田川伸一郎のブログ

大成功だった「学芸発表会」

先週の土曜日、私が音楽授業サポートをさせていただいている県内の私立小学校の「学芸発表会」が開催されました。
すでに、全校児童が会しての相互鑑賞は済み、この日は保護者対象の発表会でした。


朝からたくさんの保護者の方々がお越しになり、ホールは満席でした。
私も、保護者の皆さんと同じように、ドキドキワクワクしながら、開演を待ちました。

この学校の学芸発表会を拝見するのは初めてのことです。
私が今回関わらせていただいたのは6年生だけですから、他の学年がどのような内容の発表をするのかは、全く知りません。

いよいよ、開演です。

IMG_0001_convert_20161004205125.jpg
1年生は、劇『金のおの』です。

          IMG_0013_convert_20161004205325.jpg
          2年生は、ダンス『ダンス・ボックス』です。

IMG_0002_convert_20161004205153.jpg
3年生は、劇『世界一やかましい音』です。

          IMG_0009_convert_20161004205304.jpg
          4年生は、和太鼓演奏です。

IMG_0008_convert_20161004205241.jpg
5年生は、学習発表「わたしたちの地球~今、わたしたちにできること」です。
環境問題や戦争について勉強した発表と合唱『地球星歌~笑顔のために』


IMG_0015_convert_20161004205344.jpg
そして、6年生の合奏『天地人~オープニングテーマ』です。


1年生から6年生まで、それぞれの学年の良さが生きている発表でした。
1年生も、ひとりひとりが大きな声で表情豊かに話せており、驚きました。

6年生には、直前の練習時に、「君たちは、皆の集中力が集まった時に最高の音が出るのだから、本番でその瞬間を作り出そう」という話をしておいたのですが、その言葉どおり、入場からビシッとし、ひとりひとりの眼力も感じました。
出だしからいつも以上にピッタリ揃い、客席を惹きつけました。
中間の歌う部分も美しく流れ、エンディングへの勢いは見事!
演奏後の割れるような長い拍手は、子どもたちへの最高のご褒美になったと思います。
私も、思い切り拍手しました。


各学年の先生方のご指導の細やかさ、学年に応じた発表内容の選択、子どもたちへの意識づけ...ひとつひとつの場面からこの学校の教育のすばらしさを感じました。

そして、保護者の皆さんのマナーの良さにも感心しました。
ビデオ・写真撮影は自由でしたが、立ち上がったり、フラッシュをたいたりということは全く無く、もちろん私語もなく、どの学年の発表にも真剣に見入っていました。

ステージで熱演する子どもたちへの「無言の応援」が感じられました。

子どもたちも達成感でいっぱいの表情で帰って行きました。

校長先生はじめ先生方のこれまでのご計画とご指導に敬服し、この学校の教育活動に関わらせていただけることに改めて感謝と誇りを感じました。

今後も、私に出来る形で精一杯サポートさせていただきます。

すてきな10月のスタートの日をありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-10-05(Wed)17:49 [編集]