田川伸一郎のブログ

輝け 全国のステージに向かって!

今日は、東京都の小学校にお伺いさせていただきました。
...と言っても、場所は学校ではなく、公共の体育館でした。


今週末に大阪城ホールで開催される『全日本小学校バンドフェスティバル』に東京都代表として出場する小学校の「マーチング練習」でした。

この小学校の吹奏楽部は、東京都の小学校には珍しく、マーチングをメインとして活動しています。
部員は、4~6年生の75名。 各学年とも全児童の約三分の一程の児童が入部しているそうです。
すごい入部率です。 元気な男子部員もたくさんいます。

主顧問の先生は、音楽専科の先生ですが、校内の多くの先生方がサイドからご指導にかかわっておられます。
まさに、学校あげて育てている吹奏楽部、そして、マーチングなのです。

音楽専科の先生とは、私は長いお付き合いをさせていただいており、私がまだ20歳代の頃、幸町第三小学校吹奏楽部の練習を見学に来てくださり、子どもたちに温かく、心に響くお話をしてくださったことを、私はずっと覚えています。
先生は、当時、「心を育てる音楽授業」をメインに勉強されており、私は先生の授業をテレビで拝見させていただき、子どもたちの姿と歌に涙しました。
そんな尊敬するすごい先生が、私の指導を見学に来てくださったのですから、忘れられるはずもありません。


2年前にも、この学校にお伺いさせていただいたのですが、今日、練習の前に、先生が「今の6年生は4年生の時に、田川先生のご指導を受けましたよね。その時、どんなことを教えていただきましたか?」と子どもたちに...
えっ、そんな2年前の4年生の時のことなんて覚えてないでしょと思ったのは私だけでした。
数名が挙手して、「息が広がり過ぎているから、もっと細くひきしめて吹くようにと教わりました」・・・など、こちらがそう言えばそんなことを言ったなぁと後から思い出したほど、子どもたちの方がしっかり覚えていてくれました。
びっくりです。学習能力の高い子どもたちだなぁ。


私は、マーチングのことは何一つ教えられませんし、先生はいつも「演奏のことでアドバイスを」とおっしゃってくださるので、音色やタンギングの質、フレーズのつくり方、バランス、転調感の出し方など演奏面のことだけを、今回もアドバイスさせていただきました。

アリーナのギャラリーから注意や指示を叫ぶと、「ハイッ!!!」とたくましい返事で返してくれます。

今年のマーチングテーマは、『栄光の昭和史~東京から未来へ』
曲も、専門家にアレンジしていただいたオリジナルです。
『花』からスタートし、『青い山脈』のような昭和の曲が数曲が入ったと思ったら、後半は、映画『三丁目の夕日』の音楽でしっとりしたり、堂々と盛り上げたり...ケンパーやゴム跳びなど、昭和の子どもの遊びを再現した演出もありました。
すばらしい曲とフォーメーションです。

IMG_0016_convert_20161115193317.jpg
オープニングは、「2016」の隊形からスタートです。

IMG_0004_convert_20161115193206.jpg
                 IMG_0003_convert_20161115193144.jpg

IMG_0012_convert_20161115193251.jpg  IMG_0025_convert_20161115193436.jpg
美しいデュエット、そして、歌手も登場します。

IMG_0024_convert_20161115193413.jpg
                 IMG_0005_convert_20161115193229.jpg
ケンパー遊びの女の子たち、そして、ピットでは、和太鼓も活躍です。  

IMG_0021_convert_20161115193350.jpg
ガード隊は、講師の先生に猛特訓していただいて、マーチングをより華やかに盛り上げていました。

IMG_0027_convert_20161115193507.jpg
                 IMG_0029_convert_20161115193624.jpg
激しい動きの最後に「東京タワー」の形になります。 

IMG_0031_convert_20161115193551.jpg
エンディングは、「2020・東京オリンピック」です。
           
子どもたちの真摯な練習態度、懸命な演奏、優しく歌い上げるフレーズ...どの瞬間もキラキラしていました。
マーチングには4年生も6年生も関係ありません。4年生も小さな身体を必死に動かし、大切な表現の一部になっていました。

これだけの人数がいたら、きっと色々な子どもがいるに違いありません。
すぐ覚えられる子、覚えられない子、学級でもおりこうさんな子、学級ではちょっぴり困ったちゃんの子...
そんなひとりひとりの子どもたちが、「吹奏楽」「マーチング」という場でこんなにキラキラ輝けることは、どれだけ幸せなことか。

最後のあいさつは、ユーフォニアムの男の子がしてくれました。
とても立派に、気持ちを伝えてくれました。

私からは、「ゴールド金賞も大切だけれど、君たちの演奏演技には、観る人に勇気や希望、そして、命を与える力があると思う。それを全国大会で思い切り表現してほしい。そして、こんなにキラキラ輝ける瞬間を持てる奇跡に感謝して、それを演奏演技、態度で表していこう」と話しました。
「ハイッ!!!」と最後までたくましい返事は続きました。

先生方、保護者の方々も、大阪行きのためにたくさんの準備をしてくださっています。
子どもたちを愛する大人もひとつになって、こんな豊かな体験を共有されていることがすばらしいと心から思いました。

IMG_0034_convert_20161115193654.jpg
全国大会に向かってがんばれ!
東京都台東区立富士小学校吹奏楽部のみんな! (指揮 松田京子先生)


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-11-18(Fri)23:08 [編集]