田川伸一郎のブログ

福島県から~その2~

引き続き、福島県でお伺いしたバンドをご紹介します。

IMG_0002_convert_20160605214356.jpg

IMG_0003_convert_20160605214415.jpg  IMG_0005_convert_20160605214433.jpg

IMG_0006_convert_20160605214452.jpg  IMG_0007_convert_20160605214512.jpg

IMG_0010_convert_20160605214531.jpg
この中学校の顧問の先生は、赴任されて2年目です。
「コンクールの結果も大事だが、それ以上に、この学校の生徒として、また人として良くあるべきだ」と、人間教育をとても大切にされていらっしゃいます。
そんなお考えは、吹奏楽の指導方法にも表れていて、指示もされますが、生徒たちに考えさせる活動を重視されていらっしゃいます。
始めに見せていただいた先生がリードする基礎合奏でも、演奏の後、「今の演奏は、どうだった?問題点はあるかな?」と投げかけ、それに対して、何人もが手を挙げ、自分の気づいたこと、感じたことを発表し、修正していきます。
その発言の活発さにも、具体的な内容にも、驚きました。単に、いつも言われていることを並べたような意見ではないところがすばらしいです。
以前は、こういう活発な話し合や意思表示、は少々苦手なバンドで、先生から言われたことを黙ってひたすらこなすような感じがありました。
互いのコミュニケーションが豊かなバンドの演奏は、曲の中でも伝わってくるものが違います。
課題曲中心のレッスンとなりましたが、パート内、パート間のアンサンブルの良さを感じられる場面が何度もあり、機械的ではなく、人間的な演奏を作り上げることが出来るバンドに成長していることをうれしく思いました。



IMG_0026_convert_20160605220729.jpg

IMG_0014_convert_20160605220635.jpg  IMG_0012_convert_20160605220615.jpg

IMG_0015_convert_20160605220653.jpg  IMG_0022_convert_20160605220711.jpg

IMG_0029_convert_20160605220745.jpg
今回、初めてお伺いさせていただいた中学校です。
顧問の先生は、今年度赴任されたばかりで、生徒さんたちと出会ってからまだ2ヶ月ほどの付き合いです。
生徒さんたちに、「新しい先生はどうですか?」と問いかけてみると、「私たちのことを一生懸命教えてくださる先生です。」「直すべきことを細かく教えてくださり、私たちが向上していけるなと感じられる先生です。」「ともかく頼もしい先生です。」と好意的な意見が次々出ました。
「前の先生もいい先生だったでしょ?」「ハイッ!」
前任の先生のことも、新しい先生のことも、両方の先生を信頼し、新しい顧問の先生に代わっても、その先生のやり方をまっすぐに受け止めていける豊かで柔軟な心を持ったすばらしい中学生たちでした。
もちろん、初めて会った私のことも、笑顔で迎えてくれ、課題曲のマーチのレッスンをしている最中には、何度も皆でニコニコしたり、大笑いしたり...「確か、さっき初めて会ったばかりだよねぇ。何だかずっと前から知っているような気がするよ。ほんとにいい子たちだね!」...私は心からそう話しました。 皆もうなずき、またニコニコ笑顔!
3年生のチューバ君、バリサク君、バスクラさんの3人のビート感が素晴らしく、マーチをとても軽快にしてくれていたのが印象的でした。
3人を皆の中心に配置して、指揮無しで立って演奏してみたら、「こりゃ、指揮者いらないね!すばらしい!」というほど、皆のテンポキープが見事でした。
これからの成長が楽しみなバンドです。初めての出会いに感謝します。



IMG_0021_convert_20160603213324.jpg

IMG_0024_convert_20160603213344.jpg  IMG_0028_convert_20160603213402.jpg

IMG_0029_convert_20160603213522.jpg  IMG_0036_convert_20160603213542.jpg

IMG_0041_convert_20160603213558.jpg
今回、唯一お伺いした高校バンドです。
部員数が、数年前の2倍以上に増えていますが、全部員の半数位は、高校から始めた初心者だそうです。
私は、顧問の先生方の魅力が部員増加の元だと感じていますが、指揮の先生は、「いや、そうではありません。部員たちの心がとてもいいんです。人間力があるというか、どんなことでも支え合い、問題が起きても、必ず良い道に自分たちで戻していける。そんな生徒たちの雰囲気が、安心して入部出来る元になっているのだと思います」と。
先生と生徒さんたちの信頼関係の強さは、練習中の何気ない会話にも見て取れました。
私からの質問にも、よく答え、身体や声を使った練習にも素直に応じ、笑顔と緊張感のバランスもちょうど良い、「音楽しやすい空気」を自分たちから作っていることが素晴らしいです。まさに「人間力」です。
理屈や技術的な指導以上に、イメージや感性に触れるアドバイスをすると、音楽表現がどんどん変わっていき、自由曲のレッスンだけで、気づいたら予定時間を30分もオーバーしてしまっていたほど、私も生徒さんたちも練習に集中でき、顧問の先生からも、「生徒たちの表情が、本当に生き生きと楽しそうで、そんな顔を見られたこともうれしかったです」と喜んでくださるような素敵な時間を共有させていただきました。
課題曲も聴きたかったなぁ!


                 IMG_0020_convert_20160603213257.jpg
                 いい合言葉です! あったかいなぁ。



IMG_0035_convert_20160604230021.jpg

福島県の先生方、生徒のみなさん、お世話になりました。
またお会いしたいです!  

その日まで...さようなら~!
お招きいただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-06-06(Mon)20:52 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-06-11(Sat)13:17 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-06-11(Sat)22:47 [編集]