田川伸一郎のブログ

おめでとう! 上磯小・上磯中 「W日本一」

先週の土曜日、私が練馬文化センターで東京都の小学生たちの演奏を聴かせていただいているのと同じ時、東京オペラシティコンサートホールでは、「平成28年度こども音楽コンクール文部科学大臣奨励賞授賞式」が行われていました。

先日も、ブログで紹介させていただきましたが、管楽合奏部門では、小学校が北斗市立上磯小学校、中学校では北斗市立上磯中学校が、そろって受賞し、上磯小学校吹奏楽部の古川典之先生、上磯中学校の中條淳也先生と代表の部員2名ずつが上京され、晴れの授賞式に出席されました。

今年度、このコンクールに出場した学校数は、全部門合わせて全国の1649校、およそ48000人の小中学生だそうです。

各地の都道府県の予選・ブロック大会を勝ち抜いた学校が、音源審査で全国大会に臨みます。

そして、各部門1校だけが「文部科学大臣奨励賞」を授与され、同点一位で受賞を逃した学校に「審査員特別賞」が授与されます。

私は、現職時代にこの授賞式に、11回も子どもたちと出席させていただきました。そのうち1回は、大柏小学校での重奏部門と管楽合奏部門のW受賞でした。
そして、大柏小学校の『エル・カミーノ・レアル』、新浜小学校の『輝きの海へ』『ミス・サイゴン』の3回、記念演奏の機会もいただきました。

この授賞式は、厳粛で温かく、「本当に日本一になったんだ」と実感できるすばらしい式です。

土曜日の授賞式には、文部科学副大臣の義家弘介様がご出席され、1校ずつに賞状を授与されました。
このように、文部科学大臣(または副大臣、政務官)が出席され、直接賞状を手渡してくださる授賞式は、音楽ではこの「こども音楽コンクール」だけです。
64年もの歴史と価値と重みがあるコンクールなのです。


上磯小学校吹奏楽部、上磯中学校吹奏楽部の授賞の様子です。

96440117_convert_20170228002423.jpg
                 96440135_convert_20170228002452.jpg
                 (写真提供 フォトライフ様)


授賞校を代表して記念演奏を披露された学校です。

♪ 中学校重唱部門 北海道函館市立亀田中学校(女声四重唱)
♪ 小学校重奏部門 宮城県石巻市立釜小学校(打楽器五重奏)
♪ 小学校合唱部門 兵庫県神戸市立桂木小学校(三部合唱)
♪ 小学校合奏第一部門 福島県相馬市立中村第一小学校(弦楽合奏)
♪ 中学校合奏第二部門 愛知県刈谷市立依佐美中学校(管弦楽)
♪ 小学校合奏第二部門 千葉県習志野市立谷津小学校(管弦楽)


石巻や相馬など東日本大震災の被災地の音楽活動が復興して、このように授賞されたこともうれしいことです。

授賞校の詳細、授賞式の様子は、こども音楽コンクールのHPをご覧ください。
http://www.tbs.co.jp/radio/kodomo/

授賞式の様子は、下記のとおり、ラジオ、テレビで放送、放映されます。
ぜひご視聴ください。

vFjBSP5fV45NaZC1488322128_1488322196.jpg


jaZJTqLEycU4F7a1488209455_1488209528.jpg
上磯小学校・上磯中学校両吹奏楽部の皆さん、W受賞、本当におめでとうございました。
賞状だけでなく、「記念品」として、何と10万円分の図書カードが贈呈されます。
私の時は、職員室で先生方に少しずつ買っていただき、いきなり部費が10万円も増えました。
古川先生も中條先生もビックリ! 「たくさん楽譜が買える!」と大喜びでした。



夜は、私も合流して、東京駅近くのとても美味しいバイキングレストランで一緒に「お祝い夕食会」でした。

F8qv0kV3npk5AQ71488064031_1488064065_convert_20170226080911.jpg
「おめでとう! 乾杯~!」  
この上磯小学校の2人は、4月からは上磯中学校吹奏楽部の仲間入りです。
ほんとにすごい学区です...

シャッターを押してくださった店員さんに、「音楽で日本一になった北海道の子どもたちなんですよ!」
「へー! 日本一ですか?! すごいですね!」  
「すごいでしょ!」と、自分のことのように自慢してしまいました。



東京都小学校管楽器演奏会ですばらしい演奏の数々を聴かせていただき、こうして上磯小学校・上磯中学校の受賞をお祝い出来、夢のように幸せな土曜日でした。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-03-01(Wed)19:46 [編集]