田川伸一郎のブログ

群馬県の中学校~新しい出会い

昨日は、はるばる群馬県まで日帰りで行って参りました。

中学校の皆さんと新しい出会いをさせていただきました。


顧問の先生は、前からのお付き合いがありましたが、このバンドでのお招きは初めてのことです。

IMG_0119_convert_20160508203551.jpg

先生は、合唱指導も素晴らしく、前任校でも、吹奏楽部の生徒や学年合唱で大きな大会に臨んでおられました。

授業と合唱と吹奏楽を連携させるご指導は、そのすべてのレベルアップに相乗効果をもたらしています。

初めてお伺いした学校ですので、「どんなバンドですか?」と、部員の皆さんに聞いてみました。

「とても元気なバンドです。」
「個性がとても豊かなみんなです。」
「言われたことはすぐやれますが、すぐ忘れちゃうんです。」(皆、笑)
「3年生が幼い感じです。」(と3年生が言っていましたが、幼いというより、とてもナチュラルで開放的な皆さんでした。)
「学級や学年でも活躍している人がけっこういます。」
・・・
色々な話をしてくれる生徒さんたちの目はキラキラしていました。

先生もニコニコしながら、生徒たちの話を聞いていらっしゃいました。

先生のことは...
「とても指導熱心で、けっこう褒めてくださる先生です。」
「歌がとても上手です。」(ピアノも超絶に上手いんです。)
「あいさつや返事など、当たり前のことの大切さをしっかり指導してくださいます。」
「表現力が豊かで、話も面白いです。」
・・・と、大絶賛でした。


基礎練習では、足上げしながらロングトーンをしたり歌ったりという練習を取り入れていました。

IMG_0115_convert_20160508203506.jpg  IMG_0116_convert_20160508203524.jpg

それを、腹筋を意識し、肩やのどに力を入れずにやるというポイントを押さえてやっています。
基礎合奏の音は、とても良い音で、しかもよくブレンドするサウンドでした。

歌っては吹き、吹いては歌い...その練習でハーモニートレーニングもどんどん良くなっていきます。

IMG_0118_convert_20160508203929.jpg  IMG_0121_convert_20160508203610.jpg

曲の練習は、課題曲が中心でした。

アインザッツやタンギング、リズム、音の形など、基礎的な内容が中心の段階でしたが、吸収力のある生徒さんたちで、始終、とても気持ちの良い返事と共に、演奏も少しずつ向上していました。

2.3年生だけでの練習でしたが、編成の関係で必要な音が埋まっていないパートもあり、これから1年生を育てて、どうしても音を出してもらわなければならない箇所があることも確認しました。

20数名の1年生が入部しているそうで、今回は会えませんでしたが、皆の努力にも期待したいところです。

IMG_0124_convert_20160508203705.jpg  IMG_0125_convert_20160508203720.jpg  

IMG_0123_convert_20160508203647.jpg  IMG_0122_convert_20160508203628.jpg

最後の最後まで、気力や集中力、返事の良さが持続し、変容し続けた皆さんに拍手です。

休み時間や練習後も、元気な笑い声で音楽室は活気いっぱい。

歌も大好きなこの皆さんは、これからは合唱にも積極的に取り組んでいくそうです。

それは必ずや、バンドのサウンドや表現力にもプラスになっていくと信じます。

IMG_0129_convert_20160508203736.jpg
「さあ、世界に向けて発信する写真を撮りますよ~!」と言うと、まず「えぇぇぇぇっ!キャ~!」と大騒ぎ。
それから髪を直したり、顔を見合ったりと、大はしゃぎでしたね。
そんな君たちの明るさやお茶目さが、とても好きになりました。
これからも信頼できるすばらしい先生と一緒に、良い音・良い音楽・良い人間を目指して努力を重ねてくださいね。
またお会いしましょう!

お招きいただき、ありがとうございました。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-05-11(Wed)21:09 [編集]