田川伸一郎のブログ

今日できることは...

今日は、埼玉県の小学校バンドにお伺いしてきました

ここのところ、先週金曜日から日曜日までの山梨県、月曜日の茨城県、昨日は県内の高校、そして今日は埼玉県と、オフ無しで、レッスンが続いています。
特に、小学校のレッスンでは、必ずと言っていいほど「身体表現」が入るため、足や腕が少々「筋肉痛」になってしまっています。
でも、「一期一会」...出会う先生方や子どもたちと最高の時間を過ごすために、全力で向かっています。


埼玉県では、12月に県の「管楽器演奏発表会」があるため、その演奏会に向けての練習に熱が入っているようです。
今日お伺いした学校も、その演奏会に出演するため、熱心に練習に励んでおられました。


11241.jpg
金管バンドの編成です。


この学校は、発表会に向けて秋から新しい曲に取り組み始め、今はやっと譜読みが終わって合奏を組み立てているところでした。
「とりあえずは全曲が通るようになっている」という状態でした。

そこで、今日は、「今日すぐできそうなこと」「今日はできなくても今後できてほしいこと」を、このバンドの実態に合わせて明確にアドバイスし、発表会に向けての練習の道筋を立てました。

・今日できそうなこと・・・強弱の表現
・今後できてほしいこと・・・「抜く」音形の徹底


小学校の金管バンドでは、どうしても「大味」な演奏になってしまうことが多いです。
はじめから終わりまで、同じサウンドで同じ強さで...
元々、吹奏楽に比べると音色が単色になりやすいですし。

そこで、今日できることとして、「強弱」の表現をおおげさにすることをめあてとしました。
全体としての音量も、役割によるバランスも...


楽譜に書いてある記号が「f」なら、今日はうんと大きく。
楽譜に書いてある記号が「p」なら、今日はうんと弱く。
という具合に、強弱の幅を大きめに取り、さらに、「伴奏はうんと弱く」を徹底して、主旋律が浮き立って聴こえるようなバランスを極端に取ってみました。

まず一度、極端にやってみるのです。
うんとおおげさに...
それを、少し「普通」に戻せば、強弱の表現やバランスは明快になります。


あいまいにやっていては、いつまでもあいまいなままです。


私が指揮をしながら体を使って、強弱をオーバーに表現して子どもたちの意識を高めました。
弱い時は、譜面台の陰に隠れるようにしゃがみ、「うんと弱くするということは、見えなくすることなんだよ。」とオーバーに...

11242.jpg  11243.jpg

強弱がはっきりすると、まだ合奏しなれていない曲でも、「それらしく」聴こえるから不思議なものです。

打楽器の強弱も、楽譜に書いてある以上におおげさにできるように練習しました。

11245.jpg
「ほら、これ位オーバーにやるんだよ。」 「えーっ、そんなに!!!」


そして、「今後できてほしいこと」は、「音の抜き」でした。
どうしても「ダーダー吹き」や「後押し」になってしまいやすい小学生の管楽器...
楽器を吹く前に歌い、手で音形を表現して、それから楽器で。そして、また歌い、手で...

大人にとっては、「抜く」という吹き方はたいしたことではないかもしれませんが、小学生にとってはとても大変な「技」です。
「抜こう」とすると、ただ短くなってしまったり、響きを残そうとすると後押しになってしまったり...

でも、特に金管バンドには、この奏法は絶対必要です。

今日は、部分的にはとてもよくできましたが、曲を通すと、また「ダーダー」になってしまう箇所もありました。

11244.jpg

いずれにしても、これもあいまいにせず、「できるまでやる」という執念が必要です。

この学校には、来月のはじめに、またお伺いすることになりました。
その日までに「今日できたこと」「今後できてほしいこと」が徹底されていることを願います。



そして、今日、とても感動したこと...

このバンドを中心になってご指導されているのは、音楽の先生でいらっしゃいますが...
あと2人、学級担任の先生(男性と女性)がお手伝いされていました。

今日は、レッスンを様子をビデオで撮影。レッスン後の「保護者への引渡し(平日レッスンでしたので、6時に終了後、保護者にお迎えに来ていただいたそうです。)」をはじめ生徒指導。
そして、ふだんは体育館練習でのセッティングのチェックや見事な楽器積み込みもされるそうです。

その分、音楽の先生は、安心して「音楽の指導」に集中できるそうです。

しかも、男の先生は、何と「体育主任」の先生なのだそうです。
学級の仕事、忙しい体育関係の行事や仕事をこなしながら、金管バンドのお手伝いもされていらっしゃるそうなのです。
「僕は、楽器や音楽の指導はできないのですが、先生のお手伝いくらいなら...」と。

頭が下がります。

「学級経営もすばらしい先生方です。」と、音楽の先生はベタ褒めでした。
金管バンドの指導にかかわる中で学んだことを、きっと学級経営でも生かしていらっしゃるのでしょう。
レッスン後、校長室で話している間、子どもたちの下校指導をし、保護者に引き渡し、私を校門の外まで出て見送ってくださいました。

体育主任の先生が金管バンドの指導にかかわり、こんなに温かいふるまいで私にも接してくださり...

このバンドの「温かさ」は、こんなすてきな先生方から「かもし出されている」のかもしれないと思いながら帰ってきました。


11246.jpg


次回のレッスン...さあどれだけ上達しているかな?  
みんながんばれ!

すてきな3人の先生方といっしょに、12月の「管楽器演奏発表会」に向かってファイト!

お招きいただき、ありがとうございました。

















スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する