラ声での参上だったのですが、子どもたちはみんな超元気!

パワーを吸い取られるかと思いきや、逆に、子どもたちの笑顔と一生懸命な演奏からたくさん元気をいただきました。

前日の「うたごえ集会」に引き続き、小学校の「本気のパワー」には、心が熱くなります。

両校とも、久しぶりの再会でした。 

みんな成長して、とても上手になっていました。 

そして、「もっと上手くなりたい!」の気持ちが伝わって来たのもうれしかったです。


午前中にお伺いした学校です。

IMG_8411_convert_20151114215126.jpg

IMG_8413_convert_20151114215146.jpg  IMG_8414_convert_20151114215210.jpg

IMG_8425_convert_20151114215744.jpg  IMG_8440_convert_20151114215820.jpg

オーケストラの曲からのアレンジに挑戦して、弦楽器が奏でる持続音、木管が奏でる優美なメロディーを、全て金管楽器でこなすという「大変な仕事」をしていました。
曲の雰囲気はずいぶんよく出てきましたね。
これからの「めあて」もはっきり持てました。

さすがに吹き続けてきつそうだったので、途中で、ちょっと場所を移動し、ゲームをして遊びました。

IMG_8451_convert_20151114215841.jpg  IMG_8456_convert_20151114215904.jpg

「リスと巣」というゲームで、現職の頃、よく子どもたちと遊んだゲームです。
楽しかった~!

その後の音は、さらにパワーアップしていました。
やはり、子どもにとって「遊び」は大切なエネルギー源なんだな。

IMG_8460_convert_20151114215924.jpg
久しぶりのレッスンで、はじめはちょっぴり緊張していたけれど、すぐにいつもの笑顔が戻って、夢中で練習出来ましたね。
コルネットパートは、昨年は6年生がひとりで、下級生だった君たちもかなり頑張らなければならなかったけれど、それを乗り越えたおかげで、今年は安定していますね。
レッスンの後、2月の管楽器演奏会に向けての曲も、先生と相談して決まりました。
新しいレパートリー、どんな曲かな。 君たちにぴったりの曲です。 楽しみにね!



午後は、別の小学校にお伺いしました。
この子どもたちとも、久しぶりの再会です。


IMG_8461_convert_20151114222937.jpg

音楽室のに入ると、部屋の空気が、いつもよりゆったりと落ち着いている感じがしました。
いつも以上に「音楽しよう」という空気も感じました。
例によって、直感は当たりました。

今年、このバンドは、新しい取り組みをし、それがきっと子どもたちを変えたのだと思います。
その「取り組み」とは、金管バンドではありますが、練習の中に「合唱」を取り入れ、しかも、かなりの時間とエネルギーを使って、その合唱の質も上げて来ているのです。
以前から、私も、「合唱の大切さ」をお伝えして来たのですが、今年、初めて取り組んでみて、先生も子どもたちも、その大きさに気づいたようです。

金管の演奏にも、「歌」が感じられるようになりました。
そして、あまり言葉であれこれ言わなくても、私の指揮(と言うより、身ぶり手ぶりの表現)を見て、どう表現したらいいのかを感じ取って音で返せるようになりました。

バンドの日頃の練習は、ほとんど「朝だけ」のようですが、その短い時間の中でも、「合唱」の時間を確保し続けていることの成果が確実に出ていました。

IMG_8462_convert_20151114223000.jpg  IMG_8463_convert_20151114223022.jpg

IMG_8464_convert_20151114223047.jpg  IMG_8468_convert_20151114223114.jpg

金管の練習の後、合唱の練習も見せていただきました。
「ちょっと拝見」とつもりだったのですが、皆、とても上手で、歌う意欲も高く、「金管バンド部」が一瞬にして「合唱部」に早変わり。
・・・私もスイッチが入ってしまいました。
合唱のレッスンにも、反応良し! どんどん表現がアップしました。
んんん...もっとこの子たちと合唱がしたい! と思ったところで、時間となってしまいました。

IMG_8492_convert_20151114223154.jpg  IMG_8483_convert_20151114223454.jpg

毎年毎年、何か新しいことにチャレンジして伸びてきた皆さんのバンド。
今年は、「合唱」という新しいチャレンジで、また大きく育ちましたね。

楽器と違って、自分の身体、自分の声が楽器ですから、自分で自分の楽器の「音」を磨き、「音程」を整え、「音色」を変え、「表現」を作り出さなければなりません。
楽器のように、助けてくれる物はありません。
だから、ひとりひとりの「意思」がしっかりしてくるのです。
ちょっぴり大人びてきている6年生も、心を開き、豊かな表情で、口をしっかり動かして、生き生き歌っている姿がとてもうれしかったです。

そんな君たちだから、金管の音も伸びやかで表情豊かになり、演奏している時の身体の動きも合唱をしている時のように自然な音楽の流れを感じさせました。
これからも、楽器と歌を両立させて、より楽しく、より豊かな活動を続けていってくださいね。


せっかく写した集合写真を、操作ミスでうっかり消してしまいました。・・・ごめんなさい。
今回は時間が無くなってしまったけれど、次回は、午前中の学校でやったゲームを君たちにも教えてあげます。
一緒に遊ぼうね!


 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-11-15(Sun)19:25 [編集]