田川伸一郎のブログ

千葉県の中学校バンド

昨日は、県内の中学校にお伺いして来ました。
コンクール前以来、久しぶりの再会です。


IMG_0047_convert_20161017173319.jpg

主顧問の先生は、昨年度転任して来られ、今年は2年目です。
昨年度の春、赴任して間もなくお招きいただいた時、出会ってからの時間以上の関係の良さに驚きました。

生徒さんたちの心が柔軟で、新しく赴任して来られた先生のことを信頼と共に受け入れていることがわかりました。
そして、そんな良い生徒さんたちに、先生は少しずつご自分のやり方を出していかれました。
時には、雨の日や風の日もありましたが、一歩ずつ確実に成長して来た1年間でした。

2年目の今年は、スタートから昨年度以上の力を見せていたチームでした。
コンクールにも全力投球し...
しかし、吹奏楽コンクールでは、厳しい点数の審査員の先生がいて、あと少しのところで、目標だった「本選出場」には届きませんでした。

昨日のレッスンは、3年生が引退する市内音楽会のための「最後の勉強」ということで、早くからご依頼があった機会でした。
勉強するのは、もちろんコンクール参加曲です。

先生は、コンクール曲をコンクールで終わりにせず、最後の最後まで大切な「勉強の曲」として、学び続けていくという方針です。
そういう先生の導き方が、私はとても素晴らしいと思います。

夏を過ぎると、なぜか技術も感性も大きく成長します。
コンクール前に、ここまで伸びてくれていたらと思うほどです。
多くの学校は、夏のコンクールが終わると3年生は引退か、コンクール曲はお蔵入り。
秋の文化祭では、ポップスや他を演奏して終わりという学校が以外に多いのです。

この学校では、ポップスもこなしながら、コンクールをお蔵入りさせずに、大切に勉強し続けていました。

そんな先生と生徒さんたちに、神様からのプレゼントが届きました。
試しに応募してみた『日本管楽合奏コンテスト』の録音審査に合格し、全国大会に出場出来ることになったのです。

3年生たちは、引退の時期が遅れることになり、勉強のことも心配でしょうが、それでも大喜びです。
レッスンでも、ますます本気モードで取り組んでいました。

私のアドバイスも、音楽の表面ではなく、内面に触れる内容がほとんどで、「みんな、よくここまで成長したね」と感動の言葉を何度も加えながらのレッスンでした。

IMG_0022_convert_20161017173155.jpg  IMG_0002_convert_20161017173110.jpg

IMG_0031_convert_20161017173240.jpg  IMG_0023_convert_20161017173217.jpg

IMG_0045_convert_20161017173259.jpg  IMG_0009_convert_20161017173135.jpg


余談になりますが、夏の吹奏楽コンクールで、この学校に「厳しい点数」を付けた審査員の先生が、管楽合奏コンテストの録音審査でも審査員で、今回は、とても高い点数と県大会とは逆のお褒めの言葉をくださったそうです。
吹奏楽コンクールの音源をそのまま送ったようですが、会場審査ではダメ、録音審査ではお褒め?

管楽合奏コンテストの録音審査は学校名も伏せておこなわれるのですが、同じ演奏に、同じ人がこんなに違う評価をするなんて~と、私は「?」でした。
「録音に強い学校なのかも!」と笑って流しました。

コンクールというのはそういうものです。
審査員の好みや出演順、生演奏と録音...様々な条件で全く違う結果が出てしまうものです。

いずれにしても、今回は、複数の審査員の先生方に高い点数をいただいて出場出来ることになった全国大会なのですから、最後の最後まで進化・深化してステージに立ってもらいたいです。


IMG_0051_convert_20161017173336.jpg
新しい指揮者の先生に代わって2年目、先生を信じ、自分を信じ、仲間と協力して歩んで来た道の先に、とてつもなく大きなご褒美が待っていましたね。
皆の素直な心、互いを受け入れ合う心、ひたむきな心、くじけない心...そんな君たちに神様がくださったご褒美かもしれません。
文京シビックホールでは、夏のコンクールが終わってもじっくり学び続けた成果を存分に発揮して演奏してください。
僕も、客席で皆の成長を振り返り、応援しながら聴かせていただきます!
がんばれ!



IMG_0056_convert_20161017173402.jpg
最後の最後まで頑張り続けている3年生です。
部活の中で、演奏はもちろん、心も大きく成長しました。
行きたい高校のこと、将来の夢のことを話してくれた生徒さんもいました。
この部活で得た力を、自分自身の夢につなげていってくださいね。

勉強は...管楽が終わったら、めっちゃ頑張ろう!
「とっくに頑張っています」...と言われてしまいそうな努力家たちです。



管楽の全国大会まで部活を続けさせてくださる保護者の皆様のご理解に感謝いたします。
学校によっては、せっかく合格したのに、「勉強が大切だから、全国大会には出場させません」と引退させてしまう3年生の保護者もいらっしゃるのが現実です。
本当にありがとうございます。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-10-18(Tue)21:34 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-10-18(Tue)21:38 [編集]