田川伸一郎のブログ

都小管研・3月月例研修会

昨日は、東京都小学校管楽器教育研究会の3月例会に講師としてお招きいただきました。

4日間にわたる管楽器演奏会の総括という大切な研修会です。


IMG_0044_convert_20170314202125.jpg

日曜日に、東京ブラスコンコードの1日練習に参加し、私にとっては指導するよりもずっと困難な演奏ということに久しぶり1日がっつり集中していたせいか、帰りはぐったり...
そして、今までの疲れが一気に噴き出したのか、夜中から下痢が始まり(ごめんなさい汚い話で)、月曜日は久しぶりのオフだったのですが、楽譜を届けなければならない学校が2校あったり、送らなければならない物があったりと、午前中は無理して動き、午後からはベッドに倒れ込んで寝ていました。
熱も、37.8℃あり、食欲ゼロ...ひたすら、ポカリスエットで生き延びていました。
吐き気がなかったからまだ救われました。

昨日は、熱は少し下がり、お腹も少しは落ち着きましたが、まだ食欲はなく、フラフラしていました。
でも、何とか起き出して、「行くんだ!」と、渋谷の小学校へと向かいました。

こんな大切な研修会の時にまったく! 情けなかったです。


そんな不調を予測していたわけではないのですが...
例年3月のこの研修会では、ほとんど私が話しているのですが、「今回は演奏のDVDを視聴して研修を深めよう」と準備してあったのです。

他の講師の先生方からの総評や私からのコメント、その他お伝えしたいことを話さなくてもいいほど詳細にプリント資料にまとめ、参考資料を含めて、その枚数は合計20ページほど。
すごい分量の資料を事前にお送りして印刷しておいていただきました。

また、管楽器演奏会の当日、講師の先生方に、「3月例会でDVDを視聴する推薦校」を書いていただいてありました。
コンクールではないので、「上手い学校」ということでなく、「こういう点で学ぶものがある」といった自由な観点でのコメント付きでお書きいただきました。
その中で、各日の講師(私も含め)4名の講師のうち3名以上の推薦があった学校の演奏を皆さんで鑑賞し、講師の先生方からのコメントもお伝えしました。

IMG_0007_convert_20170314202015.jpg  IMG_0019_convert_20170314202036.jpg

私も黙って一緒に鑑賞している時間が長かった分、昨日の体調では助かりました。

事前の資料づくりにはかなりの気合いが必要でしたが、やっておいて良かったです。

IMG_0061_convert_20170314220158.jpg  IMG_0060_convert_20170314202305.jpg
視聴した演奏校の先生から、ひとことコメントも頂戴いたしました。


私の体調不良などたいした話ではなく、演奏会の本番前日に、遠くに住むお父様が急に亡くなられ、それでも子どもたちのためにと、翌日の演奏では指揮をされ、終わるや否や、郷里に飛んで帰られた先生もいらっしゃました。
どんな思いでその一夜を過ごされ、どんな思いで子どもたちと向き合われたのか...チューニング室に行くまでは何も話さず、舞台に上がる直前に子どもたちに話されたそうです。
「子どもたちが、いつも以上に私をしっかり見て、心を込めて演奏してくれたように思いました」と話されていました。
時には、こんなことも起こり得るのです。
演奏会を辞退して、郷里に飛んで帰っても仕方ない緊急事態...どうするかは、ご本人が決めることです。
先生は...1年間頑張ってきた子どもたちをこの演奏会のステージに上げてあげることを選ばれました。
子どもたちも、先生のそんな思いを演奏直前に聞いて、先生のためにも精一杯の演奏をしたことだと思います。

一回のステージには、様々なドラマがあります。
それぞれの学校に、それぞれの先生に...
幸せなドラマだけではなく、きついドラマやご事情を抱えてステージに上がられた先生もいらっしゃったことと思います。

それでも、この演奏会のステージに上がれたということだけでも幸せです。

先生にも子どもたちにも、「一生の宝物」です。

IMG_0059_convert_20170314202248.jpg  IMG_0048_convert_20170314202150.jpg
都小管研の理事長の鈴木朱代先生、今年度の演奏会担当責任者の佐野綾子先生です。
「大丈夫! 始まれば終わるから! チームワークの都小管研なんだから!」と、顔を見るたびに励まして来ました。
誰がチーフになっても、絶対にうまくいくのが都小管研のすばらしいところです。
抜けていることがあっても、誰かが気づいてさりげなくフォローしてくださるんです。
「先生仲良し 子どもが育つ」...まさにそんなチームです。



年度末のお忙しい時期に、こんなにたくさんの先生方がお集まりくださり、まとめの研修会が出来て良かったです。

他県の先生方もこの3月の研修会にだけでも参加出来たら、きっと「物凄い収穫」に驚かれると思います。
講師の先生方の総評のまとめを見る(聞く)だけでも、「眼から鱗」状態だと思います。
・・・今の私の「密かな願い」です。


IMG_0058_convert_20170314202231.jpg

今年度末をもってご退職される先生方も数名いらっしゃいます。
これからもきっと都小管研を応援し、見守ってくださることと思います。
そして、先生方が残してくださったものは、後進の先生方がしっかり受け継いでくださるはずです。

私も、これからも、先生方と共に学び、歩んでいきたいと思います。

今年度も、お招きいただき、本当にありがとうございました。


IMG_0057_convert_20170314202212.jpg
研修会が終わった後、理事の先生方は、さらに「理事会」をされていました。
今年度の事務的なまとめと、来年度に向けて...
終わったのは何時なのでしょう。
頭が下がります。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-03-15(Wed)20:58 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-03-16(Thu)20:28 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-03-16(Thu)23:26 [編集]