田川伸一郎のブログ

旭川から~その2~

3校目の中学校バンドです。

IMG_9932_convert_20160114083703.jpg

IMG_9928_convert_20160114083627.jpg  IMG_9933_convert_20160114083721.jpg

IMG_9929_convert_20160114083646.jpg  IMG_0010_convert_20160114084136.jpg

IMG_9937_convert_20160114083801.jpg  IMG_0011_convert_20160114084702.jpg

IMG_0009_convert_20160114083609.jpg
昨年の今頃は、大勢の3年生が引退してしまい、とても不安そうな雰囲気の中で、それでも前に進もうとしていました。
その一生懸命さが生きて、4月にはやる気いっぱいの1年生がうれしそうに入部してくれ、夏に向かって明るく進むことができました。
今年は、引退した3年生も数名だったので、たくましく育った1・2年生で、チームワークよく、自信をつけながら冬を過ごしているのがわかりました。
基礎合奏を聴かせていただいた時から、音の良さに驚きました。そして、無駄なく、ポイントをしぼっててきばきと進められていました。
ちょっぴりレベルを上げた「応用基礎合奏」にチャレンジしてみましたが、こちらも初めてとは思えない出来でした。
合奏練習曲も、コンクールに出してもいいような曲を緻密に練習してあり、曲を深めるレッスンが出来ました。
雪が解けて青葉が茂る頃、どんなチームになっているか、とても楽しみになりました。




4校目の中学校バンドです。

IMG_9961_convert_20160114090718.jpg

IMG_9952_convert_20160114090556.jpg  IMG_9947_convert_20160114090539.jpg

IMG_9956_convert_20160114090629.jpg  IMG_9954_convert_20160114090612.jpg

IMG_9959_convert_20160114090702.jpg  IMG_9957_convert_20160114090645.jpg

IMG_9963_convert_20160114090734.jpg
人数がとても少ない小さなバンドですが、「優しいお父さん」のような先生を中心にした「家族」のような温かさを持ったチームです。
先生は、事前の打ち合わせで、ご自分の、そして生徒さんたちの、「今の現状や課題」をたくさんお話ししてくださいました。
先生のお話を伺っていると、生徒さんたちへの「表向きではない愛情」がひしひしと感じられ、先生に育ててもらえる生徒さんたちがうらやましく思えました。
レッスンでは、先生からのご依頼のとおり、ひとりひとりの音をゆっくり聴かせていただき、奏法や音色、イメージの持ち方などについてもアドバイスさせていただきました。
また、ソルフェージュから基礎合奏につなげる楽しいトレーニング、易しい練習曲、少しだけ抵抗がある楽曲など、様々なスタイルの勉強をたっぷりしました。
スタープレーヤーがいるとか、皆がずば抜けて上手いとか、そういうチームではありませんが、この温かい空間に響く溶け合った優しい音色が心に染みました。 それがこのバンドの「宝」だと思います。


                  IMG_9946_convert_20160114104245.jpg
                  こんなアイデアも! 壁に大型メトロノーム置き用の棚が。



5校目の中学校バンドです。

IMG_9968_convert_20160114101707.jpg

IMG_9976_convert_20160114101849.jpg  IMG_9965_convert_20160114101624.jpg  

IMG_0003_convert_20160114101546.jpg  IMG_9973_convert_20160114101726.jpg

IMG_9983_convert_20160114101744.jpg  IMG_9966_convert_20160114101647.jpg

IMG_0008_convert_20160114101605.jpg
顧問の先生は、転任2年目の冬を過ごされています。
生徒さんたちの素直で誠実な努力はもちろん、校長先生はじめ先生方、保護者の方々、お役所の方々みんなが、先生の「やろうとすること」を理解し、それぞれの立場で最善を尽くしてくださったおかげで、大きく成長しています。
「こんなすばらしい生徒、先生方、保護者に囲まれて、私は幸せ過ぎです」と、先生はよくお話ししてくださいます。
「だから、私がもっともっと勉強して、子どもたちに返してあげなければ...」と、いつも勉強されています。
「ウェルカム演奏」では、表情豊かな合唱も聴かせてくださいました。みんなの優しい気持ちが溢れて、涙が出そうになりました。
合奏での表現も、発言も、様々な場面での反応や行動も、1・2年生バンドとは思えないほどしっかりしており、そして、伸びやかでした。
3月には、札幌コンサートホールKitaraでのイベント(コンサート)に出演させていただけるそうです。
ひとりひとりの技術をさらに向上させて、表現したい思いをそのまま演奏に出せる力を身につけていってくださいね。




高校バンドです。

IMG_9890_convert_20160112234804.jpg

IMG_9892_convert_20160112234843.jpg  IMG_9902_convert_20160112234903.jpg

IMG_9906_convert_20160112234951.jpg  IMG_9912_convert_20160112235030.jpg

IMG_9909_convert_20160112235012.jpg  IMG_9920_convert_20160112235048.jpg

IMG_9924_convert_20160112235109.jpg
いつも穏やかな笑顔と優しい応対で迎えてくれるバンドです。
これだけの活動をしていたら、みんなきっと何か「抱えていること」があるに決まっています。
練習や技術のことだけでなく、人間関係のこと、勉強や生活、個人的な悩み...私が伺う日にいつも全員の気持ちがベストというはずもありません。
それを表に出さずに迎えてくれる思いに、私は申し訳ないくらいの「感謝」の気持ちを抱きます。
このバンドに伺うと、「生きる」ということについての話をします。この生徒たちを見ていると、音楽を越えた何かを伝えてあげたくなるのです。
今回は、私がアレンジした管弦楽曲を3月の定期演奏会のプログラムに取り上げてくださるということで、その曲をレッスンさせていただきました。
ひたむきなこの生徒さんが演奏してくれる私の楽譜は、拙いアレンジを払拭してくれるほどのサウンドでした。
みんなありがとう! 定期演奏会での演奏にも、「心」を込めてくださいね。




そして、ありがたい冬のアイテムです。

雪の積もる旭川...羽田から到着すると、まず!

IMG_9925_convert_20160114104639.jpg
私のために用意してくださったスノーシューズに履き替えてから外に出ます。
冬場1回のために...ありがたいです。 毎年お借りしています。


そして、室内では!
    
                 IMG_9926_convert_20160114104655.jpg
                 知人からいただいたふかふかの暖かいシューズです。
                 この時期には、関東エリアでも持ち歩いています。


真心に支えていただき、心から感謝です。


IMG_9944_convert_20160114104326.jpg

がんばってもがんばっても上達せず、練習がしんどい日。
仲間とうまくいかなくて部活にいるのが辛い日。
練習よりも友達と遊びたくて、練習をサボってしまいたくなる日。
全部投げ出して、消えてしまいたくなる日。
・・・

そんな日にも、雪の道をザックザック歩いて、自分自身を励ましているのかな。

寒い冬の後には、暖かい春の日が訪れます。

雪が溶けて、きれいな花々が咲き誇る季節がやってきます。

だから、踏ん張って、踏ん張って、ザックザック歩いてほしい。

それが、君の生き方だから...



                  IMG_9964_convert_20160114104303.jpg


また、緑の季節にお会いしましょう!

お招きいただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-01-14(Thu)20:43 [編集]