田川伸一郎のブログ

千葉県の中学校バンド

昨日は、県内でも車で2時間ほどかかる中学校にお伺いして来ました。

IMG_0039_convert_20160510151457.jpg

顧問の先生とは、超長いお付き合いです。
何と・・・先生が中学校1年生の時からです。

私がその中学校に見学に、時々伺わせていただいた時に中学生だったという訳です。

高校生になってからも吹奏楽を続けていた先生は、いつしか「教師になりたい」という夢を持ち、私が指導する小学校の演奏会や練習見学に足を運び、長いご縁をつないでくれていました。

念願叶って中学校の先生になり、吹奏楽部の顧問になり、そして、こうして私のアドバイスを求めてくれる時が来ました。
部活以外でも、もちろん担任や生徒指導の面でも、大活躍しているようです。

根底には、中学校時代の自分自身の体験や幸せがあり、支えとなっているのです。
バンドの活動の姿や雰囲気も、あの頃の中学校の姿と似ている面が多いです。
こうして、良い教育の「DNA」は引き継がれていくのだなと思います。

IMG_0010_convert_20160510151346.jpg  IMG_0037_convert_20160510151440.jpg

このバンドの顧問になってから3年目。
先生の指導を素直に受ける生徒たちの意欲は、膨らむ一方です。

真っ白で純粋なキャンバスに、皆で「音楽」の絵を描いていくような、のびやかな活動ぶりです。
今年は、生徒たちからの「どうしても」の願いで、マーチングにも取り組むとのこと。

練習の負担や様々な他のこと(勉強との両立も)のリスクもあることをわかった上で、熱望しているのだそうです。

何というやる気に満ちた生徒たちなのでしょう。

おまけに、合唱にも取り組んでいます。
これは、先生の方針あってのことですが、全てを包括してこのチームの「パワー」になっています。

IMG_0024_convert_20160510151421.jpg  IMG_0015_convert_20160510151403.jpg

IMG_0005_convert_20160510151328.jpg  IMG_0001_convert_20160510151310.jpg

課題曲も自由曲も、まだ粗削りの演奏ですが、今は細かいことはあまり気にせず、曲全体に慣れることを中心に練習を進めているようです。

でも、私は、細かいことを突っ込んでしまいました...「宿題だよ」と言って...

特に3年生は、最後の夏にかけるエネルギーを、もうすでにバリバリ出していました。

入部したばかりの1年生たちは、床に座って、ひたすら先輩たちの演奏を聴き、スコアやパート譜を追っていました。
この間まで小学生だった子どもたちが、こんな細かい音符が並んだ難しい曲のスコアを読んでいるのですから、本当に不思議でなりません。

音符というより、スコアという「絵」を追っているのかもしれませんが...

これも、「良い環境」という刺激があってこそです。

IMG_0061_convert_20160510151514.jpg
熱意に満ちた顧問の先生方のご指導の元、「やるべきことをやる」というレベルを超えて、「やりたいことをやる」と、次々に意欲を高め、成長していっている皆さん。
こんなにたくさんの仲間がいて、心が音楽に向かい、「今」という時に集中し、皆さんは本当に幸せな中学生だと思います。
演奏は、まだまだこれから作り上げていく段階ですが、皆さんの「真っ白なキャンバス」に、どんな絵が描かれていくのか、とても楽しみです。
初めて取り組む「マーチング」でも、きっと座奏では得られない大きな感動を得られることでしょう。
皆さんとお別れして、校舎を後にする時、音楽室から『家路』の美しい混声合唱の歌声が聴こえてきました。
「おたがいに今日もいい日だったね そんな話をしながら家路をたどる♪」...帰り道は雨の中のドライブになってしまいましたが、皆さんの熱気ある演奏と温かい歌声がずっと心に響いていました。
これからも、先生方のご指導を信じ、心ひとつに、素直な気持ちで、まっすぐに音楽に向かい合ってくださいね。
またお会いしましょう!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-05-11(Wed)21:13 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-05-12(Thu)22:37 [編集]