田川伸一郎のブログ

心の響き 心の歌

今日は、県内の小学校の歌唱指導にお招きいただきました。
卒業式に向けての、4・5年生の合同授業、そして、6年生の授業です。


2時間連続の指導、そして、バンドではなく、一般の子どもたちとの授業です。
自分自身にしっかり気合いを入れて、お伺いしました。


はじめは、4・5年生の授業でした。

体育館に入ると、大勢の子どもたちがスタンバイ。
みんな静かに行儀よく、しかも、締め付けられた感じがない、力の抜けた自然な雰囲気で待っていてくれました。
2学年合同練習が初めてという日なのに、ざわざわした感じが全くありません。
何と良い子たちなのでしょう!

あいさつの後、まずは、一度歌を聴かせていただきました。
曲は『さようならは言わない』...しみじみとした曲想のちょっぴり大人っぽい曲です。

子どもたちの歌は、「子どもであることの誇り」をいっぱい感じる歌声でした。
日々の生活の中で、子どもたちが、たくさん感じ、伝え、動き、躍動している証のような歌声でした。
音楽の先生はもちろん、子どもたちの毎日の生活を導く担任の先生方の思いやお力の高さを感じました。

IMG_0012_convert_20160226221152.jpg

                 IMG_0021_convert_20160226221211.jpg

IMG_0024_convert_20160226221228.jpg

                 IMG_0028_convert_20160226221251.jpg

お話しをするために、「先生のそばに集まろう!」と言うと、この大人数が、騒がず、さっと移動して座りました。
こういうのを、本当の「人間力」っていうのかな。
お話の聞き方は、もちろん眼でしっかりと...
いつもどんな教育を受けているんだろう。

「あたりまえのこと」かもしれない。
でも、こんな「あたりまえのことがあたりまえにできること」を身につけさせるのが全ての大前提。
一瞬一瞬に、先生方のご指導のすばらしさと子どもたちのすばらしさを感じ、神聖な気持ちになりました。

歌の指導は、「歌詞の思いをどう歌に込めるか」ということに集中してみました。
旋律との関係、語感を生かすこと、強弱に思いを込めること...
心が柔らかく、素直な「受け皿」を持った子どもたちの歌声は、また一味違ったものになりました。
その豊かな表情と共に...

IMG_0036_convert_20160226221308.jpg


そして、6年生の授業です。

こちらは、音楽室でおこなわれました。

卒業を控えた子どもたち。
先ほどの4・5年生の雰囲気をよりすばらしくしたような、落ち着きと朗らかさ、そして、素直な瞳。

聴かせていただいた『最後のチャイム』の歌声は、どこまでも温かい響きでした。
子どもたちの姿とぴったり一致する響きです。

この6年生の授業では、「卒業」に向けての話を歌詞と絡ませながらさせていただきました。

「この曲の『チャイム』って、作者は何を象徴しようとした言葉なんだろう?」と発問すると、いくつかの答えのあと、ある男の子が「日常」と答えてくれました。
おぉぉ、それなんだよ!
私は、おもわず駆け寄って、頭をなでなで。 みんなも拍手!

日常・・・子どもたちにとっては、今日とか明日とかいう「単発的な日」の連続かもしれませんが、6年生の担任の先生は、4月をスタートにした卒業までの「長距離マラソンランナー」です。

いつもどこかに、「この子たちを立派に卒業させてやりたい。笑顔で卒業させてやりたい」という願いを持って、走り続けます。
時には、一緒に走れない子どもを自分が引っ張る台車に乗せて一生懸命引っ張ろうとし、時には自分が走り疲れて座り込み...
そんな時には、ちゃんと仲間の先生が一緒に走ろうとしてくれたり、代わりに走ってくれたり、子どもたちが「先生、がんばろう!」って支えてくれたり...

歌詞の中には、子どもたちの「日常」がたくさん書かれていますが、「先生」は一度も出て来ません。
「子どもが主役」だから、それでいいんです。

でも、そんな「日常」を支えてくれた先生に「ありがとう」の思いを伝えるなら、この曲の中で出来ることが...
「みんな」とか「誰もが」とかではなく、「ぼくが、私が」...あなたはどうする?

・・・こんな話をしながら、練習を進めました。

IMG_0075_convert_20160226221343.jpg

                 IMG_0039_convert_20160226221325.jpg

IMG_0083_convert_20160226221400.jpg

                 IMG_0106_convert_20160226221416.jpg

子どもたちの素直な瞳は、さらに輝きを増していきました。
歌の魂が、子どもたちの素直な気持ちによって広がり、高まり...
強い意思と深い思いが感じられる歌になりました。

歌い切った子どもたちに先生方も思わず拍手...音楽の先生は涙いっぱいに、子どもたちをほめたたえていらっしゃいました。

これから卒業までの日々、「長距離マラソンランナー」として走り続けてきた担任の先生と一緒に、しっかりと走り抜いてほしい。

IMG_0134_convert_20160226221433.jpg


校長先生、先生方の思いと力がひとつになると、こんなに豊かな子どもたちが育ち、こんなに感動的な歌声が育つのだなと、改めて「学校という力のすごさ」を感じさせていただきました。

そして、子どもって、やっぱりすごい。
子どもであるってすばらしい!

そんな気持ちでいっぱいになりました。

心の響き合う、良い卒業式になりますよう、お祈りいたします。

お招きいただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-03-01(Tue)22:03 [編集]