田川伸一郎のブログ

感動と感謝の出会い

昨日は、県内の小学校バンドと初めての出会いをさせていただきました。

IMG_0001_convert_20161013195845.jpg

主顧問の先生は、今年度、この学校に転勤して来られたばかりです。

転勤初年度は、それまでの活動の仕方を生かしながらも、自分の考え方ややり方を浸透させていくのに、とても苦労するものです。
子どもに対しても、職員に対しても、保護者に対しても...
そこがうまくいかないと、「音楽の育ち」もうまくいきません。

先生は、「自分のやり方がある程度浸透したら、田川先生に見てもらいたい」と、私のレッスンを受ける日を目標に自力で頑張って来られたそうです。
レッスンのご依頼があった時、そんなお話を聞かせてくださいました。
1年も経たないうちに、その「目標の日」が訪れたのですから立派なものです。

子どもたちに会って、先生の導きの確かさと、それを受け止めて来た子どもたちの素直さが手に取るようにわかりました。

「いよいよレッスンの日が近づき、緊張しています。」とメールをくださっていた先生ですが、子どもたちは緊張ではなく、明るさMAXでワクワクした空気いっぱい。
「こんにちは~!」と、ほんとに元気な声で笑顔いっぱいのあいさつをしてくれました。
皆、この明るく素敵な音楽室で、心を開いて、先生と向き合って活動しているからこそ作れる空気でした。

「心を開くこと」...これができなければ、良い音楽は出来ません。
一番大切なことを、先生は半年間かけて成し遂げて来られたのです。

この子どもたちは、自然な会話が出来るのが素敵でした。
私が、全体に問いかけると、シーンとするのではなく、あちらからこちらから答えが返って来ます。
笑いも返って来ます。
話をしていると、うなずきながら聞いている子がたくさんいます。
心を開いている上に、「コミュニケーション力」がとても豊かな子どもたちなのです。
私は、そんな子どもたちに出会えただけでもうれしくて、演奏を聴く前から、この子たちが大好きになってしまいました。

そして、演奏を聴かせていただきました。
曲は、『故郷~希望への序曲』(後藤洋)です。

50名以上いるバンドなのに、音がとても耳に優しく、うるさくありません。
先生が「音を溶け合わせること」を大切にご指導して来られた成果です。

「みんな上手だねぇ。とても良い音だよ。優しい音で耳に痛くない。きっとみんな性格もいいんだね。性格悪い人っているの?」と言ってみたら、一斉に「は~い」とみんなで手を挙げて大爆笑。
こういうユーモラスな反応も心地よいものです。

「みんなそんなに性格悪いんだったら、こんなにあったかい音がするはずないよ。音にはその人の心が出ちゃうんだから。でもさ、音も心も見えないものだよね。でも、感じることは出来る。不思議だね。だからこそ、音楽をやることはすばらしいことなんだよ。」
こんな話をすると、皆、うなずきながら、ふんふんと聞いてくれるのです。
心が育っている子どもたちなんだなぁ。

約2時間半のレッスンは、ほとんど私が指揮台に立って、指導させていただきました。

初めて私と練習しているということを忘れてしまうほどの密着感。
子どもたちの方が、私に心を寄せてくれました。

難しい専門用語は一切無しで、音のイメージ、表現のイメージを伝えると、それを理解して、どんどん音で返して来てくれます。
あるいは、指揮の振り方を大げさに変えたり、身振り手振りで表現したりすると、その動きに合った音や表現を返そうとしてくれます。

『故郷』の演奏が、色を変え、思いを乗せ、フレーズが進み、どんどん変容していきました。

途中、そばで見ていた先生も、思わず、「みんな、すご~い!」と拍手。
子どもたちも、変容を実感し、先生にもほめていただき、どんどん調子を上げていきました。

IMG_0008_convert_20161013200150.jpg  IMG_0003_convert_20161013195950.jpg

IMG_0006_convert_20161013200034.jpg  IMG_0007_convert_20161013200132.jpg

IMG_0017_convert_20161013200225.jpg  IMG_0018_convert_20161013200239.jpg

あっと言う間に、お別れの時が来てしまいました。
「もっともっとこの子どもたちと音楽していたい」...そんな気持ちでいっぱいでした。

技術や表現力、様々な知識...先生は、これからまだ身につけさせなければならないことを十分理解し、順序立てて考えていらっしゃいます。
でも、何より大切な「心」を一番に育てて来られたことが、この子どもたちのすばらしい可能性を開花させる基となっています。

「先生が目標にしていたこの日」は、みんなの輝いた笑顔で終わりました。

先生! よかったですね! 半年間の愛情と誠意に溢れたご努力に拍手です。


IMG_0016_convert_20161013200209.jpg
音楽室の前は、素敵なウッドデッキです。
写真撮影の後、「先生!また来てくださいね!お願いします!」「あと一回」「あと二回」「いや、あと三回」・・・と子どもたちの楽しい言葉のリレーが続きました。
もちろんです!何度でも伺いますよ!
こんなにかわいくて、こんなに一生懸命な君たちなのですから!
素直な心で、新しい先生のご指導についていった君たち、偉かったね。
そのおかげで、君たちと出会え、僕もとてもとてもうれしかったです。
これからも一緒に勉強して、ますます素敵なバンドに育っていきましょう。

わざわざご挨拶にいらしてくださった保護者の役員の皆様、ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



感動と感謝の出会いでした。

お招きいただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-10-15(Sat)12:22 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-10-15(Sat)12:34 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-10-16(Sun)20:17 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-10-18(Tue)09:56 [編集]