田川伸一郎のブログ

東京都の私立女子高校バンド

昨日は勤労感謝の日。
休日を返上して、1日練習に励む東京都の私立女子高校にお伺いして来ました。


このバンドは、レッスンの時、いつも合唱でお迎えしてくれます。
しかも、いつも違う曲です。 吹奏楽部なのに、合唱レパートリーが何曲もあるのです。
そして、とても美しい発声、ハーモニー、歌詞の表現...合唱の力もどんどん上がっています。

IMG_0001_convert_20161123214017.jpg  IMG_0009_convert_20161123214042.jpg
今回の曲は、一青窈さんの『ハナミズキ』を三部合唱で聴かせてくださいました。
皆の笑顔と優しい歌声に、思わずこちらも笑顔、そして、涙がこぼれそうになりました。


今年は、部員数は過去最大な幸せを味わっていますが、コンクールやその他のチャレンジでは、逆に苦しい試練を味わって来ました。
でも、それはそれとして乗り越え、こんなにいい笑顔で素敵な合唱が出来る彼女たちの心の強さに感心します。
その心の強さは、「顧問の先生方に愛されているんだ」という幸せや安心感からも生まれているように思えます。
生徒思いの優しく一生懸命な、とても誠意のある先生方です。

今、彼女たちは、12月に開催される定期演奏会に向けての練習に熱を入れています。
コンクールよりずっと大切にしている行事です。

コンクールは、B部門に出場しているので、30名だけのただ1曲7分のステージです。
そして、根本的には、「審査されるための演奏」です。
定期演奏会は、部員全員の力で作り上げる約2時間半のステージです。
そして、「お客様に幸せを届けるための演奏」です。
自分たちが楽しくても、お客様が幸せになれなければ良い演奏会とは言えません。
そのために、心を込めて練習し、音と音楽を磨くのです。

この学校は、3年生は受験勉強に専念するため、部員は4月から1.2年生しかいません。
練習時間も、高校としてはかなり少ない方です。
そういうことは、部の事情で、お客様には関係ありません。
言い訳をせず、自分たちに出来る最善を尽くして「お客様に幸せを届けるための演奏」をしなければならないのです。

そのことを何度も確認しながら、レッスンの時間を過ごしました。

IMG_0021_convert_20161123214105.jpg  IMG_0024_convert_20161123214125.jpg
チューナーを使わない「チューニングリレー」もしっかり継続されていました。
待っているメンバーも手を使って、確かな耳を鍛えます。


IMG_0035_convert_20161123214146.jpg  IMG_0049_convert_20161123214206.jpg

IMG_0060_convert_20161123214348.jpg  IMG_0051_convert_20161123214230.jpg
「基礎合奏」も入念に、心を込めて...音と音をしっかり寄せていきます。
基礎合奏にも「歌」は不可欠です。



曲のレッスンで聴かせていただいたのは、マーチ、八木澤教司先生の作品、トランペットパートのフューチャー曲の3曲でした。
それぞれの曲の良さがあり、お客様に伝える「幸せ」にも違いがあります。
そこをしっかりと整理して、同じ味、同じ幸せにならないように、演奏を作っていく必要があります。
もちろん、演奏の基本である音程、音色、ハーモニー、バランス...技能的な面も可能な限り正しく整えていきます。
「気持ち」だけでは、良い演奏は出来ません。当然のことです。

IMG_0102_convert_20161123214631.jpg

IMG_0057_convert_20161123214300.jpg  IMG_0070_convert_20161123214412.jpg

IMG_0079_convert_20161123214440.jpg  IMG_0096_convert_20161123214503.jpg

特に、マーチと八木澤先生の曲には、私もガツガツと指示、いや「ダメ出し」をし、何が何でも良い演奏にとちょっぴり厳しいレッスンに...
でも、皆のやる気はどんどんアップし、「ハイッ!!!!」と気持ちの良い返事が続きました。

そう、聴いてくださるお客様に、幸せな気持ちになっていただきたいから...

IMG_0120_convert_20161123214655.jpg  IMG_0133_convert_20161123214716.jpg
指揮者の顧問の先生とも、指揮やアナリーゼについて打ち合わせをしながら進めます。


課題はてんこ盛りです。

もう数日練習すると、試験前・試験中の休部期間に入ってしまいます。
試験が終わったら、定期演奏会まで一気に走り抜けます。

私は、演奏会当日はお伺い出来ないので、本番前日のホールでのゲネプロを1日お手伝いし、最後の最後まで、「まだ出来る」「まだ良くなる」と、部員たちと共に汗を流すつもりです。

IMG_0144_convert_20161123214737.jpg
演奏を聴いてくださったお客様の幸せ...それが自分の幸せとなって返って来ます。
だから、その「本物の幸せ」のために、ラストスパートまで皆が力を出し切って、皆が力を結集して...
1曲1曲に、1音1音に心を込めて...
がんばれ!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016-11-24(Thu)20:37 [編集]