田川伸一郎のブログ

神奈川県の高校バンド

昨日は、神奈川県の高校にお伺いして来ました。
夏のコンクールレッスン以来の再会でした。


IMG_0004_convert_20170124092124.jpg

都小音研大会、富山レッスンと続いた翌日だったのですが、あまり疲れもなく...
きっと、その3日間の感動が大きく、身体は疲れても、心にたくさんパワーをいただいたからだと思います。
体力は、確実に衰えて来ていると感じる今日この頃なのですが。

この高校は、私立の中高一貫校で、吹奏楽部は一緒に活動しており、中学生1年生もいます。
学校の規則で中学生の下校時刻は高校生より早く定められているので、途中で抜けなければならないのですが、中学校に入学して初めて楽器を手にした時から、高校生に指導してもらえるというのは、とても恵まれている環境だと思います。

そして、高校3年生は、毎年5月の定期演奏会をもって、全員引退します。
したがって、コンクールには、1、2年生(パートによっては中学生も)での出場となります。
以前は、人数もさほど多くなかったのですが、B部門で「東日本学校吹奏楽大会」に出場するまでに成長し、それに伴って部員も増加して、コンクールではA部門に出場しています。

1、2年生だけのチームでA部門で戦う(?)のは、ハンディが大き過ぎるのですが、それでも去年の夏は地区大会を突破して県大会まで進むことが出来ました。

顧問の先生が、私のような者を招いてくださるのは、「コンクールで勝てるバンドにしたいから」ということではなく、「教育としてのバンド指導力を高めていきたい」という願いが元になっています。

子どもたちの心を育てたい...
このバンドで活動できて幸せだと感じさせてあげたい...
日々の生活が吹奏楽部のおかげで輝いていると思わせてあげたい...
先生と出会えてよかったと思われるような顧問でありたい...

だから、田川先生のご指導をいただいて、生徒たちの勉強と共に、私自身が音楽の指導力も人間教育の指導力も磨いていきたいのです・・・と先生はおっしゃいます。
私は、そんな先生の「本物の愛情」に共感してお付き合いさせていただいています。

第一、「コンクールで勝ちたい」という目的だけでしたら、私のような非力の者にお声かけくださるはずありませんし、「勝たせてくれそうな指導者」をお招きすると思います。

夏以来お伺いしていませんでしたが、先生とは何度も電話やメールで連絡や相談をさせていただいていました。
練習の進み具合のこと、チームの状況のこと、様々なお悩み相談...
レッスンはなくても、生徒にとって「最善の今」にしてあげたいという先生の誠実なお気持ちが伝わって来る内容ばかりでした。

その中で、とってもうれしかったご報告!

まだ第2回目で、あまり知られていないのですが、「全日本ブラスシンフォニーコンクール」という大会があります。
課題曲は、何と「グレンミラーさんの曲」で、今年度は「ムーンライト・セレナーデ」でした。
自由曲は、ジャンルや曲数を問わず、「課題曲と自由曲で12分以内」であれば、どんなパフォーマンスもありの楽しいコンクールです。
部門は、中学生の部と高校生の部の2部門です。

10月に予選大会があり、12月28日に東京府中の森芸術劇場で「全国大会」が開催されました。
この学校は、初めてこのコンクールに出場して、予選を突破し、全国大会では優勝!
先生も部員たちも私も、びっくり仰天でした。
定期演奏会で毎年演奏している「宝島」も自由曲のひとつとして演奏しましたが、前から「ここの『宝島』はとってもいいなぁ」と思っていたのは勘違いではなかったようです。

「全日本ブラスシンフォニーコンクール」の公式HPはこちらです。
http://ajbsc.jp/

年末のとてもうれしいご報告でした。

昨日のレッスンは、もちろんポップスではありません。

「基礎合奏の見直し、定着させてほしい練習方法」の確認をスタートに、5月の定期演奏会で演奏する「オペラ物」の勉強でした。
まだ練習を始めて間もない時期なので、きちんと通せる状態の演奏ではありませんでしたが、部分を取り出して、改善したり課題を出したりと、とても有意義な勉強が出来ました。

コンクール前のレッスンでは55名でしたが、今回は中学生も含めた部員全員でのレッスンです。
チームの雰囲気は、絶好調でした。
中でも、私は皆が「受容的な心」を持っているなぁということに感動しました。
それは理屈ではなく、時間と共に見え隠れする部員たちの言動や表情から伝わって来るものです。

先生が、コンクール以来も、細やかなご連絡をくださり、私も心を込めてアドバイスさせていただいたことが、先生のご指導を通して部員たちの心に染みわたっているのだと思いました。

曲の未完成度や謎のピッチ(?)には「あれれ?」という場面もありましたが、指導する私に向かって来てくれるエネルギーや「受容力」の高さに、私はとてもとても心地良い時間を過ごすことが出来ました。

IMG_0022_convert_20170124092356.jpg  IMG_0002_convert_20170124092056.jpg

IMG_0010_convert_20170124092235.jpg  IMG_0006_convert_20170124092151.jpg

先生も部員たちも、これが普通の雰囲気だと思っていると思いますが、多くのバンドに接している私は、それぞれのバンドの雰囲気の違いを微妙に感じ取るアンテナがあり、「おや、大丈夫かな?」と思うバンドにも出会うこともあります。
それは、演奏レベルに関係なくです。

そのことを最後のミーティングでお伝えし、たくさん褒めてあげました。
「こんなにいい雰囲気の中で音楽が出来て、君たちは幸せですね」と...

どれもこれも、顧問の先生の生徒を思う温かいお気持ちと向上心があってのことです。

IMG_0023_convert_20170124092606.jpg
いつも生徒の心に寄り添いながら、温かいご指導を続けておられる顧問の先生です。

IMG_0020_convert_20170124092341.jpg
帰りのミーティングです。
先生のお話を真剣に聞く部員たち...先生との信頼関係の強さがうかがえます。
この大切な時間と空間に中学生がいられないのが残念ですが、学校の規則なので仕方ないことです。



IMG_0018_convert_20170124092257.jpg
久しぶりのレッスンで、君たちと音楽できて、とてもうれしかったです。
夏から成長した姿や音、表現力、そして、「受容力」にも感動しました。
顧問の先生が、君たちのことをいつも思いやりながらご指導してくださっているから、こうやって外部の人間に褒めてもらえる君たちになれるのです。
次回のレッスンまでに、出された宿題をしっかりクリアしておいてくださいね。
特に、「謎のピッチ(?)」は、頑張って修正しておきましょう。
がんばれ! 碇健太郎先生&横須賀学院中学高等学校吹奏楽部!



IMG_0019_convert_20170124092318.jpg
「全日本ブラスシンフォニーコンクール」優勝の副賞は、何と「ポカリスエット1年分」だそうで。
365本のポカリスエット...みんなで何度も乾杯かな?


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-01-27(Fri)19:37 [編集]