田川伸一郎のブログ

人数は少なくても

昨日は、千葉県立九十九里高等学校吹奏楽部にお伺いしました。
同じ千葉県内でも、我が家からは2時間近く車を走らせて伺う遠い外房の学校です。


IMG_0029_convert_20160609220208.jpg

九十九里高校吹奏楽部は、私がお手伝いさせていただいているバンドの中で、最も小さいバンドです。

今年度の部員は、1年生から3年生まで合わせて17名。
数年前には、30名を越えた年もありましたが、入学生数自体が減少していることもあり、部員確保もなかなか難しくなっているようです。

それでも、私がお手伝いを始めた時の部員数はわずか5名でしたから、17名と言えども、このバンドとしては、まだ充実している人数なのです。

当時は、5名で県の連合音楽会に出場し、卒業式でも入学式でも生演奏をし、その「あきらめない気持ち」が、今のバンドにつながっています。
私も、このバンドのために何曲もアレンジをして差し上げて来ました。

昨日は、今年度初めてのレッスンでした。

1年生は、初対面となりますが、このバンドの家庭的な雰囲気にすっかり溶け込んでおり、さらに、先生が私の『未来へのファンファーレ』のDVDを見せて、「予習」させておいてくださったので、何の抵抗もなく、私も入っていくことが出来ました。

クラリネットの1年生の一人は、「私、1日24時間ずっと練習していたいんです!練習が大好きで、もっともっと練習したいんです」と猛烈なやる気で、朝練習にも早くから来て取り組んでいるそうです。

そんなやる気いっぱいの1年生を迎えての今年度のスタートは、いつものほのぼのとした「温度」でスタートしました。

まだコンクール曲も決まったばかりで、譜読みの段階ではありましたが、ところどころ、とても良いサウンドやハーモニーを聴くことが出来、「おっ!いいぞ!」と褒め褒めの場面も。

そして、このチームらしい私への「歓迎の儀式」は、皆の演奏に合わせてのサックス君の『上を向いて歩こう』の歌でした。

IMG_0038_convert_20160609220529.jpg

また、これがいい顔で、いい声で、私のそばまで歩いて来て歌ってくれるのです。

こんな素敵な歓迎、ありがとう!


そして、練習も、みっちりとして、これからの課題もはっきりさせました。

IMG_0034_convert_20160609220359.jpg  IMG_0031_convert_20160609220254.jpg

IMG_0030_convert_20160609220231.jpg  IMG_0032_convert_20160609220314.jpg

来週には、老人ホームへの訪問演奏も計画しており、年間を通じて、そういった高齢者施設や幼稚園への訪問、学区の小学校・中学校との合同音楽会など、地域活動を積極的におこなっており、それが学校の「コミュニティースクール活動」の一環としての評価を得ています。

人数は少なくても、皆の心を合わせ、地域の方々に喜んでいただける活動を今年も展開していってほしいと思います。

コンクールでは、「ゴールド金賞」には、いまだご縁のないバンドですが、私にとっては、そんなことは関係ありません。

往復約4時間の道のりも、この生徒たちのためならと、心軽やかに走れる...
そんなチームなのですから。

IMG_0044_convert_20160609220549.jpg
今年も笑顔でファイト! 九十九里高等学校吹奏楽部 (指揮:行方綾美先生)


                 IMG_0035_convert_20160609220430.jpg
                 こんな音楽室からの風景にも癒されます。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-06-10(Fri)19:18 [編集]