田川伸一郎のブログ

夏休み日々行脚の巻~その5~

千葉県の小学校の県大会が終わり、今は、県内の中学校・高校、関東各都県の学校のレッスンに走り回っています。

暑さも厳しく、特に電車での移動はきついものがあります。
汗をぬぐいながら歩き、待ち...
でも、冷房のない学校で頑張っている先生や生徒さんたちを思えば、弱音など吐けません。

今週は、主に高校レッスンが中心です。

曲もそれぞれ難しいので、スコアの予習も必死です。

頑張っています。


BBBsgZHSAWyy_gv1470139870_1470139884.jpg
tmpjqcu1oc52yOF1470139944_1470139955.jpg  IzhSPY9c5rVo6T31470139908_1470139921.jpg
今年度からお付き合いさせていただいている高校バンドで、部員は55名に満たない中でのA部門挑戦です。
岩井海岸での合宿を通して急レベルアップした演奏と、とても良くなったチームの雰囲気に、時間をオーバーしてまでレッスンし続けました。(次の学校さん、遅れてごめんなさい。)
3年生にとっては、コンクールが高校生活最後のステージとなります。 
悔いの無いよう、残された時間を限界まで使って練習を詰めてほしいです。



K1XMHXVHVgUDoEk1470139978_1470139991.jpg
cyQlBCAlfm686cW1470140015_1470140024.jpg  d7apRYHXGL7jNXO1470140046_1470140055.jpg
川口智子先生率いる千葉県立鎌ヶ谷高校の今年のコンクール曲は、バルトーク作曲の『舞踏組曲』です。 私のアレンジによるフォスターミュージック版の楽譜を使ってくださっています。
予選は、上位で通過して、11日におこなわれる本選大会に向けて、猛練習中です。
細部の音程やリズム、曲の色彩にも、万全の意識を向けて、「千葉県代表」、そして、「2年連続東日本大会出場」を目標に皆も必死です。
昨年度、東日本大会金賞の実績もあってか、夏前に音楽室にクーラーが入り、今年は涼しい中で練習。昨年は灼熱地獄でしたから...本当にありがたいです。



l4BsS_STlNavmkA1470227365_1470227383.jpg
T_1ZtSvRuCIN33X1470227459_1470227475.jpg  jLOkEbNUrOVID5L1470227412_1470227425 (1)
朝から夜までの長いホール練習に、気合いで立ち向かった高校バンドです。
私は、2階席でアドバイスを出したり、指揮台に上がって指揮をして指導したり...けっこうな運動量でした。
演奏の向上はすばらしく、技術・表現共にぐんぐん変容していきました。 後は、指揮と皆の一体感やステージの温度を変えられる「オーラ」を求めたいです。



0A4QLYbQZuIYETI1470227561_1470227572.jpg
sUt4ISb4mAxL6cb1470227625_1470227635.jpg  qi6DxjRL69EwOBN1470227595_1470227604.jpg
今年度からお手伝いさせていただいている高校バンドです。
ホール練習を生かして、様々なバランスや曲全体の構成感、立体感、色彩感...学校で出来る細かなことはこちらに置いて、音楽全体の聴こえ方をじっくりと検証していきました。
学校で聴く以上に、金管や打楽器が聴こえてびっくり。 やはりホール練習は必要だとつくづく感じた時間でした。
学校で出来る(やらなければならない)ことにも、最後まで手を抜かず、課題をひとつずつこなしていきましょう!



CN6ZbfLwuGlTciL1470313419_1470313430.jpg
LcVyQpygD9vpgsv1470313384_1470313399.jpg  aV7ExnmXu4p1VBO1470313454_1470313466.jpg
東京都内の高校バンドです。 コンクール前でありながら、美しい合唱で迎えてくれてありがとう!
音符のひとつひとつが求めている音の形や、フレーズのエネルギーの変化、曲全体の構成感を生かした表現の工夫など、音楽づくりに徹した練習が出来ました。
半日のレッスン、ビフォアー・アフターのように変容し、立派でした!
ドラマチックな曲の雰囲気が、皆の一体感の元、生き生きと客席に届きますように...



Y0pDiJ8g0WYFWwF1470313541_1470313552.jpg
qTQ47ohGkiMmv4h1470313490_1470313500.jpg  bJUJh07EdDFdDqq1470313516_1470313523.jpg
神奈川県の高校バンドです。 良い緊張感の中に、ワクワクするような明るさがある練習の雰囲気は、すばらしいです。 
課題曲のマーチでは、楽譜に書かれた情報や作曲者の意図をより深く読み取り、それをいかに自然に表現に組み入れるかという練習が中心になりました。
自由曲では、鮮やかな場面転換、色彩感豊かに音楽表現を演出することを勉強しました。
課題曲と自由曲、半日で課題てんこ盛りにピックアップしました。 大会までにどれだけ自分たちのものに出来るか、楽しみです!



コンクール千葉県大会も中盤戦を過ぎました。
今日で、中学校の各部門の予選が全て終わり、明日・明後日の高校A部門の予選を残すのみなりました。

本選大会は、中学校・高校B部門が11日、中学校A部門が12日、高校A部門が13日となっています。
猛暑の中、毎日、熱演が続く千葉県文化会館です。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-08-05(Fri)13:15 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-08-05(Fri)18:38 [編集]