田川伸一郎のブログ

熊本地震から3ヶ月

震度7を観測した熊本地震から今日で3ヶ月が経ちます。

先日、天草にお伺いした際、熊本空港を経由しましたが、空港内もまだ被害を受けたまま修復が終わらず、立ち入り禁止の箇所もありました。

被災地では仮設住宅への入居が十分に進まず、熊本県内では15万7000棟余りの住宅で地震による被害が確認され、全壊と半壊は合わせて3万4200棟余りに上っています。
16の市町村が仮設住宅の建設を計画していて、13日までに3631戸が着工していますが、完成したのは、およそ4割にとどまり、住まいの確保も十分に進んでいません。

結果、今も4700人近い方々が避難生活を続けていらっしゃいます。

また、仮設住宅に入居出来た方も、孤独や不慣れな生活でストレスが増し、「医者に、ストレスをためないようにと言われたけど、この生活でどうやってストレスをためるなと言えるんだ。」と、苦しまれる方々も...

自宅に住めなくなった多くの方々が自宅の車庫やテントなど、いわゆる「軒先」で避難生活を続けています。
避難生活が長期化するなか、エコノミークラス症候群だけでなく、暑さ対策や梅雨の時期の安全確保なども課題になっています。
これからは、本格的な台風の心配もされる中、安心して生活できる住居の確保をどのようにすればよいのか...

仕事を失ったり休んだりしている人や、企業側から寄せられた相談は、今月3日までに2万1400件余りに上っていて、地震から3ヶ月たった今も依然、生活の再建が大きな課題となっています。


遠く離れた千葉から、何が出来るのだろうかと悩みます。

募金などには当然、協力させていただいていますが、テレビで被災に苦しむ方々の姿、生の声に触れるにつけ、行政の働きに願いを強める他は無い気もします。

1日も早く、安心して生活できる環境を...祈ります。

20160713-OYT1I50037-N[1]

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-07-15(Fri)19:28 [編集]