田川伸一郎のブログ

函館から~6月・その2~

引き続き、函館で今年度初めてお伺いした学校をご紹介します。

IMG_0061_convert_20160613080447.jpg

IMG_0062_convert_20160613080505.jpg  IMG_0063_convert_20160613080522.jpg

IMG_0064_convert_20160613080538.jpg  IMG_0067_convert_20160613080556.jpg

IMG_0082_convert_20160613080614.jpg
北海道新幹線の北海道一番駅である「木古内(きこない)」にある木古内小学校です。
このバンドも長い歴史があり、私が初めて函館にお招きいただいた平成5年頃からのお付き合いをさせていただいています。
「こども音楽コンクール」では全国一位になったり、日本管楽合奏コンテスト全国大会で「最優秀賞」に輝いたりという輝かしい成績も残されています。
ここ数年、校内事情でバンド活動が進まず、一時は6名ほどの部員で細々と活動していたのですが、今の顧問の先生が赴任されて、「復活させるぞ~!」と情熱的にご指導され、わずか2年で23名もの部員が集まり、夏の吹奏楽コンクールにも出場するという
うれしい展開になっています。
まだ音の良く出ない3年生も、みんなみんなとても楽しそう。
無理のない易しい曲を選び、高学年の子どもたちが、様々に楽譜を入れ替えて穴を埋め、打楽器の男の子はホルンまで吹き、少しでも充実した音と音楽を作ろうと工夫されています。
先生は、木古内中学校の編成を調べ、どんなパートが中学校に必要かを考えて6年生に担当させ、中学校のバンド運営のことまで考えていらっしゃいます。
木古内中学校とは、よく合同で練習し、良い兄弟バンドになっています。
復活がうれしい! 親子2代で私のレッスンを受けたという子どももいます。 これからもがんばれ!



IMG_0068_convert_20160613082249.jpg

IMG_0069_convert_20160613082308.jpg  IMG_0071_convert_20160613082325.jpg

IMG_0072_convert_20160613082345.jpg  IMG_0081_convert_20160613082400.jpg

IMG_0078_convert_20160613082417.jpg
前述の木古内小学校の子どもたちが進学する木古内中学校吹奏楽部です。
このバンドも、過去には東日本学校吹奏楽大会で金賞を受賞したり、日本管楽合奏コンテスト全国大会で最優秀賞を受賞したりと、大活躍の「小編成バンド」でしたが、生徒数の減少(ここ数年で半減してしまいました)や小学校のバンド活動の停滞で部員数が激減し、この冬場は過去最少の7名という寂しい部員数で活動していました。
その7名での活動が少しでも楽しくなるようにと、私は7名で演奏できるようにアレンジした楽譜を何曲かプレゼントしました。
そして、4月、小学校の「復活」のおかげで、7名の1年生を迎えることができ、14名でコンクールに向かえることになりました。
北海道新幹線の開通式でも、小学校と合同で立派に祝典演奏を成し遂げた喜びが、現在の心につながっています。
1年生も、すっかり中学生の顔になり、7名の先輩たちと共に、大切な戦力となって演奏に参加しています。
木古内中学校の前顧問は、今、上磯中学校で大活躍されている中條淳也先生です。
私がフリーになってから6年間、中條先生、そして、現在の指揮者・欠直哉先生と共に歩んで来た木古内中学校吹奏楽部は、私の中では大切な宝物のようなバンドです。
いつも温かい音、真心の音楽を響かせる木古内中学校吹奏楽部にこれからも愛情を持ってお付き合いしていきたいと思います。
がんばれ! 木古内中学校吹奏楽部!



IMG_0053_convert_20160613080217.jpg
北海道新幹線「木古内駅」です。

                 IMG_0059_convert_20160613080313.jpg
                 道の駅「みそぎの郷 きこない」です。 「きーこちゃん」と一緒に。

IMG_0056_convert_20160613080239.jpg
この道の駅には、すでに20万人ものお客様が訪れたそうです。
うれしい記録です。


                 IMG_0058_convert_20160613080256.jpg
                 これが、1月におこなわれる木古内伝統の寒中行事「みそぎ」です。



IMG_0029_convert_20160611222841.jpg

IMG_0031_convert_20160611222901.jpg  IMG_0036_convert_20160611222920.jpg

IMG_0045_convert_20160611223004.jpg  IMG_0037_convert_20160611222944.jpg

IMG_0048_convert_20160611223028.jpg
今回、唯一お伺いした高校バンドです。
函館地区に長くお世話になっているので、この高校の部員の中には、最長小学校3年生から10年間ずっとお付き合いしている部員もいます。
顧問の先生は、何と埼玉県の伊奈学園総合高校のご出身で、故井上謹次先生のレッスンも受けたことがあるという方で、北海道の先生でありながら、私と話が通じることが多い先生です。
緻密に練習して来た課題曲の『クローバー・グラウンド』を聴かせていただき、さらに楽譜をよく読み込んで、楽譜のとおりに演奏するということに戻ると、より立体的で、生き生きとした演奏に変容しました。
イメージも大切ですが、楽譜に書かれた「情報」を細かく読み込むと、たくさんのヒントが見えてくることがわかり、生徒さんたちも、「そうかぁ!」と納得して演奏していました。
そして、皆、顧問の先生との人間関係がとても良いせいか、穏やかでなごやかな雰囲気がずっと音楽室に持続します。
もちろん、笑顔と笑いにも溢れ、土曜日の5校目のレッスンであったにもかかわらず、私も笑顔で全力投球出来ました。
自由曲は、よく演奏される有名な曲ですが、今まで聴いたことがないカットでの演奏。構成力が難しいですが、先生には深い思いがあってのこと。これから完成に向けての道程がとても楽しみです。


IMG_0050_convert_20160611223112.jpg
レッスン後、この高校の窓から見えたあまりにも美しい夕焼けです。


IMG_0051_convert_20160611223050.jpg
土曜日の夜、ごちそうになったじゃがバター(函館では塩辛を載せていただきます)と、活イカです。
動画に出来ないのが残念ですが、イカは元気に動いておりました。
美味しくてたまりません。
お昼は、車移動時の「コンビニおにぎり」だったので、美味しい夕食はありがたやです。
ごちそうさまでしたっ!



今回はアップしなかった他の中学校2校も、5月からの成長著しく、たった1ヶ月でなぜこんなに変容出来るのか、私が教えてもらいたい気持ちでした。
まず、「音そのものが良くなっていること」に驚きでした。
どんな練習をしていたのかなぁ。
すばらしい!

浜松でのバンドクリニックですばらしい演奏を披露してくれた上磯中学校にもお伺いし、バンドクリニックの後、練習し始めたという課題曲候補2曲と自由曲候補2曲を聴かせていただき、中條先生との話し合いの結果、課題曲も自由曲も決定しました。
今年も、超中学校級の曲をハイレベルな演奏で聴かせてくれそうです。


函館には、7月にもお招きいただいています。
受講希望校が19校もあるということで、スケジュールを立ててくださる先生は、うれしい悲鳴を上げておられます。
私のような者をこんなに大切にしていただき、本当にありがたいことです。
4日間では回り切れないので、お伺い出来ない学校も出てきそうです。
1週間位、函館に住めたらいいのになぁ。

熱心で優しい先生方、ほがらかで好意的に迎えてくれる子どもたち、保護者の皆さま、いつも本当に本当にありがとうございます。
7月にまたお会いできることを楽しみにしています。


お招きいただき、ありがとうございました。

                 IMG_0080_convert_20160613082439.jpg
                 さようなら~! ありがとうございました~!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-06-13(Mon)19:39 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-06-25(Sat)21:22 [編集]