田川伸一郎のブログ

山梨県の中学校バンド

今日は、朝早くから出かけ、山梨県の中学校へと向かいました。

「Suica」では降りられない「身延線」の小さな駅の近くにある学校でした。

甲府で普通に乗り換えたのに、「この線では使えないんですよ」と言われ、湖北からの運賃を現金払いし、「支払い証明書」が発行され、「これでお乗りになった駅で入札消去してもらってください」と...。
これを、電車を降りる時に、改札ではなく、車掌さんがやってくれたのですから、私のために出発時刻が遅れたかも。
甲府駅には、そんなこと書いていなかったし...。

湖北もかなりの田舎だと思っていましたが、「Suicaが使えるだけ、まだ都会!」と思いました。

そして、着いた中学校で、レッスンの前にお弁当をごちそうになりながら、顧問の先生とたくさんお話しをしました。
とても謙虚で、勉強家の男性の先生です。

お茶を出してくれた「接待係」さんの言葉づかい、お茶の入れ方、出し方...すべてが丁寧でびっくりしました。
私は、お弁当をしっかり平らげましたが(あれ?ダイエット中じゃなかった?)、先生は半分も召し上がりませんでした。
私が食べている間も、先生はずっと話しておられたからです。
私の母のことも、私のことも、ブログで見て色々と心配してくださっていました。

そして、本題の部活のことも、「自分の指導力が足りないから、自分の導き方が悪いから...」と、本当に謙虚にご自身が勉強されたいお気持ちを話してくださいました。

今は、もちろん3年生はおらず、全員初心者の1年生が15名、2年生が7名の22名というなかなか厳しい編成であることも教えてくださいました。

でも、この時期を使って、みっちりと練習し、生徒さんたちと心をつなぎ、来年度につなげていきたい...そんな思いで私を招いてくださったのです。

IMG_0002_convert_20170107214900.jpg

小学校にバンドが無く、全員がゼロスタートの中学校は、日本中にいくらでもあると思います。
1年生が2年生よりもずっと多く、パートによっては1年生しかいない...そんなバンドもいくらでもあると思います。

ここにバンドがある、音楽する仲間がいる、熱心な先生がいる(生徒さんたちは「熱心」ではなく「熱血」と言っていました。)、そして、楽器がある、練習出来る環境がある...
その「幸せ」が一番大切なのです。

先生は今、その「大切なこと」を感じながら、生徒さんたちと共に前進しようとしていらっしゃいました。

レッスン曲は、マーチでしたが、途中途中で、「技術」や「音楽」のレッスンから離れて、いや、つなげて、「心の話」にそれてしまう場面が多かったです。

この学校の生徒さんたちを見ていると、この顧問の先生のお話を聞いていると、「音楽は心」「吹奏楽を通してより良い生き方を見つける」...そんな話をしてあげたくなってしまう雰囲気を持っているのです。

そういうことが足りないという雰囲気ではありません。
逆に、そういう話を聞き、深く考えたり、話したりしてくれる空気に溢れていたのです。

「音楽の指導」からそれてしまった話を聞く時の皆の表情も、とても真剣。 時にうなずき、時に微笑み...
こういうバンドが、私は好きです。
顧問の先生が耕してきた「心」を感じます。

でも、練習もしっかりしました。

マーチの練習の仕方、今出来る「楽しい練習」の仕方、これから上手くなるための練習の仕方...
私も生徒さんたちも、勉強される先生も、皆、真剣、そして、なごやかでした。

IMG_0003_convert_20170107214925.jpg  IMG_0004_convert_20170107215002.jpg

IMG_0005_convert_20170107215024.jpg  IMG_0006_convert_20170107215049.jpg

IMG_0012_convert_20170107215110.jpg  IMG_0029_convert_20170107215129.jpg

IMG_0045_convert_20170107215150.jpg  IMG_0038_convert_20170107215525.jpg

技術だけではありません。

曲の中に、それぞれの景色を見ること、心の中の思いを言葉にすること、他人の意見に耳を傾けること、自分を塗り替えていくこと...

「音楽」が持つ大きな大きな世界を、皆で味わいました。

先生の熱い思い、生徒さんたちへの大きな愛情...このバンドの生徒さんたちは、しっかり前を向いて歩んでいます。

今は、苦しいこともたくさんあると思います。

でも、乗り越える力を持った先生と皆さんだと思います。

IMG_0056_convert_20170107215210.jpg

今日は、音楽と心と生き方と...真剣に、深く、楽しく勉強出来ましたね。
人間は、時に弱く、時に強いものです。
今日、曲の勉強の中で皆さんが話してくれた「自由に伸び伸びと生きる」「優しさと強さが共にある」「青い空に向かって皆で進んでいくような」「自分を塗り替えていける自分」「あたたかい心がある」...そんな皆さんの言葉は、「時に弱く、時に強い私たち人間」にとって、とても大切なことだと思います。
音楽が出来て、仲間がいて、先生がいて...
寒い冬の今、ひとりひとりの思いを込めて、音楽に、生活に向き合ってみてください。
暖かい春が来た時に、きっと何かが変わった自分に会えると思います。
またいつか、お会い出来る日を楽しみにしています。
その日まで、みんなでファイト!

先生、これからも、「心を育てる部活指導」をお続けください。

ありがとうございました。



IMG_0058_convert_20170107215232.jpg
山の向こうに富士山が頭だけのぞかせている...
こんな素敵な風景の学校でした。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-01-08(Sun)11:37 [編集]