田川伸一郎のブログ

群馬県の中学校バンド

千葉はずいぶん春らしく暖かい日々になって来ました。
このまま本当の春になってほしいです。

そんな今日は、群馬県の中学校にお伺いさせていただきました。
明日開催される市内の「新人発表会」を控えた最後の練習をお手伝いさせていただきました。


IMG_0011_convert_20170318211601.jpg

「新人戦」ではなく「新人発表会」です。
賞を付けるのではなく、新チームでの演奏を発表し合い、聴き合い、今後の励みにしようという「コンサート」だそうです。

顧問の先生は、転勤1年目。
私は、前任校からお招きいただき、先生と一緒に新しい学校に「転勤」しました。

先生の方針は、「合唱を取り入れた吹奏楽指導」です。
その合唱も、半端なレベルでやるのではありません。
コンクールにも出場し、地方大会や全国大会にまで導いてしまうほどのご指導をされるのです。

今日のレッスンでも、スタートは「合唱」でした。

IMG_0001_convert_20170318211441.jpg  IMG_0002_convert_20170318211508.jpg
ハンガリーの合唱曲を原語で歌ってくれました。 1年目の終わりとは思えないほどの本格的な発声と響き、そして表現でした。

IMG_0005_convert_20170318211535.jpg
私が、生徒さんたちに「魔法使いです」と話しているすごい先生です。

今のメンバーは、2年生9名、1年生26名という厳しい編成です。
学区の小学校にはバンドがなく、全員初心者でのスタートです。

2年生のうち打楽器が2名、コントラバスが1名ですから、管楽器の2年生は6名だけ。
1年生は、打楽器が2名、コントラバスが1名で、23名が管楽器。

ホルンやアルトサックス、テナーサックス、ダブルリード、チューバは、1年生だけのパートです。
この編成で、明日、『マーチ・シャイニング・ロード』とバレエ音楽『青銅の騎士』を演奏するのです。

IMG_0019_convert_20170318212427.jpg  IMG_0021_convert_20170318211802.jpg

当然のことながら、音程や音色にはまだまだ課題が多いですが、チームの雰囲気は、とてもしっかりしていて、気づかいが出来、動きが早く、返事も良く、1年生が大半とは思えないものでした。

『マーチ・シャイニング・ロード』では、「歌う」とか「気持ち」とか、そういったことを全部横に置いて...
家を建てる時のように地盤を固め、しっかりとした骨組みを作るという作業をしました。
頭の中を冷たくし、感情を抑え、余計な身体の動きもせず、楽譜に書かれた音、リズム、アーティキュレーションを正確に「再生すること」だけを考えて練習しました。

合唱をやっているだけに、つい、「歌って」しまいます。
それが、逆にマーチの「骨組み」を緩めてしまいます。

明日が本番だからこそと、冷静に...
特に、アーティキュレーションや音の粒の揃え方にはこだわって、ひとりずつチェックして修正していきました。
1年生が多いだけに、頭では理解していても、技術が追い付かない場面もありましたが、根気強く練習を進めました。

少し時間はかかりましたが、曲全体がすっきりし、マーチらしい演奏に変わりました。

IMG_0017_convert_20170318211710.jpg  IMG_0016_convert_20170318211648.jpg

休憩時間を取ると、パートで他の部屋に行って、聴き合って復習したり、合わせてみたり...休憩ではありませんでした。
すごい意欲でした。

バレエ音楽『青銅の騎士』は、この厳しい編成とは思えないほど良い響きで、こちらは「合唱の効果」が抜群に出ていました。

部分的な課題を確認しながら、明日の本番への完成を目指して練習を進めました。

IMG_0020_convert_20170318211739.jpg  IMG_0015_convert_20170318211626.jpg

レッスンは午後からでしたが、練習は朝から続いていたそうです。
夕方にはかなり疲れていたはずなのですが、返事の大きさは衰えず、「疲れてない?」と聞いても「大丈夫です!!!」と。

1年生は、去年の今頃、小学校を卒業したばかりです。

「1年後に、こんなすごい成長をしているなんて、想像もしていなかったでしょう?」 「はいっ」

出会った先生によって子どもの人生は変わる・・・と私はずっと思って来ていますが、このバンドの生徒さんたちは、まさにそれを実感しながら1年を終えようとしています。

先日は、合唱の大会で、全員で静岡まで一泊遠征をして来たそうです。
そして、明日は吹奏楽の本番。

中学校生活を完全燃焼し、たくさんの体験をしているからこそ、こんなに誇り高い、輝いた姿になれるのだと思います。

レッスン後、先生からの連絡があり、解散。
そこに数名が来て、「先生、復習したいので、残って練習してもいいですか?」
「明日が本番なんだから、今日は早く帰ってゆっくり休みなさい。練習したいなら、明日は6時半に開けてあげるから」と先生。
「じゃあ、6時半に来て、練習していいんですね!わかりました~!さようなら~」

先生も生徒もすごい!

敬服!


IMG_0022_convert_20170318211821.jpg

青ジャが2年生、緑ジャが1年生です。
みんなの元気、やる気、本気、根気に圧倒されました。
明日は、今日のレッスンを生かして、良い演奏を!
そして、4月には、たくさんの1年生をゲットして、ますます大きな部活にしていきましょう。
みんな、こんな素晴らしい顧問の先生と出会えてよかったね!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017-03-19(Sun)08:27 [編集]