田川伸一郎のブログ

東京都小管研12月例会

昨日は、東京都小学校管楽器教育研究会の12月例会に、講師としてお招きいただきました。

会場は、豊島区立高南小学校でした。

「東日本大会に向けて~ひとりひとりの子どもが輝く指導を求めて」...2月11日に横浜みなとみらい大ホールで開催される「全国小学校管楽器合奏フェスティバル・東日本大会」に東京都代表で出場することが決まっている高南小学校ジュニアバンドの公開指導をご覧いただく研修会でした。

学期末のお忙しい時期でありながら、多数の先生方が出席されていました。


高南小学校は池袋から近い地域にあり、一学年1~2学級という小さな学校です。

にもかかわらず、ジュニアバンド(吹奏楽部)には、4~6年生の約80%にあたる90名が入部して、朝練習と土曜日練習を中心に、活発な活動をしています。
都心の学校ですから、中学校受験の子どもも多いようですが、それでもこれだけの子どもが参加して、朝7時30分にはみんなが集まって元気に練習しているそうです。

DSC08382_convert_20151222095649.jpg

顧問をされている音楽専科の武井紗弥香先生のご指導のすばらしさによって、「音楽が好き」という子どもがたくさんいるということはもちろんですが、バンド活動を見守り、支える校長先生はじめ先生方の温かさが後押ししていることは間違いありません。
そして、受験や勉強に偏らせないで、心も豊かに育てたいと考える「真の愛情」を持った賢い保護者の方々の協力。
30年以上の歴史を持つこのバンドを誇りにしてくださっている地域の方々のご支援。

たくさんの「愛情と誠意」が集まって、豊かなバンド活動が展開されているのです。
このようなバンドが、東京都代表に選ばれたことがとてもうれしいことです。


今回の発表曲は、「故郷~希望への序曲」(後藤洋作曲)です。

今回の講座では、この曲の練習を私が実際に進める様子を先生方にご覧いただきました。

まずは、原曲の「ふるさと」を歌うところからスタートです。
先生方にも一緒に歌っていただきました。

IMG_9229_convert_20151222095220.jpg
先生方は、「旋律線に応じた抑揚」「1番から3番までの歌詞による表現の違い」を
しっかりと表現してくださり、子どもたちを驚かせました。
さすがです!


そして、合奏練習です。

DSC08388_convert_20151222104131.jpg

この曲だけでなく、他の曲にも使える合奏練習の仕方ということを意図しながら、今の演奏から前に進むポイントを取り上げて、指導していきました。

・伸ばす音に意思を持つこと。
・自分が演奏していない時にこそ音楽を感じ、その流れの中に自分の音を加えていくこと。
・フレーズ内の抑揚をオーバーにつけて表現すること。
・「ふるさと」のテーマを、歌詞の違いから変化させて演奏すること。
・伴奏と主役のバランスは、「思いやり」によるもの。
・四分音符が3つ並んだ小節は、気持ちを前進させること。
・単純な音符を無表情に吹かない。
・場面によっては、主旋律以上に内声や低音を主張させ、絡み合いの立体感や迫力を鮮明に見せること。
・場面のイメージを各自がしっかり持つこと。
・必要に応じて「ビブラート」に挑戦すること。
・打楽器の奏法と生き生きとした表現。
・・・・・


とても理解力のある子どもたちでしたので、「表現の工夫」を中心にした練習も楽しく進み、演奏もサウンドも良い方向に変容していくことが出来ました。
先生方も、「うんうん」とうなずきながら聴いてくださっていました。

IMG_9146_convert_20151222094804.jpg  IMG_9166_convert_20151222094909.jpg

IMG_9151_convert_20151222094847.jpg  IMG_9148_convert_20151222094826.jpg

IMG_9232_convert_20151222095237.jpg  DSC08384_convert_20151222105920.jpg
  

打楽器も指導時間を確保して、練習の仕方をご覧いただきました。

IMG_9231_convert_20151222095959.jpg  IMG_9177_convert_20151222094943.jpg

DSC08390_convert_20151222095746.jpg  IMG_9181_convert_20151222095027.jpg

IMG_9190_convert_20151222100107.jpg
同じ楽器でも、マレットを上手く選択すれば、より良い音になります。


子どもたちには、「自分の意思を持って、ここはこう演奏したいというパワーを、子どもらしく思い切り出していきなさい。それを先生が整理して、きちんとまとめてくださいますから安心して。子どもであることの誇りを大切に」と話してお別れしました。

IMG_9225_convert_20151222095939.jpg  
子どもたちを帰した後は先生方だけでの講習となりました。
演奏技術面の指導、心の指導、小学生のバンド指導で大切なこと...
短い時間でしたが、私の考えをお話しさせていただきました。


                 IMG_9228_convert_20151222095159.jpg
                 高南小学校の鮫島千惠子校長先生です。
                 「ジュニアバンドは、学校の、地域の、豊島区の誇りです!」と。
                 子どもの幸せを第一に考えて邁進させるすばらしい校長先生です。



4nDZceWCKOYjrHe1450746268_1450746284.jpg
高南小学校の子どもたち、参加された先生方、みんなで...


東京都小管研の先生方の勉強は、いつも熱心で深く、子どもたちの「心の育ち」も大切に考えられる温かいものです。
そして、「子どもが主役」と、子どもたちを輝かせることを一番の喜びとされる素敵な先生方です。

心から敬服いたします。


高南小学校の皆さん、2月のみなとみらいでの感動を目標に、寒い冬を元気に乗り越えていってください!

がんばれ!



♡高南小学校の保護者のみなさま、研修会の開催にあたり、一緒にご準備いただいたり、あったかいお茶を用意して先生方をおもてなししてくださったりと、本当にありがとうございました。
これからも、この伝統ある「高南ジュニアバンド」の育成にぜひご協力ください。
子どもたちに「本物の愛」を注いでいらっしゃる保護者のみなさま、すばらしいです!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-12-22(Tue)19:35 [編集]