田川伸一郎のブログ

小学校の音楽授業~6年生の器楽合奏~

今日の午前中は、県内の私立小学校の授業サポートでした。
6年生の合同授業で、学芸発表会で演奏する器楽合奏がメインでした。


IMG_0028_convert_20160914221600.jpg

演奏するのは、『天地人』のオープニングテーマです。

この学年の子どもたちは、『天地人』の世代ではないのですが、1学期におこなわれた運動会の騎馬戦のBGMで使ったこの曲を子どもたちがすっかり気に入り、自分たちも演奏できたらという声が上がったことから選曲に至ったそうです。

運動会と音楽会が結びついて、子どもたちの学習意欲を高めていることは、とても良いことです。

編成は、リコーダー、鍵盤ハーモニカ、アコーディオン、シンセサイザー、鍵盤打楽器、打楽器、ピアノ...ごくオーソドックスなもので、管楽器クラブはありますが、授業では使っていません。

楽譜は、市販の器楽アレンジの物を使っています。

原曲の輝かしい金管のファンファーレをこの編成で再現するのはなかなか難しく、さらに、アレンジも小学生の技能を考えて、十六分音符が八分音符に変えられていました。

まずは、この子どもたちの力量から考えて、「出来そう!」と、十六分音符に戻すことを提案し、リコーダーや鍵盤ハーモニカは、ダブルタンギングの猛特訓。
どうしても無理という子は八分音符のままで良いという条件を残してチャレンジしました。
アコ―ディオンも、同音の十六分音符を一本指か二本指か四本指か...それともあきらめて八分音符のままでいくか、いきなりのチャレンジでした。

音楽室は、練習の音でいっぱい。

次第に、十六分音符が聴こえてくるようになりました。

いいぞ!

IMG_0007_convert_20160914221436.jpg  IMG_0027_convert_20160914221545.jpg

今日は、まだ結論を出さずに、各自がチャレンジして決めることになりました。
それでも、出だしのファンファーレは生き生きとして来ました。

中間部のゆったりとした旋律は、正しくは演奏出来ていますが、表情が足りません。

「その弾き方じゃ、音符も楽器もかわいそうだよ」

私は、鍵盤ハーモニカやアコーディオンで範奏してあげて、表情豊かに演奏するということがどういうことなのかを雰囲気で伝えました。
打楽器の打ち方も、スピード感を出して! とまたまた範奏。

口であれこれ説明するより、やってあげる方が子どもたちにはわかりやすいものです。

やる気満々の子どもたちは、ぎこちないながらも、やろうとします。

この「やろうとする気持ち」が大切なのです。

IMG_0003_convert_20160914221400.jpg  IMG_0004_convert_20160914221420.jpg

IMG_0009_convert_20160914221452.jpg  IMG_0021_convert_20160914221528.jpg

音楽の先生はもちろん、参観されていた校長先生や担任の先生方も、この1時間の変容から子どもたちの更なる可能性を見い出し、今後のご指導への意欲を燃やされていらっしゃいました。
授業後には、もちろん音楽の先生と今後の練習での手だてや対策を話し合いました。

子どもたちも、「まだまだ出来る!」と意欲満々です。

次回お伺いする時までに、ひとりひとりがどこまで自分を乗り越え、皆の「音」がキラキラ輝いているか、楽しみです!


私も、本番まで張り切ってサポートしていきたいと思います。

がんばりましょう! 6年生たち!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-09-15(Thu)20:23 [編集]