田川伸一郎のブログ

子供が音楽で輝くとき~東京都の研究で

昨日は、東京都小学校音楽教育研究会・中央Aゾーン大会の事前研究会に講師としてお伺いさせていただきました。

研究大会の本番は、来年の1月20日です。
私は、中野区の小学校が発表する研究演奏の助言者を仰せつかり、年度当初から中野区の先生方と共に勉強を進めています。

大会テーマは、「子供が音楽で輝くとき」です。
「意欲をもって生き生きと表現してほしい」「思いや願いを音楽で実現することで、自分に自信をもち、生涯にわたって社会の中で一人一人が輝く存在になってほしい」という願いが込められたテーマです。

中野区は器楽合奏の研究演奏に取り組みますが、6年生での「管楽器を取り入れた器楽合奏」を発表します。

「研究演奏」というと、何か出来上がった楽譜(時には、専門家に作曲や編曲をお願いして)を、猛特訓して発表するニュアンスを感じますが、中野区の先生方は、私からの発案もあり、子どもたちの実態に合った楽譜を作成するところから勉強する路線で進んでいます。

と言っても、無から生み出すことは大変なので、吹奏楽の「フレキシブル楽譜」を元に、教育楽器を加えて学年合奏にまとめていくにはどのようにしたらよいかを、発表校の先生をはじめ区の先生方の話し合いで研究しています。

助言者である私が、アイデアを出して楽器の配分(アレンジ)を進めてしまえば、先生方は楽なのですが、それでは「研究演奏」にならないので、私は支援する立場に徹し、先生方が悩んだり、試したりし、そこに子どもたちの考えも加えながら、合奏を作り上げてほしいと考えています。

昨日の授業研究では、当日発表する曲の1曲である『スコットランド民謡ファンタジー』(後藤洋)のフレキシブル楽譜から授業者の先生が工夫して作成した楽譜を使った合奏練習を参観させていただきました。

IMG_0001_convert_20161018224938.jpg

6月の授業研究での、「教育楽器の良さも管楽器の良さも、両方が生きる工夫を」「リコーダーでは難しい運指が無いような配慮も必要」という反省を生かし、今回は、教育楽器の良さも生かされた楽器配当になっていました。

曲の良さも子どもたちに伝わっているのか、ともかく子どもたちの眼がいい!
合わせる喜びを感じている!
いい演奏をしたいという熱意が伝わってくる!
演奏していない時も、姿勢や表情が緩まず、鳴っている音や音楽に耳を傾けている!

演奏以前に、そんな子どもたちの学習姿勢に、とても感動しました。

IMG_0009_convert_20161018225106.jpg
とても良い顔、いい眼です。

IMG_0003_convert_20161018225014.jpg  IMG_0005_convert_20161018225051.jpg

IMG_0004_convert_20161018225034.jpg  IMG_0002_convert_20161018224957.jpg

全曲通した後、「アニーローリー」の部分の練習を集中しておこないました。

先生は、ご自分からの指示だけでなく、子どもたちに問いかけながら、良いバランスや美しいアンサンブルを組み立てていかれました。

管楽器が一斉に無くなり、教育楽器だけになって時の特にリコーダーの音が妙に新鮮に美しく聴こえ、感動でした。

旋律を担当していた木琴のトレモロ付きの演奏がどうしてもレガート感やフレーズ感に乏しく、ううむ...
でも、子どもたちは本当に真剣に演奏しています。

どうしたらよいものか...


授業後の協議会でも、このことが一番の話題になりました。

「アレンジを変えた方がいい」
「このまま彼らにより良い演奏を目指させる方がいい」
「うっすらとレガート感を出せる楽器を重ねてあげては」
「もっと余韻のあるマリンバやテナーバス木琴を用意できないか」
「分担奏で弾かせたらどうか」
・・・様々な意見が飛び交いました。

先生方の発言も、子どもたち同様、6月よりもずっと活発に、そして、音楽的な内容に変容していました。

私も、助言者というより「研究同人」として共に話し合いに加わりました。

IMG_0026_convert_20161018225139.jpg  IMG_0013_convert_20161018225124.jpg


先生方のご意見を聞いて、発表校の先生は、頭の中が「理想の音」と「子どもたちの気持ち」でいっぱい。

ここまで練習して来たものを、「木琴ではうまくいかないから、やっぱり他の楽器にする」と言ったらがっかりするだろうな。
でも、もう少しうまくいくと思ったら、やっぱり木琴では無理かも...

楽譜を渡す前の検討が、もう一息欲しかった気もします。

でも、まだ時間はあります。

先生方のアイデアを結集して、「子供が音楽で輝くとき」に導いてあげてほしいです。

私も、SOSが出た時には、時間を作って、飛んで行ってあげるつもりです。

次の研究会は、12月です。

発表校の先生、中野区の先生方、がんばれ!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-10-19(Wed)20:31 [編集]