田川伸一郎のブログ

小学校の音楽科授業研究

今日は、県内の私立小学校の音楽科授業研究にお伺いして来ました。

この学校の授業研究に関わり始めてから、もう何回目の授業になるでしょうか。
おふたりの音楽専科の先生が、年に3回程度の授業を展開されます。

私学の先生方、特に音楽専科の先生は、他校との授業研究に参加することもなかなか難しく、それゆえ、勉強しなければ、それで済んでしまうという怖さもあります。

市教研のような場合でも、授業者に当たるという経験は、毎年毎年あるわけでもなく、初任者以外はなかなか機会に恵まれない(逃げていられる?)のも事実です。

それを、ご自身から進んで研究授業に取り組まれるこのおふたりの先生方は、尊敬に値します。

今日は、おふたり共、授業を展開されました。

3年生と5年生の授業でした。

3年生は、題材『リコーダーのとなかよしになろう』で、教材は、「とどけよう このゆめを」でした。

IMG_0007_convert_20160602200708.jpg

本時の目標は、「歌い方にあった演奏の仕方を工夫しよう」で、曲の中の「なめらかな部分」に添えられた「シ・ラ・ソ」を使ったリコーダーの副次的旋律を優しく美しく演奏することを目指して授業が進められました。

子どもたちは、リコーダーが大好きで、吹きたい気持ちが先行し、「優しく」とか「美しく」とかいうことよりも、指を動かして、楽譜どおりに演奏出来れば、「できた~!」と満足してしまいます。

今日も、リコーダーの一番の基本である「タンギング」についいては、まだまだ未完で、「優しい音色」と「正しい奏法」の接点をしっかりと見極めることが必要であることを事後研修で確認しました。

子どもたちに、しっかりとした基本を身につけさせるためにも、教師の範奏を模倣させることはとても大切です。

友達同士の教え合いの場面もありましたが、観点をしぼってアドバイスし合うことは、現在の段階では難しかったようです。
タンギングしている音か、そうでない音かの聴き分けが出来る耳を育てることも、一斉指導の中で必要です。

IMG_0006_convert_20160602200648.jpg  IMG_0005_convert_20160602200632.jpg

また、教科書や副教材とは別に、リコーダーの基礎技術を習得するための、「ショートトレーニングプログラム」を確立することもお勧めしました。


5年生は、題材『いろいろな音のひびきを味わおう』で、教材は「いつでもあの海は」でした。

IMG_0012_convert_20160602200724.jpg

本時の目標は、「音の重ね方のちがいを生かした歌い方を考えよう」で、合唱の対位法的な部分と和声的な部分の歌い方をどのようにしたら、曲の良さが生きるかということを個人やグループで工夫する授業でした。

先生は、2色の付箋を用意し、「どのように歌うか」と「その理由」を別々の色の付箋に書いて楽譜に貼り付ける形で進められました。

こういう場面の「工夫」とは何なのか...

指導書にも、あちこちに「工夫」という言葉が並び、当然、指導案にも、子どもたちへの言葉かけにも、「工夫」という言葉が多用されることが多い今の音楽授業です。

特に合唱の場合、私はまず歌い込み、「どこが気持ちいいか」「どこがきれいと感じるか」ということが先だと考えています。
その上で、その「気持ち良さ」や「美しさ」をますますふくらませるためには、どう歌ったらいいかを考えていくのではと思います。

日頃の先生のご指導と子どもたちの高い能力で、言葉としては、付箋に様々な言葉が並びましたが、「頭」で考えた意見が多くなり、「合唱の喜び」に直結したり、そのように歌おうとする姿が見えにくかったところは残念でした。

IMG_0014_convert_20160602200750.jpg  IMG_0019_convert_20160602200825.jpg

合唱の響きにどっぷり浸らせることの大切さを改めて学び、「工夫」はそれからで十分ということを再確認しました。


音楽の授業の中で、「教え込むこと」はたくさんあります。

それが、「教師主導型」だと言われてしまうから、「工夫」という言葉で「形だけ子ども主体型」にしてしまうのではなく、「教え込むべきこと」や「身につけさせるべきこと」は、遠慮なく教師主導で進めてほしいと思います。

「活動あって学習なし」の授業ではなく...


先生方と共に、「教えるべきこと」と「考えさせるべきこと」の境界線について深い研修が出来た貴重な授業研究会でした。

またこの学校の音楽教育が一歩前進しました。

私自身も...

共に学ばせていただき、ありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-06-03(Fri)20:06 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-06-05(Sun)20:07 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-06-09(Thu)07:00 [編集]