田川伸一郎のブログ

がんばれ!東関東大会に向かって~1~

2学期に入ってから、毎日、東関東吹奏楽コンクール小学校の部、高等学校B部門に出場する学校のレッスンに伺っています。

中には運動会を控え、その練習に疲れながら頑張っている学校もあります。

皆、せっかく手にした「東関東大会への切符」を大切に握りしめて、努力に努力を重ねています。

私も、少しでも演奏が向上するようにと、必死にアドバイスです!

まだ暑さとの闘いも終わりません。

いい汗をかいています。 先生も子どもたちも、そして、私も...


IMG_0002_convert_20160901212723.jpg
曲の各部分の情景が浮かぶように、また、変化に富んだ演奏になるように、擬音を工夫したり、音色やサウンドを変化させるためにアタックや息のスピードや楽器の組み合わせを工夫したりと、曲づくりに余念がありません。
皆、真面目で、ちょっと控えめな子どもたちですが、曲の中では居直って表現出来るようになってきました。
暑い体育館でも、集中力を保ち、どんどん向上していくたくましさには感心しました。
まだまだ可能性たっぷり、どこまで変容出来るか楽しみです! 



IMG_0001_convert_20160902223606.jpg
県大会前に比べて、全体のバランスが良くなり、サウンドに豊かさが増して来ました。
新入部員の4年生も含めて、部員全員での大人数の演奏には、当然のごとく、迫力と重量感が溢れています。
弱奏部の音の安定、速いスケール、決め所のピッチはまだまだ改善出来そうです。
この学校は、東関東大会の前日まで6年生が日光へ修学旅行です。指揮者の先生も6年生担任というきつい条件。
前日の夕方遅くに栃木から帰って来て、翌日早朝から、また栃木へ...体力と精神力の限界にも挑みます!



IMG_0001_convert_20160903215535.jpg
昨年度、「東日本学校吹奏楽大会・金賞」「日本管楽合奏コンテスト全国大会・最優秀グランプリ」「こども音楽コンクール・文部科学大臣奨励賞」と、「三冠王」に輝いた船橋市立高根東小学校は、大勢の6年生が卒業してしまい、今年は、3~6年生全員で26名という小さな編成で頑張っています。
それでも、千葉県大会では、第1位という最高の成績を収めました。
新しい指揮者の先生も熱心なご指導で、緻密なアンサンブルを作り上げていらっしゃいます。
東関東大会でも、心ひとつにがんばってください。



IMG_0002_convert_20160903215557.jpg
小学生には難しい選曲にもかかわらず、先生がひとりひとりをよく指導され、正確な読譜で立派な演奏を作り上げています。
曲の雰囲気に合った独特な表現が必要ですが、場面ごとの音そのものの作り方を特に勉強しています。
音の立ち上げ方や処理の仕方、息のスピードの変化によって、様々な音色が出せるようになってきています。
さらに、強弱の幅を広げたり、打楽器のマレットや皮物のチューニングを工夫したりということで、より印象的な演奏になりそうです。
夏休みも、たくさん練習し、休みが少なかったようですが、それにもめげない強く、やる気のある子どもたちです。



IMG_0001_convert_20160904232845.jpg
高校B部門に出場する高校の貴重なホール練習をお手伝いさせていただきました。
細かいテクニカルな部分も精度が上がっていますが、ホールでの練習では、各声部のバランスを調整したり、フレーズをより大きく取らないと説得力に欠けることも分かりました。
ともかく反応の速い生徒さんたちなので、注意したことがどんどん直っていき、曲の変化が著しかったことに感心しました。
先生の指揮との一体感も大切な表現要素ですので、指揮についても同時に研究していきました。
高校生らしい語り口で、曲の「想い」をステージから客席にアピールできることを祈っています。



今週も、毎日、走り回ります!

がんばります。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-09-08(Thu)20:20 [編集]