田川伸一郎のブログ

偶然の再会!

昨日は、埼玉県でのレッスンでした。

赤羽駅で乗り換えの時、サックスケースを肩に、爽やかに歩く青年が...

んんんん、もしや...近づいてみると。

やはり!

20160114_143031_convert_20160115095817.jpg

上野耕平さんでした!

ふたりで、「おぉぉぉぉぉ~」と、偶然の再会に驚き、私はうれしくてテンションアップ。

彼も移動中でした。

ほんの数駅しかご一緒出来ませんでしたが、お話しが出来て、心がほっこりしました。

「こうやって街で会うと普通の爽やかな青年なんだけど、楽器を持ってステージに立つと、すごいオーラの音楽家になるんだから、不思議だなぁ。でも、君のこういう人柄は、演奏にもステージの雰囲気にもちゃんと出ているよ。ただ上手いだけでなく、にじみ出る人柄とか謙虚さとか優しさとか...演奏を聴き終って、何か心があったかくなるのは、ただ楽器が上手いからではないと思う。」

そんな私の気持ちを伝えました。

「そういう風に言っていただけるのが、僕は一番うれしいんです!」

うん! いいぞ!  大きな大きな「日本の宝」いや「世界の宝」になって輝いてほしい!


今年の4月からは、昭和音楽大学の講師として、学生さんの指導にも当たられることになっています。

コンサートも目白押し。

私が行くことにしているコンサートです。

♪東京・春・音楽祭2016 ミュージアムコンサート 上野耕平サクソフォン・リサイタル
    (3月18日・上野国立科学博物館・日本館講堂)
♪B→C 181 バッハからコンテンポラリーへ 上野耕平 サクソフォン
    (4月19日・東京オペラシティコンサートホール)


詳細は、下記のHPで。
http://uenokohei.club/event

特に、オペラシティでのコンサートは、「無伴奏」のオールソロプログラムです。
「ものすごい挑戦です」とのことでした。 チケットは、1月22日に発売開始です。

その他、彼は藝大学生を中心とした吹奏楽団「パンダウィンドオーケストラ」の活動に意欲を燃やしています。

「僕を育ててくれた吹奏楽をやっぱり大事にしたいんです」と...

♪ぱんだウインドオーケストラCD発売記念コンサート
    (3月20日・東京藝術大学奏楽堂)



彼と別れた後、とても元気が出て、レッスンは旭川での疲れも忘れて、エネルギーいっぱいに出来ました。

ほんとにすごい人だなぁ。 上野耕平さん。

2312141[1]
小学校6年生の時の上野君です。
新浜小学校の定期演奏会に、交流のあった東海村立舟石川小学校
サックスアンサンブルが友情出演してくれました。
この頃から、すでに「すごい人」でした。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-01-16(Sat)19:11 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-01-16(Sat)22:55 [編集]