田川伸一郎のブログ

レトロな駅~青梅~

先日授業研でお伺いした青梅市の小学校は、JR「青梅駅」から車で10分位のところにありました。

「青梅」のひとつ手前の「東青梅」までは行ったことがあるのですが、「青梅」で降りたのは初めてのことでした。

青梅駅のホームに降り立った途端、「んんん?」

待合室が何ともいい感じ...レトロです。

IMG_0013_convert_20161012213117.jpg

中を見てみると...

IMG_0020_convert_20161012213149.jpg
                 IMG_0016_convert_20161012213213.jpg

階段には...

IMG_0021_convert_20161012213242.jpg

通路には...

IMG_0025_convert_20161012213334.jpg IMG_0024_convert_20161012213311.jpg

そして、街のあちこちにも、こんな懐かしい感じの映画看板がありました。

青梅は、「昭和」をテーマにレトロな街づくりを進めているそうです。

駅にも街にも古い映画看板があるのは、これらが青梅市在住の看板絵師・久保板観氏による作品だからだそうです。

板観氏は、昭和16年に青梅市で生まれ、中学校時代から独学で映画看板を描き始め、昭和30年頃からは、当時青梅にあった3つの映画館の看板絵師として活躍し、最盛期には1日1枚という驚異的なペースで描き続けたそうです。

そんな氏を讃えて、駅にも街にもたくさんの古い映画看板が飾られ、街並みもどこか「昭和の香り」を残したままにしてあるそうです。

IMG_0026_convert_20161012213410.jpg

授業研の前に、一気にタイムスリップしてしまった私でした。

「青梅駅」...味がある駅です。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-10-16(Sun)10:35 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-10-23(Sun)10:04 [編集]