田川伸一郎のブログ

よく動き回った1日

今日は、我ながら(?)よく動き回った1日でした。

朝は、小学校の朝練レッスンに駆け付け、7時20分にはレッスン開始でした。

週末は、毎週、地方へのお伺い、平日の放課後は毎日休みなくレッスンに走り回っているとなると、それ以上のレッスン対応は朝練しかなくなってしまうのです。

長い年月、あたりまえのように朝練をしてきた私にとっては、朝練レッスンもあたりまえのような感覚です。

IMG_0001_convert_20160629233256.jpg

IMG_0006_convert_20160629233336.jpg
時計をアップすると...朝のこの時間です。 えらいぞ、みんな!

それにしても、7時過ぎには登校して、合奏の準備をしている子どもたち、そして、顧問の先生には頭が下がります。

自分がやってきたこととは言え、今、こうして外からお手伝いに伺うと、すごいなぁと感心している自分がいます。
そして、ボーッとしている子などひとりもおらず、朝からスピードのある音、元気な返事、すばらしかった!

そして、朝の学校って、躍動の始まりというか、何か新鮮な空気が漂っていて、好きです。


朝練の後、少し顧問の先生と「作戦会議」をしてから学校を後にし、ひと休みしてから、今度は母がお世話になっている老健施設に向かいました。

今日は、いつもの見舞いや洗濯物の届けだけではない、とても「大事な仕事」がありました。

かねてから見学しながら探していた中で、「ここなら!」と思えていた老人ホームから、空きが出来たとの連絡をいただき、今日、母を一度連れて行くことになっていたのです。

施設からの外出は、4月にマンションの片付けの際、服を選びに連れて帰った時以来のことです。

移動は、もうシルバーカーでは無理で、車椅子のみ。
車椅子から私の車の座席に座らせるのも、車から車椅子に座らせるのも、とても大変なほど、足が弱っています。

老人ホームのスタッフの方々は、とても温かく接してくださり、母もわかっているのかいないのか、よくわかりませんが、特に拒否することもなく、「今度はここに住むんだよ」という私の言葉に、「はい」と首を縦に振ってくれました。

せっかく外出出来た機会にと、施設での昼食はキャンセルし、母が大好きな「はま寿司」に連れて行ってあげようと思っていたのに、施設を出る直前に、看護士さんから「なまものだけは、食べさせてはいけませんよ。食中毒になるといけませんから」と言われ、ガ~ン。
仕方なく、お寿司はあきらめて、いつも年越しそばを食べに行っている天王台の「よもぎ庵」でおそばを食べることにしました。

IMG_0007_convert_20160629233353.jpg

久しぶりの外出でうれしかったのか、母は、「半袖の服が欲しい」と言い出し、「はい、はい」と、しまむらへ連れて行き、また、車椅子への乗り降り。

施設に戻ってから、ケアマネさんと色々な話をし、その後、もう一度、見学させていただいた老人ホームへ行って入居日の打ち合わせや事務手続きのお話を伺い、急いで帰宅。

それからすぐに今度は、埼玉県の小学校レッスンへ。
常磐線の中で、明日の中学校でレッスンする曲のスコアを読んでいたのですが、いつの間にやら・・・爆睡。
終点の上野駅でも起きず、「終点ですよ」と、他の方に起こされる始末。

そして、無事遅刻せず着いて、3時から6時までの3時間、みっちりとレッスンしました。
1ヵ月前からの大きな伸びにびっくりするほどの出来に驚き、べた褒めしながらも、細かいハーモニーのバランスや音の入れ替えにも頭を働かせて、美しい響きに調整できました。

電車でのお昼寝がよかったかな。

IMG_0005_convert_20160629233317.jpg


こうして、朝の7時過ぎから走り回った今日の私でした。

なかなか充実していました。
頑張らせてくださったみなさまに感謝です。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-06-30(Thu)20:37 [編集]