田川伸一郎のブログ

埼玉県の小学校バンド

昨日は、午前・午後と、埼玉県の2つの小学校にお伺いさせていただきました。
共に、冬休み最後の1日を練習に燃えた先生と子どもたちです。

2年ぶりに再会した午前中の学校をご紹介します。


IMG_9716_convert_20160107205021.jpg

「心」をとても大切にされるベテランの女性の先生がご指導されています。

2年前に伺った時にも、音楽室に入った瞬間、「あ~。この部屋、あたたかい」と感じたのを覚えていますが、今回もやはりそう感じました。
もちろん、「室温」のことではありません。 「部屋の空気」のことです。

これは、そこに住む人の空気なのでしょう。
音楽室は、音楽の先生の「お城」です。
その先生のお人柄、性格、考え方、子どもへの思い...様々な個性が、その音楽室の空気となるから不思議なものです。
「玄関に入ると、その家庭の雰囲気がわかる」...そんな感じです。

今の6年生たちは、4年生の時に会っています。
みんな大きくなっていて、びっくり!

IMG_9717_convert_20160107205043.jpg
しばし子どもたちとおしゃべりして、みんなで笑いました。 (これも大切なレッスンの導入です。)
前に来た時よりも、人数が減りましたが、この位の人数は、コミュニケーションが取りやすいです。



このバンドは、1月末に開催される『埼玉県小学校管楽器演奏会』に参加するために、2曲を楽しく練習しています。
コンクールには出ていませんので、県の演奏会は、子どもたちにとっては、とても大きな「本番」になります。

今回は、その演奏会で発表する2曲を細かく練習しました。

IMG_9711_convert_20160107204910.jpg  IMG_9712_convert_20160107204927.jpg

IMG_9715_convert_20160107205002.jpg  IMG_9714_convert_20160107204945.jpg

金管バンドでは、「音の立ち上げ」「伸ばす音の保持と処理」が、吹奏楽以上にとても大切です。

「立ち上がりが甘い」「伸ばす音に思いがない」「伸ばす音の最後の処理に決まりがない」...そんな「音そのもの」を向上させるための練習をしました。

先生の作りたい「音楽性」はとてもよく伝わってくるのですが、このようなことがうまくいかないと、違う表現に聴こえてしまいます。

意外に、「タンギングと息の関係」がうまく噛み合っていない場合が多いものです。
そこを解決するだけでも、ずいぶんすっきりした立ち上がりになります。

IMG_9725_convert_20160107205107.jpg  

IMG_9731_convert_20160107205223.jpg  IMG_9739_convert_20160107205246.jpg
時には、ひとりずつ丁寧に指導します。 みんなやる気があるので、変わるなぁ!


IMG_9726_convert_20160107205128.jpg  IMG_9730_convert_20160107205145.jpg
打楽器のスタンドの適切な高さや、拍の感じ方も、とても大切です。


IMG_9741_convert_20160107205305.jpg
真剣な中にも、とっても温かい笑顔が溢れる子どもたち...
みんなでいい雰囲気を作っているところが、素敵でした。



曲の中に、ほとんど全員がユニゾンで主旋律を吹く箇所があります。
みんなが、頑張って吹くので、音がけんかしてしまいます。

「そんなに、はり合ったり、ぶつけ合ったりしないで、もっとみんなの音を仲良しの友達にしてごらん」と話したら、皆が力を抜いて、良い音で吹き、少しずつ「ブレンド」して来ました。

「音を仲良しの友達に」という言葉だけで、こんなにいい音色になるなんてすごいと、ベタ褒めしました。
こういう言葉が通じる空間だから、この部屋はあったかいと感じられるのです。

「ブレンド」なんて訳のわからないことを言わなくて正解でした。


3時間の練習はあっと言う間に終わりました。
みんなで、たくさん演奏し、たくさんしゃべり、たくさん聴き、たくさん考え、たくさん笑いました。

その全ての時間が貴重な「学びの時間」であったことは間違いありません。

自分たちの良いところも、再確認出来ました。
本番までの課題もはっきりしました。

よかった!

IMG_9749_convert_20160107220243.jpg
2年前よりも人数は減ってしまったけれど、集中力や向上心は、うんと高まったように思えた再会でした。
優しく温かく、ユーモアのある先生と過ごす時間が、君たちの心と技を高めているのです。
学級とは違った友達の輪(和)を、音楽の中で感じられる君たちは幸せ者だと思います。
先生に感謝、仲間に感謝、そして、がんばってくれる自分自身に感謝ですね。
とても反応の良い練習で、皆がぐんぐん向上していくのが、面白い位でしたよ。
本番まで、まだ出来ていないところ、気をつけなければいけないところ、そして、自分たちの良いところを、しっかり意識しながら、みんなで楽しく練習していってくださいね。
がんばれ!



                      IMG_9742_convert_20160107205325.jpg
                      んんん? これは???

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-01-10(Sun)11:56 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-01-11(Mon)15:55 [編集]