田川伸一郎のブログ

都小音研・中央Aゾーン大会

今日は、新宿文化センターで開催された「第59回東京都小学校音楽教育会研究大会・中央Aゾーン大会」にお伺いして来ました。

IMG_0001_convert_20170120215842.jpg

都小音研は、13の「研究ゾーン」に分かれており、「中央Aゾーン」は、新宿区・中野区・杉並区・武蔵野市の3区1市です。
毎年、輪番制で主管し、この研究大会を開催することになっています。
それが、59回続いているのですから、かなり歴史のある研究大会だと思います。

この研究大会に2年連続で関わらせていただき、先生方のすごい意気込みに圧倒されました。

今回のゾーン大会の研究主題は「子供が音楽で輝くとき」...それを受けての取り組みの成果を見せていただいた1日でした。

研究の構想は下記のとおりです。

xn_8kooDWOj5g3P1484916528_1484916650.jpg

オープニング演奏です。

EiVU7ztLj_Tn5041484917206_1484917275.jpg
新宿区立江戸川小学校・全校児童による合奏・合唱
「アロハ・エ・コモ・マイ」「生きてる生きてく」「だったん人の踊り BRASS ROCK」
指導者 鈴木りえ子先生



研究授業です。

IMG_0007_convert_20170120221441.jpg
新宿区立天神小学校 第2学年
音楽づくり 「黒けんておしゃべりしよう」(問いと答えを生かした音楽づくり)
授業者 石橋愛美先生


IMG_0010_convert_20170120221512.jpg
中野区立啓明小学校 第2学年
鑑賞 「音楽の会話を楽しんできこう」(教材「サンドペーパー・バレエ」)
授業者 平石淑子先生


IMG_0006_convert_20170120221418.jpg
武蔵野市立井之頭小学校 第4学年
歌唱 「曲想を感じ取って表現しよう」(教材「そうだと いいな」)
授業者 島田寛子先生


IMG_0004_convert_20170120221352.jpg
杉並区立桃井第三小学校 第6学年
歌唱 「表現を工夫して、聴き手に思いを伝えよう」(教材「あすという日が」)
授業者 稲村みすず先生



授業後の協議会です。

IMG_0012_convert_20170120221550.jpg
私は、第4学年の歌唱分科会に参加させていただきました。
講師が前田美子先生(むさしの児童合唱団「風」主宰)でしたので、ぜひお話を伺いたいと思ったのです。
教材の「そうだと いいな」は、この授業のために高木あきこさんが作詞、氏家晋也先生が作曲された新曲でした。
心に温かくしみてくる素朴で素敵な曲でした。もうじき、出版になるそうです。
ひとりひとりの子どもが、それぞれの思いを持って、意欲的に表現を工夫していけたのも、こんな良い教材あってのことだと思います。



お昼をはさんで、午後は、「研究発表」そして、「研究演奏」と続きました。

IMG_0054_convert_20170120235203.jpg
研究発表では、研究の根底にある先生方の願いが心に残りました。
大会テーマの「子供が音楽で輝くとき」には、音楽の中だけで輝けばよいのではなく、音楽学習を通して、自己肯定感を高め、自分に自信をもち、それを生涯にわたる糧として輝いて生きていってほしいという大きな大きな愛情が込められているのです。



そして、「研究演奏」です。

alDcX0pE8W3aY9A1484917314_1484917373.jpg
新宿区立西新宿小学校 第6学年
和太鼓による演奏 「西新宿 屋台囃子~秩父屋台囃子をもとにして~」
指導者 草深陽子先生


AKjfKOVNSceWHmw1484917423_1484917466.jpg
中野区立桃園小学校 第6学年
管楽器を取り入れた器楽合奏 「茶色のこびん」「スコットランド民謡ファンタジー」
指導者 佐伯麻子先生


uCZSSrhANXdWf4e1484917631_1484917682.jpg
杉並区立桃井第四小学校 第5学年
合唱 「冬げしき」「鯉のぼり「村祭」「なまはげ来るぞ」
指導者 日尾裕子先生


TNMY90wOyHz2Udq1484917702_1484917749.jpg
武蔵野市立第一小学校 第3、4、5、6学年
管楽器を取り入れた器楽合奏 「第一小学校校歌」「シング・シング・シング」
指導者 庄司こずえ先生


桃園小学校の6年生たち、とても緊張していた様子ですが、練習の成果を出し切って演奏しました。
「スコットランド民謡ファンタジー」の「アニー・ローリー」が始まったところで、やはり、私は涙...でした。
達成感いっぱいの表情で退場してく子どもたちに、ずっと拍手を贈り続けていました。


研究演奏の後は、「能楽ワークショップ」でした。

IMG_0053_convert_20170120221740.jpg
「能楽」についての講演と実技指導
講師 観世流能楽師 小島英明先生


「たかさごや~・・・」と、会場の皆さんで、唱える練習もしました。


講評・講演です。

IMG_0055_convert_20170120221804.jpg
演題 「主体的・対話的で深い学びの実現に向けて」
講師 文部科学省 津田正之先生


津田先生も、オープニング演奏、4校の研究授業、4校の研究演奏で、子どもたちの「輝き」に感動され、「胸の高鳴りがフォルテシモです」とお話しを始められました。
私も、朝からの子どもたちの音楽に、胸がいっぱい...

とても大切な講演であることは分かっていても、難しい言葉ばかりが並ぶお話を伺っていたら、「んんん...」と頭が働かなくなってしまいました。

授業協議会で、前田美子先生の「子どもは、頭では分かっていても、身体で分かっていないことが多い。だから、言葉で立派に答えられるからと言って安心してはいけない」というご指導を思い出し、「ああ、身体では分かっているけれど、頭では分かっていないこの自分は何なんだ...」と情けなくなりました。
難しい言葉での「これからの音楽教育」もしっかり理解出来る勉強をしなければと、つくづく思いました。


フィナーレは、中央Aゾーンの先生方全員がステージに上がり、客席の先生方みんなで全体合唱でした。

ijKBpxbTZ1QOK371484917780_1484917819.jpg
全員合唱 「おんがく」 作詞・作曲 筒井雅子先生 (大会委嘱作品)


反省会(打ち上げ)でのひとこまです。

IMG_0052_convert_20170120221726.jpg
一緒に歩んだ中野区の先生方、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。


IMG_0051_convert_20170120221644.jpg IMG_0047_convert_20170120221624.jpg
会場の先生方へごあいさつです。 桃園小の佐伯先生は達成感いっぱいのご様子でした。
私も、佐伯先生と中野区の先生方の頑張りを先生方にご紹介し、讃えました。
文科省の津田先生はじめたくさんの先生方から、「とてもいい演奏でした!リコーダーや鍵盤ハーモニカの音も生きるアレンジですばらしかったです!子どもたちの真剣さと歌う心が伝わって来ました。温かい演奏に涙が出ました!」と、おほめの言葉をいただきました。
私も、佐伯先生がそんなおほめの言葉をいただいているのを聞き、とてもうれしかったです。



「子供が音楽で輝くとき」...まさに、そのテーマどおりのキラキラした子どもたちの姿と音楽に満ち溢れたすばらしい研究大会でした。

来年度は、平成30年1月26日(金)に、タワーホール船堀で「総武ゾーン(墨田区・江東区・江戸川区)大会」が開催されます。
第60回の記念すべき大会です。
私も、今から予定に入れて、勉強に伺いたいと思います。

ご盛会、本当におめでとうございました。

東京都小学校音楽教育研究会のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-01-22(Sun)09:12 [編集]