田川伸一郎のブログ

岐阜県の中学校バンド

この金曜・土曜は、岐阜県にお伺いして来ました。
中学校2校からのお招きをいただきました。

両校からのご依頼は、「3年生が抜けて新チームになった今こそ、こんな練習を」という内容でした。



前に岐阜県にお邪魔させていただいた時の記事にも記しましたが、岐阜県の中学校では、部活動に対する学校の考え方や取り組み方が他県と大きく異なり、「なるべくやらない方向で」というお達しがあります。

特に、冬場(と言っても晩秋から春先)は、放課後の練習は、どの学校のどの部活も全くないそうです。
どうしても活動したい部活動は、保護者が運営する「クラブチーム」として活動し、学校から切り離した「別のチームの活動」として行っているそうです。

運動部の場合は、校庭や体育館が、市や町の「公共貸し出し施設」として登録されているので、その「クラブチーム(メンバーは部活と同じです)」の名前で借りて、保護者の運営の元、教師は「監督」のような立場で関わるとのこと。
先生方が関わるのは、勤務時間外となるので、それまでは保護者のみの監督でおこなわれ、盛んなチームは夜まで活動しているそうです。
土日の活動も、基本は「クラブチーム」での活動となり、顧問がいなくても、地域のボランティアの指導者の元、活動がおこなわれるとのこと。

「音楽室」は、そのような「公共貸し出し施設」になっていないため、冬場にあるアンサンブルコンテストの練習などは、やはり「クラブチーム」として、学校外の公民館などを使っておこなっているそうです。

今回お招きくださった2校の顧問の先生方は、お二人とも、生徒たちと吹奏楽がやりたくて仕方ない熱意をお持ちです。
名古屋での全日本吹奏楽コンクールも聴きに行かれ、中学生の限りない可能性に感動し、この岐阜県の現状にとても違和感を感じながら、「与えられた環境で最善を尽くす」と燃えていらっしゃいます。

今の時期は、すでに放課後練習は全く出来ず、夜のアンサンブル練習や土日の練習も「クラブチーム」として行っているため、保護者の方々の絶大なる支援を受けて活動が成立していることに感謝されていらっしゃいました。

何度聞いても、この岐阜県の部活のあり方には、「?」です。
新採用で入って来た若い先生方は、そういうものだと思い、「部活バリバリ」とか「部活で生徒と感動したい」とかいう思いそのものが少なく、授業の他にあるわずかな活動のひとつとして受け止めているようで、この体制に反発や葛藤を感じている様子は特にないとのこと。
ご自身が中学校時代の部活を通しての感動を伝えたくて教師の道を志したとかないのかなぁと、それも「?」でした。

岐阜入りした金曜日の夜には、お二人の先生方と夕食を共にさせていただきながら、改めて岐阜県の実情を聞き、信じられない気持ちでいっぱいでした。

そして、新たに聞いた驚く話題、「アンサンブルコンテスト」...この先生方の地区では、1校から出せるチーム数には限りが無いそうで、どの学校も部員全員がアンコンに出るほどのにぎわい?
普通は限りがあるので、部内オーディション合格チームやら選ばれし者たちでのチームが出るのですが、やっと音が出るような1年生も出て、エントリー数は物凄い数になり、聴くに忍びない演奏の数々、途中で音が無くなって止まる演奏も...部内コンサートならわかるのですが。
審査員の先生方が気の毒と話されていました。
練習時間が少ないこの時期に、そんな無茶なことをしなくてもと思いますが、部員全員がアンコンに出るのが当たり前のようになっているのがまたまた「?」の岐阜県です。


2校のレッスンは、先生方のご要望に沿って、ほぼ同じ内容で進めさせていただきました。

・今の時期こそやってほしい「基礎練習」の一方法
・「基礎合奏」の目的の確認
・音との向き合い方、自分との向き合い方
・易しい曲を使った「音楽性を磨く練習」
・部活動に取り組む「思い」の共有


少ない活動時間のほとんど全てをアンサンブルの練習に割かれている今だからこそ、「バンド全体としてのレベルアップ」に短時間で磨きをかけるための練習の仕方を提案・実習させていただきました。

両バンドとも、良い指導者に恵まれ、チームとしての雰囲気は抜群でした。
明るく、反応も良く、感性も豊かでした。

「生徒たちと吹奏楽をやりたい!」という先生の熱意が、こんな良い土壌を作っているのだと思います。


IMG_0001_convert_20161113144657.jpg

IMG_0003_convert_20161113144720.jpg  IMG_0004_convert_20161113144742.jpg

IMG_0008_convert_20161113144804.jpg  IMG_0010_convert_20161113144827.jpg

IMG_0011_convert_20161113144848.jpg  IMG_0022_convert_20161113144933.jpg

IMG_0020_convert_20161113144913.jpg  IMG_0031_convert_20161113144956.jpg

IMG_0035_convert_20161113145017.jpg
2年生より1年生の方がずっと多い新チームの構成ですが、大人っぽく、しっかりした1年生が多いせいか、みんなとても堂々とした練習姿勢でした。
小学校でのバンド活動は行われていないので、もちろん全員が中学校から始めた初心者ばかりです。
基礎合奏のポイントをつかんだ時のサウンドはグッドでした! おおっと驚くような音がなった瞬間も...
3時間のレッスンのビフォアー・アフターは見事でしたね。
ひとりひとりが「良くなりたい」という意思の強さを持ってレッスンに臨んだからだと思います。
アンサンブルでは、かなり難しい曲を選んで挑戦しているようですが、皆、「不安だけと易しい曲に変える気はない。絶対に出来るようにします!」と強い意気込みを見せていました。
この学校も部員全員がアンサンブルコンテストに出場するそうです。 ガッツでいこう!
土日の「クラブチーム」」としての活動を中心に、このバンドを指導してくださっている地域の指導者の方もずっとレッスンを見学され、「子どもたちにどう伝えたらわかるのかということがすごく勉強になりました」とお話しくださいました。
長く楽器を演奏されている方なのに、指導者としての謙虚な姿勢に感じ入りました。
顧問の先生だけでなく、このような素晴らしい地域の方にもご指導してもらっている部員たちは幸せだなぁと思いました。




IMG_0049_convert_20161113145446.jpg

IMG_0042_convert_20161113145235.jpg  IMG_0047_convert_20161113145319.jpg

IMG_0048_convert_20161113145341.jpg  IMG_0045_convert_20161113145257.jpg

IMG_0051_convert_20161113145510.jpg  IMG_0053_convert_20161113145535.jpg

IMG_0054_convert_20161113145559.jpg  IMG_0061_convert_20161113145837.jpg

IMG_0037_convert_20161113145213.jpg
「吹奏楽を通して人を育てる」という強いお考えの元、ご指導されている先生は、どこかに演奏に出かける時のプリントの持ち物の欄に、「感謝の心」と書かれているそうです。
私を迎えてくれた生徒さんたちの姿や態度にも、「感謝の心」が溢れていました。
笑顔、反応、対応、うなずき、真剣さ、変わろうとする意気込み...全ての瞬間に「感謝の心」を感じた3時間でした。
顧問の先生は赴任3年目、そして、1年生から持ち上がった3年生の担任をされていらっしゃいます。
10月に開催された定期演奏会で、3年間一緒に歩んでくれた愛する3年生たちも引退し、先生も部員たちも「3年生ロス状態」の様子でした。
でも、それを振り切って前に進もうとしている生徒さんたちひとりひとりの眼、まだ不安はありつつも、今出来る最高の音を出そうとレッスンを受ける姿に、先生は涙されていらっしゃいました。
来週にはこのチームで初めての本番があるそうです。このレッスンを通して、前に進める決意と自信を得たと先生はお話しされていました。
「今日のレッスンの感想をお話ししてくれますか?」と問うと、何と全員がすぐに真っ直ぐに手を挙げてくれました。こんなバンドは珍しいです。
時間はかかりましたが、全員に発表していただきました。それぞれの思いが私の心に響きました。これも「感謝の心」の表れです。



思うように活動し切れない岐阜県の現状の中でも、「与えられた環境で最善を尽くす」と、あの手この手で子どもたちを育て、吹奏楽を楽しみ、生徒と共に育っていこうとしている先生方、サポートされる地域指導の方、後押しを惜しまない保護者の方々...熱意と愛情溢れる大人たちに見守られているこの生徒さんたちは本当に幸せだと思います。

そのように熱意と愛情を注ぎたくなるような生徒さんたちに出会った先生方も幸せです。

そして、このブログを通して、このような出会いのきっかけをいただいた私も幸せです。

全て「奇跡の出会い」です。

みんなみんな幸せ!  心から感謝いたします。

お招きいただき、ありがとうございました。



IMG_0063_convert_20161113145625.jpg
さようなら~! またお会い出来る日を楽しみにしています!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-11-15(Tue)20:12 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-12-13(Tue)20:28 [編集]